漫画を描くパソコンのおすすめスペックと最新機種情報まとめ【2023年版】

漫画を描くためのパソコン スペック 絵を描く!

 

どうも、元ゲームイラストアートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

マンガをパソコンで描く人は年々増えていますが、しっかり楽しむためには快適にマンガが描けるPCスペックも知っておく必要があります。

 

もし必要なスペックを満たしていないパソコンを選んでしまうと、せっかく漫画を描いていてもイチイチ動作がもたつきストレスばかり溜まることになりかねません。

 

この記事ではデジタルで漫画を快適に描くために必要なスペックからおすすめ最新機種情報まで、長年絵を仕事にしてきた目線も交えて紹介します。

 

2023年最新、快適にデジタル漫画を描いていけるパソコンおすすめ4選


絵が上手くなる方法 イラスト講座

 

ハシケン
そもそも、デジタルでストレスなく漫画を描きたいならパソコンにはどのくらいのスペックが必要なんでしょう?

 

イラスト 絵を描く パソコン おすすめ スペック

 

2023年時点でデジタルで漫画作成をスムーズに楽しめるパソコンスペックは、このようなものとなります。

 

  • モニター・・・フルHD(1980✕1080)以上 ※正方形より横長ワイドが使いやすくおすすめ
  • CPU・・・intel core i5以上
  • メモリ・・・8GB以上
  • ストレージ・・・最低50GB以上※容量はクラウドが使えるならあまり気にしなくてもOK、またHDD(ハードディスク)よりSSDのほうがソフトの起動速度が早くなる

 

これをベースとした上で、あなたの予算や用途にあわせて少し高めのスペックを狙っていくのがパソコンを長く使っていく秘訣です。

 

スペックがギリギリ足りてる程度のPCだと漫画を描いてるうちに操作が重く不安定になっていくので、可能な限り余裕をもたせた機種を選ぶことがデジタル漫画作成には重要になります。

 

 

以下では上記スペックを問題なく満たして快適に漫画が描いていける最新パソコン機種の例をいくつか紹介しておくので、選ぶ際の参考にしてください。

 

値段は細かく変動するので、必ずそれぞれの公式サイトで確認して下さい。

 

①今だけ11万円台! 安くても画面広々環境でマンガが楽しめるノートPC

mouse F7-i5

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gmouse-f7-i5

 

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i5-1235U プロセッサー
グラフィックスインテル® Iris® Xe グラフィックス
メモリ16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB (NVMe) SSD 
モニタ17.3型液晶パネル(ノングレア)
価格139,900円(税抜127,182円)~

2/8まで期間限定20,000円OFFセール中⇒ 119,900円(税抜109,000円)~

 

ノートPCの平均サイズは15インチ前後ですが、この機種は17.3インチとかなりの広さなので余裕のある環境でデジタル漫画を描いていけます。画面にペイントソフトを開き、別ウィンドウに絵を描く資料を出したり動画を見ながら描くこともできるでしょう。

 

色々探している人ならわかると思いますがセール中だからとはいえこのスペックと画面サイズのノートが12万円未満で手に入ることはほぼありません、省スペースや携帯性を優先しつつ漫画を描きたい人には重宝する一台になるはずです。

 

 

 

②優秀スペックでストレスなくデジタル漫画作成が楽しめる、優良ノートPC

mouse K5(プレミアムモデル)

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gmouse-k5-h

 

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-12650H プロセッサー
グラフィックスNVIDIA® GeForce® MX550
メモリ32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ1TB SSD
モニタ15.6型 液晶パネル (ノングレア)
価格179,800円(税抜163,455円)~

2/8まで期間限定30,000円OFFセール中⇒ 149,800円(税抜136,182円)~

 

画面サイズこそノートPCの標準ですが、CPUがCore i7&メモリが32GBと非常に余裕のあるスペックなので購入後はほぼストレスなくお絵かきしていけます。データを保存するストレージもゆとりがあるので、クラウドを使わなくても当分困ることはないでしょう

 

しかも現在大型セールの対象機種となっていて今なら通常価格より3万円も安くなっています。もし漫画のための高スペック&高コスパを両立できるノートパソコンを探しているなら、現在これ以外の選択はなかなか見当たらないかもしれません。

 

 

 

③落ち着いて漫画が描ける、標準スペックのデスクトップ型クリエイターPC

DAIV Z3

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gdaiv-z3

 

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i5-12400F プロセッサー
グラフィックスGeForce® GTX 1650 (GDDR6版)
メモリ16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB SSD + 1TB
価格184,800円(税抜168,000円)~

2/8まで期間限定25,000円OFFセール中⇒ 159,800円(税抜145,273円)~

 

平均的なスペックのデスクトップ型パソコンです、安価なぶんCPUは平凡ですが標準的な漫画作成なら特に動作でイライラする事もなく楽しんでいけます。

 

ちなみにこれと次の④の機種はDAIVというブランドのクリエイターPCというくくりで、『クリスタ』などクリエイターが多く使う有名ソフトの動作確認もあらかた済んでいるので安心して使っていけるでしょう。

 

 

 

④漫画だけでなくやりたいことがなんでも楽しめる、高スペックなデスクトップ型クリエイターPC

DAIV Z3(プレミアムモデル)

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gdaiv-z3-h

 

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-12700F プロセッサー
グラフィックスGeForce® GTX 1650 (GDDR6版)
メモリ32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB SSD + 1TB HDD
価格229,900円(税抜209,000円)~

 

③の機種を全体的にレベルアップした、優秀スペックのクリエイターPCです。漫画を描くだけにはもったいないほどの性能で、描いてて困る状況なんてほぼありえないでしょう。マンガ以外にゲームや動画編集などでも問題なく楽しめます。

 

購入後は快適な状態でマンガを作成していけますが、最初からここまでスペックを頑張らなくても大丈夫です。プロのクリエイターがストレスなく仕事をするならこのくらいの機種を使うんだと、目安程度に考えて下さい。

 

 

 

デジタル漫画作成は基本的にノートよりデスクトップPCがおすすめ!

アイキャッチイラスト

 

上程度の絵やマンガであれば、ノートでもデスクトップでも問題なく描けると思って大丈夫です。

 

ただし『作業領域』という要素があります。基本的にデジタルで絵を描く時の液晶画面は、大きければ大きいほど作業効率が比例して向上します。

 

物理的にモニターが狭いとどうしても描く時に拡大・縮小操作を繰り返すので、効率悪い状況が生じてしまいます。漫画の資料をウィンドウで一緒に開きたいときも、画面が狭いと困難でしょう。

 

ノートPCでも漫画自体はたしかに描けますが、携帯性や機材スペースを除けばお絵かき環境として快適に漫画を描けるのは間違いなくデスクトップです

 

【★ノートPCを検討したい時の参考】

  • 10インチ…漫画を描くのは基本的に厳しいかも・・・
  • 13インチ…持ち運ぶならこのくらいがラク、ただ本気で漫画を描くには手狭か?
  • 15インチ…少し重くなるので持ち出すなら良いカバンで、このサイズなら漫画も割と描きやすい
  • 17インチ…大きい分重いので家限定で使いたい、マンガを描く広さ的には申し分なし!

 

ハシケン
ただサイズの好みやパソコン用途には個人差があるので、用意しやすい環境で始めてみて手狭になったら変える・・・ような流れでもアリです!

 

パソコンでマンガを快適に描くときに特に重要な3要素

パソコンで漫画を描く スペック

 

ご存じの通りパソコンはスペックの差によって、使用時の快適さや値段がまったく変わってきます。

 

なのでやはりデジタルで漫画を描くときには、予算をおさえつつ極力スペックのいいパソコンを探していくのが基本的な流れになるでしょう。

 

イラスト 絵を描く パソコン おすすめ スペック

※絵を描くパソコンの基本スペック

 

上の画像はイラストや絵を描くおすすめパソコン&スペックを絵のプロが徹底解説で作成したものですが、マンガを描く際も中身はほぼ共通しています。

 

このスペックをまず満たしつつ、こだわりたい部分はよりレベルアップさせておくことがストレスなくデジタルでマンガを描くためのコツです

 

ハシケン
そして漫画を描くパソコンを探すときに特に意識してほしいのが、次の3つの要素になります!

 

『モニタ』と『メモリ』と『SSD』

 

まずモニタ(パソコンの画面)ですが、マンガを描くなら広いに越したことはありません。基本的に正方形よりも長方形の方がおすすめです。

 

デスクトップなら21インチ以上、ノートは15インチ以上が基準となるので可能な範囲でそれ以上の大きさを確保していってください。

 


 

また絵を描くパソコンのメモリは8GBあればいいと一般的に言われますが、ページの多い本格的なマンガを描くなら16GBあった方が余裕があって安心でしょう。

 

ハシケン
メモリは多ければ多いほど絵を描く作業も快適になるので、パソコン購入時に増やせるだけ増やしておいた方が安心です!

 


 

そしてSSDは、データを保管するハードディスク(HDD)の上位版のようなものです。

 

ハードディスクよりSSDはデータを扱う速度が速いので、マンガを描いてて原稿データを保存したり読み込むときも素早く処理が行えて快適になります。容量的には500GB程度あれば問題ありません。

 

ポイント!将来的に容量が足りなくなってきたら外付けのSSDやHDDを追加購入したり、GoogleやDropboxなどといったクラウドタイプのデータ保管を使えば大丈夫です。

 

漫画を描くパソコンをコスパよく手に入れたいなら『BTOパソコン』から検討するのが鉄則!

漫画を描く クリエイターPC

 

スペックを高くすると値段も比例して上がるのがパソコンの基本ですが、漫画を描くパソコンをいわゆる大型電気店で選ぶのはあまりおすすめできません。

 

電気店のパソコンは有名メーカー製品が多く人件費もかかるため値段が上がるうえ、不要なソフトもインストールされていてムダに高くなりがちです。でも絵を描くパソコンにメーカーの違いは一切関係ないですし、絵と無関係のソフトはそもそもいらないのが現実です。

 

快適にマンガを描けるパソコンをコスパもよく手にしたいと考えるなら、必ず『BTOパソコン』から検討することを強くおすすめします。

 

DAIV マウスコンピューター

Copyright © MouseComputer CO.,LTD. All Rights Reserved.

マウスコンピューター公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/

 

『BTOパソコン』はマツコ・デラックスさんがテレビCMもやっているマウスコンピューターなどが有名ですが、イラストレーターや漫画家・デザイン・映像編集などプロのクリエイター的な仕事をしている人たちの多くがBTOパソコンから選んでいます。

 

ポイント!BTOとは(Build To Order)の略で、店で作って届けてくれる自作パソコンというイメージの商品です。自作パソコンというと難しく聞こえますが、買う側は必要なスペックの変更だけ頼めば完成品を送ってくれるので誰でもカンタンに扱えます。

 

新しく買ったパソコン

自分もマウスのPCを使っています

 

クリエイターなど専門職が使うからって難しいものではなく、一般の人も多く利用しています。ネットで販売されることで人件費をおさえ高いスペックをコスパよく購入できる機種というのがBTOパソコンで、OSもWindowsなので使い心地は普通のパソコンと何も違いがありません。

 

ちなみに絵や映像編集に特化した『クリエイター向けPC』、ゲーム向きのゲーミングPCなどもありますがどちらもBTOパソコンの一種です。

 

※必要なければカスタマイズせずそのままでOKです

 

購入者ごとの予算や希望に合わせて最適な構成を選べるため、電気店で似たスペックの有名メーカー製パソコンを選ぶよりも基本的にBTOパソコンの方が平均して3~5万円は安くできます。その分手厚い補償にまわしても費用が余るほどのレベルです。

 

ハシケン
ちなみに記事上で紹介してたパソコンは全てマウスコンピューターの最新BTOパソコンになるので、よかったら改めて確認してみてください!

 

 

マンガをデジタル環境で描くために必要な機材と選ぶポイント

デジタル 漫画 必要機材

 

あらためて、デジタルで漫画を描くために必要なものを確認しておきましょう。

 

①パソコン

 

デジタルのメイン機材であるパソコンは基本的に高いスペックのほうが快適に使えますが、当然予算もあるのでしっかり選ぶ必要があります。

 

デスクトップかノートかは人ごとの用途によりますが、マンガは原稿用紙データを画面に開いて描きこむ作業になるので画面が広いに越したことはありません。

 

ハシケン
ノートでも描けなくはないですが、なるべく広い画面環境を選んだ方が作業していてラクでしょう!

 

同じようにiPadなどのタブレットで描くことも最近はできますが、四コマや軽いタッチのものならともかくページ多めで描き込み密度の高い漫画なら処理速度やデータ管理の面からもデスクトップのほうが無難でしょう。

 

②ペンタブ

 

デジタルで絵を描くには、アナログでいう鉛筆やGペンの代わりともいえるペンタブが必須です。

 

ペンタブは板に描く板タブと、液晶に直接描きこむ液タブに分かれます。

 

このような板タブのほうが値段は安いですが、慣れるまでに多少時間がかかります。

 

一方液タブは液晶画面がついているぶん割高になりますが、直接描きこめるのでアナログ感覚で作業できて慣れも比較的早いでしょう。

 

予算慣れの早さ・置くためのスペース・・・など複合的に要素を考えて、あなたに最適な方向性を選んでください。

 

★ペンタブについてもっと知りたいときは、イラスト初心者向けペンタブレット最新おすすめ機種が役立ちます。

 

③ペイントソフト

 

デジタルで漫画やイラストを描く際に欠かせないのが、描くためのお絵かきソフトペイントソフトです。

 

イラストではなくマンガの場合の選択肢はほぼ一択です、シェアも圧倒的な『クリスタ(CLIP STUDIO PAINT EX)』を選んでおけば間違いありません。

 

クリスタ EX

© CELSYS, Inc.

公式サイト:https://www.clipstudio.net/

 

値段は公式サイトのダウンロード版で23,000円ですが、トーンなど基本的なマンガ用素材も使い放題なのでアナログで描いていた頃よりトータルではるかに安くつくでしょう。

 

他にもマンガソフトやアプリはいくつかありますが、安かったり無料なものはその分機能が削られているのでちゃんとマンガを描きたいならクリスタ一択です。

 

★クリスタに適したパソコンを探したいときは、クリスタを使うパソコンのおすすめスペックと機種の選び方が参考になります。

 

パソコンで漫画を描くメリット・デメリット

パソコンで漫画を描く メリット デメリット

 

ここでは、デジタルで漫画を描くメリット・デメリットをおさえておきましょう。

 

ハシケン
まずはサクッとデメリットから!

 

デメリット①一定の初期費用が必要

 

当然ながら漫画を描くために新たなデジタル機材を用意するので、どうしてもある程度の予算は必要になります。

 

上で紹介した3種の機材を購入する上では、10~20万の範囲で考えておけばいいでしょう。

 

デメリット②ソフトや機材に慣れる必要がある

 

ペンタブで絵を描く感覚に慣れたり、ペイントソフトで絵やマンガを描く手順を理解するのはデジタル最初の壁と言えます。

 

未経験の人にとってはなかなか高い壁ですが、現在は初心者向けの無料動画などYouTubeに多くあるので探してみましょう。

 

ハシケンちゃんねる YouTube

⇒ハシケンちゃんねる

 

上でも動画を紹介しましたが、当サイトと連携して運営しているYouTube【ハシケンちゃんねる】ではクリスタの基本的な使い方から漫画を描きだす手順もくわしくまとめているので必要な時にはぜひ活用してみてください。

 

 

ハシケン
では次にメリットを見ていきましょう!

 

メリット①原稿や手が汚れない!

 

デジタルなので当然ながら手は汚れません。インクが手につくことも、ふと気が付くとトーンのきれっぱしが体についていた・・・なんて事態もなくなります。

 

原稿用紙も消し跡が残ったり紙が破れたりもしないので、作業の労力はアナログよりかなり減らせるでしょう。

 

メリット②画材の購入費用がトータルでおさえられる!

 

機材の章でも書いたように、トーンは素材データさえあれば何度でもどんな範囲にだって貼ることができます。さらに貼った後、他の柄に取り換えることもクリック一つでカンタンです。

 

Gペンのペン先なども物理的に破損するわけではないので、ペン先をいくつも買っておく必要がなくなります。

 

ペンタブ自体の先端は消耗品なので、描いてて短くなっていったら取り換えることもあります。

 

最初に機材を買いそろえる必要こそありますが、追加費用はアナログ漫画作業と比べても本当に少なく済むのがデジタルの大きな利点です。

 

特にソフトでクリスタさえ選んでおけば、備え付けで使用できる柄などの素材の種類も豊富なので使っていてとりあえず困ることはありません。

 

メリット③修正や調整がカンタン!

 

アナログだと鉛筆で下書きをしてペン入れして消しゴムかけて…という流れで進みますが、デジタルだと下書きに対する消しゴムかけは一切必要なくレイヤーを非表示にするだけで済みます。

 

イラスト レイヤー

※レイヤーのイメージ

 

さらに描いた後から絵の調整も簡単で、修正液で原稿用紙を汚すこともなく何回でも好きなように直せます。

 

トーン同様にベタもクリック一発で塗りつぶせるので、アナログで漫画を描いていた人ほど最初はデジタルの便利さに驚くでしょう。塗り残しの処理もやり方さえわかれば簡単です。

 

ハシケン
作業が楽になる分、同じ時間でより多くのページが描けることにもつながります!

 

メリット④他の人とマンガデータを共有しやすい!

 

漫画原稿のデジタルデータは、同じソフトを持っていれば遠方の人とも共有がカンタンです。

 

ハシケン
そのためアシスタントが現場に来なくても作業できちゃいます♪

 

投稿サイトに描いた絵やマンガをアップしたいときも、デジタルであればスキャンの必要もありません。

 

またデータさえしっかり管理しておけば原稿が劣化することもないので、何年後でも描いたままの状態で保存しておくことができます。

 

 

トーンを削ったり重ねたり、背景はパース定規というものを使ってきれいに描いたり・・・アナログ作業でデジタルに置き換えできていないものは今やほぼありません。

 

デジタルで描く最初の慣れさえクリアできればあなたのマンガライフはより充実した時間になるでしょう。より質の高い漫画を描けることにも、大きくつながっていくはずです。

 

まとめ

漫画 パソコン 選び方

 

マンガを描くパソコン選びは安い額じゃないので慎重になりますが、今回紹介したように必要なスペックやお得な買い方さえ知っておけばそこまで悩む必要もなくなるでしょう。

 

最適な機種が手に入れられたら、きっとアナログの時よりマンガを快適に描いていけるようになれます。

 

ハシケン
あなたの希望にベストな一台を見つけて、楽しく描いていってください!

 

 

▼とにかくコスパを抑えたいならこちら!

【超格安】イラスト用パソコンのお得で安い機種&買い方徹底解説!