絵やイラストを描くパソコンのスペックおすすめはこれ!

パソコン 絵を描く スペック 選び方

スポンサードリンク

★絵の力を手段として活用したいあなたに贈る特選サービス★

【コンテアニメクラブ】⇒自宅でデジ絵が学べる初心者向けデジ絵オンラインスクール!

【キャラデザ】⇒そっくりな似顔絵キャラクターで写真だけじゃ出来ない表現をしよう!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
パソコンでイラストや漫画を描いてみたいけど、どんなPCを買っていいかよくわからなくて悩んでたりしませんか?

 

今回はデジタル初心者さんにはちょっとわかりにくい、絵を描くパソコンのスペックの選び方をプロ目線でわかりやすく解説します!

 

記事後半では、今絵を描くためにおすすめのPCも紹介しています。

 

 


スポンサードリンク

デジタルでイラストを描きたい時にパソコンを選ぶ基準

絵 パソコン 描く

 

最初に、あなたがこれからデジタルでどんな絵を描きたいのか考えてみましょう。

 

あなたが描きたいのはどんな絵?

①・・・SNSのアイコン的な小さな絵・当ブログのアイキャッチ画像程度の密度のイラスト

②・・・pixivなどに出したり、スマホゲームのカードイラスト風にしっかりやりたい

③・・・漫画・印刷用の巨大なイラストを描いていきたい

 

ハシケン
あなたが上の何番にあたるか決めて、この先を読み進めてくださいね

 

番号の数字が増えるに連れて高スペックなパソコンが必要になり、かかる予算も比例して上がります。

 

あなたの使えるお金と必要な機能、うまくバランスをつけつつ考えていきましょう。

 

ハシケン
今は①でも、将来的に②③と進む可能性があるなら最初から高いスペックを選んでおいた方が無駄はありません。

でもその可能性がないなら高価すぎるものを買う必要はないので、無理せず行きましょう!

 

余談)デジタルでイラストを描きたいだけなら今はパソコン以外の選択肢も!

 

単純にデジタルに触れてみたい、出先で簡単なスケッチに使いたい、家で寝っ転がって描きたい場合は・・・

 

☑ スマホ+アプリ

☑ タブレット+スタイラスペン

 

・・・という組み合わせもあります。その場合は無理してPCを買う必要はありません。今回詳しく触れられませんが、以下の記事などが参考になります。

 

 

 

パソコンで絵やイラストを描くため必要なPCスペックと選び方

絵 描こう

 

デジタルで絵を描こうとパソコンを購入する時、スペックに関して意識すべきポイントが5つあります。

 

  1. モニター
  2. CPU
  3. メモリ
  4. グラフィックボード
  5. ストレージ

 

モニターはなるべく大きいものを選ぼう!

 

小さいモニターで作業してると確実に目が疲れるので、可能な限り大きなサイズのモニターを選ぶようにしましょう。

 

解像度は最低1280×1024から、デスクトップなら21インチ以上のサイズがおすすめです。

 

絵を描く作業領域は基本的に大きいに越したことないです、小さいとその分描くときに拡大・縮小などの頻度が増えてしまい効率が悪くなりがちです。

 

形は正方形でなくワイドにしましょう、デスクトップなら理想は1920×1080あたりです。

 

デュアルモニター パソコンで絵を描く

 

また液晶モニターには【グレア】【ノングレア】の二種類があります。

 

グレアは光沢がありつやつやしていて一見綺麗ですが、長い間使ってると結構目にキます。ノングレアは光沢がない分、パッと見の鮮やかさはないですが目の負担は低いです。

 

絵を描くことを考えたら、絶対ノングレアがおすすめです。買うときは必ず確認しましょう。

 

CPUはcore i5以上!

 

【intel core i5】が、現在PCでデジタル絵を描く上での基準と考えて下さい。

 

hashiken
core i3だとキツイ印象です、最低でもi5レベルには届かせましょう。i7だとさらによしです!

 

メモリは8Gはほしい!

 

最低4GB、出来たら8GB、余裕あったら16GB・・・メモリはこんなイメージで考えてください。

 

基本的にメモリは数が多いのが正義なので、購入時余裕があったら可能な範囲で増やしておきましょう。

 

 

ちょっと悩ましいグラフィックボードの存在

 

あなたが描きたいのはどんな絵?

①・・・SNSのアイコン的な小さな絵・当ブログのアイキャッチ画像程度の密度のイラスト

②・・・pixivなどに出したり、スマホゲームのカードイラスト風にしっかりやりたい

③・・・漫画・印刷用の巨大なイラストを描いていきたい

 

①なら気にしなくていいですが②は検討してみるのもいいでしょう、③はちゃんとしたグラフィックボードがあるとないとでは露骨に作業効率が違ってきます。

 

購入を考える時は『nvidia GeForce GTX 950』あたりをベースに考えると良いでしょう。

 

数字が増えるとスペックと値段が上がるという基本のもと、ネットの最新口コミも踏まえられると安心です。

 

hashiken
プロ仕様のQuadroというのも有名です、Photoshopなどのadobe系ソフトに最適な商品です。

 

ストレージは余裕を持っておこう!

 

HDD(ハードディスク)が一般的ですが、SSDというものもあります。

 

SSDの方が速度がかなり早く快適ですがHDDと同じ容量を買うとするとちょっとだけ割高です、予算と用途の兼ね合いや何を優先したいかで決めましょう。

 

ハシケン
最良コスパを目指すなら、ほどほどのSSD(120GBほど?)を購入してそこにOSやペイントソフトをすべてインストールしておけばPCの立ち上がりが非常に早くなります。

制作したイラストデータは大容量のHDDの方に保存していく・・・という形にするのが快適でおすすめです

 

 

スポンサードリンク

パソコンで絵を描く時はデスクトップPCとノートPCどっちがおすすめ?

よくわからない

 

作業自体は最近のノートPCのスペックなら、簡単なイラストは問題なく出来ると思って大丈夫です。

 

ただし『作業領域』の問題があります。

 

ハシケン
画面が小さいとどうしてもやりにくいとか、拡縮繰り返して効率悪く感じることが生じます。

描くことに慣れれば慣れるほど感じていくものです。

 

あなたが描きたいのはどんな絵?

①・・・SNSのアイコン的な小さな絵・当ブログのアイキャッチ画像程度の密度のイラスト

②・・・pixivなどに出したり、スマホゲームのカードイラスト風にしっかりやりたい

③・・・漫画・印刷用の巨大なイラストを描いていきたい

 

①はノートでも充分でしょうが、②と③はデスクトップでないとサイズ的に厳しい事が多いです。

 

絵を描く上での効率というのは意外と軽視できなくて、細かい不満点が積み重なるとかなり大きなストレスにつながります。

 

ハシケン
最終的にはあなたのやりたいことに合わせて選ぶしかありません;

 

 

イラスト・マンガを描く時に重宝する『BTOパソコン』のススメ!

FBアイキャッチ用0731p

 

実は、あなたの完全な理想のスペックのパソコンを大型電気店や通販で買うのは意外と難しかったりします。

 

ハシケン
過去パソコンを買った時に、必要ない会計ソフトや年賀状ソフトまでついてきて予算が高くついた・・・なんてことなかったですか?

 

そんな時おすすめしたいのが、【BTO】パソコンです。

 

BTOというのは、Build to Order の略語です。受注生産という意味があります。具体的にいいますと、DELLやパソコンメーカーなどWEB通販などで、パソコンを購入しようとしたときに、パソコンのパーツ構成が選べる時があります。

メモリーは何GBにするか、HDDをどのくらいの容量にするか、グラフィックボードを搭載するかどうか、OSをどのエディションにするかなど。自分の要望に合わせて、パソコンを注文できることがあります。要するにオーダーメイドですね。自分のサイズにあった洋服を注文するときのように。この方式を BTOといいます。またこうしてカスタマイズ注文したパソコンを BTOパソコンというわけです。

パソコン初心者講座より引用

 

ドスパラなどが特に有名ですが、ネットでパーツごとに欲しい物を選び組み合わせて購入します。組み立ててもらった状態で購入できる自作PCというイメージです。

 

基本的には電気店で同じスペックの有名メーカー品を買うよりもBTOで買ったほうが安くなります。その分長めの保証などに予算をかけても余るレベルです。

 

hashiken
自分も自作できる程の知識はありませんが4年前にBTOで購入しました、幸い今も快適に使ってます。

 

液タブ 接続完了

 

 

参考までに、2017年下期の時点で絵を描くための理想のスペックPCをBTOの予算の安い範囲で選んでみたので購入に悩んだら参考にしてみてください。

 

それぞれスペック表下の緑のボタンから商品リンク先に飛べます。

 

快適にデジタルでイラストや漫画を描くための『デスクトップPC』参考例

㈱ドスパラ

raytrek debut! HB(レイトレックデビュー! HB)

基本価格 ¥87,980(+税)

値段は2017年11月時点でのものです、細かく変動するので必ず公式サイトを確認してください。
OS Windows 10 Home 64bit のインストール
CPU インテル Core i5-7500 (クアッドコア/定格3.20GHz/TB時最大3.80GHz/L3キャッシュ6MB)
グラフィック NVIDIA GeForce GT730 1GB
メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/4GBx2/デュアルチャネル)
ハードディスク 【SATA3】 1TB HDD (SATA6Gb/s対応)
SSD 250GB SSD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
マザーボード インテル B250 チップセット マイクロATXマザーボード
保証 持ち込み1年保証

 


 

快適にデジタルでイラストや漫画を描くための『ノートPC』参考例

㈱ドスパラ

raytrek debut! VF-HEK(レイトレックデビュー VF-HEK)

基本価格 ¥109,980(+税)

値段は2017年11月時点でのものです、細かく変動するので必ず公式サイトを確認してください。
OS Windows 10 Home 64bit のインストール
CPU インテル Core i7-7500U (デュアルコア/HT対応/定格2.70GHz/TB時最大3.50GHz/L3キャッシュ4MB)
グラフィック 15.6インチ非光沢液晶(1920×1080) / NVIDIA GeForce 940MX 2GB + インテル® HD グラフィックス620(Optimus™ 対応)
メモリ 8GB DDR3L SO-DIMM (PC3-12800/4GBx2/デュアルチャネル)
ハードディスク 【ハードディスク】 1TB (5400rpm)
SSD 250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
マザーボード モバイル インテル 100シリーズ チップセット搭載マザーボード
保証 持ち込み1年保証

 


 

絵やイラスト・漫画を快適に描くパソコンスペックのまとめ

リライト 作業 ブログ

 

パソコンは決して安い買い物ではないので悩むと思いますが、BTOのように絵を描くためにあらかじめ組まれたものをベースに考えれば結構簡単に答えは見つかります。

 

あなたに合った快適な作業環境を手に入れて、楽しいデジ絵ライフを過ごして下さいね♪

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

パソコン 絵を描く スペック 選び方

『自宅で好きな時にデジ絵が学べる!』

 

いつでもどこでもデジ絵学べる

デジタル初心者向けオンライングループ


独りで悩まずプロに聞こう!

『キャラを持って表現力を高めよう!』

似顔絵 写真から イラスト化

ビジネス・ブログで目立つには

愛嬌あるキャラクターが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵なら
顔出し以上に好かれたり?

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(最高月間28万PV超)。