イラストや絵を描くおすすめパソコン&スペックを絵のプロ目線で徹底解説【2021年版】

イラスト 絵を描く パソコン おすすめ スペック 絵を描く!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
デジタルでイラストや漫画を描きたいと思っても、どんな機材を選べばいいかって結構悩みますよね・・・

 

自分は長年絵を仕事にしてきて独立した身ですが、ストレスなく絵を描くためにもパソコンのスペックは特に気をつけています。

 

 

この記事では絵やイラスト・マンガを描くために必要なパソコンスペックから2021年最新PC機種情報まで実際に絵の関連の仕事をしてきたプロの目線もふまえて具体的にわかりやすくお届けします。

 

ハシケン
やりたいことに最適な環境を手に入れて、ストレスなく楽しくデジタルお絵描きしていきましょう!

 

目次

2021年、快適にデジタルお絵描きできるパソコンのスペック&機種まとめ

デジタルイラスト 講座 講師 ハシケン

当サイト主催のイラスト講座の様子です

 

結論からお伝えすると、2021年時点でデジタルお絵描きを問題なく快適にできるパソコンに必要なスペックは以下のようなレベルとなります。

 

  • モニター・・・フルHD(1980✕1080)以上
  • CPU・・・intel core i5以上
  • メモリ・・・8GB以上(できたら16GB)
  • ストレージ・・・SSD200GB以上(HDDなら1TB)

 

パソコンは高いスペックであればあるほど描いたり映像編集したり3Dを扱うなど、何するにしても快適になります。だからってやみくもにお金をかけられるわけじゃないので、多くの場合10~20万円前後に収めつつより高いスペックのパソコンを探す流れになるでしょう。

 

そしてパソコン選びで後悔しない秘訣は、やりたいことに要求されるスペックを多少上回っておくことです。

 

 

以下では上記スペック表を問題なく満たしている最新パソコン機種を、スペック表とレビュー付きでいくつか紹介するので参考にしてみてください。

 

最新の値段や詳細については、必ずそれぞれの公式サイトで確認して下さい。

 

①どこでも手軽にデジタルお絵描きが楽しめる、2021年秋の最新ノートPC

DAIV 4N

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gdaiv-4n

 

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー
グラフィックスGeForce® GTX 1650 Ti / インテル® Iris® Xe グラフィックス
メモリ16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB (NVMe対応) SSD
モニタ14.0型 WUXGAノングレア(LEDバックライト)
価格139,800円(税込153,780円)~

 

薄型で軽量の良スペックなノートパソコンです。1.43kgで14インチサイズなので、カバンに入れ自由に持ち歩いてどこでもお絵描きできます。

 

コンパクトさが売りなので画面のサイズはそこまで広くないですが、新しさや機能性を重視する人には魅力ある一台でしょう。2021年後半に出たばかりの最新スペック機種です。

 

 

 

②ノートなのに大画面でのびのびお絵描きできる、優秀スペックPC

mouse K7-H

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gmouse-k7-h

 

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-10750H プロセッサー
グラフィックスGeForce® GTX 1650/ インテル® UHD グラフィックス
メモリ32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB (NVMe対応)SSD + 1TB HDD
モニタ17.3型 フルHDノングレア(LEDバックライト)
価格159,800円(税込175,780円)~

12/8まで期間限定10,000円OFFセール中⇒ 149,800円(税込164,780円)~

 

大画面でイラストや漫画を描いていける、安心スペックのノートPCです。17インチ以上あるので、描いてて狭いと感じることは少ないでしょう。ただサイズ分の重量はあるので、よく持ち歩くなら上の①が合うかもしれません。

 

もちろんノートなのでいつでも動かせますが、基本的に固定の場所でじっくり使っていきたいときに向いています。

 

 

 

③机で腰をすえてデジタルを楽しめる、標準スペックのデスクトップPC

DAIV Z5-1660Ti

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gdaiv-z5-1660ti/

 

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-11700 プロセッサー
グラフィックスGeForce® GTX 1660 Ti
メモリ16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB SSD
価格189,800円(税込208,780円)~

 

家の机で落ち着いてじっくりデジタルお絵かきを楽しめる、安心スペックのデスクトップPCです。画面の広さを取るか携帯性や好きな場所で描くことを優先するかで、ノートかデスクトップかは判断すればいいでしょう。

 

デスクトップの魅力は、とにかく画面サイズの大きさと拡張性の高さです。この機種はモニタが別売りなので、購入時にほしいサイズを自由に組み合わせるとといいでしょう。

 

 

 

④ストレス無用でお絵描きできる、動画編集や3Dゲームだって余裕のハイスペックデスクトップPC

DAIV Z7-3060Ti

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/daiv-z7-3060ti

 

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-11700F プロセッサー
グラフィックスGeForce RTX™ 3060 Ti
メモリ32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB (NVMe) SSD + 2TB HDD
価格229,800円(税込252,780円)~

12/8まで期間限定33,000円OFFセール中⇒ 199,800円(税込219,780円)~

 

ストレスなく快適にお絵描きが楽しめるPCです、価格はそれなりですがこのスペックならむしろお買得といえるでしょう、さらに今だけセール中なので通常より33,000円もお得になります。

 

メモリやストレージも充実しているので、絵を描いてて困ることは基本的にありえません。グラフィックボードも絵を描くにはもったいないほど高性能なので、3DゲームやYouTubeの動画編集でもバリバリ使えます。

 

このような機種を選ぶときはモニターも27インチ以上にしておくと、ゲームや映画でも存分に楽しめます。長いこと使用できる満足度の高い一台になるでしょう。

 

 

 

ハシケン
次章からはスペックについてより詳しく見ていくので、必要な場合は参考にして下さい

 

デジタルイラストをパソコンで快適に描くためのおすすめスペックと選び方のポイント

イラスト 絵を描く パソコン おすすめ スペック

©2021- 株式会社Create Arvhives. All Rights Reserved.

 

機材に関しては著書「ブログx絵xブランディング」でも詳しくまとめてますがあらためてデジタル絵を描くためにPCを新たに選ぶ際、特にスペックで意識すべきポイントは次の5つです。

 

  1. モニター・・・フルHD(1980✕1080)以上
  2. CPU・・・intel core i5以上
  3. メモリ・・・8GB以上(できたら16GB)
  4. ストレージ・・・SSD200GB以上(HDDなら1TBが最近の標準)
  5. グラフィックボード・・・(必須ではないけどあった方が快適)

 

中でも特にCPUとメモリは特に重要なので、可能な限り予算をかけておくとストレスのないお絵かきに直結します。

 

ハシケン
それぞれについて、具体的に詳しく見ていきましょう!

 

①絵を描くモニターはなるべく大きく、解像度の高いものを

 

小さいモニターで長い間作業してると確実に目が疲れてしまうので、予算やスペースのゆるすかぎり大きなサイズを選んでください。

 

解像度はフルHD(1980✕1080)以上必須でノートPCなら最低15インチ以上デスクトップなら21インチ以上のサイズがおすすめです。形は正方形でなく横長ワイドにしましょう。

 

また液晶モニターには【グレア】【ノングレア】という2種類があります。

 

デュアルモニター パソコンで絵を描く 接続

 

上の写真の左端のようにグレアは光沢がありつやつやしていて一見綺麗ですが、絵を描くために長い間凝視して使っているとかなり目にキます。

 

逆にノングレアはむだな光沢がない分、パッと見の鮮やかさこそないですが目への負担は少なめなので絵を描く際に向いています。

 

②お絵かきパソコンのCPUならcore i5以上が基本

CPU 画像

メモリーとは、データを記憶する部品のことです。英語でmemoryとは記憶を意味します。データやプログラムを 一時的に記憶する部品で、コンピューターでは 主記憶を担当します。

パソコン初心者講座より引用

 

intel core i5以上が、現在PCでデジタル絵を描く上でのCPUの標準レベルです。

 

CPUの性能が低いとどうしてもパソコンの処理速度が落ちてしまいます。ソフトの処理が進まなかったり、描いた絵の加工がなかなか実行されないとストレスの原因になりかねません。

 

ただ、ほかとくらべて安価だからといってCeleronのCPUが入ったパソコンを買うのはやめておきましょう。快適に描く作業とはかなり遠い結果になってしまいます。

 

ハシケン
intelのcore i3だと今の時代はキビシイです、最低でもi5レベルには届かせましょう。i7以上だとさらによしです!

 

③デジタルお絵かき用のメモリは最低でも8Gはほしい

 

メモリ画像

CPUそのものは小さいのですが、その働きはパソコン随一です。そのためCPUの性能は、パソコンの性能や価格に大きく関わってきます。

パソコン初心者講座より引用

 

最低4GB、できれば8GB、なるべく16GB・・・そんなわかりやすいイメージでOKです。メモリは純粋に数が多いのが正義なので、可能な範囲で増やしておくといいでしょう。

 

ポイント!購入後あとからメモリを増設することもできますが、パソコンによっては追加できる上限が低かったり増設作業自体も慣れてないと難しいので初心者さんほど購入時に増やしておけるとラクです。

 

 

ストレージはなるべく余裕を持っておこう

ハードディスク画像

 

ハードディスクとは、パソコンのデータを保存する部品です。パソコン以外でも外付けのハードディスク、ネットワークディスク、サーバー、家電のHDDレコーダー、ゲーム機などで幅広く使われています。

パソコン初心者講座より引用

 

データを記録する「ストレージ」は長年HDD(ハードディスク)が一般的でしたが、最近はメインにSSDを使うPCも増えています。

 

ハシケン
WindowsなどのOSやペイントソフトのインストール先にSSDを指定しておくと、起動が早くなって快適になるんです♪

 

また最近は様々なクラウドタイプのストレージ(例:GoogleドライブやDropboxなど)もあるので、そちらで余裕のある容量を確保できるならパソコンはSSDのみでHDDなしでも問題ありません。

 

⑤あったら嬉しいグラフィックボード

 

グラフィックボード画像

グラフィックボードとは、映像関連の計算処理を行う『GPU』が取り付けられた、3D映像や高解像度な映像の出力を得意としたPCパーツです。よく混同しがちですが、グラボとGPUは別物。

だらメモろぐより引用

 

このページに出てくるアイキャッチイラストのようなカンタンな絵ならそこまで気にしなくてもいいですが、サイズの大きなイラストや緻密なマンガ原稿だとグラフィックボードがあるとないとでは露骨に作業効率が違ってきます。

 

ポイント!購入を考える時は『nvidia GeForce GTX 950』以上をベースに考えてください。

 

 

ハシケン
ボードも数字が増えるとスペックが上がるという基本のもと、ネットの口コミも踏まえながら選びましょう!

 

デスクトップPCとノートPC、絵を描くならどっちがいいのか?

アイキャッチイラストサンプル

 

ちなみにここ数年の間に発売されたPCであれば、上のアイキャッチ程度のイラストはノートPCでもデスクトップでも問題なく描けると思って大丈夫です。

 

ただし『作業領域』という要素があります。基本的にデジタルで絵を描く時の液晶画面は、大きければ大きいほど作業効率が比例して向上します。

 

逆に物理的にモニターが狭いとどうしても描く時に拡大・縮小操作を繰り返すので、効率悪くなる状況が生じてしまいます。

 

ノートでも絵は描けますが、携帯性や機材スペースのことを除けばお絵かき環境としてより快適に絵を描けるのはプロの目から見ても間違いなくデスクトップになります。

 

ハシケン
ただサイズの好みは個人差もあるので、まず用意しやすい環境で始めて手狭になったら変える手順でもOKです!

 

【★参考:ノートPCを検討したい時のイメージ】

  • 10インチ…絵を描くのは基本的に厳しいです・・・
  • 13インチ…持ち運ぶならこのくらいが標準、でも本気で絵を描くなら少し狭さを感じるかも?
  • 15インチ…重くなるので家使用ならという感じ、このくらいのサイズなら絵も割と描きやすい
  • 17インチ…携帯性は諦めたほうが無難、絵を描く広さ的には十分

 

高スペックのパソコンをなるべく安く手にいれたいなら、必ず「クリエイターPC」から検討しよう

光明が差す これだ!

 

・・・結論から言うと、絵を描く理想的なスペック&金額のパソコンを近所の大型電気店で見つけるのは意外と難しいかもしれません。

 

有名メーカーPCはそもそも不要なソフトが多くインストールされていて値段が上がりがちなうえ、実は絵を描くときにメーカーの違いは何も関係ないのが実情です。

さらにいらないソフトが多く入っていると、せっかくのパソコン動作の快適さまで損なってしまいます。

 

ムダな出費で後悔しないためにもぜひ知っておいてほしいのが、『クリエイター向けのパソコン』という存在です。

 

DAIV マウスコンピューター

Copyright © MouseComputer CO.,LTD. All Rights Reserved.

マウスコンピューター公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/

 

クリエイター向けのPCはテレビCMもやっている上の「マウスコンピューター」などが特に有名ですが、基本的にイラストレーターや漫画家・映像編集などプロのクリエイター的な仕事をしている人向けにネット上だけで限定的に販売されているパソコンです。

 

とはいえ別に小難しいものではなく不要なソフトを省きネット販売で人件費を下げることで値段を安くし、かつ絵やムービー制作に求められる高いスペックを実現したパソコンになります。

 

OSもWindows10が普通に入っているので、普段のパソコンと何も変わりません。

 

販売サイト上で好きなパソコン機種を選んで『カスタマイズ・お見積り』に進むとCPUやメモリなどパーツごとに自由なグレードアップもできます。合計額が画面下にリアルタイムで表示されるので、予算に応じた調整もカンタンです。

 

Copyright © MouseComputer CO.,LTD. All Rights Reserved.

 

ハシケン
もちろん特に必要なければ、何もカスタマイズ(変更)せずそのままで大丈夫です

 

いらないソフトやパーツは避けながら予算ごとに最適な構成を選べるため、近所の電気店で同スペックの有名メーカー製パソコンを選ぶよりも『クリエイターPC』の方がほとんどの場合かなり安くできます。その分長めの保証にお金をかけても予算が余るレベルです。

 

マウス パソコン クリエイターPC

自分もマウスで買ったPCを使ってます

 

ハシケン
実は記事の上部で紹介していたパソコンがまさに最新のクリエイターPCなので、よかったらあらためて参考にしてみて下さい

 

 

イラストやマンガ向けのパソコン選びで間違わない、後悔しないための3つのコツ

イラスト 上達 方法

 

最後にまとめとして、パソコン選択時に気をつけてほしい点を3つほどあげておきます。

 

事前にだいたいの予算を決めて検討しよう!

 

クリエイター向けのパソコンはパーツごとに選べるのでいいものを選びがちですが、絵が目的なら3Dゲームが快適にできるほどの過剰なハイスペックPCにする必要はありません。

 

ハシケン
購入時のカスタマイズであれもこれも・・・と欲張ると、あっという間に結構な金額になることも十分ありえます;

 

機材に関しては著書「ブログx絵xブランディング」でも詳しくまとめてますが、目的と予算を重視しながら後悔のないように検討を進めていきましょう。

 

やりたいことに推奨されるPCスペックは、余裕を持って満たそう!

 

『クリップスタジオ』など絵を描くペイントソフトによっても、必要なパソコンのスペックは変わります。イラストやマンガを描くだけじゃなく、せっかくPCを買うんだからゲームも・・・なんて場合はより高いスペックが必要です。

 

やりたいことが明確な場合は、推奨されるスペックをおさえた上でそれをほんの少し超えるくらいのスペックを持つ機種で考えるのがコツです。

 

▼クリスタに必要なスペックを確認したいときは、こちらが参考になります。

クリスタを使うパソコンのおすすめスペックと機種の選び方

 

▼ゲームとイラスト・漫画をきちんと両立したいならこちらが参考になります。

ゲームできてクリスタでイラスト・マンガも描けるゲーミングPCはこれ

 

不要なソフトや商品はなるべく買わないことが、損をしない鉄則!

 

上の方でも少し書きましたが、大型電気店や通販で有名メーカーのパソコンを買う時はどうしたって不要なソフトが多くついているものです。

 

でも『クリエイターPC』であればそもそもいらないものはカスタマイズではずせますし、マウスやキーボードも手元にあるならあえて買う必要はありません。

 

まとめ

イラストレーター 仕事 辛い 克服

 

パソコンはどうしても悩むものですが、クリエイター向けパソコンのような絵を描くことに特化した存在を選べば意外とシンプルです。

 

くれぐれも電気店で店員さんに言われるがままに、ムダなソフトや機能をたくさん載せた割高のパソコンをつかんでしまわないよう気をつけてください。

 

ハシケン
あなたのやりたいことに最適なパソコン環境を手に入れて、快適で楽しいデジ絵ライフを過ごしましょう♪

 

 

▼次はこちら

イラスト通信講座おすすめ20選!デジタル初心者こそオンラインで上手くなろう