イラスト・マンガなど絵を描くパソコンのスペックはこう選べ!

パソコン 絵を描く スペック 選び方

スポンサードリンク

『絵』でGoogle検索1位に表示される【コンテアニメ工房】特選商品&サービス

  1. 【デジ絵ワークショップ】⇒パソコンで絵を描く基本手順がたった一日で理解できる! 次回7/23秋葉原開催、先着6名様限定!
  2. 【キャラデザ】⇒表情の変えられる全身似顔絵であなたをブランド化しよう! ひと月限定6体完全受注制作販売中!

 

どうも、絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

費用が安くなり、ブログなどでも本以上に詳しい解説が見れることもあってパソコンを使ってデジタルで絵を描く人の数は年々増えてる印象です。

 

ハシケン
でも、いざパソコンで絵を描こうと思ったけど、結局何を買っていいかわからず悩む・・・なんてこともあるんじゃないでしょうか?

 

 

【デジタルで絵を描く3種の神器】っていうのがありまして、

 

  • パソコン
  • ペンタブレット
  • ペイントソフト

 

・・・これさえ揃えてしまえば自由に絵が描けるわけです。

 

今回はメインのパソコンについて、スペックの選び方をわかりやすく解説します!

 

 

 

スポンサードリンク

デジタルでイラストを描く時のパソコンを選ぶ基準とは?

絵 パソコン 描く

 

まずは単純に、あなたがどんな絵を描きたいと思ってるか考えてみましょうください。

 

①・・・SNSアイコン的な小さな絵・当ブログのアイキャッチ画像程度のイラスト

②・・・pixivなどに出したり、スマホゲームのカードイラスト風に

③・・・漫画・印刷用の巨大なイラスト

 

今回の記事で何度も出る区分けなので、自分が何番にあたるかぜひ覚えておいて読み進めてください!

 

数字が増えるに連れて、パソコンも高スペックである必要が出てきます。パソコンスペックの数値が上がれば、予算も比例して上がります。

 

自分の使えるお金と必要なスペックを、うまく折り合いつけて考えて下さい。

 

ハシケン

①から始める場合でも、将来的に②③と進む可能性があるなら最初から高いスペックを選ぶ方が無駄がないです。

でもその可能性が低いんであれば、無理してそれほどいいものを買う必要はないかもしれません。

 

絵を描くために必要なPCスペックと選び方を理解しよう!

絵 描こう

 

デジタルで絵を描こうとパソコンを買うなら、PCスペックで特に重要なポイントが5つあります。

 

モニター

 

小さいモニターで作業してると確実に目が疲れるので、なるべく大きなものを選びたいところです。

 

解像度は最低1280×1024から、21インチ以上のサイズがおすすめです。

 

パソコンの画面における絵を描く作業領域は基本的に大きいに越したことないです。小さいとその分描くときに拡大縮小などの工程を無駄に重ねてしまい、効率が悪くなりがちです。

 

正方形でなくワイドにしましょう、理想は1920×1080あたりです。

 

 

また、液晶モニターには【グレア】【ノングレア】の二種類があります。

 

グレアは光沢があってつやっつやしていて一見綺麗に見えますが、長い間使ってると結構目にキます。ノングレアは光沢がない分、パッと見の鮮やかさはないですが目には楽です。

 

絵を描くことを考えたら、絶対にノングレアがおすすめです。

 

ハシケン
基本的に最近の売れ筋はノングレアが主流なので大丈夫と思いますが、購入時の確認だけ忘れずにしてくださいね?

 

CPU

 

【intel core i5】が、PCでデジタル絵を描く上での現在の最低基準です。

 

hashiken
core i3だとキツイ印象ですので、i5には届かせてください。i7だとさらによしです!

 

メモリ

 

最低4GB、出来たら8GB、余裕あったら16GB・・・こんなイメージで考えましょう。

 

最初の①②③の区分けを例に話すと、②以降は4GBでは確実に辛くなります。基本的にメモリは多いのが正義なので、購入時に余裕があったら可能な範囲で増やしておきましょう。

 

購入後でも追加しやすいパーツなんで、自分で増やせそうならそれで問題ありません。

 

グラフィックボード

 

・・・ここは若干の悩みどころなんですね。①ならほぼ気にしなくていいですが、②は検討してみるのもいいでしょう。③はちゃんとしたグラフィックボードがあるとないとでは、露骨に作業効率が違ってきます。

 

購入を考える時には『nvidia GeForce GTX 950』あたりをベースに考えると良いでしょう。数字が増えるとスペックと値段が上がる、という基本のもとネットの最新口コミも踏まえて考えて下さい。

 

hashiken
参考程度に、プロ仕様のQuadroというのも有名です。Photoshopなどのadobe系ソフトに最適な仕様の商品です。

 

ストレージ

 

HDD(ハードディスク)が一般的ですが、SSDというものもあります。

 

SSDの方が速度がかなり早く快適ですが、HDDと同じ容量を買おうと思うと割高になります(以前よりは相当安くなってますが)。予算と用途の兼ね合いや、何を優先したいかで決めましょう。

 

ハシケン
良コスパを目指す方法としては、ほどほどのSSD(120GBほど?)を購入してそこにOSやペイントソフトをインストールしておくとPCの立ち上がりが非常に早くなります。

制作したイラストデータは大容量のHDDの方に保存していく、という形が快適でおすすめです。

 

スポンサードリンク

イラスト・マンガ制作に重宝するBTOパソコンのススメ!

FBアイキャッチ用0731p

 

自分の完全な理想のスペックのパソコンを大型電気店や通販で買う・・・ってのは実は案外難しかったりします。

 

ハシケン
いらん会計ソフトや年賀状ソフトまでついてきて予算が高くついてしまったり・・・って感じじゃないですか?

 

そんな時おすすめなのが、【BTO】パソコンです。

 

BTOというのは、Build to Order の略語です。受注生産という意味があります。具体的にいいますと、DELLやパソコンメーカーなどWEB通販などで、パソコンを購入しようとしたときに、パソコンのパーツ構成が選べる時があります。

メモリーは何GBにするか、HDDをどのくらいの容量にするか、グラフィックボードを搭載するかどうか、OSをどのエディションにするかなど。自分の要望に合わせて、パソコンを注文できることがあります。要するにオーダーメイドですね。自分のサイズにあった洋服を注文するときのように。この方式を BTOといいます。またこうしてカスタマイズ注文したパソコンを BTOパソコンというわけです。

パソコン初心者講座より引用

 

ドスパラなどが特に有名ですが、ネットを使ってパーツごとに欲しいものを選んで組み合わせて購入します。組み立ててもらった状態で購入できる自作PC、のようなイメージです

 

ほとんどの場合、電気店で同じスペックの有名メーカー品を買うより確実に安く済みます。その分長めの保証などに予算をかけても余るレベルです。

 

hashiken
自分も自作できる知識は特にないレベルなんですが、BTOを利用して4年前にPCを購入しました。

おかげで今も快適に使ってます。

 

パソコンの電源の付け方さえわからない場合にはさすがにおすすめしませんが・・・そうでないなら問題ないでしょう。

 

参考までに2017年時点で、絵を描くための理想のスペックのPCを予算の安い範囲で組んでみたので購入に悩んでたら参考にしてください。

 

以下はドスパラの商品を例に挙げています。画像クリックで直接商品のリンク先にも飛べます。

 

快適にデジタルでイラストを描くための『デスクトップPC』ドスパラBTO購入サンプル

ドスパラ デスクトップ BTO

¥84,980(+税)

値段は2017年5月21日時点でのものです、細かく変動するので必ず公式サイトを確認してください。
OSWindows 10 Home 64bit のインストール
CPUインテル Core i5-6500 (クアッドコア/定格3.20GHz/TB時最大3.60GHz/L3キャッシュ6MB)
グラフィックインテル HDグラフィックス530 (CPU内蔵)
メモリ16GB DDR4 SDRAM(PC4-17000/8GBx2/デュアルチャネル)
ハードディスク【SATA3】 500GB HDD (SATA6Gb/s対応)
SSD【無料プレゼント中】250GB SSD
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
マザーボードインテル H110 チップセット マイクロATXマザーボード
保証持ち込み1年保証

快適にデジタルでイラストを描くための『ノートPC』ドスパラBTO購入サンプル

ドスパラ BTO ノートPC

¥109,980(+税)

値段は2017年5月21日時点でのものです、細かく変動するので必ず公式サイトを確認してください。
OSWindows 10 Home 64bit のインストール
CPUインテル Core i7-6500U (デュアルコア/HT対応/定格2.50GHz/TB時最大3.10GHz/L3キャッシュ4MB)
グラフィック15.6インチ非光沢液晶(1920×1080) / インテル HDグラフィックス520(CPU内蔵)
メモリ8GB DDR3L SO-DIMM (PC3-12800/4GBx2/デュアルチャネル)
ハードディスク【ハードディスク】 500GB (5400rpm)
SSD250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
マザーボードモバイル インテル 100シリーズ チップセット搭載マザーボード
保証持ち込み1年保証

 

 

 

デジタルイラストにまつわる快適な環境づくりと選び方

ペンタブレット 姿勢

 

慣れてくるとより快適な作業環境を求めたくなります。そんな時オススメなのが【デュアルモニター(デュアルディスプレイ/マルチモニター)】と呼ばれる、モニター2台置きです。

 

パソコンを使って絵を描くプロの職場では、最近ほぼ当たり前です。

 

モニターの1つにペイントソフトを開いてもう一方に資料を開くと、いちいちペイントソフトの表示サイズを小さくしたりウィンドウを重ねたりせずやれて非常にスムーズです。

 

 

①の作業では無くてもいいでしょうが、③にもなるとほぼ必須の作業環境になります。

 

作業領域の広さ確保はそのまま効率化に繋がるので、本格的に絵をやっていく場合はぜひ検討しましょう。

 

パソコン自体がデュアルに対応してる必要もあるので、気になる場合は購入時に確認しておきましょう。

 

★手持ちのipadで簡易的にデュアルを試すなら、『duet display』という有料アプリを使ってみる手もあります。

 

結局、デジタルで絵を描くにはデスクトップPCとノートPCどっちがおすすめ?

施策 頑張る

 

作業自体は最近のノートPCのスペックなら、簡単なイラストは問題なく出来ると思って大丈夫です。

 

ただし、前述の『作業領域』の問題があります。

 

ハシケン
どうしても画面が小さいとやりにくいとか、拡縮繰り返して効率悪く感じることが必ず出てきます。描くことに慣れれば慣れるほどそうなっていくでしょう。

 

①はノートでも充分でしょうが、②と③はデスクトップでないとサイズ的に厳しいと思います。

 

絵を描く上での効率って意外と軽視できなくて、細かい不満点が積み重なるとかなり大きなストレスになります。

 

漫画やそこそこしっかりしたイラストを描く時はあくまでデスクトップPCをメインに、サブマシンでノートPCというのが妥当でしょう。

 

逆に①の小さいイラストや当サイトくらいのアイキャッチ画像はノートPCでも問題なく描けるので、あなたのやりたいことに合わせて選んでくださいね。

 

さいごに、

リライト 作業 ブログ

 

今回のまとめと、最初にも紹介したペンタブペイントソフトの記事を一通り見てもらえればデジタルで絵を描く準備はほぼ整うはずです。

 

 

★もしまだデジタルの始め方に悩む時には、【コンテアニメ工房】限定特製E-bookをマニュアルとして使って下さい。

 

★機材を揃えたもののどう描いていいかわからず悩むようだったら、デジ絵ワークショップ】に参加してたった一日で『アニメ塗り』の基本手順を理解しちゃってください。

 

 

 

↓ 次のページはこちら! ↓

 

 

 

パソコン 絵を描く スペック 選び方

『たった1日でデジタル絵の基本的な描き方がわかる』

 

ワークショップ アイキャッチ

 

自分で絵を描いて使いたい人対象の

【デジ絵ワークショップ】!

 

PCで絵を描いて使う基本手順が1日で理解できます。

 

次回開催7/23、秋葉原で!

 

『顔出しせずに覚えてもらおう!』

 

キャラデザサンプル

 

ビジネス・ブログであなたを認知してもらうには

愛嬌あるキャラクターが最適です。

 

表情も変えられる全身アニメ似顔絵

【キャラデザ】!

 

きっと写真以上に親しみを感じてもらえます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年2月時点で月間25万PV突破)。