初心者も安心!パソコンで絵を描く時のPCスペックの選び方

パソコン 絵 スペック 選び方

スポンサードリンク

 

どうも、アートディレクターのhashiken(@conteanime)です。

 

費用が昔と比べて安くなり、ブログなどで本以上に詳しい解説が見れることもあってパソコンを使ってデジタルで絵を描く人の数は年々増えてる印象です。

でも、いざパソコンで絵を描こうと思ったけど、結局何を揃えていいかわからないなんてことも多いんじゃないでしょうか?

 

【デジタルで絵を描く3種の神器】っていうのがありまして、

 

  • パソコン
  • ペンタブレット
  • ペイントソフト

 

・・・これさえ揃えれば自由に絵が描けるわけです。

今回はメインのパソコンについて、なるべくわかりやすく選び方を解説します。

 

ポイントさえつかめばデジタルで絵を描くことは難しくないので、どうか気楽に試してみてください。

 

★ペンタブに悩んだ時は初心者におすすめなペンタブレットの選び方をプロが詳しく解説!、ソフトに悩んだ時はPCで絵を描く!多くのプロがおすすめする有料ペイントソフトBEST3を参考にしてください。

 

自分で絵を描いて効率的に使えるようになっちゃおう!

『絵』の単独ワードでGoogle検索1位に表示されることもある【コンテアニメ工房】が、

『たった一日でデジタル絵の基本的な描き方と活用方法までわかる』ワークショップを開催します!

※画力向上だけでなく、実用的な絵の活用を考えている方を対象としたワークショップです。

 

スポンサードリンク

デジタルで絵を描く時に、パソコンを選ぶ基準とは?

 

難易度 厳しい

 

最初は単純に、あなたがどんな絵を描きたいと思ってるか考えましょう。

 

①SNSアイコン的な小さな絵・当ブログのアイキャッチ画像程度のイラスト

②pixivなどに出したりスマホゲームのカードイラスト風

③漫画・印刷用の巨大なイラスト

 

今回の記事で何度も出る区分けなので、自分が何番にあたるかは覚えておいて下さい。

 

数字が増えていくに連れて、パソコンも高スペックである必要が出てきます。

同様にパソコンスペックの数値が上がれば、予算も比例して上がります。

 

自分の使えるお金と必要なスペックを、うまく折り合いつけて考えて下さい。

 

①から始める場合でも、将来的に②③と進む可能性があるなら最初から高いスペックを選んだ方が無駄はないです。

でもその可能性が低いのなら、無理してそこまでいいものを買う必要はないでしょう。

 

絵を描くためのパソコンのスペックについて

 

4 (5)

 

デジタルで絵を描くためにパソコンを買う時、スペックで重要なポイントは5つあります。1つずつ見ていきましょう。

 

モニター

 

小さいモニターで作業してると目が疲れるので、なるべく大きなものを選びたいところです。

 

解像度は最低1280×1024から、21インチ以上のサイズがおすすめです。

 

パソコンの画面における絵を描く作業領域自体は基本的に大きいに越したことないです。小さいとその分描くときに拡大縮小などの工程を無駄に重ねてしまい、効率が悪くなりがちです。

 

正方形よりはなるべくワイドのほうがいいでしょう、理想は1920×1080あたりでしょうか。

 

 

また、液晶モニターには【グレア】【ノングレア】という二種類があります。

 

グレアは光沢があって一見綺麗に見えますが、長い間使ってると結構目にキます。ノングレアは光沢がない分、鮮やかさはないですが目には楽です。絵を描くことを考えたら、ノングレアの方がおすすめです。

 

基本的に2016年の売れ筋はノングレアが主流なようです。

 

CPU

 

【intel core i5】が、絵を描く上での2016年時点での最低基準だと思います。

 

hashiken
・・・これ以上なら何も問題はありません、さくっと次に進みましょう(笑

 

【~i7】だとさらによしです。

 

メモリ

 

最低4GB、出来たら8GB、余裕あったら16GB・・・そんなイメージで考えましょう。

 

最初の①②③の区分けを例に話すと、②以降は4GBではちょっと辛くなってきます。基本的にメモリは多いのが正義なので、購入時に余裕があったら増やしておきましょう。

 

あとからでも追加しやすいパーツなんで、自分で増やせそうならそれでも問題ありません。

 

グラフィックボード

 

・・・ここは若干の悩みどころなんですね。①ならほぼ気にしなくていいでしょうが、②は検討していいでしょう。③はちゃんとしたものがあるとないとじゃもう露骨に作業効率が違ってきてしまいます。

 

購入を考える時には『nvidia GeForce GTX 950』あたりをベースに考えると良いでしょう。数字が増えるとスペックと値段が上がる、という基本のもとネットの最新口コミも踏まえて考えて下さい。

 

hashiken
プロ仕様の、Quadroというのも有名です。Photoshopなどのadobe系ソフトに最適だそうです(・・・使ってないのですごくうろ覚えですが/笑

 

ストレージ

 

HDD(ハードディスク)が一般的ですが、SSDというものもあります。

 

SSDの方が速度が早く快適ですが、HDDと同じ容量を買おうと思うと割高になります(以前よりは相当安くなってますが)。予算と用途の兼ね合いや、何を優先したいかで決めましょう。

 

コスパ大を目指す方法としては、ほどほどのSSD(120GBほど?)を購入してそこにOSやペイントソフトをインストールすると立ち上がりが非常に早くなります。そして制作したイラストデータは大容量のHDDに保存していく、という形が快適でおすすめです。

 

イラスト・マンガ制作にBTOパソコンのススメ

 

FBアイキャッチ用0731p

 

色々見てきましたが、自分好みのスペックのパソコンを一般的な電気店で買うのは案外難しかったりしちゃうんですね。

 

そんな時おすすめなのが、【BTO】パソコンです。

 

ドスパラなどが有名ですが、ネットでパーツごとに欲しいものを選んで組み合わせて購入します。いわゆる自作PCと違うのは、組み立ててもらった状態で購入できる点です。

 

大体の場合、電気店でメーカー品一式を買うより安くなります。その分長めの保証などに必要なお金を差し引いても、検討する価値はあるでしょう。

 

hashiken
自分も自作できる知識はないのでBTOで4年前に購入しました、幸い今も快適に使っています。

 

自作ほど敷居は高くないですが、全くパソコンわからない・・・って人はさすがにちょっと待った方がいいかも? 無茶せず、詳しい人に一緒に選んでもらってください。

 

デジ絵にまつわる快適な環境づくり

 

ペンタブレット 姿勢

 

慣れてくると、より快適な作業環境を求めたくなります。そんな時オススメなのが【デュアルモニター(デュアルディスプレイ/マルチモニター)】と呼ばれる、いわゆるモニター2台置きです。

 

パソコンを使って絵を描く職場では最近ほぼ当たり前になってます。

 

上のアイキャッチ画像は自分の家のデスクをモデルに描いたものですが、ある程度しっかり描こうとすると絵の資料をネットでみつけて見ながら描いたりするようになります。 ※トレースでなく、あくまで参考資料として・・・です(笑

 

そういう時、モニターの1つにペイントソフトを開いてもう一方に資料を開けばいちいちペイントソフトのサイズを小さくしたり、ウィンドウを重ねたりせずやれて非常にスムーズです。

 

 

①の作業では無くてもいいでしょうが、③にもなるとほぼ必須だと思います。

作業領域の広さ確保はそのまま効率化に繋がるので、本格的に絵をやっていく場合は検討しましょう。

 

パソコン自体が対応してる必要もあるので、念のため購入時に確認しておきましょう。

 

デスクトップとノートPCはどっちがいい・・・?

 

施策 頑張る

 

ちなみに自分はどちらにもペイントソフトを入れてます、メインはデスクトップです。妻も同じように絵を描く仕事をしてるんですが、逆に彼女はノートPCのみでやってます。

 

作業自体は今のノートPCのスペックなら、だいたい問題なく出来ると思っても大丈夫でしょう。

ただし、何回かお話した『作業領域』です。どうしても画面が小さいとやりにくいなあとか、拡縮繰り返して効率悪く感じることが出てきちゃいます。描くことに慣れれば慣れるほどそうなっていくでしょう。

 

①はノートでも充分でしょうが、②③はデスクトップでないとサイズ的に厳しい気がします。

 

 

絵を描く上での効率って意外と軽視できなくて、細かい不満点が積み重なるとかなり大きなストレスになるんですね。

 

漫画やそこそこしっかりしたイラストを描く時はあくまでデスクトップをメインに、サブマシンでノートPCというのが妥当でしょう。逆に①の小さいイラストや当サイトくらいのアイキャッチ画像はノートで問題なく描けるので、やりたいことに合わせて選んでください。

 

さいごに、

 

リライト 作業 ブログ

 

今回のパソコンについてのまとめと、最初にも紹介した過去記事のペンタブ・ペイントソフトを一通り見てもらえたらデジタルで絵を描く準備は完璧だと思います。

 

あとは現役アートディレクターおすすめの絵が上手くなる方法とはコレだ!のトレーニング記事なども参考に、楽しく絵の力を向上していってください。

 

肝心なのはどこまで行っても、自分自身が楽しくやることです。絵を使ってやりたいことが快適にできるように当サイトは応援しています。

 

自分で絵を描いて効率的に使えるようになっちゃおう!

『絵』の単独ワードでGoogle検索1位に表示されることもある【コンテアニメ工房】が、

『たった一日でデジタル絵の基本的な描き方と活用方法までわかる』ワークショップを開催します!

※画力向上だけでなく、実用的な絵の活用を考えている方を対象としたワークショップです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

 

⇒自分のブログのアイキャッチ画像をイラストで描こう!解説動画付き
 

 

スポンサードリンク

パソコン 絵 スペック 選び方

絵を活用すれば、今より11倍ブログが見られるようになる!

 

ワークショップ アイキャッチ

 

『たった一日でデジタル絵の基本的な描き方と活用方法までわかる』

 

ワークショップを12/18に限定8名様で開催します!

 

※画力向上ではなく、実用的な絵の活用を考えている方を対象としたものです。

   

顔出しせずにあなたを売り込めるとしたら?

 

普通は、あなたの人となりが見えないと

webからの仕事にはなかなか繋がりません。

 

顔出しに抵抗ある会社勤め中の方や女性、

個人事業主さんにオススメしたいのが

全身アニメ似顔絵の【キャラデザ】です。

 

そっくりで魅力的なキャラクターを使えば、

現実のあなたと違和感ない対応ができます。

むしろ現実以上に愛着を感じてくれるかも?

 

コンテアニメ工房特製【キャラデザ】

3つの表情パターンが標準セットで付いて、

毎月限定10体の受注制作で販売中です。

 

キャラデザ CTA 1103

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives(クリエイト アーカイブス)代表兼アートディレクター。千葉県柏の葉のKOIL(コイル)を拠点としている。若いころは漫画家を目指し活動、その後は遊技機やスマホゲームの制作に従事。代表作は『2027Ⅰ・Ⅱ』(㈱トレード企画)のキャラクターデザインや『海賊道』(㈱gumi)『戦国修羅SOUL』(㈱クリーク・アンド・リバー社)のアートディレクションなど、オリジナル・版権モノ問わず多数。 2015年独立、絵に特化したブログサイト【コンテアニメ工房】(2016年10月時点で月間10万PV突破)を開設し個人事業をスタート。アニメ似顔絵商品【キャラデザ】や企業キャラクター制作・アニメ動画広告の受注制作を展開しつつ、誰でも『絵の力』を活用できるためのセミナー・ワークショップなど順次展開中。