イラストを描く時のレイヤーの機能と使い方をプロがわかりやすく解説!

イラスト レイヤー 使い方 絵を描く!

スポンサードリンク

★絵の力を活用したいあなたのための特選サービス★

【特製E-book】完全初心者向けのデジタル絵マニュアル! 現在、無料配布中!

【デジ絵ワークショップ】たった4時間でデジタル絵の基本の描き方ができる! 次回9/12開催、残り5席

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
パソコン・ペンタブ・ペイントソフトなどの機材を用意していざ、デジタルでイラストを描き始めてみると・・・様々ながあなたを襲うことでしょう;

 

  • ペンタブで手元を見ずに目の前の液晶を見て描くことに慣れない・・・
  • 線がブルブルしちゃってきれいに書くことがどうしても出来ない・・・
  • 色がベタッとしちゃっていい感じに見えない・・・

 

中でも最もわかりにくい概念として立ちはだかるのが『レイヤー』じゃないでしょうか?

 

ハシケン
慣れればこんなありがたい存在はないんですが、どうしても概念的に取っ掛かりが悪いのかレイヤーで引っかかりデジタルをやめてしまう人も多いようです。

 

ということで今回は絵を描く上でのレイヤーの考え方・使い方についてくわしくまとめます、悩んでいたら参考にしてください!

 


スポンサードリンク

デジタルイラストを描くときのレイヤーは透明のクリアファイルとして考えよう!

絵 パソコン 描く

 

レイヤとは、層、階層、層にする、層をなす、などの意味を持つ英単語。何かの構造や設計などが階層状になっているとき、それを構成する一つ一つの階層のことをレイヤという。

ペイントソフトやフォトレタッチソフトなどで、画像を載せる仮想的なシートのことをレイヤということがある。1枚の画像を任意の枚数のレイヤを重ねあわせたものとみなし、各層に画像を構成する個々の要素を置いたり効果を加えたりすることで、画像の加工・編集を容易にする機能である。

IT用語辞典より引用

 

・・・と難しい理屈はさておき、絵を描くキャンバス内に自由に増やせる「透明の面のようなもの」をイメージしてみてください。

 

それらが一枚ずつ透明のクリアファイルに収まっていて、上から重ねて見てみると一枚絵が仕上がっているというのが基本です。

 

着色 仕上げ

 

何も手を入れてない新規レイヤーは透明な状態です。

 

昔のアニメの透明セル画をよく例に挙げられますが、セル画との違いはデジタルなので物理的な厚みがなく何百枚だろうが好きに重ねて使える点です。

 

上の絵では、色ごとに細かくレイヤーを分けて仕上げています。一般的にアニメ塗りといい、デジタルイラストの代表的なやり方です。

 

★アニメ塗りについてより詳しく知りたい場合は、アニメ塗りを知れば誰でもデジタルイラストが描ける!メイキング付きを参照してください。

 

ringo
ringo2

 

多くの場合、デジタルで描かれているイラストはレイヤーを何十枚~何百枚と使っています。レイヤーを細かく分けておけば、あとからの部分ごとの加筆修正が楽というのが何枚も使用しておく大きな理由です。

 

レイヤー サンプル画像

 

上は当サイトのイメージキャラクターですが、40枚のレイヤーに分かれて描かれています。このようにレイヤーを重ねて表示することで、1つのイラストが出来上がっています。

 

レイヤーは数百枚を越えて多くなりすぎると、パソコンのスペックやペイントソフトの上限にひっかかって動作に支障が出る場合もあります。

 

 

ここで一つ、重要なことを覚えておいてください。

 

レイヤーは描きながら『結果的に』増えていくものであって、最初に何枚に分けて描こうと決めてるわけではありません。

あくまで細部を分けて描いていった結果として何十枚、何百枚になっていくことを知っておいてください。

 

レイヤーを増やすのは、あくまでも描く人のさじ加減です。

 

 

ハシケン
1つのレイヤーで描かれている絵もあります、描きやすいならそれでも全然構いません。

ただし、レイヤーが細かく分かれていたほうがあとからの調整などしやすいのは確かです。

 

 

アイキャッチ サンプル

 

参考として当サイトでブログごとに描き起こしてるアイキャッチは、それぞれが概ね10枚程度のレイヤーで構成されています。

 

 

ハシケン
使い方が自由だからこそレイヤーは奥深く、逆に初心者にはとっつきにくく感じられる部分があります

レイヤーは自由に増やしてもいいし増やさなくたっていいんだ、とまず覚えておきましょう。

 

デジタルで絵やイラストを描く基本手順と機材を知っておこう!

絵 コツ

 

基本的なデジ絵を描く手順は、ざっくり次のようになります。

 

ラフ ⇒ 線画 ⇒ 着色

 

ラフの前に大ラフレイアウトと呼ばれる工程があったり、着色を着彩彩色と言ったり、着色のあとにエフェクト効果仕上げなんて調整が加わったりもしますが、普通に絵を描く上ではラフ・線画・着色だけ知っておけば充分です。

 

 

重要なのは、プロも絵を一発描きしてるわけじゃないので初心者であればなおさらこの基本工程をたどったほうが上手く描けるということです。

 

以下、工程毎にレイヤーの使い方を見ていきましょう。

 

 

一般的な【アニメ塗り】と呼ばれる手法を例にします。当サイトで推奨している有料ペイントソフトの「CLIP STUDIO(クリスタ)」を使った描き方になります。

 

 

もしこれからソフトを買う場合、デジタルの完全初心者ならお手頃価格の「CLIP STUDIO PAINT PRO」を選んでおくといいでしょう。

 

 

 

もしあなたが将来的に漫画やアニメもやってみたい、高機能を活用したいと考えるなら上位版の「CLIP STUDIO PAINT EX」がおすすめです。

 

 

 

★ちなみに「CLIP STUDIO(クリスタ)」にはタブレット用のアプリ版もあります、詳しく知りたい時はクリスタipad版アプリでイラストや漫画を描く環境は一変する!を参照してください。

 

 

またペンタブは、初心者のうちは下のような8,000円前後のお手軽なものから始めるのがおすすめです。

 

 

タブレットは板状のもの以外に、液晶タブレットという液晶画面に描くタイプがあり「液タブ」と略します。

 

通常のペンタブは手元を見ずPC画面だけ見ながら描きますが、アナログからの移行で馴染みにくい人は液タブを使うことでアナログに近い描き方が出来ます。

 

ハシケン
機材の良し悪しは快適に絵を描くための一歩につながることも多いので、余裕のある範囲でいいものを揃えてみるのもいいですね

 

 

ハシケン
このような機材の解説も含めて手元においておけるデジタルイラスト初心者向けのマニュアルが欲しい場合は、当サイト完全オリジナルの無料E-bookをどうぞ♪
 

 

スポンサードリンク

デジタルイラストのお絵描き工程その①『ラフ』

 

 

早い話が下描きです。

 

主に1つのレイヤー上で描くことが多いですが、キャラを複数並べたり体の前に大きく来る手や物などを微調整したい場合はキャラやパーツごとにレイヤーを分けて作成して進めても構いません。

 

ラフの段階では主に、絵の構図大きさポーズ表情のイメージを固めて次工程での線画が描きやすい状態にします。

 

線をなぞって取れるくらいにまで描き込めれば、ラフの工程は完了です。

 

★ラフについてもっと詳しく知りたい時には、デジタルイラスト初心者必見!ラフの描き方5つのコツとは?を参考にしてください。

 

デジタルイラストのお絵描き工程その②『線画』

ツールやサイズは描きやすいもので構いません

 

ラフで作ったレイヤーよりも上の位置に、線画用の新規レイヤーを作成します。

 

慣れないうちは新規レイヤーを作るたびに『ラフレイヤー』『線画レイヤー』など、わかりやすい名称を付けておくとスムーズです。

 

レイヤーごとに不透明度はいつでも変えられます

 

ラフレイヤーの不透明度を下げて線画レイヤー上で線をなぞりやすくします。トレーシングペーパーなどを使った写し絵の要領です。薄く見えてるラフの線を基に、改善しながらきれいに線を描いていきます。

 

手首のスナップも使いつつ、キレイな線を描いていきましょう

 

線画の段階では、ラフをベースにさらによりよい絵に仕上げていくのがポイントです。

 

バランスを正したり表情をより良くしたりと、下描きをもとに必要な線を拾いながら理想とする状態を目指して描いていきます。

 

ハシケン
ラフと同じようにレイヤーを分けて描きたいところはそうしても構いません、あくまでもあなたがやりやすいように進めましょう。

 

 

大事なのは、線をワンストロークで描こうとしなくていいということです。

 

下は極端な例ですが、このように短い線を重ねて一本の線を作っても構いません。色を塗ってしまえば線の雑さは案外目立たないですし、かつ若干雑な方が立体感が出るメリットもあったりします。

 

線 ストローク 一回

 

線画が完了したらラフレイヤーは不要になるので非表示にしておきましょう。

 

 

分けて描いたレイヤーは、線画が完了したら1つに結合してしまって構いません。ただし結合すると分離は手間がかかるので、そのままにしておいても大丈夫です。

 

★線画についてさらに詳しく知りたい時には、初心者必見!デジタルイラストの線画をきれいに描く8つの極意を参照してください。

 

デジタルイラストのお絵描き工程その③『着色』

 

線画が済んだらラフレイヤーは非表示にしましょう

 

一般的に「アニメ塗り」と言われる線画や色の境界がハッキリした塗り方の場合は、線画レイヤーの下に着色レイヤーを配置していきます。

 

理由は線の上に色のレイヤーを置いてしまうと、色が線を覆い隠してしまうからです。

線画レイヤーを一番上に置いてあれば、その下で色がどうなっていても線の見え方には影響がでません。

 

ハシケン
別の塗り方もありますが、まずはアニメ塗りの手順を理解したうえで応用に進むことをおすすめします。

 

デジタルイラストの重要ポイント、レイヤーの『分け方』『重ね方』について

 

着色では、パーツごと(色ごと)に細かくレイヤーを分けていきます。つまり使う色の数だけレイヤーを重ねていきます。たとえば題材が人間であれば、

 

レイヤー 着色

Photoshopの画面です

 

下から上にパーツ(色)ごとのレイヤーを作成して並べていきます。肌側に近いものや面積の広いものが下、体から離れるものや狭いもの・時計など装飾品は上の配置になると考えてください。

 

理由としては、例えば肌レイヤー上で塗った肌の色がはみ出していたとしても、その上に配置してあるシャツのレイヤーに色をぬることで肌のはみ出しも覆い隠してくれるためです。

 

 

アニメ塗りではだいたい、1つの色レイヤーごとに影用・光用のレイヤーを直上に配置していきます。

 

レイヤー 影つけ サンプル

Photoshopの画面です

 

上の場合【S_1】が影(shadow)レイヤー、【L_1】が光(light)レイヤーにあたります。ベース色と分けて影や光部分を塗っていくことで、あとからでも部分ごとの細かい調整が可能になります。

 

レイヤー名はなんでも構いません。ちなみに光は、ハイライトとも呼びます。

 

この時に力を発揮するのがレイヤーの『クリッピング』と呼ばれる機能です。

 

デジタルイラストのレイヤー機能『クリッピング』とは?

 

下のレイヤーに上のレイヤーを関連付ける機能で、そうすることにより下のレイヤーで描かれてる範囲にだけ上のレイヤーで描いた内容が反映されるようになります。

 

・・・文字で書いてもわかりにくいと思うので、下のサンプルを見てください。

 

『レイヤー1』に赤で線を適当に描いたうえで、肌レイヤーにクリッピングしたり外したり、髪レイヤーにクリッピングしたり外している動画です。

 

クリッピング グループ化

Photoshopの画面です

 

ハシケン
ちなみにSAIやCLIP STUDIOだとクリッピングといい、Photoshopだとレイヤーのグループ化といいます。

 

着色 クリッピング 方法

SAIの画面です

 

影レイヤーが描く範囲をはみ出しても、範囲内のみにちゃんと塗ってある下のレイヤーにクリッピング(グループ化)すれば下の絵の範囲の部分だけ表示されるようになります。

 

 

他は非表示扱いになるので、上のレイヤーでいくらはみ出していても問題ないわけです。

 

クリッピングはいつでもつけたり外したり出来るので重宝します。何度繰り返してもデータの劣化は起こりません。

 

ハシケン
クリッピングしてたはずがうっかり外れてて表示が変になってた・・・ってことのないようにだけ、気をつけましょう!

 

影や光まで済んだら完成です。

 

 

★色塗りやアニメ塗りについてより詳しく知りたい時には、デジタルイラストの色塗りで悩む初心者はこの塗り方で即解決!アニメ塗りを知れば誰でもデジタルイラストが描ける!メイキング付きを参照してください。

 

その他のデジタルイラストにおけるレイヤーの特徴・使い方

絵を描く

 

最後に、その他のレイヤー機能や使い方などを簡単にまとめておきます。

 

ハシケン
実際に絵を描きながら『こういうことはできるのかな?』と考えて調べてみると実際に出来たりすることは意外に多いので、絵を描く時は常に考えながら描いていくクセをつけることが上達の近道です!

 

レイヤーの「不透明度」はいつでも自由に上げたり下げたり出来る!

不透明度 サンプル

SAIの画面です

 

通常レイヤーは不透明度100の設定になっています、レイヤーに絵を描いたらそのまま100%の状態で表示されています。

 

この数字はレイヤーごとに変更ができていつでも好きに変えれるもので、不透明度を0にするとそのレイヤーは完全な透明扱いとなり元々絵が描いてあっても見た目的に見えなくなります。

 

線画を描く際に下のラフレイヤーの不透明度を下げたりと、様々な使い道があります。

 

レイヤーの重ね方のポイント『合成』を知っておこう!

 

レイヤーにはカラーモードという設定があり、変えることで様々な効果を表現できます。上のレイヤーのモードを変えることで、下のレイヤーへの合成作用を変化させます。

 

合成 モード

SAIの画面です

 

ハシケン
様々あるので絵を描く時に試しながら覚えていきましょう、透明度と同じように自由に変更できレイヤーの元画像に変化は加わりません。

 

レイヤーに慣れたら『マスク』の使い方も覚えたい!

 

消しゴムをかけてしまうと画像は当然なくなりますが、レイヤー上の画像をデータとして維持つつ選んだ部分だけを非表示に出来る機能がマスクです。

 

マスク処理 サンプル SAI

SAIの画面です

 

上の動画ではマスクをONにすると腕の部分が消え、マスクをOFFにすると消していた部分が元通り表示されます。

 

マスク処理を施すことにより、元のデータはそのままに表示⇔非表示をボタン一つで変えられるように設定できます。

 

ハシケン
使いこなせると便利ですが、最初はかなりとっつきにくいと思います。ある程度慣れてきて必要を感じたら覚えればいいでしょう。

 

デジタルイラストに欠かせないレイヤーのまとめ

キャラデザ 自信満々

 

ハシケン
レイヤーの概念はめちゃめちゃ便利ですが、デジタルで絵を描く時の最初の大きな壁にもなるでしょう。

 

今回紹介したようなアニメ塗りの手順を覚えながら実践で試すのが一番早くレイヤーを理解できると思うので、ぜひ挑戦してみてください。

 

 

ハシケン
今回の内容や機材の使い方・絵の描き方などをより詳しく知りたい場合は、全国書店・Amazonで発売中の著書もぜひ参考にしてみてください!

 

 

間違えてもすぐやり直せるのがアナログにはないデジタルならではの良さです、機能ごとの理屈をちゃんと意識しながら使ってみると意外と早く理解できますよ♪

 

 

・・・もしレイヤーを活用して絵を描く手順をもっとしっかり理解したい時は、当サイト主催の【デジ絵ワークショップ】に参加して「アニメ塗り」をたった4時間で理解してしまいましょう!

一生モノの「表現力」を手にしよう!

 

デジタル絵の初心者向けワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

絵を自由に描いて、好きに使ってみませんか?

 

次回9/12(水)開催!

スポンサードリンク