イラストを描く時のレイヤーの機能と使い方をプロがわかりやすく解説!

イラスト レイヤー 使い方

スポンサードリンク

【コンテアニメ工房】特選サービス

【特製E-book】⇒デジタル絵初心者用スタートマニュアル!今だけ無料プレゼント中!

【デジ絵ワークショップ】⇒たった4時間でアニメ塗りがわかる!次回11/3開催、募集開始!

【コンテアニメクラブ】⇒自宅で好きなときに学べる、超初心者向けデジ絵オンラインスクール

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
パソコン・ペンタブ・ペイントソフトなどを用意していざデジタルでイラストを描き始めてみると・・・様々ながあなたを襲います。

 

  • ペンタブで手元を見ずに目の前の液晶を見て描くことに慣れない・・・
  • 線がブルブルしちゃってきれいに書くことがどうしても出来ない・・・
  • 色がベタッとしちゃっていい感じに見えない・・・

 

・・・といろいろありますが、中でも最もわかりにくい概念として立ちはだかるのが『レイヤー』じゃないでしょうか?

 

ハシケン
慣れればこんなありがたい存在はないんですが、どうしても取っ掛かりが悪いのかレイヤーで引っかかりやめてしまう人も多いようです。

 

ということで今回は絵を描く上でのレイヤーの考え方・使い方についてくわしくまとめます。悩んでたら参考にしてください!

 

 


スポンサードリンク

デジタルイラストを描く上でのレイヤーと言う概念はなんだ?

絵 パソコン 描く

 

レイヤとは、層、階層、層にする、層をなす、などの意味を持つ英単語。何かの構造や設計などが階層状になっているとき、それを構成する一つ一つの階層のことをレイヤという。

ペイントソフトやフォトレタッチソフトなどで、画像を載せる仮想的なシートのことをレイヤということがある。1枚の画像を任意の枚数のレイヤを重ねあわせたものとみなし、各層に画像を構成する個々の要素を置いたり効果を加えたりすることで、画像の加工・編集を容易にする機能である。

IT用語辞典より引用

 

着色 仕上げ

何も手を入れてない新規レイヤーは透明な状態です。昔のアニメの透明セル画をよく例に挙げられますが、セル画との違いはデジタルなので厚みがなく何百枚だろうが好きに重ねて使える点です。

 

上の絵では、色ごとに細かくレイヤーを分けて仕上げています。一般的にアニメ塗りといい、デジタルイラストの代表的なやり方です。

 

 

 

ringo
ringo2

 

多くの場合、デジタルで描かれてるイラストはレイヤーを何十枚~何百枚と使っています。レイヤーを細かく分けておけば、あとからの部分ごとの加筆修正が楽というのが大きな理由です。

 

レイヤー サンプル画像

 

上は当サイトのイメージキャラクター『コンテ アニ夫』ですが、40枚のレイヤーに分かれて描かれています。レイヤーを重ねて表示することで、1つのイラストが出来上がっています。

 

レイヤーはあまりに多くなりすぎると、パソコンのスペックやペイントソフトの上限にかかって動作に支障が出てくる場合もあります。

 

一つ、重要なことを覚えておいてください。

 

レイヤーは描きながら『結果的に』増えていくものであって、最初に何枚に分けて描こうと決めてるわけじゃありません。

あくまで細部を分けて描いていった結果として何十枚、何百枚になってることを知っておいてください。

 

レイヤーを増やすのは、あくまでも描く人のさじ加減によります。1つのレイヤーで描かれている絵ももちろんあります、あなたが描きやすいならそれでも全然構いません。

 

ただし、レイヤーが細かく分かれていたほうがあとからの調整などしやすいのは確かです。

 

アイキャッチ サンプル

 

参考として当サイトでブログごとに描き起こしてる上のようなアイキャッチは、それぞれが概ね10枚以内のレイヤーで構成されてます。

 

ハシケン
使い方が自由だからこそレイヤーは奥深く、逆に初心者にはとっつきにくく感じられるんでしょう。

レイヤーは自由に増やしてもいいし増やさなくたっていいんだ、とまずは覚えておきましょう。

 

デジタルで絵やイラストを描く場合の基本的な手順と機材を知っておこう!

絵 コツ

 

基本的なデジ絵を描く手順は、ざっくり次のようになります。

 

ラフ ⇒ 線画 ⇒ 着色

 

ラフの前に大ラフレイアウトと呼ばれる工程があったり、着色を着彩彩色と言ったり、着色のあとにエフェクト効果仕上げなんて調整が加わったりもしますが、普通に絵を描く上ではラフ・線画・着色だけ知っておけば充分です。

 

大事なのは、プロだって別に絵を一発描きしてるわけじゃないので初心者であればなおさらこの基本工程をたどったほうが上手く描けるということです。

 

以下、工程毎にレイヤーの使い方を見ていきましょう。

 

一般的な【アニメ塗り】と呼ばれる手法を例にします。当サイトで推奨している有料ペイントソフトの『CLIP STUDIO』『SAI』を使った描き方になります。

これから買う場合、デジタル初心者さんはお手頃価格のPROを選ぶといいでしょう。

将来的に漫画やアニメもやりたいなら、最初から高機能版のEXにしておくと無駄がありません。

『SAI』は、公式サイトのみでの販売になります。フォント機能がないので、よほどの理由がなければ『CLIP STUDIO』を選んだほうが無難です。

 

 

・・・もしデジタルの機材に悩んだりするようなら、当サイトオリジナルE-book(無料)をマニュアル代わりに活用してください。

 

デジタルイラストのお絵描き工程その①『ラフ』

アイキャッチ 絵 ラフ 描き方

 

早い話が下描きです。

 

主に1つのレイヤー上で描くことが多いですが、例えばキャラを複数並べたり体の前に大きく来る手や物などを微調整したい場合はキャラやパーツごとにレイヤーを分けて作成して進めても構いません。

 

ハシケン
そのような理由がないなら、1つのレイヤーだけで描き進めて大丈夫です。

 

ラフの段階では主に、絵の構図大きさポーズ表情のイメージを固めて線画が描きやすい状態にします。

アイキャッチ 絵 ラフ

 

デジタルイラストのお絵描き工程その②『線画』

アイキャッチ イラスト 線画 描き方

 

ラフで作ったレイヤーよりも上の位置に、線画用のレイヤーを新規で作成します。

 

ハシケン
慣れないうちは、新規レイヤーを作るたびに『ラフレイヤー』『線画レイヤー』など自分がわかりやすい名称を付けておくとあとで混乱せずに済みます。

 

ラフ用レイヤーの不透明度を下げて、線画レイヤー上で線をなぞりやすくします。子供の頃にやった、トレーシングペーパーなどを使った写し絵の要領です。薄く見えてるラフの線を基に、改善などもしながらきれいに線を描いていきます。

 

線画の段階では、ラフをベースにさらによりよい絵に仕上げていくのがポイントです。

 

バランスを正したり、表情をより良くしたりと、下描きをもとに必要な線を拾いながら理想とする状態を目指して描いていきます。ラフと同じように、分けて描きたいところは分けて描いて構いません。あくまでも自分がやりやすいように進めましょう。

 

ハシケン
線画の作業にある程度慣れてから意識すれば大丈夫です。

 

大事なのは、線をワンストロークで描こうとしなくていいということです。下は極端な例ですが、このように短い線を重ねて一本の線を作っても構いません。色を塗ってしまえば線の雑さは案外目立たないし、かつ若干雑な方が立体感が出るメリットもあったりします。

 

線 ストローク 一回

 

線画が完了したらラフレイヤーは不要になるので非表示にしておきましょう。

 

レイヤー 非表示

 

分けて描いたレイヤーは、その工程が完了したら1つに結合してしまっても構いません。ただし結合すると分離は手間がかかるので、分けたままにしておいても大丈夫です。

 

ハシケン
容量的に問題なければ非表示でおいておくのがベストです(あえて削除する必要もないというレベルの話です)

 

デジタルイラストのお絵描き工程その③『着色』

着色 サンプル

 

一般的にアニメ塗りと言われる線画や色の境界がハッキリした塗り方の場合は、線画レイヤーの下に着色レイヤーを配置していきます。

 

理由は線の上に色のレイヤーを置いてしまうと、色が線を覆い隠してしまうからです。

線画レイヤーが一番上にあると、その下で色がどうなっていても線の見え方には影響を与えません。

 

ハシケン
別の塗り方もあります。ただ基本的には線画レイヤーの下に着色用のレイヤーを置いていくと認識してください。基本を理解したうえで応用に進みましょう。

 

デジタルイラストの重要ポイント、レイヤーの『分け方』『重ね方』について

 

着色では、パーツごと(色ごと)に細かくレイヤーを分けていきます。つまり使う色の数だけレイヤーを重ねていきます。たとえば題材が人間であれば、

 

レイヤー 着色

 

下から上にパーツ(色)ごとのレイヤーを作成して並べていきます。肌側に近いものや面積の広いものが下、体から離れるものや狭いもの・時計など装飾品は上の配置になると考えましょう。

 

理由としては、例えば肌レイヤー上で塗った肌の色がはみ出していたとしても、その上に配置してあるシャツのレイヤーに色をぬることで肌のはみ出しが覆い隠してくれるからです。

 

アニメ塗りではだいたい、1つの色レイヤーごとに影用・光用のレイヤーを直上に配置していきます。

 

レイヤー 影つけ サンプル

 

上の場合【S_1】が影(shadow)レイヤー、【L_1】が光(light)レイヤーにあたります。ベース色と分けて影や光部分を塗っていくことで、あとからでも部分ごとの細かい調整が可能になります。

 

ハシケン
レイヤー名はなんでも構いません。ちなみに光は、ハイライトとも呼びます。

 

この時に力を発揮するのがレイヤーの『クリッピング』と呼ばれる機能です。

 

デジタルイラストのレイヤー機能『クリッピング』とは?

 

下のレイヤーに上のレイヤーを関連付ける機能で、そうすることにより下のレイヤーで描かれてる範囲にだけ上のレイヤーで描いた内容が反映されるようになります。

 

・・・と文字で書いてもわかりにくいと思うので、下のサンプルを見てください。『レイヤー1』に赤で線を適当に描いたうえで、肌レイヤーにクリッピングしたり外したり、髪レイヤーにクリッピングしたり外している動画です。

 

クリッピング グループ化

 

ちなみにSAIやCLIP STUDIOだとクリッピングといい、Photoshopだとレイヤーのグループ化といいます。※上の画面はPhotoshopのものになります。
着色 クリッピング 方法

 

上に来るレイヤーが元々描く範囲をはみ出していても、範囲内のみに塗ってある下のレイヤーにクリッピング(グループ化)さえすれば下の絵の範囲の部分だけが表示されるようになります。

 

他は非表示扱いになるので、上のレイヤーでいくらはみ出していても問題ないわけです。

 

クリッピングはいつでもつけたり外したり出来るので重宝します。何度繰り返してもデータの劣化は起こりません。

 

ハシケン
クリッピングしてたはずがうっかり外れてて表示が変になってた・・・ってことのないようにだけ、気をつけましょう!

 

 

その他、デジタルイラストにおけるレイヤーの特徴・使い方とは?

絵を描く

 

最後に、その他のレイヤー機能や使い方などを簡単にまとめておきます。

 

ハシケン
実際に自分でデジ絵を描きながら『こういうことはできるのかな?』など考えて調べてみると実際に出来たりすることも多いので、絵を描く時は常に考えながら描いていくクセをつけることが上達の近道です!

 

 

レイヤーの『不透明度』は自由に上げたり下げたり出来る!

不透明度 サンプル

 

通常、レイヤーは不透明度100の設定になっています。レイヤーに絵を描いたら、100%の状態で表示されています。

 

この数字はレイヤーごとに変更ができていつでも好きに変えれるもので、不透明度を0にするとそのレイヤーは完全な透明扱いとなり元々絵が描いてあったとしても見えなくなります。

 

線画を描く際に下のラフレイヤーの不透明度を下げたりするなど、様々な使い道があります。

 

レイヤーの重ね方のポイント『合成』を知っておこう!

 

レイヤーにはモードというものがあり、変えることで様々な効果を表現できます。上のレイヤーのモードを変えることで、下のレイヤーへの合成効果を変化させます。

 

合成 モード

 

絵を描く時に試しながら覚えていきましょう。透明度と同じようにいつでも好きなだけ変更ができ、レイヤーの元画像に変化は一切加わりません。

 

レイヤーにかなりなれたら『マスク』の使い方も覚えたい!

 

消しゴムをかけてしまうと画像はなくなりますが、レイヤー上の画像をデータとして維持つつ選んだ部分だけを非表示に出来る機能がマスクです。

 

マスク処理 サンプル SAI

 

マスクをONにすると腕の部分が消えています。マスクをOFFにすると、消していた部分が元通り表示されます。マスク処理を施すことで、データはそのままに表示⇔非表示をボタン一つで変えられるように設定できます。

 

ハシケン
使いこなせるとすごく便利ですが、最初はかなりとっつきにくいと思います。ある程度慣れてきて必要を感じたら覚えればいいでしょう。

レイヤーのまとめとして、

キャラデザ 自信満々

 

レイヤーの概念はめちゃめちゃ便利ですが、デジタルで絵を描く時の一番大きな壁だと思います。実際に描きながら実践で試すのがもっとも理解を早くするので、何度でも気楽に挑戦してください。

 

間違えてもすぐやり直せるのが、アナログにはないデジタルならではの良さです。そして機能ごとの理屈をちゃんと考えながら使ってみると、案外早く理解できると思います。

 

 

・・・もし描き方がどうしてもわからなかったら当サイト主催の【デジ絵ワークショップ】でレイヤーと『アニメ塗り』をさくっと4時間で理解しちゃいましょう!

デジタルイラスト講座 簡単

 

 
イラスト レイヤー 使い方

『デジタルで絵が描けるようになりたくないか?』

 

鉛筆の落描きができるなら

きっとあなたもペンタブで

絵が描けるようになります。

 

『絵』でGoogle検索1位表示される

コンテアニメ工房の無料E-book

デジタルお絵描きを始めましょう!

 

 

・・・今だけの限定特典もついてたり?

コンテアニメ工房 Ebook

『自宅で好きな時にデジ絵が学べる!』

 

いつでもどこでもデジ絵学べる

デジタル初心者向けオンライングループ


独りで悩まずプロに聞こう!

『たった4時間でデジ絵の基本的な描き方がわかる!』

 

デジタル初心者向けワークショップ

 

わずか1日で『アニメ塗り』の手順が理解できます


次回11/3開催決定!

『あなただけのキャラを持とう!』

似顔絵 写真から イラスト化

ビジネス・ブログで目立つには

愛嬌あるキャラクターが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵なら
顔出し以上に好かれたり?

3 件のコメント

  •  初めて閲覧しました。大学の部活で同人誌の担当していますが、デジタル提出した人の作品を印刷所に持ち込む前に、編集作業をパソコンからpsdで行ってます。
     然し、初めてと言う事も有り印刷所に持ち込んでも「レイヤー未統合、内枠、サイズ(A5)、アンチ エイリアス」など訳の分からない単語ばかり並べられて困ってます。既に半日以上パソコンと格闘してますが、期限に間に合いそうもなくてんやわんや状態です。ですが、一から勉強するために参考にしていきたいと思います。

  • ヴァルチャーさま、書き込みありがとうございます!
    印刷はたしかに難しいですよね・・・自分もあまり経験の多い方ではないので、おいそれと口を出せないのが口惜しいです;
    わからない言葉なども、理屈としてどうなってるのかな? とか考えながらいじってみると結構頭に入りやすいのでオススメですよ。
    お役に立てるような記事が今後も書けるように頑張りますので、またよろしくお願いしますー♪

  • […] イラストを描く時のレイヤーの機能と使い方をプロがわかりやすく解説!PCで絵を描こうとペンタブやペイントソフトを買うと『レイヤー』という大きな壁にぶち当たります。慣れるとこんな便利なものはないですが、最初はつかみにくいですよね。デジタルイラストを始めたい初心者さん向けにレイヤーの機能と使い方・分け方・重ね方までわかりやすく解説したので、参考にしてください!conte-anime.jp […]

  • ABOUTこの記事をかいた人

    ハシケン

    create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年7月時点で月間28万PV)。