フリーランスイラストレーターで食べていく仕事の取り方はこれだ!

イラストレーター 仕事 取り方 絵を描く!

スポンサードリンク

★デジタルで絵が描けるようになりたい人のための一日教室★

わずか4時間で「クリスタ(CLIP STUDIO PAINT)」の基本の使い方が理解できる! 

クリスタ 1日教室 講座

次回12/21開催、あと6席!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
せっかくフリーのイラストレーターになれても、次々に新しい仕事を探していかないといけないのってホントしんどいですよね・・・;;;

 

フリーランスのイラストレーターになって長く生き残っていくためには、具体的な仕事の取り方や必要な考え方を数多くおさえておくことが絶対に欠かせません。

 

今回は絵を描く仕事で働いていて独立した個人事業主目線もいかしながら、どうやって次の新たな仕事を確保していけばいいかを詳しくまとめていきます。

 

ハシケン
フリーで生き抜くヒントを見つけて、これから少しでも楽に進めるようになってください!

 

 

★記事の後半ではラクに次の絵の仕事を探せる具体的な方法も紹介しているので、あわせて参考にして下さい。

 

 

あなたが選んだフリーランスのイラストレーターへのなり方はどっち?

 

現在、フリーランスのイラストレーターになる道は主に2つあります。

 

  1. 画力に割と自信があるのですぐフリーランスのイラストレーターになった!
  2. 腕を磨くためまず会社に属してイラストの仕事をしていずれ独立したい!

 

②に関しては今回の記事と主旨がずれるので、絶対絵を描く仕事に就く!種類や探し方を絵描きの社会目線から解説を参照して下さい。

 

 

さて①ですがフリーランスというのは資格が特に必要ないので極論、宣言さえすれば今すぐにでもフリーランスのイラストレーターにはとりあえず誰でもなれてしまいます。

 

ハシケン
問題は、どうやってその先の仕事を得て生きていくか・・・ですよね??

 

まずは基本的なことからおさえていきましょう。

 

フリーイラストレーターとしてあなたが描いていきたい絵の種類は何?

何? わからない

 

イラストレーターの仕事内容には多くの種類がありますが、代表的なものをいくつか挙げておきます。

 

  • ゲーム(スマホアプリ含む)のキャラクター・アイテム・モンスターデザイン
  • ライトノベルなどの表紙・挿絵
  • 広告・パッケージ用イラスト
  • 企業・自治体向けキャラクターデザイン

 

おそらく現在もっとも数が多いのは、スマホゲームのイラストを描く仕事でしょう。

 

一時期の過熱はないですが今も需要は高いので、そこそこの技術があって仕事先とのつながりさえあれば割と安定した発注をもらえるかもしれません。

 

ハシケン
逆にそれ以外のジャンルだとまず会社に属したりコンペで選ばれる必要もあるので、ピンポイントで目指すのは若干手間がかかるともいえますね

 

ポイント!絵柄やジャンルによっても選びやすい、選びにくい仕事はまるで変わります。あなたのやりたいことやれることのバランスを見極めながら仕事を進めていくことが必要です。

 

フリーランスのイラストレーターで食べていくときに必須のお金の考え方

お金

 

仕事の種類・量・技術やキャリアで、フリーのイラストレーターの収入には大きな差がついていきます。

 

たとえばゲームのカードイラストの場合、(背景・服装差分ありなしの条件でも変わりますが)イラスト1枚の単価は2~8万円くらいの範囲でしょう。

 

たとえば調整をのぞいた実作業に3~5日程度かかるとして、週1日を休みにあてた場合は修正込みでひと月4~5点ほどが制作できる最大値となります。

 

時給換算して(調整含めて)どれくらいになるか、現実的にやれる作業か? 見積もりを出してクライアントに了承もらえるか?? ・・・総合的に判断しながら仕事をしていく必要があるわけです。

 

 

当然ながらフリーのイラストレーターがある程度余裕のある生活を送れるようになるためには、最初の数年は日々休みなく描き続けることが欠かせません。

 

ハシケン
そのためにも、安定した絵の仕事の取り方を知って実行していくことが非常に重要になります!

 

イラストレーターの仕事がない! と悩まずにすむ人達に見られる10の特徴

施策 頑張る

 

ハシケン
自分はかつてスマホゲームのアートディレクターとして勤めていたので、多くのイラストレーターさん達と直接関わりがありました

 

なかでも仕事のできるイラストレーターには、次のような特徴が見られると感じていました。

 

  1. 連絡を欠かさない
  2. 修正対応が早い
  3. 納期を守る(むしろ前倒し気味)
  4. 仕上げが丁寧
  5. 仕事を選り好みし過ぎない
  6. 絵柄のパターンが豊富で流行を追及している
  7. 余計な言い訳をしない
  8. 指示書に対してさらに提案もできる
  9. アラートは早めに上げる
  10. しつこく営業ばかりしない

 

基本的な姿勢として大切なのはクライアントへの連絡を欠かさず、ミスに対して不必要な言い訳をせず、素早く誠実に仕事をしていくことでしょう。

 

ハシケン
そういうイラストレーターさんだと、発注側もつい優先して仕事をたのみたくなっちゃうんですよね♪

 

フリーランスのイラストレーターにこそ、実は一般的な社会人としての常識が欠かせないことをおさえておくべきでしょう。

 

フリーランスのイラストレーターで食べていくための仕事の取り方11選!

パソコンで絵を描く

 

  1. 過去の人脈をたよる
  2. マッチングサイトに登録する(クラウドワークス・ランサーズなど)
  3. ストックイラストを進めていく(イラストAC・PIXTAなど)
  4. コンテストに応募する
  5. web上にポートフォリオや作品を掲載
  6. SNSやポータルサイトで情報配信
  7. イラスト関連のイベントに出店する
  8. クリエイターの交流会に参加する
  9. 求人に応募する
  10. 自ら売り込みをかけていく
  11. 仕事を探せるサービスを利用する(※次章にくわしくまとめます)

 

仕事の取り方は色々ありますが、なかでも確実なのはやはり過去のつながりで得られた人脈(つて)からもらう方法でしょう。

 

結局フリーの立場において一番大事なのは、人とのつながりで生まれる「縁」です。

 

ハシケン
同じくらいのイラストレーターが2人いて、誰か1人に仕事を発注したいとクライアントが悩んだとしたら・・・縁もゆかりもない人より接点のある方を選択するのは自然ですよね?

 

普段からちゃんと関わりを持っておくからこそ、必要になったときにも真っ先に思い出してもらえるようになります。

 

イラストレーターの売り込みや営業で意識しておくべきポイント

 

最初からうまくいくとは思わないほうが無難です、よほど技術が高ければpixivに投稿するだけでも声がかかるでしょうが一部の人に限られます。

 

ポートフォリオも的確な見せ方を調べ改善を加えていくことが欠かせません、ネットにある情報も参考にどうすればあなた自身の価値を今より高く伝えられるか考えて実践していってください。


ハシケン
過去の実績も重視されますし、募集案件に絵柄がマッチするかも大切です。絵の練習も売り込みも着実に一歩ずつ進めるつもりでやっていきましょう!

 

「もう次の仕事がないなんて悩まない!」イラストレーターの仕事をあなたの代わりに探してくれる手段を今すぐ確保しておこう

 

そもそも大前提として、フリーの絵の仕事というのは安定してあるものではありません。

 

多く仕事をまわしてくれるクライアントが数人いればだいぶよくなりますが、手持ちの仕事を進めながら常に次の仕事を心配し続けるつらい状況は・・・たぶんこの先数年は変わらないでしょう。

 

 

でも、新たな仕事をいつでも探せるラインさえあらかじめ確保しておければそんな不安はかなり減らせるはずです。

 

さいごに、フリーに便利なサービスを1つ紹介します。首都圏周辺がメインにはなっていますがそのぶん仕事数も多く報酬相場も高めなので、今後の状況にあわせてうまく活用してみてください。

 

あなたに合うイラスト関連の仕事を代わりに探してくれる「ギークリー」

ギークリー バナー画像

Copyright © Geekly Co.,LTD. All Rights Reserved

公式サイト:https://www.geekly.co.jp/

 

ギークリーはIT・WEB・ゲーム業界を専門とした仕事探しのサービスです、カンタンな入力だけで今すぐ無料登録できて業界に詳しいエージェントがあなたの希望に合いそうな仕事をさがしてくれるようになります。

 

登録の流れ イメージ

 

基本的には転職相談のサービスなので正社員案件が多いですが派遣や短期案件も多くあるので、登録後にエージェントが設定してくれる面談であなたの理想の働き方を伝えて今後のサポートを頼んでください。

 

 

登録と面談さえ済めば、手持ちの案件で忙しくても並行して次の仕事探しが進めていけるようになります。

 

もらえる情報量が非常に多く登録者1人あたりの平均紹介求人数も48件と大量なので、やりたい方向性のイラストの仕事も色々と提案してもらえるはずです。

 

毎回毎回新たな絵の仕事探しで苦労せずにすむよう、好きなタイミングで自由に仕事を探せる保険の1つとして早めに確保しておくと助かる状況も多くなるでしょう。

 

 

まとめ

絵を描く仕事がしたい 未経験

 

イラストレーターは昔と比べるとかなり門戸が広くなったとは言え飛び込んで生き残っていくには大変な世界です、過酷です。

 

ハシケン
今回紹介したようないくつかの方法を状況に応じて使いわけながら、理想の状況を構築していってください!

 

 

 

 

たった4時間でクリスタの基本の使い方がわかる!

デジタルイラスト ワークショップ

 

初心者向けデジタルイラストワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

すでに100名以上の人が参加したワークショップで、

あなたも自由に楽しくデジタル絵を描けるようになりませんか?

 

次回12/21開催、あと6席!

 

スポンサードリンク