フリーランスイラストレーターで食べていく仕事の取り方はこれだ!

イラストレーター 仕事 取り方 絵を描く!

スポンサードリンク

★デジタルで絵を描いて活用したいあなたのための特選サービス★

【デジ絵ワークショップ】⇒ たった1日でクリスタの基本の使い方が理解できる! 

4/13開催、残り6席です!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
フリーのイラストレーターになったあとよく悩むのは、どうやって次の仕事を見つけて稼いでいくかってことじゃないでしょうか?

 

とにかく大事なのは、絵の仕事の取り方を数多くしったうえでいかに実行していけるかということでしょう。

 

この記事ではフリーランスのイラストレーターとして長く生き残るために欠かせない考え方や具体的な仕事の取り方について、スマホゲームのアートディレクターとして仕事をしていた目線から詳しくまとめます。

 

★また記事の後半では効率よく絵の仕事を確保できる方法も紹介しています。

 

 

はじめに:フリーランスのイラストレーターへのなり方はどっちだった?

 

ハシケン
現在、フリーランスのイラストレーターになる道は主に2つあるといえます

 

  1. 画力に自信があるからすぐフリーランスのイラストレーターになった!
  2. 技術をつけるためまずは会社に属して絵の仕事をしていずれ独立する!

 

※②に関しては今回やや主旨がずれますので、気になる場合は絶対絵を描く仕事に就く!種類や探し方を絵描きの社会目線から解説を参照して下さい。

 

さて①ですが、フリーランスは資格が必要ないので宣言さえすれば今すぐにでもフリーイラストレーターにはとりあえずなれてしまいます。

 

ハシケン
なることはできたとして、重要なのはいかにその先仕事を取って生きていけるか・・・ですよね?

 

仕事の取り方の前に、まずは基本的な部分をいくつか見ていきましょう。

 

フリーイラストレーターとして描いていきたい絵の種類はどんなもの?

何? わからない

 

フリーランスのイラストレーターの仕事内容には多くの種類がありますが、代表的なものをいくつかあげてみます。

 

  • ゲーム(スマホアプリ含む)のキャラクター・アイテム・モンスターデザイン
  • ライトノベルなどの表紙・挿絵
  • 広告・パッケージ用イラスト
  • 企業・自治体向けキャラクターデザイン

 

いまもっとも仕事の数が多いのは、おそらくスマホゲームのカードイラストを描くイラストレーターになるでしょう。

 

一時期の過熱はないですが今も需要は高いので、そこそこの技術があって仕事先とのつながりがあれば割と安定した発注をもらえるはずです。

 

ハシケン
逆にそれ以外の分野のイラストレーターだとまず会社に属してコンペで選ばれる必要もあるので、ピンポイントで目指すのはちょっと手間がかかるのかもしれません

 

ポイント!イラストの絵柄によっても選びやすい、選びにくい仕事は変わります。やりたいこととやれることのバランスを上手く考えながら仕事を選ぶのがおすすめです。

 

フリーランスのイラストレーターで食べていく際のお金の考え方について

お金

 

仕事の種類・量・技術やキャリアでイラストレーターの収入には大きな差がついていきます。

 

たとえばスマホゲームのカードイラストの場合、背景・服装差分のありなしの条件でも変わりますがイラスト1枚の単価は2~8万あたりの範囲におさまるでしょう。

 

ハシケン
実力未知数の人は最安値から始まり、名の知られた人ならさらに高い値にもなります

 

 

たとえば、ある程度描き込まれたカードイラストで調整を除いて実作業に3~5日程度かかるとします。週一日を休みにあてると、修正込みで月4~5点ほどが制作出来る最大値となります。

 

可能な作業量がわかれば、引き受けるイラストの仕事の量と単価がいくらなら毎月生活できるかわかってきます。

 

時給換算して(調整含めて)実際にどれくらいになるか、現実的にやれる作業か? 見積もりを出してクライアントに了承もらえるか? そこまで総合的に判断しながら仕事をしていく必要があるでしょう。

 

フリーのイラストレーターがある程度余裕のある生活を送れるようになるには、最初はほぼ休みなく描き続けることが欠かせません。

 

ハシケン
そのためにも、安定した仕事の取り方を知って実行していくことが大事になるんですね

 

イラストレーターの仕事がない!・・・と悩まずにすむフリーランスに多く見られる10の特徴

施策 頑張る

 

ハシケン
自分はかつてスマホゲームのアートディレクターとして勤めていたので、多くのイラストレーターさん達と関わりがありました

 

なかでも仕事のできるイラストレーターには、次のような特徴が見られると感じていました。

 

  1. 連絡を欠かさない
  2. 修正対応が早い
  3. 納期を守る(むしろ前倒し気味で)
  4. 仕上げが丁寧
  5. 仕事を選り好みし過ぎない
  6. 絵柄のパターンが豊富で流行りを追及している
  7. 余計な言い訳をしない
  8. 指示書に対してさらに提案も出来る
  9. アラートは早めに上げる
  10. しつこく営業ばかりしない

 

フリーのイラストレーターとしてはクライアントへの連絡を欠かさず、ミスに対して不必要な言い訳をせず、素早く誠実に仕事をしていく姿勢がとても重要です。

 

ハシケン
そういうイラストレーターさん相手だと、発注する側も自然と次の仕事をお願いしたいと思っちゃうんですよね♪

 

もし作業期間中にやむを得ない事情が入った場合は言いにくくても必ず早めに伝えてください、意外とクライアント側もゆとりを確保したスケジュールで伝えているので早めの相談次第ならなんとかなることもあります。

 

ハシケン
・・・でも味をしめて『ここまでは大丈夫だろう(ΦωΦ)フフフ…』とかやってるといずれバッサリ斬られるんでやめておきましょう!

 

フリーランスのイラストレーターで食べていくための仕事の取り方10

パソコンで絵を描く

 

  1. 過去の人脈を利用
  2. マッチングサイトに登録する(クラウドワークス・ランサーズなど)
  3. コンテストに応募する
  4. web上にポートフォリオや作品を掲載
  5. SNSやポータルサイトで情報配信
  6. イラスト関連のイベントに出店する
  7. クリエイターの交流会に参加する
  8. 求人に応募する
  9. 自ら売り込みをかけていく
  10. 自分で仕事を検索できるサイトに登録する(※次章で詳しくまとめます)

 

イラストの仕事の取り方は色々ありますが、なかでも確実なのは過去のつながりで得られた人脈(つて)による仕事です。

 

結局フリーの状況で一番大事になるのは、人とのつながりでうまれる「ご縁」でしょう。

 

ハシケン
同じくらいのイラストレーターが2人いて、1人に仕事を発注したいとクライアントが悩んだら・・・縁もゆかりもない人より接点のある人を選択するのは想像つくんじゃないでしょうか?

 

普段から親密な関わりをつくっておくからこそ、必要な時にもまっさきに思い出してもらえます。

 

イラストレーターの売り込みや営業で意識したいポイント

 

最初からうまくいくと思うと危険です、よほど技術が高ければpixivに数枚投稿するだけで声がかかりますが・・・残念ながら一部の人に限られます。

 

ハシケン
過去の実績も重視されますし、募集案件に絵柄がマッチするかも大切です。

絵の練習も売り込みも一歩ずつ進むつもりで考えましょう

 

ポートフォリオもいい見せ方を調べ改善を加えていくことが重要です、ネットの情報も参考にどうすれば価値をより高く伝えられるか考えながら実践していくのが欠かせません。

 

「もう次の仕事がないなんて悩まない!」イラストレーターの仕事をいつでも自由に探せる、フリーランス向き厳選サービス

 

そもそも大前提として、フリーの絵の仕事というのは安定してあるものではありません。

 

多く仕事を振ってくれるクライアントが数人いればだいぶよくなりますが、現在の手持ちの仕事をしながら常に次の仕事を考え続ける状況はきっとしばらく変わらないでしょう。

 

でも大丈夫です、新たな仕事をいつでも自由に探せるラインを複数確保しておければ仕事がないかも・・・という不安はだいぶ減らしていけるでしょう。

 

 

以下ではフリーの時におさえておきたい2サイトを厳選して紹介します、いずれもカンタンな入力だけですぐ登録できて無料で使えます。

 

①正社員的な手厚い保証が魅力のフリーランス専用検索サイト「Midworks」

Copyright (C) 2017 Branding Engineer

 

Midworksはフリーランス専用案件をメインに取り扱う仕事検索サービスで、関東在住のフリーランスならまずおさえておきたいサイトの1つと言えるでしょう。

 

表向きにはエンジニアの求人が目立っていますが、イラストやデザイン案件も多数あります。

Copyright (C) 2017 Branding Engineer

 

上のような30秒程度でおわるかんたんな入力だけで無料登録が完了して、フリーランスのイラストレーター向けの仕事をいつでも好きなときに検索できるようになります。

 

なかには週3日の出向でできる仕事もあるので、他の仕事のすきまを埋めたり稼ぐラインを増やしてもっと安定した状況を作っていくことも可能です。

 

さらにMidworksはフリーランス専用をうたっているだけあり働き手への対応が充実していて・・・

  • 給与保証制度・・・案件を受注できなくても、スキルが弊社の査定と合えば、給与を保証します。
  • 福利厚生・・・業界最大手のリロクラブと提携し、日本1の福利厚生制度(年間30万円相当)を受けることができます。
  • 必要経費支給・・・書籍・勉強会費用を月1万円、交通費も3万円まで保証させていただいております。
  • 低マージン&単価の公開・・・10%~15%のマージンをいただいております。クライアント単価は全て公開しています。
  • 保険の半額負担・・・各種保険を弊社が半額お支払いすることで、正社員のいわゆる労使折半と同様の保証を実現いたします。
  • 会計支援サービスの提供・・・クラウド会計ソフトfreeeの無料提供や顧問税理士紹介50%OFFなどのサポートも充実しています。

 

・・・と、フリーでありながらほとんど企業の正社員に近い待遇が受けられる環境まで用意されているんです。

 

フリーランスのイラストレーターの自由さはともすれば不安定さと紙一重ですが、会社員的な安定さでおぎなえれば気持ち的にも楽になれるかもしれません。

 

毎回毎回新たな絵の仕事探しに苦労しないですむように、自由に仕事を見つけられる保険として使ってみてはどうでしょうか?

 

 

②ゲームイラスト関連の仕事を多く紹介してほしいなら「ギークリー」

ギークリー バナー画像

Copyright © Geekly Co.,LTD. All Rights Reserved

 

ギークリーはIT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした、転職支援サービスです。

 

最近のイラスト関連の仕事の主流であるソシャゲ(スマホゲーム)に特化していることで、業績を伸ばしています。

 

基本的には転職サービスなので正社員案件が多いですが、派遣や契約社員の案件も数多く扱っているので理想の働き方を面談で伝えてサポートを依頼するのがおすすめです。

 

登録することで初めて見られるようになる非公開求人は6,000件以上と多く、イラスト関連の仕事も数多く提案してもらえます。

 

また他の転職支援とはちょっと違って未経験から挑戦できる求人案件もかなり多いので、これまでなかなかやれずにいたイラストの仕事につくチャンスが見つかるかもしれません。

 

 

まとめ:イラストレーターだけど仕事がない・・・とこれから悩まないために

絵を描く仕事がしたい 未経験

 

イラストレーターは昔と比べるとかなり門戸が広くなったとは言え飛び込んで生き残っていくには大変な世界です、過酷です。

 

  1. 人脈
  2. 営業
  3. 求人サイト

 

ハシケン
様々な方法をうまく使いわけながら、理想の絵の仕事環境をつくっていけるといいですよね♪

 

 

 

 

「たった1日でデジタル絵の基本がわかる!」

 

初心者向けデジタルイラストワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

クリスタで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

あなたも絵を描いて、自由に活用してみませんか?

 

次回4/13開催、残り6席です

スポンサードリンク