ゲームできてクリスタでイラスト・マンガも描けるゲーミングPCおすすめはこれ!

イラスト クリスタ ゲーミングPC 絵を描く!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
グラフィックのすごい最新ゲームやりたいからパソコン買おうかな、せっかくだしイラストや漫画も描けるほうがいい!

・・・そんな風に考えることもあるんじゃないでしょうか?

 

今回は実際に長年絵の仕事をしてきたプロの目線もふまえて、ゲームと絵の両方を快適に楽しめる『ゲーミングPC』の選び方やポイントをわかりやすく紹介します。

 

はじめに、あらためて『ゲーミングPC』って何? どんなパソコン?

Gtune マウスコンピューター

Copyright © MouseComputer CO.,LTD. All Rights Reserved.

マウスコンピューター公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/

 

TVCMやWeb広告でもよく見かける「マウスコンピューター」といったネットをメインにパソコンを販売している業者がメインで取り扱っているのが、『BTOパソコン』と呼ばれる商品です。

 

BTOパソコンは購入時にメモリやCPUなどを予算や希望に応じてカスタマイズでき店舗側できちんと組み立てたうえで送ってくれるので、初心者でも案外カンタンです。

 

※必要なければカスタマイズなしで構いません

 

ハシケン
ネットが主体で人件費もおさえているため、同スペックのPCを近場の大型電気店で買うより数万円程度も安くできるのが大きな特徴です

 

そんなBTOのなかでもゲームに特化した高性能のパソコンを、一般的に『ゲーミングPC』と呼びます。ゲーム向けに、グラフィックまわりの強化に主眼が置かれている機種と考えればいいでしょう。

 

対してイラストレーターや映像編集・CG作業などに特化したパソコンは『クリエイター向けPC』といった名称がよく使われます

 

ゲーミングPCをイラストやマンガを描くことに使うとどうなる?

 

現在の最新ゲームは3D機能をフルに使うので、遊ぶためのパソコンにもかなり高いスペックが要求されます。比べると、イラストや漫画を描くパソコンにはそこまでの機能は必ずしも求められません。

 

つまり、ゲームが快適に出来るレベルのパソコンであれば当然絵も快適に描けることにつながります。

 

ハシケン
イラストやゲームのどちらもストレスなく楽しみたいなら、最初からゲーミングPCを選べば安心と覚えておいてください!

 

イラストとゲームのどちらも満足したいときのおすすめ機種はこれだ! 2022年最新ゲーミングPC4選(レビュー+スペック表付き)


デジタルイラスト 講座 講師 ハシケン

 

あらためてパソコンで最新3Dゲームをやるうえで欠かせないのが高いスペックですが、逆にいえばそれだけのスペックがあればイラストや漫画を描くうえで不自由は基本的に生じません。

 

なのでゲームもイラストや漫画も・・・と考えた場合は、【最新ゲームが問題なくできるスペックのパソコン】を選んでおけば大丈夫というシンプルな結論になります。

 

 

以下ではゲームも絵も十分に楽しめる2022年の最新ゲーミングPCをカンタンなレビューとスペック付きで、デスクトップとノートから2つずつ紹介するので参考にして下さい。

 

①購入後すぐに安心して使っていける、標準スペックのデスクトップゲーミングPC

G-Tune HM-B-CM

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gg-tune-hm-b-cm/

 

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-10700F プロセッサー
グラフィックスGeForce RTX™ 3060Ti
メモリ16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB SSD
価格186,780円(税抜169,800円)~

 

お絵描きやゲームがどちらも問題なく楽しめる、デスクトップタイプの標準的なゲーミングPCです。ゲームを楽しみつつイラストや漫画も描いていきたい、そんな想いも手軽に実現できるでしょう。

 

もし予算に余裕がある場合は、購入時のカスタマイズでメモリを32GBに増やしておくとより快適に使っていけます。

 

 

 

②ゲームもイラスト・マンガでもやりたいことがめいっぱい楽しめる、優秀スペックのデスクトップゲーミングPC

G-Tune EN-Z-6600XT

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/g-tune-en-z-6600xt/

 

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-11700K プロセッサー
グラフィックスRadeon™ RX 6600 XT
メモリ16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB SSD (NVMe)+2TB HDD
価格230,780円(税抜209,800円)~

 

お絵描きやゲームが存分に楽しめる、優秀スペックのデスクトップゲーミングPCです。このレベルを選ぶなら、モニターも27インチ以上など大きいものを選ぶとより満足度が高まるでしょう。

 

CPUからストレージまで充実しているので、絵を描いててストレスが溜まることはほぼありません。グラフィックボードも高性能なので、3DゲームだけでなくYouTubeの動画編集や高品質のデザインだって安心して楽しめます。

 

 

 

③好きな場所でいつでもゲームやイラストが楽しめる、標準スペックのノートゲーミングPC

G-Tune E5-165-R7

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gg-tune-e5-165-r7

 

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen™ 7 5800H プロセッサー
グラフィックスGeForce RTX™ 3060 Laptop GPU / インテル® UHD グラフィックス
メモリ16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB (NVMe対応)SSD
モニター15.6型 WQHDノングレア (LEDバックライト)
価格208,780円(税抜189,800円)~

2/2まで期間限定22,000円OFFセール中⇒ 186,780円(税抜169,800円)~

 

平均的なゲームができてイラストやマンガも作成できる、安心スペックのゲーミングノートパソコンです。ノートとデスクトップで悩んだら、画面の大きさによる没頭感や携帯性どちらを重視するかで考えましょう。

 

本腰入れて3Dゲームをガシガシやるなら次の④のほうがいいですが、ゲームと絵が普通レベルでできれば十分なら問題ありません。しかも今だけの期間限定セールが実施中で、通常より¥22,000もお得になっています。

 

 

 

④自由に持ち運んで好きなとこで絵やゲームをおもいっきり楽しめる、ハイスペックなノートゲーミングPC

G-Tune E5-165-R7-H(プレミアムモデル)

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gg-tune-e5-165-r7-h

 

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen™ 7 5800H プロセッサー
グラフィックスGeForce RTX™ 3060 Laptop GPU / AMD Radeon™ グラフィックス
メモリ32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ1TB (NVMe対応)SSD
モニター15.6型 フルHDノングレア (LEDバックライト)
価格230,780円(税込209,800円)~

 

ノートとあなどれない、そこらのデスクトップは軽く凌駕するスペックのノートPCです。当然ノートとしては比較的高くなりますが、このレベルであれば数年は特に何も困ることなく快適に使っていけるでしょう。

 

グラフィックボードも高性能なので、イラストや漫画以外にゲームだって存分に遊べます。全体的な構成を見ても、すきのない状態を実現した機種といえるでしょう。

 

 

 

 

ハシケン
次章からは、ゲーミングPCの定義やメリット・デメリットなども確認していきます。

必要なときは参考にして下さい♪

 

スペックの高いパソコンを使うと、クリスタなどを使ったデジタルお絵描き作業はどう変わる?

絵 イラスト パソコン

 

デジタル環境で絵を描くためには、パソコンのスペックが高い(いい)状態であるにこしたことはありません。

 

ハシケン
低いスペックのパソコンだと描いてて処理が遅くイライラするし、ストレスがたまってお絵描き自体イヤになることさえあるんですよね・・・

 

クリスタ PRO

© CELSYS, Inc.

 

現在もっとも売れている人気ペイントソフト『クリップスタジオペイント(以下クリスタ)』などの高機能もしっかり使っていきたいなら、安定した状態で描けるスペックのパソコン環境はなおさら欠かせません。

 

といっても3Dゲームがラクラク動いたり、動画編集で快適そのものに使えるような過剰なスペックまではなくても大丈夫です。

 

クリスタなどのペイントソフトで絵を描くときに求められるスペックとしては、だいたい次のようなレベルであれば問題なくお絵描きできると考えてください。

 

  • モニター・・・フルHD(1980✕1080)以上
  • CPU・・・intel core i5以上
  • メモリ・・・8GB以上
  • ストレージ・・・SSD200GB以上(HDDなら1TBが最近の標準)

 

ちなみにこのスペックは最近のゲーミングPCなら、ほぼ超えています。なのでゲーミングPCさえ選んでいれば、イラストや漫画はストレスなく描けると考えて問題ありません。

 

ハシケン
好みや予算を念頭に、あなたの理想の一台を探しましょう!

 

 

イラストやゲームでパソコンを快適に使うために必要な3つのスペック

メモリ CPU グラボ

 

イラストとゲームのどちらも興味がある人がパソコンを選ぶなら、スペックで特に意識すべき部分は3箇所に絞られます。

 

  1. メモリ
  2. CPU
  3. グラフィックボード

 

メモリは数が大きいほどいいものです。8GBあればまあ大丈夫ですが、予算が許すなら余裕を持って16GBでもいいでしょう。

 

CPUはイラストの場合『core i5』あたりが基準ですが、ゲームをすることを考えるとcore i7を考えておくと心強いです。

 

最後は、何より大事なグラフィックボードです。イラストや漫画に関しては必須ではないですが、ゲームに関しては絶対いります。あるとないでは全く環境が変わってしまいます。

 

ハシケン
せっかくきれいな3Dゲームなのに画質を落とさないとできない・・・なんてもったいないですよね

 

当然グラフィックボードをいいものにしておくことで、絵を描く上での不都合は一切生じません。むしろ余裕を持てることにつながるので、ゲーム寄りのスペックをベースにしつついい状態にしておけるといいでしょう。

 

参考までに、グラフィックボードで人気なのは『Geforce』というシリーズです。『GeForce RTX ●●●』といった名称が一般的で、●●●の数字が大きいほど高性能になります。

 

ポイント!高性能であればあるほど何をするにしても快適になりますが、過剰に高すぎるものを選ばなくても十分なので予算との兼ね合いで考えてください。

 

 

★絵を描くパソコンのスペックの詳細についてもっと詳しく知りたいときは、こちらの記事も参考になります。

⇒イラストや絵を描くパソコン機種&スペック総まとめ

 

ゲームも楽しみたい絵描きさんが選ぶべきはノート? デスクトップ!?

モニター 写真

 

基本的にモニターは大きければ大きいほどゲームも迫力が出ますし絵を描くときも広く使えて便利です、さらに複数ウィンドウを使えば自由度や効率も上がります。

 

ポイント!サイズは1920×1080のフルHDのワイドでデスクトップなら21インチ以上、ノートなら15インチ以上を基準にすればOKです

 

 

ゲーミングPCノートもデスクトップもあるので、基本的にはあなたの好きな方を買えば大丈夫です。

 

ハシケン
それぞれのメリット・デメリット的要素を押さえた上で、考えていきましょう!

 

ノートパソコンで絵を描くメリット・デメリット

 

▼メリット

  • 持ち運べる
  • どこでも描ける
  • 場所を取らない

 

▼デメリット

  • 画面の広さに物理的制限がある
  • 意外と重い
  • 拡張しにくい(デスクトップと比べて)

 

デスクトップパソコンで絵を描くメリット・デメリット

 

▼メリット

  • じっくり落ち着いて描ける
  • 後でスペックを上げる余地がある
  • モニターを取り替えたり増やしたりもできる

 

▼デメリット

  • 場所を取る
  • ノートより多少割高(ディスプレイ含む)

 

まとめ

イラスト クリスタ ゲーミングPC

 

もちろん、イラストだけやりたいならあえてゲーミングPCでなく純粋なクリエイターPCを選べば大丈夫です。

 

でもどちらもと考えるなら、より高性能が求められるゲーム側に必要なスペックに合わせておけばイラストやマンガを描く上で困ることもなくなります。

 

ハシケン
快適なデジタルライフをすごすために、しっかり検討して最高の一台を手に入れてください♪

 

 

▼次はこちら!

クリスタを使うパソコンのおすすめスペックと機種の選び方

イラストに最適なノートパソコンをなるべく安い費用で手にする方法

パソコンでイラストを描こう!デジタル絵のカンタン始め方