ゲームできてイラスト・マンガも快適に描けるゲーミングPCおすすめはこれ!

イラスト クリスタ ゲーミングPC 絵を描く!

 

ハシケン
最新のゲームがスムーズにやれるパソコンが欲しい!
ハシケン
せっかくならイラストや漫画も快適に描きたいなあ~♪

 

そんなとき多くの人が考えるのがゲームに特化したパソコン、いわゆる『ゲーミングPC』じゃないでしょうか?

 

今回は長年絵の仕事をしてきたプロの目線もふまえて、ゲームと絵の両方を快適に楽しめる『ゲーミングPC』のメリット・選ぶときのポイントから最新おすすめ機種情報までくわしく紹介します。

 

スペックの高いパソコンを選べば、クリスタなどを使ったデジタルイラスト/漫画制作はどんどん快適になる!

デジタル絵 ペンタブ 使い方 コツ

 

デジタル環境で絵を描くには、パソコンのスペックが高い(いい)状態であるにこしたことはありません。また人気ペイントソフト『クリスタ』などの優れた便利機能をストレスなく利用するなら、つねに安定した状態で描けるレベルのパソコンを使うことが必須です。

 

ちなみに現時点でクリスタで絵を描くときに求められるスペックとしては、次のようなレベルであればだいたい問題なくお絵描きできると考えてください。

 

  • モニター・・・フルHD(1980✕1080)以上
  • CPU・・・intel core i5以上
  • メモリ・・・8GB以上
  • ストレージ・・・SSD200GB以上(HDDなら1TBが最近の標準)

 

そもそもゲームは3D機能などをフルに使うのでパソコンにもかなり高いスペックが要求されますが、対してイラストや漫画を描くパソコンにそこまでのレベルは必ずしも求められません。

 

結論としてどちらも満足に楽しみたいなら、最新ゲームが快適にできるレベルのパソコンさえ確保しておけば問題なく絵もスムーズに描けることにつながるとおさえておきましょう。

 

ゲーム&絵のどちらも満足に楽しみたいならこれ、2023年最新ゲーミングPCおすすめ機種4選(レビュー+スペック表付き)


デジタルイラスト 講座 講師 ハシケン

 

繰り返しですがゲームもイラスト・漫画も存分に堪能するには、【最新ゲームが問題なくできるスペックのパソコン】を選んでおけば大丈夫ということになります。

 

以上をふまえここではゲームも絵も快適に楽しめるスペックの最新ゲーミングPCをいくつか紹介しておくので、参考にしてみて下さい。

 

機種を選ぶとカスタマイズ画面でメモリやストレージなどをより良く変更することもできますが、特に必要なければそのままで問題ありません。

 

①12万円台で絵もゲームもサクッと始められる、初心者でも安心のデスクトップゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A5G6T

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gngear

 

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen™ 5 4500 プロセッサー
グラフィックスGeForce RTX™ 3060 Ti(GDDR6X)
メモリ16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ1TB (NVMe)
価格124,800円(税抜113,455円)~

 

お絵描きや標準的なゲームが今すぐ楽しめる、標準スペックのデスクトップ型ゲーミングPCです。通常価格が12万円台とゲーミングとして破格な割にグラフィックスもメモリも十分なスペックなので、一般的なゲームや通常の絵を描く作業においては特に問題なく使っていけるでしょう。

 

よりスペックが要求される最新ゲームもバリバリやりたいなら次の②の機種の方がいいでしょうが、あくまで絵を描くことがベースでそのうえにゲーミングPCとしても使っていきたいイメージならはじめの一台としてコスパ的にもちょうどいいんじゃないでしょうか。

 

 

 

②絵以外のクリエイティブな作業や最新ゲームだってめいっぱい楽しめる、優秀スペックのデスクトップゲーミングPC

G-Tune DG-I7G60

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gg-tune-dg

 

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-13700F プロセッサー
グラフィックスGeForce RTX™ 4060
メモリ32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ1TB (NVMe Gen4×4)
価格219,800円(税抜199,819円)~

 

お絵描きは当然ながらゲームも高いレベルで楽しめる、優秀スペックのデスクトップ型ゲーミングPCです。CPU・メモリ・グラフィックス部分に至るまで①の機種を大きくレベルアップさせたイメージで、これほどのパソコンなら絵を描いててストレスがたまることなんてほぼほぼありえないでしょう。

 

最新ゲームまで楽しめるだけでなく、YouTube等の動画編集やデザイン作業だってスムーズにおこなえます。この機種であれば、デジタル環境でクリエイター的にやってみたいことはほぼほぼ実現できるでしょう。

 

 

 

③どこでも手軽にイラストやゲームが楽しめる、大画面でお手頃価格のノートゲーミングPC

G-Tune P6-l7G50BK-A

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gg-tune-p6-l7

 

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-12650H プロセッサー
グラフィックスGeForce RTX™ 4050 Laptop GPU
メモリ16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ500GB (NVMe対応)SSD
モニター16型 液晶パネル (ノングレア)
価格199,800円(税抜179,820円)~

 

デジタルお絵描きやゲームを広い画面でやりたくてデスクトップを選ぶ人は多いでしょうが、いつでも好きな場所でやることが優先するならノートPCの携帯性も見逃せません。しかもこの機種は16インチと平均的なノートより画面サイズが一回り大きいので、絵でもゲームでも没入感高く楽しめます。

 

グラフィックス部分などゲームや3D素材を扱うスペックも非常に優れていて、値段以上の満足感が得られる機種です。スペックとコスパを両立したゲーミングノートPCを探しているなら、今はこれ以外の選択はちょっとありえないかもしれません。

 

 

 

④大画面+ハイスペック! 好きなところで絵やゲーム、AI生成も楽しめるノートゲーミングPC

G-Tune P6-l7G60BK-A

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gg-tune-p6-l7

 

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-13700H プロセッサー
グラフィックスGeForce RTX™ 4060 Laptop GPU
メモリ32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ1TB (NVMe対応)SSD
モニター16型 液晶パネル (ノングレア)
価格229,900円(税抜209,000円)~

 

そこらのデスクトップPCにも負けない、優秀スペックのノートPCになります。CPUやグラフィックスが優れていてメモリも大量に積んでいるので、絵やゲーム以外に長い動画編集や高品質のデザイン・AIイラスト生成でも快適に使えるでしょう。

 

③の機種と同じくこちらも画面が大きいので、どちらかで悩んだら予算とスペックの兼ね合い+好みで選べば大丈夫です。手に入れたあとにあなたがどうやって楽しんでいきたいか、何を優先させたいかで判断してみてください。

 

 

 

ポイント!より多くのお得なパソコンからご自身で探したいときは、上記公式サイトの『最新セール商品』『目玉商品』の紹介ページなども参照してみてください。

 

 

ゲームも絵も楽しみたい人が選ぶべきはノートPCか、デスクトップか?

モニター 写真

 

基本的にモニターは大きければ大きいほどゲームも迫力が出ますし絵を描くときも広く使えて便利です、さらに複数ウィンドウを使えば自由度や効率も上がります。

 

ポイント!サイズは1920×1080のフルHDのワイドでデスクトップなら21インチ以上、ノートなら15インチ以上を基準にしましょう

 

 

ハシケン
それぞれのメリット・デメリット的要素を押さえた上で、あなたの利用状況に最適な機種を考えてください♪

 

ノートパソコンで絵を描くメリット・デメリット

 

▼メリット

  • 持ち運べる
  • どこでも描ける
  • 場所を取らない

 

▼デメリット

  • 画面の広さに物理的制限がある
  • 意外と重い
  • 拡張しにくい(デスクトップと比べて)

 

デスクトップパソコンで絵を描くメリット・デメリット

 

▼メリット

  • じっくり落ち着いて描ける
  • 後でスペックを上げる余地がある
  • モニターを取り替えたり増やしたりもできる

 

▼デメリット

  • 場所を取る
  • ノートより多少割高(ディスプレイ含む)

 

あらためて確認!『ゲーミングPC』とはゲームに最適化されたパソコン

Gtune マウスコンピューター

Copyright © MouseComputer CO.,LTD. All Rights Reserved.

マウスコンピューター公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/

 

TVCMやWeb広告でもよく見かける「マウスコンピューター」などのパソコン販売業者がネットメインで取り扱っているのが、いわゆる『ゲーミングPC』です。快適なゲームプレイのために、グラフィックまわりの強化に主眼が置かれている機種と考えればいいでしょう。

 

ネット主体で人件費をおさえられるため、似たスペックのPCを電気店で買うより平均して3~5万円程度安くできるのも大きなメリットです。

 

また購入時にメモリやCPUなどスペックごとのカスタマイズもできるうえ店舗側で組み立てて送ってくれるので、初心者でも理想の状態の機種がカンタンに手に入ります。

 

※必要なければカスタマイズなしで構いません

 

 

ハシケン
ちなみに上の方で紹介してたパソコンがまさにマウスコンピューターの最新ゲーミングPCなので、興味があれば詳細を確認してみてください

 

 

イラストやゲームでパソコンを快適に使うために必要なスペック

メモリ CPU グラボ

 

イラストとゲームのどちらも興味がある人がパソコンを選ぶなら、スペックで特に意識すべき部分は3箇所に絞られます。

 

  1. メモリ
  2. CPU
  3. グラフィックボード

 

メモリは数が大きいほどいいものです。8GBあればまあ大丈夫ですが、予算が許すなら余裕を持って16GBでもいいでしょう。

 

CPUはイラストの場合『core i5』あたりが基準ですが、ゲームをすることを考えるとcore i7を考えておくと心強いです。

 

最後は、何より大事なグラフィックボードです。イラストや漫画に関しては必須ではないですが、ゲームに関しては絶対いります。あるとないでは全く環境が変わってしまいます。

 

ハシケン
せっかくきれいな3Dゲームなのに画質を落とさないとできない・・・なんてもったいないですよね

 

当然グラフィックボードをいいものにしておくことで、絵を描く上での不都合は一切生じません。むしろ余裕を持てることにつながるので、ゲーム寄りのスペックをベースにしつついい状態にしておけるといいでしょう。

 

参考までに、グラフィックボードで人気なのは『Geforce』というシリーズです。『GeForce RTX ●●●』といった名称が一般的で、●●●の数字が大きいほど高性能になります。

 

ポイント!高性能であればあるほど何をするにしても快適になりますが、過剰に高すぎるものを選ばなくても十分なので予算との兼ね合いで考えてください。

 

 

★絵を描くパソコンのスペックの詳細についてもっと詳しく知りたいときは、イラストや絵を描くパソコン機種&スペック総まとめも参考になります。

 

まとめ

イラスト クリスタ ゲーミングPC

 

もちろん、イラストだけやりたいならあえてゲーミングPCでなく純粋なクリエイターPCを選べば大丈夫です。

 

でもどちらもと考えるなら、より高性能が求められるゲーム側に必要なスペックに合わせておけばイラストやマンガを描く上で困ることもなくなります。

 

ハシケン
快適なデジタルライフをすごすために、しっかり検討して最高の一台を手に入れてください♪

 

 

▼次はこちら!

イラスト講座おすすめ20選!通信/オンライン教室でデジタル絵をうまくなろう