絵を描く順番を正しく知ればきっと今より3倍上手くなる⁉

絵を描く順番 絵を描く!

スポンサードリンク

★デジタルで絵が描けるようになりたい人のための一日教室★

わずか4時間で「クリスタ(CLIP STUDIO PAINT)」の基本の使い方が理解できる! 

クリスタ 1日教室 講座

次回11/30開催、あと1席!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

絵を上手く描くためには、一般的に正しいといわれる順番があります。

 

ハシケン
『描きやすい』絵を描く順序を知って、もっと効率よくイラストを上達していきましょう!

 

まずはこれから描きたいイメージを、頭の中でしっかり思い浮かべよう

アイデア 気づく

 

いきなり紙やキャンバスに向かって腕を動かし始める前に、ざっとでいいのでまずはこれから描く絵の全体イメージを思い浮かべてみましょう。

 

直接キャンバスにラフを描きながら考えていってもいいですが、あまり絵を描くことに慣れてないうちはまず最初にしっかり想像してみることがとても大切です。

 

ハシケン
今の画力では描けそうもないものをイメージしたって全然構わないので、描きたいと思うものをちゃんと頭で考えてみましょう!

 

レイアウト・構図をざっくり固めてしまおう

 

キャンバス内でどのようにキャラを配置するか、構図はあおりか俯瞰か、テーマによっても絵の方向性は全く変わってきます。

 

絵の構図 アオリ
絵の構図 俯瞰

 

クリスタなどのペイントソフトに入っている3Dモデルをぐるぐると動かして参考にしてもいいですし、既存のイラストを参考に考えてみるのもいいでしょう。

 

 

漠然とやってるとどうしてもゴールがぼんやりしてしまいなかなかいい絵にならず、上達への道すじをうまくたどっていけないことも増えがちです。

 

ハシケン
目指す目標を先にしっかり定めると、あなたの絵の成長はもっと早くなります!

 

▼関連記事

 

あたりをとってイラストの全体イメージをラフラフに描いていこう

 

ハシケン
イメージがわいたら、いよいよ描き始めましょう!

 

いきなり輪郭や目から描こうとしない!

 

絵の初心者さんに特に多いことですが、輪郭や目などからピンポイントで描き出すとそのあとの絵に行き詰まることが増えてしまいます。

 

順序としては細部⇒全体ではなく、全体⇒細部という流れで進めていってください。

 

ハシケン
輪郭・目から描くとそれに合わせて他のパーツを描いていく必要が出てしまうので、必然的に全体のバランスを取ることが難しくなりがちなんです;

 

カンタンな棒人間を活かして、ポーズと配置を考えてみよう

 

昔から王道の方法ですが、慣れてないうちはデッサン人形などもしっかり活用して全体の配置をキャンバス内に収めていくようにするとやりやすいです。

 

あなたの中でイメージしている今回描く絵を、ポーズを含めて形に留める作業です。

 

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥8,074 (2019/11/13 16:46:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥7,480 (2019/11/13 16:46:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

デッサン人形なども参考に目安となる「あたり」を描いていきます。描く時は本を参考にしてもいいですし、手持ちのデッサン人形から落とし込んでもいいでしょう。

 

この「あたり」の段階で変に縮こまったポーズにしてしまうと最終的な絵も小さくまとまりがちなので、気をつけてください。

 

ハシケン
技術的に描けないことはとりあえずあまり気にしないで、この段階ではなるべく大きな動きをつけていくのが最終的にいい絵に仕上げるコツです!

 

体の構造に悩むときは、球や立方体をつなげて掘り出していくイメージをしてみよう

 

あたりを取りながら、キャラに合わせた体つきなども加えてラフを描いていきます。

 

ラフ 作画

 

いきなり正確な線を描こうとするよりは、まず球や立方体を適宜置いていくイメージにしてみるとだいぶやりやすいかもしれません。

 

置いた立体を目印にしつつ、その後細部を掘り出していくイメージです。

 

ハシケン
何の指針もないまま正確な体を描こうとするとどうしてもてこずるので、前段階でイメージをいかに膨らませて落とし込むかがポイントです!

 

ある程度全体図が見えてきたら、細部を描き込みつつ調整していこう

デジタル お絵描き 機材

 

理想のイメージにだいぶ寄せていけたら、いよいよ輪郭や目など細部もしっかり描き込んでいきます。

 

ハシケン
最初に体全体のラインをほぼ済ませたうえで細かく描いていく流れにすると、かなりやりやすいですよ

 

定期的に目を離して、全体を見ながらバランスをとる

 

デジタルイラストでありがちなのが、細部にこだわりすぎたあまり引きで全体像を見るとひどくバランスがゆがんでしまっていた・・・という現象です。

 

ハシケン
デジタルはどこまでも拡大して不必要に細部まで描き込めてしまう分、そんな事態がよく起こるんですよね・・・

 

線画 描き方 コツ

 

 

対策としては定期的に画面から目を離してキャンバス全体をながめつつ、再び細かいところを描いていきましょう。

 

また最初は拡大しすぎずほどほどに描き込んだ上で、その後で細部を描き込んでみるのも有効です。

 

▼関連記事

 

独学だけで絵の上達に壁を感じたときには、プロから直接学べる講座を利用してもっと成長しよう!

デジタルイラスト講座

 

ハシケン
ひとりで本やブログなどで絵を学んでいると、余計な知識ばかり入りすぎて結局今やってることが正しいのかどうかよくわからない・・・なんてことないですか?

 

また一人きりでずっと絵を描いているとどうしても視野や判断基準が狭くなってしまうので、一定のレベルから先に成長できない時期も多くなりがちです。

 

 

そんなときはちょっと気分を変えて、一般でも参加できるイラスト講座を活用してみると一気に前に進み出すかもしれません。

 

ハシケン
同じようなレベルで上達を目指す人たちと机を並べてみることで気分が変わって、いい刺激にもなるかもしれませんよ

 

以下では初心者~中級者まで幅広く対応したデジタルイラスト講座を一つ紹介しておくので、悩んだり更なる上達を目指すときには参考にしてみてください。

 

【ヒューマンアカデミー】社会人でも通いやすい、土日のみや夜間のデジタルイラスト講座

 

ヒューマンアカデミー夜間週末イラスト講座

©2018 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

 

「ヒューマンアカデミー」は全国展開もしている専門の学校ですが、平日に学ぶ時間が取れないひとのために土日のみや夜間のイラスト講座が実施されています。

 

全国で26校展開していて現役のプロによる指導を直接受けられるので、社会人やフリーターなど昼間に仕事をしている人でも通いやすいペースで学んでいけます。

 

これまでの修了生はすでに、5,000人を突破しています。

 

イラスト関連は6種類もの講座があり、今後伸ばしていきたいジャンルに専念して学んでいけます。

  • イラスト・キャラクターデザイン講座
  • イラスト画力UP講座
  • クリップスタジオペイント講座
  • 乙女イラスト講座
  • キャラクター着彩マスターコース(秋葉原校のみ)
  • イラストマスターコース(通信)

 

通いが厳しい場合は完全オンラインの通信講座もあります。絵のプロの講師のアドバイスを受けながら今後も確実にうまくなっていきたいなら、まずは資料を無料請求して内容を確認してみてください。

 

 

ポイント!今ならタダで資料を取りよせるだけで「魅力的なキャラクターの描き方ガイドブック」が必ずもらえているので、それだけでも上達のヒントが何か手に入るかもしれません

 

まとめ

アニメ塗り レイヤー

 

絵を描く順序は上達するにしたがって自然と人それぞれになっていくものです。慣れていくと、今回のような工程をすっ飛ばしてざっとしたあたりのみで細部に入れるようになるでしょう。

 

現在上手い人やプロは「今回のような練習を過去に何度も積んできたからこそ工程を自在に省略できるようになった」ということだけは、ぜひおさえておいてください。

 

だからこそ慣れてないうちはまず、描きやすい方法に従って地道に上達を目指すようにしてみることをおすすめします。

 

  • 大まかなイメージ⇒ちゃんとした絵
  • ラフな線⇒丁寧な線
  • 大⇒小

 

ハシケン
・・・という順序で描き進めていくのが絵を上手く描くコツです、あとは楽しむことも忘れずにがんばってください!

 

 

 

 

 

たった4時間でクリスタの基本の使い方がわかる!

デジタルイラスト ワークショップ

 

初心者向けデジタルイラストワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

すでに100名以上の人が参加したワークショップで、

あなたも自由に楽しくデジタル絵を描けるようになりませんか?

 

次回11/30開催、あと1席!

 

スポンサードリンク