絵を描く順番を正しく知ればきっと今より3倍上手くなる!

絵を描く順番 絵を描く!

スポンサードリンク

★絵の力を活用したいあなたのための特選サービス★

【特製E-book】完全初心者向けのデジタル絵マニュアル! 現在、無料配布中!

【デジ絵ワークショップ】たった4時間でデジタル絵の基本の描き方ができる! 次回9/12開催、残り5席

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
絵の描きはじめは純粋に描いてるだけで構わないですが、やがていくら練習しても越えられない大きながあらわれます。

 

どれだけ模写しても、描いても描いてもうまくならない、もうイヤになってきた・・・そんな時はやり方を少し変えてみましょう。

 

 

絵を上手く描くには正しい順番というものがあります、全体のイメージ⇒あたり線でラフ⇒細部の描き込みです。

 

ハシケン
描きたいところから描いてるだけではいつまでも突破できない壁を、『描きやすい』絵を描く順序を知ることで乗り越えましょう!

 


スポンサードリンク

キャンバスに描きたいイメージを思い浮かべる

アイデア 気づく

 

いきなり腕を動かし始める前に、ざっとでいいのでまずは全体イメージを思い浮かべましょう。

 

描きながら考えていってもいいですが、あまり慣れてないうちは最初に想像することが非常に大切です。

 

ハシケン
現状の画力では描けそうもないものをイメージしても全然構わないので、あなたが描きたいと思うものをしっかり頭で考えましょう!

 

レイアウト・構図を大体固めてしまう

 

キャンバス内でどのようにキャラを配置するか、構図はあおりか俯瞰か、描くテーマによっても方向性は全く変わってきます。

 

最初は既存のイラストなどを参考にして、次はこの作家さん・・・とやってみるのもいいですね。

 

いつも漠然と自力のみでやってるとどうしてもゴールがぼんやりしてしまい、上達への道すじをうまく作れないことが多くなるものです。

 

ハシケン
目指す目標がしっかり定まると、あなたの絵の成長はもっと早くなります!

 

★構図について詳しく知りたい時は絵やイラストの構図が思いつかないなら不足要素を探してつぶせ!を参照してください。

 

あたりでキャラクターの全体をラフに描いていく

 

 

イメージがわいたらいよいよ描き始めましょう。

 

いきなり輪郭や目から描こうとしない!

 

初心者の時に多いことですが、輪郭や目などをピンポイントで描き出すと行き詰まることがすごく多くなります。

 

細部⇒全体ではなく、順序としては全体⇒細部と覚えてください。

 

ハシケン
輪郭・目から描くと、それに合わせて他のパーツを描いていく必要があるのでどうしても初心者のうちはバランスを取ることが難しくなりがちです;

 

まずは棒人間でポーズと配置を

 

定番ですが、まずは棒人間などで全体の配置をキャンバス内に収めましょう。最初にあなたがイメージしてた今回描く絵を、ポーズを含めて形に留めます。

 

 

人形自体の形状はある程度人間の関節がおさえられるものであれば、充分です。

 

描く時は本を参考にしてもいいですし、手持ちのデッサン人形から落とし込んでも子供のころ描いてた棒人間の派生でもいいでしょう。

 

数をこなすうちに、自然とあなたが使いやすい状態に仕上がっていくはずです。

 

あたりの段階で縮こまったポーズにしてしまうと、最終的な絵も小さくまとまりがちなので気をつけましょう。

 

ハシケン
技術的に描けないことは心配せず、この段階ではなるべく大きな動きを付けてみるのがいい絵に仕上げるコツです!

 

球や立方体を繋げて掘り出していくイメージで

 

あたりを取りながら、キャラに合わせた体つきなども加えてラフを描いていきます。

 

ラフ 作画

 

いきなり正確な線を描こうとするよりも、まず球や立方体を置いていくイメージだとやりやすいかもしれません。

 

置いた立体を目印に、細部を掘り出していくようなイメージです。

 

ハシケン
何の指針もないまま正確な体を描くのは最初はてこずるので、このような前段階のあたりをいかに充実させるかがポイントです!

 

スポンサードリンク

細部を描き込みつつ調整

デジタル お絵描き 機材

 

理想のイメージに寄せていけたら、いよいよ輪郭や目など細部を描き込んでいきましょう。

 

ハシケン
最初に体全体のラインをほぼ済ませたうえで細かく描いていくとやりやすいですよ!

 

定期的に全体を見ながらバランスをとる

 

デジタルで起こりがちなのが、細部にこだわるあまり引きで全体を見るとひどくバランスが歪んでた・・・という現象です。

 

ハシケン
デジタルは拡大してムダに細部まで描き込めてしまう分、よくあるんですよね・・・

 

線画 描き方 コツ

 

 

対策としては定期的に目を離してキャンバス全体を眺めつつ、再び細かいところを描いていくようにしましょう。

 

拡大しすぎずまずほどほどを描き込んだ上で、その後細部を描き込んでいくのもいいですね。

 

ハシケン
細部に満足して全体を見たときにヒドイとなかなかに凹んでやる気が失せるので、気をつけましょう!

 

★ラフや線画に関してより詳しく知りたい時には、デジタルイラスト初心者必見!ラフの描き方5つのコツをおさえよう初心者必見!デジタルイラストの線画をきれいに描く8つの極意を参照してください。

 

 

ハシケン
もし手元においておけるデジタルイラスト初心者向けのマニュアルが欲しい場合は、当サイト完全オリジナルの無料E-bookをどうぞ♪
 

 

さいごに、

アニメ塗り レイヤー

 

もちろん絵を描く順序は次第に人それぞれになっていくものです。

 

ハシケン
慣れていくと、今回のような工程をすっ飛ばしてざっとしたあたりのみで細部に入れるようになります。

 

上手い人やプロは今回のような練習を過去に何度も積んでるからこそ工程を自在に省略できるんだと、考えましょう。

 

だからこそ慣れてないうちはまず、描きやすい方法に従って地道に上達を目指すのがおすすめです。

 

ラフな線⇒丁寧な線

大⇒小

 

という感じで描き進めていくのが上手く描くためのコツです。楽しむことも忘れずにがんばりましょう♪

 

 

 

★・・・もしデジタルで絵を描く順番を実際のワークで理解したいときは、当サイト主催の【デジ絵ワークショップ】で一緒に手を動かして覚えてしまいましょう!

 

一生モノの「表現力」を手にしよう!

 

デジタル絵の初心者向けワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

絵を自由に描いて、好きに使ってみませんか?

 

次回9/12(水)開催!

スポンサードリンク