ペイントソフトでデジタル絵を描くおすすめはこれだ!【2018年版】

ペイントソフト イラスト おすすめ 絵を描く!

スポンサードリンク

★絵を描いて使えるようになりたいあなたのための特選サービス★

【デジ絵ワークショップ】⇒ たった1日でデジタル絵の基本の描き方が理解できる! 

次回10/21開催、残り3席です!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
デジタルで絵やイラスト・マンガなどを描きたいと思った時に悩むのが、いったいどんなソフトを使えばいいのかってことじゃないでしょうか?

 

今はソフトからアプリまで無料有料問わず多数のイラスト作成ソフトがありますが、当サイトでは実際にプロの絵描きの多くが使用している有料ペイントソフトの使用をおすすめしています。

 

 

ハシケン
有料ソフトは無料より複雑なのではなく、機能性に優れ使いやすいものが多いです。

これからデジタルイラストをきちんとやっていきたいなら、ソフトも安さだけにとらわれず検討してみましょう!

 

初心者だからこそ無料でなく有料のデジタルイラスト作成用ペイントソフトを選びたい、これだけの理由

よくわからない

 

ハシケン
なぜプロの多くが使っている有料ペイントソフトが無料よりおすすめなんでしょう?

 

  1. 機能が優れていて出来ることが多い
  2. ネット上にノウハウ記事が多い
  3. 突然なくならない
  4. 汎用性が効く

 

無料ソフトのように機能を一切制限する必要がないので、絵を描く上で現在必要と思われる機能は申し分なく含まれています。

 

やれることに縛りがないため、上達に従ってあなたは好きに絵を描いて使うことができるようになります。

 

ハシケン
初めから機能の絞られた無料ソフトを使っていると、機能の存在自体に気づけないままになってしまいます。

 

CLIP STUDIO(クリスタ)の画面です

 

また多くのプロが使っているソフトは、必然的にブログで使い方やコツが多く紹介されています。

 

ハシケン
あなたが一人で描いていて困ったときでも、少し検索すれば解決方法を見つけることが出来ます。

でも知名度の低い無料ソフトだと、回答記事自体が存在しないこともよくあります

 

既に使ってる人が多いのでいきなりなくなることもありません。アップデートもマメに行われてサポートも手厚いことが多いので、購入後も安心して長く使っていけるでしょう。

 

 

さらに、有名な有料ソフトはその操作方法が後発のソフトにも大きな影響を与えます。有名なものを基準として知っておけば、今後発売される新ソフトを気楽に試していくことも可能になります。

 

ハシケン
以上のことからも、当サイトであなたにおすすめしたいのは現役のプロが仕事でも多く使用している有料の優良ペイントソフトになります!

 

プロが仕事でデジタルイラストを描くときに実際に使っている、有料&優良ペイントソフト3種を比較してみよう!

アニメ塗り 方法

 

『絵を描く』ことに目的を限ると、基本的に3種に絞られます。(※2018年時点でのものです)

 

ハシケン
以下で取り上げる3種以外にもイラストレーターやペインターなどありますが、今回は3つに絞って話を進めます

 

CLIP STUDIO(クリスタ)

 

CLIP STUDIO ロゴ

 

自然な描き味とパワフルなパフォーマンスがイラスト制作を加速する。ペイントツールのスタンダード。

公式より引用

 

今回紹介する3つのソフトの中で『CLIP STUDIO』は2012年に出た最後発ペイントソフトなこともあり、他にはない機能が豊富です。

 

前身は「COMIC STUDIO(コミスタ)」というマンガ制作用のグラフィックソフトでした。そこにイラスト制作に特化した「ILLUST STUDIO(イラスタ)」が合体してクリスタができたような経緯です。

 

廉価版のソフトではイラストと漫画が描けて、さらに高機能のクリスタ上位版では漫画制作に役立つページ管理機能が付くうえにアニメまでやれます。

 

CLIP STUDIO アニメ塗り 使い方

 

コンセプトとして絵に関することは何でも出来るソフトを目指してる印象で、コスパ的にも非常に優れています。

 

ハシケン
逆にやれることが多すぎて、初心者は操作を覚えるのに苦労することもありえます。

おすすめのソフトですが、あなたの目的に最適な操作に絞って習得していく必要があるでしょう。

 

SAI(サイ)

 

SAI ロゴ

 

「ペイントツールSAI」は気軽に気持ちよく絵が描けることを目指して開発されたペイントツールです。タブレットによるタッチのダイレクト感、描画の美しさ、操作性の簡便さ等、快適に絵を描くための性能を追求しました。

公式より引用

 

『SAI』はとてもシンプルにイラストを描くことに特化したペイントツールです、その分他の2つと比べると特殊機能はだいぶ劣ります。

 

2008年の発売当時多くの絵描きに受け入れられた最大の特徴は、それまでのソフトになかった線を描く『心地よさ』でした。

 

ハシケン
そのインパクトが強すぎたために発売から10年になるにも関わらず、いまだ現役のプロの多くが使っている状況です・・・実は自分もその一人です

 

SAI アニメ塗り 使い方

 

アナログからデジタルに移るときにネックになるのが絵を描く感覚の違いですが、『SAI』を使えばかなり早く慣れることも出来るでしょう。

 

少々古いソフトですが、シンプルに絵を描くことだけ考えるなら今でも十分使えます。

 

ペン入れレイヤーを使えば、手軽にベクター線(描いた後に動かしたり拡縮にも耐えられる線種)を扱うことも可能です。

 

 

ただし古さゆえのデメリットはやはり多く、機能的に最近のPCのスペックを活かしきれないことも多いです。

 

ポイント!レイヤーの上限枚数も200枚と多くはなく、特にフォント(文字)やフィルタ効果を使いたいなら機能自体がないので選ぶのはやめましょう。

 

ハシケン
『SAI2』という後継ソフトも一応ありますが、めっきり話は聞きません・・・期待してたんですけどね;

 

Photoshop(フォトショップ)

 

Photoshop ロゴ

 

Photoshopは、プロも使用する世界最高峰の画像編集ソフトウェアで、精度の高い写真の編集はもちろん、高品質なデザインやイラストを作成するためのさまざまなツールが備わっています。

公式より引用

 

 

知名度の高い『Photoshop』は初めからデジタルイラスト用ペイントソフトとして作られた前2つとは違い、基本的には今でも写真加工がメインのグラフィックソフトです。

 

Photoshop 画面

 

『SAI』さえまだなかった時代、使い方次第でデジタルお絵描きも出来るソフトとして使われるようになって今に至ります。

 

ただお絵描きがメインのペイントツールではないので、ある程度設定をいじらないと『Photoshop』のみで絵を描くのは少々ハードルが高いです。

 

写真加工がメインのソフトのためフィルタや色の調整など、特に仕上げ部分に強い力を発揮します。

 

ハシケン
絵を描くプロの仕事の職場では欠かせない、王者であり共通言語的な存在でもあります。

 

ポイント!中級者~プロ向けなので、デジタルイラストの初心者さんがあえてここから始める必要はありません。

 

絵を活用して仕事にも活かしたい、あるいは絵やイラストのプロを目指したいのであれば使えたほうがいいでしょう。

 

パソコンやタブレットで絵を描きたい!ペイントソフトの相場をおさえよう

わからない

 

CLIP STUDIO PAINT PRO ¥5,000(ダウンロード版)

CLIP STUDIO PAINT EX(高機能版) ¥23,000(ダウンロード版/税込)

Amazonなどで購入できるクリスタはパッケージ版のみなので、上の記述より価格が上がります。ダウンロード版を購入したい場合は必ず後述の公式サイトリンクで確認してください。

 

SAI  ¥5,400(ダウンロードのみ)

『SAI』は公式サイトのみでの販売になります。

 

Photoshop CC ¥13,000前後 (※12ヶ月版です)

それぞれのお絵描きソフトの将来性について

 

『CLIP STUDIO』『絵に関するものを吸収し進化していく』という姿勢は非常にパワフルです、年々シェアを拡大し続けていて今後ますます各種機能も進化していくでしょう。

 

『SAI』はクリスタに比べると制作規模が圧倒的に小さいので、今後の逆転はもはや厳しい印象です。

 

『Photoshop』はプロの職場でどこにでもある地位を完全に獲得しているので業界内で安泰で在り続けるはずです、値段も昔ほど高額じゃなくなった分さらに盤石でしょう。

 

ハシケン
繰り返しますが『Photoshop』はこれからデジタルで絵やイラストを描きたい人があえて最初にさわるべきソフトではありません

 

デジタルイラスト初心者にこそおすすめしたいペイントソフトはこれだ!

イラスト 上達 方法

 

・・・ここまで見てきたように、2018年現在では『CLIP STUDIO』以外をあえておすすめする理由が何も見当たりません。

 

あなたが純粋にイラストだけやりたかったりデジタル絵の完全初心者なら、お手頃価格のCLIP STUDIO PAINT PROだと安心でしょう。

クリスタPRO 公式画像
 

 
またもし将来的にコマ漫画にも挑戦したい、ソフトの機能をフル活用したいと考えるなら最初から高機能版の『CLIP STUDIO PAINT EXにしておくほうがいいでしょう。

 

漫画を見開きページで管理できる機能以外にもプロ向けアニメ制作機能まであり、一般的にデジタル絵でやりたいと考えることのほとんどが出来る環境がこれ一本で整います。

クリスタEX 公式画像
 

 

・・・その他、デジタルイラストに関する初心者向けのお悩みに関してはこちら↓ですべて解決してください!

 

デジタルお絵描きにおすすめのペイントソフトのまとめ

知り合い

 

時代とともに絵の道具は移り変わります。操作になれるまで苦労もありますが、一つのソフトをしっかり使えれば他のソフトもすぐ慣れることができるものです。

 

最後に、以下の二点をぜひ知っておいてください。

 

  • メジャーなソフトは使われる理由があるからこそ売れた
  • メジャーなものはネット上のマニュアルも豊富で初心者でも即問題解決できる

 

ハシケン
ペイントソフトはどれを選んでも快適に使えるまでは多少時間がかかりますが、そこさえ越えられたら大丈夫です。

ぜひ楽しみながらがんばってくださいね♪

 

 

 

・・・もしクリスタを買ったもののデジタル絵を描く手順がよくわからず悩むようなら、当サイト主催の【デジ絵ワークショップ】デジタル絵の描き方の基本を4時間で理解しにきてください!

※7月に開催したデジ絵ワークショップの実際の様子です

 

一生モノの「表現力」を手にしよう!

 

デジタル絵の初心者向けワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

あなたも絵を自由に描いて、好きに使ってみませんか?

 

次回10/21開催、残り3席です!

スポンサードリンク