イラストレーターの年収・収入が不安ならフリーじゃない道を選べ

イラストレーター 絵を描く仕事 収入 不安 絵を描く!

デジタル絵を始めよう!

パソコンやタブレットでイラストや漫画を描いてみたい、でも始め方がよくわからない・・・そんな想いの1,100人以上が手にしたコンテアニメ工房特製Ebookを数年ぶりに限定無料配布中!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
イラストを仕事にして生きてきたいと思っても、ちゃんと生活できる収入がもらえるか不安になったりしませんか?

 

たしかに絵を描く仕事の収入を調べてみると、イラストレーターの年収がヤバすぎる!絵描きの平均年収に驚き!・・・などあおるような文句の記事が結構見つかります。

 

でも安心してください、絵の仕事で安定したお金を得たいならフリーではない道を選べばいいんです。

 

この記事では、安定した収入・年収をちゃんと手にしながら絵やイラストの仕事で生きていく方法についてくわしく紹介します。

 

本当に給料が安い? イラストや絵や描く仕事の実際の収入や年収について、データで確認しよう

イラストレーター 絵を描く仕事 収入 どのくらい?

 

絵の仕事の実際の収入について、まずはデータで見てみましょう。

 

前年度の収入(所得)はいくら程度ですか?

100万円未満:52.5%

200万円未満:24.6%

350万円未満:13.1%

500万円未満:5.7%

800万円未満:1.6%

800万円超過:2.5%

日本イラストレーション協会より引用

 

これは自分も所属している日本イラストレーション協会という団体が、2006年に100人のイラストレーターを対象におこなったアンケートの結果です。

 

ハシケン
数字だけ見るとどうでしょう・・・やっぱり少なく感じますか?

 

ただこの数字には会社員として絵を描く仕事をしてる人のデータがはいっていません、あくまでも個人でフリーのイラストレーターをしている人だけのデータとなっているんです。

 

 

では次に、絵を描く仕事の求人を見てみるとどうでしょう・・・?

 

  • スマートフォン向けゲームの2Dもしくは3Dデザイン・・・月給25万円~140万円
  • アート制作、外部制作会社との折衝、ディレクション・・・年俸300万円~630万円
  • ゲーム・遊技機等の液晶画面を中心とした企画・演出・制作を行います。・・・月給30万円以上+インセンティブ(月平均10~15万円前後)

イーキャリアより参照

 

他の一般的な仕事と比べて低いか聞かれると、そうでもない額だと感じないでしょうか。

 

ハシケン
・・・というか全然普通に生活できる金額ですよね??

 

一般的に絵描きの収入が安いといわれるような話は、会社員として絵の仕事をしている人をふくめてないケースがほとんどと考えたほうがいいでしょう。

 

ハシケン
実際自分自身も3社で正社員として勤めて絵の仕事をしていましたが、どこでも普通のサラリーマン的な額の給与をもらっていました。

経験やキャリアをつめば年俸500万以上になっていくこともちゃんとできるので、社員として働くならそこまで低収入を心配する必要はありません!

 

ただし「フリーランス」のイラストレーターとして生きていく道はやっぱり・・・甘くない?

フリーランス イラストレーター 年収 収入

 

・・・とはいえフリーのイラストレーターが収入を増やそうとしたら、仕事をふやすか単価を上げる以外の方法は基本的にありません。

 

誰でもひと月に描ける絵の限界枚数があります。もし必要な生活費がひと月30万だとすると、単純計算でイラスト単価を1枚5万(×6枚)に設定しないと生活ができません。

 

ハシケン
自分はかつてスマホゲーム会社でアートディレクターとして外部のイラストレーターに仕事を発注してましたが、1枚5万という値段はよほどの人じゃないと出せない金額でした・・・!

 

フリーのイラストレーターとしてやっていくということは、そんな計算をしながら毎日・毎月・毎年・・・ひたすら絵を描きまくる生活を送っていくわけです。またそれ以外にも、

 

  • つねに仕事のなくなる怖さがつきまとう
  • 自ら動いて仕事を探さないといけない
  • 仕事をもらえる人脈(コネ)が重要となる
  • 流行の絵を追いかけ続けないと仕事が回ってきにくい
  • 毎日、絵を描きっぱなしの生活になる
  • それでもなかなか収入が安定しないことも多い
  • 歳をとったときのつぶしがきかなくなることも

 

・・・・・・などなど、一人きりでやっていくとこんな多くの不安材料をかかえながら毎日何の保証もなく絵を描き続けていくわけです。

 

ハシケン
フリーランスのイラストレーターとして1人きりで生きていこうとするのは、本当に本当に大変なことなんですよね・・・

 

 

でも会社に属して仕事をする「社員イラストレーター」になれば、フリーのような心配はほとんどなく毎月安定した収入を得ながら毎日絵を描いて生きていけるんです。

 

安定した収入と生活ができる絵描きになりたい! それならいきなりフリーじゃなく「社員イラストレーター」になってみよう!

安定した 絵描き 収入

 

絵を描く業務の会社にはいって経験・実績をしっかり積んでいけば、万が一リストラや倒産などが起こってもあなたには別会社に転職する選択肢が手に入ります。

 

そのほかにも、

 

  • 絵の仕事で毎月安定した給与をもらえる
  • 会社を休んでも有給でお金がもらえる
  • 福利厚生がある
  • 社内で人脈がきずける
  • あなたよりうまい先輩・上司に絵の技術を学べる

 

・・・フリーだとなかなか手に入らないこれらのメリットも、会社づとめの社員イラストレーターになるだけで得られます。

 

逆に最初からフリーだと、よほどのキャリアを積み上げないことには転職したくても会社勤務経験がないとみなされうまくいかないことが増えがちです。

 

ハシケン
絵描きが将来的に「フリーとして独立する」ことを目標として持つのはいいですが、むやみに急ぐ必要はありません!

 

まずは会社でしっかり絵の仕事の常識技術を身につけて、仕事をもらえるつても準備できてから独立したほうがはるかに安全だということをぜひ覚えておいてください。

 

 

以下では、この先社員として絵の仕事をするための2つのルートを紹介しておくのであなたの理想や状況に合いそうなものを参考にしてみてください。

 

社員のイラストレーターになる手段①『専門学校』

 

イラストレーターになりたい若い人が多く利用しているのが、イラスト関連の『専門学校』です。

 

学校に通うので一定の期間と学費は必要ですが情報収集もしやすく絵の仕事をするために必要なことをじっくり学べて就職活動も支援してくれるので、独学で進めるよりはるかに効率よく進んでいけます。

 

定番すぎる手段ですが、それだけに絵の仕事に就くという目的のためには最も有効で可能性を高くできる方法といえます。何より一人きりで頑張らずにバックアップしてくれる環境を持つというのは、夢をかなえるうえで気持ちを楽にしてくれる非常に大きな利点です。

 

 

専門学校について具体的な学校情報も含めてもっと詳しく知りたいときは、イラストレーター専門学校おすすめ15選!絵を仕事にする近道はどこだ?を参照してください。

 

社員のイラストレーターになる手段②『イラスト講座』

 

学校の費用が確保できなかったりすでに社会人として働いていて通う時間が取れないなら、もっと安く手軽に利用できる『イラスト講座』もあります。

 

特に最近は、感染対策のこともあって自宅で利用できる完全オンライン型のイラスト通信講座もどんどん増えています。安全な環境下で自由なタイミングとペースで学んでいけるので、仕事をしていても必要な技術を磨いていきやすいでしょう。

 

ただ講座は数多くあって趣味でイラストを描きたい人向けからプロ志望までと種類も幅広くあるので、検討したいときはまず情報収集から進めるのがおすすめです。

 

 

イラスト講座について詳しく知りたいときは、イラスト通信講座おすすめ19選!デジタル初心者こそオンラインで上手くなろうを参照してください。

 

まとめ

イラストレーター 絵描き 収入 悩み

 

『絵の仕事』だからって安定がないわけじゃないですし、満足できる収入がもらえないわけでもありません。

 

ただし、当然のことですが絵の仕事につこうと思うと最低限の技術や知識も求められます。

 

ハシケン
最後に紹介した転職相談は仕事探しのきっかけにはなるでしょうが、そもそもの画力が備わってないとどうしようもないのが現実です;