プロが初心者におすすめしたい最新ペンタブレットと選び方とはこれ!

ペンタブレット 初心者 選び方

スポンサードリンク

『たった1日でデジタル絵の基本的な描き方と活用がわかる!』

ワークショップ アイキャッチ

デジタルでイラストを描いてみたい超初心者さん向けのワークショップです。一緒に手を動かすことで、描くために必要な要素だけに集中して理解できます!

次回開催:2/19(日)13:00~17:00 会場:秋葉原駅付近貸会議室

お申込みは1月31日まで!

 

どうも、アートディレクターのhashiken(@conteanime)です。

 

パソコンで絵を描く時に欠かせないのが、デジタル環境における紙と鉛筆ともいうべきペンタブレット(以降ペンタブ)です。

 

hashiken
最初こそ若干の慣れが必要ですが、それさえ越えれば鉛筆と同じかそれ以上に使える便利さでむしろアナログに戻れなくなる危険をもった魔性のアイテムでもあるのでご注意を・・・(笑

 

ペンタブは特に絵の初心者が最初に間違った選び方や使い方をしてしまうと、描きにくさでデジタルでのお絵描き自体キライになってしまう可能性もあります。

 

ハシケン
そんな悲劇を避けるためにも、ペンタブを選ぶときに必要な知識を薄く浅ーく知っておきましょう(笑

 

★デジタルで絵を描くために必要なパソコンのスペックやペイントソフトについては、初心者も安心!パソコンで絵を描く時のPCスペックの選び方PCで絵を描くならプロおすすめのペイントソフトを試してみよう!が参考になります。

 

スポンサードリンク

ペンタブレットとはなんぞや?

 

絵 コツ

 

 

主にパソコン上で絵を描いたりするときに使うペン的な道具です。その他写真の処理やデザイン、映像編集など様々な場で使います。

 

ペンタブレットとマウスの違いって?

 

Windowsに標準アクセサリとして入っている『ペイント』というソフトで、マウスを使って絵を描いたことのある人も多いんじゃないでしょうか?

 

マウス ペンタブ 違い

 

hashiken
・・・自分はスマホゲームのイラストアートディレクターとしても毎日のようにペンタブを使ってますが、マウスで書くと結局こんなものにしかなりません(笑

パソコンで絵を描くならペンタブは必須と考えましょう。

 

板タブと液タブの違い

 

通常ペンタブというとこの形を指すことが多いです、『板タブ』と呼称します。

 

 

↑は現在プロの仕事で最も多く使われている本格派です、初心者のうちからここまでのものを買う必要はありません。

※プロを目指して本格的に描きたい場合は、選択肢に入れてもいいと思います。

 

 

通常は下のイラストのように目の前のパソコンモニターを見ながら、板タブの上でペンを動かして描く感じになります。

 

ペンタブレット 姿勢

 

そしてペンタブレットにはもう一つ、『液タブ』というものもあります。モニター画面に直接描くタイプで、要はでっかいタッチパネルだと思って下さい。

 

 

直接液晶画面の上で専用ペンで描く形となります。アナログ感覚に近いので、長年アナログでやってきたプロの作家などがデジタル移行する際に選択することが多いようです。

 

ただし、板タブの相場¥7,000~3万に比べると液タブは¥10~25万くらいまでと一気に高くなります。

 

基本的に初心者は『板タブ』を選択することをおすすめします。

 

以降、文中の『ペンタブ』は基本的に『板タブ』のことを指しています。

 

ペンタブを選ぶ時の3要素ってなに?

 

絵を描く 技術 学び

 

  • サイズ
  • 筆圧レベル
  • 価格+メーカー

 

1つずつ見ていきましょう。

 

ペンタブのサイズはやりたいこととモニターで決めよう!

 

基本的に、S・M・Lとサイズが分かれています。選ぶ時には、必ず自分のパソコンモニターを基準に考えて下さい。

 

  • 15インチ以下     S
  • 16~24インチ以下  M
  • 25インチ以上     L

 

ペンタブの描く範囲は、モニターの画面にそのまま1:1で反映されます。モニターが大きくなるに従い、小サイズのペンタブではどうしても無理が出てきます。

 

また細かいマンガ原稿などを描く場合、モニターが24でもLを選んだほうが合ったりします。

人の好みやクセで差も出る部分なので、ある程度ペンタブに慣れてからより快適な環境づくりという目線で考えてもいいでしょう。

 

筆圧レベルは数字が多いほどいい

 

512・1024・2048という数字が筆圧の基準になります。

 

数字が高いほど、描くときの微妙な力具合の差をペンタブがくみ取ってくれます。低いものをおすすめする理由は何もないので、予算の許す範囲で高い数字を目指してください。

 

価格+メーカー

 

日本では、WACOM(ワコム)というメーカーがペンタブの8割近いシェアを誇ってます。

 

それ以外のメーカーは大体ワコムより価格設定が安くなっていると思います。

 

絵を描く職場において、自分はワコム以外のペンタブを過去ほとんど見たことがありません。

それほど業界ではワコムが一般的で、質もいいと考えて良いと思います。よっぽど価格やデザインに惹かれる場合以外は、ワコムを選んでおくのが無難でしょう。

 

初心者向けの手軽なものだと、下のような7000円以下のものからあります。

 

 

その他、ペンタブ購入時に気をつけたほうがいいことってなに?

 

絵 パソコン 描く

自分の作業スペースに合ったペンタブを選ぼう

 

漫画・イラスト・その他と用途次第でペンタブの選ぶ基準は変わりますが、気をつけてほしいのが確保できる作業スペースです。

家のデスクの上にパソコンのモニターとキーボードを置いて、そこにペンタブが更に加わるのである程度の広さが必要になります。

 

キーボードもショートカットのコマンドなどで使うことが多いです。不必要に大きなペンタブを買っても使いにくいだけになってしまうことがあるので、注意して下さい。

 

ソフト同梱タイプはお得? どれを選べばいいの?

 

ペイントソフトと呼ばれる、いわゆるお絵描きソフトが有名無名含め多数あります。ワコムのペンタブは、それらの1つと一緒に販売されているお得なタイプもあります。

 

まとめ買いでお得になることもありますが、選んだものが使いにくいソフトでは意味がないのであなたの目的にあったソフトかどうかを見極め、本当に得か確認した上で購入して下さい。

 

 

余談ですが、絵を描く世界のプロの現場でもよく使われているソフトが

 

SAI

CLIP STUDIO

Photoshop

 

以上、3つです。

 

必然的に、ネットのマニュアルサイトも圧倒的に多いので初心者の人ならこれらメジャーな有料ソフトを使って絵を描き始めた方が疑問もすぐ解消できておすすめです。

 

Photoshopは少し系統が違うので、上2つから選びましょう。

 

hashiken
無料アプリのような安いだけであまりメジャーじゃないソフトは、結局解説サイトも少なく使いこなせないまま終わる可能性が高いので気をつけてください。

 

ワイヤレスって便利?

 

ペンタブ デジタル 絵

 

ハシケン
自分は使ってないので正直、不要派です(笑

 

・・・だと話が終わっちゃいますが、ワイヤレス機能登場時に言われていたのは有線と比べると若干のタイムラグが起こりうるということでした。

 

絵を描いてる時にスッスッと気持よく線が出てこないのは相当ストレスになるんですが、おそらく最近出ているものに関してはさすがに解消できてると思います。

ワイヤレスキットも付属だったり別売りだったりするので、事前に調べて好みのものを選べば問題ないはずです。

 

デスクトップPCのみで使うなら有線、ノートならワイヤレス・・・という選び方もいいかもしれないですね。

 

ペンタブの消耗品って何かあるの?

 

替芯とタブレット上に敷くマット的なものが消耗品にあたりますが、ワコムシリーズは最初から替芯が使い切れないほどついてますし、マットは替えたりする人を見たことがないので実質不要でしょう。

 

ワコム ペンタブ 替芯 場所

 

hashiken
・・・上記のワコムの替芯ですが、隠し場所を知らないと本気で気づかないままだったりするんでこの機にぜひ覚えて帰って下さい(笑

 

ペンタブ購入後に気にしたいこと

 

ショートカットキー

 

ペンタブの設定を自分の使いやすいように変えていく

 

ペンタブの設定はかなり細かい部分まで自分の好きなように変えることが出来ます。

ペンタブ自体のプロパティや、ソフトで変更出来る部分もあります。

 

描いててどうもうまくいかないと感じたら、その状況を検索してみると対策が出てくるので我慢して使い続けるんじゃなくどんどん自分好みに改善していきましょう。

 

ペンタブのタッチ機能やボタンが不要と感じたらいっそオフにする

 

板タブ側のホイールボタンには様々なショートカットを設定して使えます、またタッチ操作も可能です。更にペンの方の握り部分にはボタンが有り、同様に設定できます。鉛筆の消しゴムのようなボタンもあります。

 

そのままにしておくと誤作動の元なので、邪魔だな・・・と思ったらいっそ機能を切ってしまいましょう。

 

hashiken
ちなみに、自分はどれも使ってません(笑

 

タブレットドライバに不具合が起きたら再起動

 

・・・永年不具合と言いたくなるほどに、設定でタッチ機能を全て切ってるのに気が付くと不意に復活したりします。

 

設定項目を確認してもちゃんと切られているのであれば、ペンタブのドライバを更新したり再起動しましょう。PC立ち上げ時にタブレットのドライバが見つかりませんなどと出た場合も、即再起動推奨です。

 

現役アートディレクターが用途ごとにおすすめするペンタブ3種

 

似顔絵 料金 相場

 

現在出ているものの中からカテゴリーごとに商品を選んで挙げておきます。

WACOM社製品限定です。

 

ペンタブのレビューをみると、ソフト同梱版はダウンロードまでの道のりがちょっと厄介な場合もあるようです。同梱を買うなら必ず購入前に口コミなども確認して下さい。

基本的にデジタルを始める時にはまずペンタブだけ購入し、SAICLIP STUDIO無料体験版を使って慣れてみるのが一番無駄がないと思います。

 

とにかくまず安いペンタブで、デジタル環境にふれてみたい

 

7千円前後 Sサイズ 筆圧1024

 

ハシケン
ワコム社製で最も安く、非常にお手軽なものです。まずはデジタルに触ってみたい場合は、家にあるパソコンとこのペンタブを使ってペイントソフトの無料体験版を試してみるといいでしょう。

あるていどのイラストを描く想定で、割と長く使っていきたい

 

1万5千円前後 Mサイズ 筆圧1024

 

ハシケン
一方こちらは『CLIP STUDIO PAINT PRO』の2年ライセンス付きです、買ってすぐに本格的に始めたい場合に向いています。

しっかり絵を描いていきたい、あわよくばプロを目指したい!

 

2万5千円前後 Mサイズ 筆圧2048

 

ハシケン
現在のプロのスタンダード機種です、初心者のウチやあくまでも趣味で描くならここまでの価格は必要ないでしょう。

 

さいごに、

 

快適な道具選び・作業環境づくりも、デジタルで絵を描くには欠かせない要素です。

余裕が出たらぜひ目を向けてみてください。きっと、もっと絵を描くのが楽しくなるはずですよ。

 

 

★もしデジタルの始め方に悩んでいたら、当サイト限定E-bookが参考になります。

 

★デジタル機材を揃えたものの結局どう描いていいかわからず苦しんでたら、【コンテアニメ工房】特別デジタルワークショップに参加してたった一日でデジタルの基本手順を理解しちゃいましょう!

 

 

↓ 次のページはこちら! ↓

 

イラストを描くのに適した『BTOパソコン』とはいったい何か?
 

 

スポンサードリンク

ペンタブレット 初心者 選び方

自分で絵を描いて自由に使えるようになろう!

 

鉛筆での落描き程度が出来るなら

きっとあなたもデジタルで

絵を描けるようになります。

 

『絵』でGoogle検索1位に表示される

【コンテアニメ工房】特製無料E-book

高く感じるデジタルお絵描きのハードルを

一気に飛び越えましょう!

 

コンテアニメ工房 Ebook

たった一日でデジタル絵の基本的な描き方がわかる!

 

ワークショップ アイキャッチ

 

デジタルでイラストを描きたい超初心者さん対象のワークショップです。

一緒に手を動かして、描くために必要な要素に集中して理解できます!

 

次回開催は2/19(日)秋葉原、申込みは1月31日まで!

 

顔出しせずにネットで副業も始められる!

 

普通、あなたの人となりが見えないと

webからの仕事には繋がりません。

 

顔出しに抵抗ある会社勤め中の方や女性、

個人事業主さん達にオススメなのが

全身アニメ似顔絵の【キャラデザ】です。

 

そっくりで魅力的なキャラクターを使えば、

直接顔を見せていなくても

現実のあなたと違和感ない対応が可能です。

むしろ現実以上に愛着を感じてくれるかも?

  

キャラデザ CTA 1103

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ハシケン

    create archives(クリエイト アーカイブス)代表兼アートディレクター。千葉県柏市在住。若いころは漫画家を目指し活動、その後は遊技機やスマホゲーム制作に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』(㈱トレード企画)キャラクターデザイン、『海賊道』(㈱gumi)『戦国修羅SOUL』(㈱クリーク・アンド・リバー社)のアートディレクションなど、オリジナル・版権モノ問わず多数。 2015年独立、絵に特化したブログサイト【コンテアニメ工房】を同8月末に開設し個人事業をスタート。※2017年1月時点で月間20万PV突破。アニメ似顔絵【キャラデザ】や企業キャラクター制作・アニメ動画広告の受注制作を展開しつつ、誰でも『絵の力』を自由に活用できるための【デジタルワークショップ】、イラストを活用するためのセミナーなど順次展開中。