クリスタを使うパソコンのおすすめスペックと機種の選び方【2021年最新版】

クリスタ パソコン スペック おすすめ クリスタ

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

パソコンで『CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)』(※以下クリスタ)で絵を描くには、快適にイラストやマンガを描いていけるPCスペックも知っておく必要があります。

 

ハシケン
実は当サイトでは少し前まで、完全初心者さん向けにクリスタ一日講座を開催していたんです!

 

感染拡大以降、開催は見送ってますが・・・

 

ということでこの記事ではデジタルイラスト講師をしているプロ目線で、クリスタを使う時に最適なパソコンのスペックとデスクトップ&ノートPCの最新おすすめ機種情報までわかりやすく紹介します。

 

ハシケン
あなたのやりたいことにピッタリのパソコンがわかれば、ストレスなく楽しくクリスタでデジタルお絵描きしていけますよ!

 

 

クリップスタジオをパソコンで使う推奨スペックとは?

ワークショップ参加者

★当サイト主催のクリスタ講座の様子です

 

クリスタは動かすために3Dゲームのような過剰なスペックを要求するソフトではないので、ここ数年内に発売されたパソコンであれば基本的に動くでしょう。

 

ただしパソコンのスペックが高いか低いかは絵を描く際のストレスの大きさ快適さにダイレクトに影響するので、余裕のあるレベルを満たしているかどうかも重要になります。

 

手持ちのパソコンをチェックしたい、これから購入を検討していて必要なスペックを知りたいときは次の4つの要素をチェックしてください。

 

  1. モニタ
  2. CPU
  3. メモリ
  4. ストレージ

 

クリップスタジオを動かすために最低限必要なスペックはこのくらい

 

公式の内容を参考にすると、クリップスタジオを動かすために最低限必要なスペックは次のようになります。

 

  1. モニタ・・・XGA (1024×768) 以上、ハイカラー (16Bit、65536色) 以上必須
  2. CPU・・・Intel製CPU、OpenGL 2.1に対応したGPU
  3. メモリ・・・2GB以上必須
  4. ストレージ・・・3GB以上必須

 

 

よくわからない部分もあるかもしれませんが、ここ数年のパソコンならこれらの要素はほぼ確実にクリアしているはずです。

 

・・・ただしこれはあくまで動かすための最低限のレベルです、ギリギリこのスペックを満たしてるPCではクリスタで描いてても何かするたびに動作が重くなって相当なストレスがたまってしまうでしょう。

 

そして、クリップスタジオを快適に動かせる理想スペックはこのくらい!

 

ハシケン
では、クリスタで快適なデジタルお絵描きをしたいならどのくらいのスペックがあればいいのでしょうか?

 

イラスト 絵を描く パソコン おすすめ スペック

 

  • モニター・・・フルHD(1980✕1080)以上
  • CPU・・・intel core i5以上
  • メモリ・・・8GB以上が理想
  • ストレージ・・・最低50GB以上※容量はクラウドが使えるならあまり気にしなくてもOK、またHDD(ハードディスク)よりSSDのほうがソフトの起動速度が早くなる

 

2021年の時点では、上のスペックを満たしているパソコンならスムーズにクリスタで絵が描けると考えてください。ちなみにモニタは正方形よりも、横長のワイドが使いやすくおすすめです。

 

クリスタのパソコン版ソフトはWindows版とMac版の両方がある

 

ちなみにクリスタのパソコンソフトはWindows版もMac版もあるので、好きな方を購入すれば大丈夫です。

 

ハシケン
特にどちらがいいということもないので、安心して下さい♪

 

2021年、クリスタで快適にお絵描きするための最新パソコン機種の選び方

在宅イラストレーター 働き方

 

ハシケン
パソコンのスペックについてわかったところで、実際に機種を選ぶ時のポイントも一緒におさえておきましょう!

 

クリスタ講師目線で実際に見た、絵を描く時のパソコンのポイント

 

感染が広がるまで当サイト主催で東京の貸し会議室で開催していたクリスタ一日講座では、参加者の皆さんご自身のデジタル機材をお持ちいただいて実施していました。

 

ハシケン
持ち運ぶ必要があるので当然ノートパソコンかiPadなどのタブレットになり、デスクトップの方はいらっしゃいません

 

デジタルイラスト 講座 講師 ハシケン

※ノートPCで絵を描く参加者様の例

 

このように持ち運んだり毎回別の場所で描きたいなど携帯性が必要な場合はともかく、基本的に家の決まった場所で腰をすえてデジタル絵を描いていくならデスクトップPCのほうが向いています。

 

★デスクトップの利点

  • 画面が広い・・・ペイントソフトと絵の資料など複数開ける、拡大縮小の頻度が減る
  • 拡張性が高い・・・あとからメモリを増やせる、USBや端子の数も多く何をするにも便利
  • コスパが優秀・・・機能の高いノートもあるが、平均的にデスクトップのほうがコスパが良い

 

ハシケン
・・・とはいえ結局それぞれの考え方や状況で理想の機材は変わるので、必須というよりは絵を描く上での一般論と考えてください♪

 

以上のポイントも踏まえながら以下では、快適にストレスなくお絵描きできるスペックの最新パソコンの例をノートとデスクトップから2点ずつ載せておくので参考にしてみて下さい。

 

価格は半導体の相場などによっても日々変動するので、詳細は必ず公式サイトで確認して下さい。

 

①ノートの中でも圧倒的に軽い、どこでも持ち運んでクリスタでお絵描きできる最新スペックPC

DAIV 4P

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gdaiv-4p

 

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー
グラフィックスインテル® Iris® Xe グラフィックス
メモリ16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB (NVMe対応) SSD
モニタ14.0型 WUXGAノングレア(LEDバックライト)
価格139,800円(税込153,780円)~

9/29まで期間限定セール中10,000円OFF 129,800円(税込142,780円)~

 

【クリスタ講師目線でのひとことレビュー】

本体重量985gと1kg未満を実現した、とにかく軽い良スペックのノートパソコンです。カバンに入れてどこにでも持ち歩けるでしょう。

そのうえ【インテルIris Xeグラフィックスが統合された最新の第11世代 インテル Core i7プロセッサーを搭載】と販売サイトにもあるように、2021年最新スペックの機種となっています。

軽量化を重視しているぶんサイズは14インチという大きさですが、新しさや機能性を重視する人には見逃せない一台でしょう。

 

 

 

②ノートなのに大画面でクリスタお絵描きできる、優秀スペックのノートPC

mouse K7

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gmouse-K7

 

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-10750H プロセッサー
グラフィックスGeForce® GTX 1650/ インテル® UHD グラフィックス
メモリ16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB (NVMe対応)SSD
モニタ17.3型 フルHDノングレア(LEDバックライト)
価格139,800円(税込153,780円)~

9/29まで期間限定セール中7,000円OFF 132,800円(税込146,080円)~

 

【クリスタ講師目線でのひとことレビュー】

大画面でクリスタでお絵描きしていける、高いスペックのノートパソコンです。

ノートなのに17インチ以上という大きさなので、描いてて狭いと感じることは少ないでしょう。ただサイズ分の重さはあるので、持ち歩く機会が多くなりそうなら上で紹介した①の方が合うかもしれません。

もちろんノートなので自由に動かせますが、基本的には決まった場所でじっくり使っていきたいひとにおすすめの機種です。

 

 

 

③机でじっくりクリスタを楽しめる、優れたスペックのデスクトップPC

DAIV Z7-CM

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gdaiv-z7-cm/

 

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-10700 プロセッサー
グラフィックスGeForce® GTX 1660
メモリ16GBメモリ
ストレージ256GB SSD + 1TB HDD
価格199,800円(税込219,780円)~

 

【クリスタ講師目線でのひとことレビュー】

机で落ち着いてクリスタお絵かきを楽しめる、優秀スペックのデスクトップPCです。

デスクトップの魅力は上でも書いたように、画面の大きさと拡張性の高さです。この機種はモニタが別売りなので、購入時にほしいサイズのモニターを組み合わせて購入してください。

広さを取るか携帯性や好きな場所で描くことを優先するかで、ノートかデスクトップにするか考えるといいでしょう。

 

 

 

④ストレス無用でお絵描きできる、動画編集や3Dゲームだって余裕の超ハイスペックデスクトップPC

DAIV Z9-CM-6700XT

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/daiv-z9-CM-6700xt/

 

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-10700F プロセッサー
グラフィックスRadeon™ RX 6700 XT
メモリ32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB (NVMe) SSD + 2TB HDD
価格229,800円(税込252,780円)~

9/29まで期間限定セール中20,000円OFF 209,800円(税込230,780円)~

 

【クリスタ講師目線でのひとことレビュー】

ほぼストレスなく快適にお絵描きしていける、高スペックのデスクトップPCです。価格はそれなりですが、このスペックならむしろお買得でしょう。

メモリやストレージも充実しているので、絵を描いていて困ることなんて基本的にありえません。グラフィックボードも絵を描くだけならもったいないほど高性能なので、3DゲームだってYouTubeの動画編集だってバリバリスムーズに楽しめるレベルです。

このような機種を選ぶときは、モニターも27インチ以上にすると絵以外のゲームや映画も存分に楽しめます。長いこと使っていける、満足度の高い一台でしょう。

 

 

 

クリスタでイラストや漫画を描くためのPCを損せずお得に手に入れる方法

デジタルイラスト 講座 講師 ハシケン

 

ハシケン
大手電気店で有名メーカー製のパソコンを見ると、年賀状や住所録など・・・いらないソフトが大量についてませんでしたか?

 

メーカー品は無駄なソフトが数多くインストールされているせいで価格が高くなりがちです。またいらないソフトが多く入っていると、せっかくのいいスペックのパソコン動作の快適さまで損なってしまいます。

 

最初から「(クリスタで)絵を描くためにパソコンを使う」と目的がはっきりしてるときはムダなソフトなんて一切必要ありません、むしろいらないものを排除できれば動作が向上するうえ値段をおさえられることにもつながるんです。

 

 

今はネット上でデジタルで絵を描くために最適化された「クリエイターPC」というものが数多く販売されています。電気店より値段をおさえつつ高機能なスペックのPCを手に入れたいときは、まず最初に検討してみるといいでしょう。

 

Copyright © MouseComputer CO.,LTD. All Rights Reserved.

https://www.mouse-jp.co.jp/

 

『クリエイターPC』はテレビCMもやっている上の「マウスコンピューター」などが特に有名ですが、基本的にイラストレーターや漫画家・映像編集などプロのクリエイター的な仕事をしている人向けにネット上で販売されている高性能のパソコンのことです。

 

だからって小難しいわけではなく不要なソフトを除きネット販売で人件費を減らすことで代金を安くし、そのぶん絵やムービー制作に望まれる高いスペックを実現しているPCというものになります。

 

OSもWindows10なので、ふだんのパソコンと変わらず扱えます。

 

ほしいパソコンを決めて『カスタマイズ・お見積り』に進むと、CPUやメモリなどパーツごとの変更もできます。見積もり額が画面下にリアルタイムで表示されるので、予算に応じた調整もカンタンです。

 

★必要なければ変更せずそのままで構いません

 

 

このようにクリエイターPCは不要なものを避けつつ希望のスペックを選択できるため、電気店の大手メーカーPCより高いスペックにしながら値段を安くおさえることが可能となっています。

 

新しく買ったパソコン

実は自分もマウスで購入したPCを使ってます

 

ハシケン
・・・実は上の章で紹介していたパソコンがまさにマウスコンピューターの最新クリエイターPC機種なので、コスパよく良いパソコンが選びたいときには参考にしてみてください♪

 

 

まとめ

絵心とは 意味 定義

 

パソコンは予算さえかければ際限なくスペックをあげられますが、クリップスタジオで絵を描くだけならそこまで無理してお金をかける必要はありません。

 

ハシケン
今回紹介したようなポイントも意識しながら、楽しくデジタルお絵描きできる環境を手にしましょう!