絵やイラストが上手くなる方法を現役アートディレクターが伝授!

絵が上手くなる方法とは? 絵を描く!

スポンサードリンク

★絵を描いて使えるようになりたいあなたのための特選サービス★

・【デジ絵ワークショップ】⇒ たった1日でデジタル絵の基本の描き方が理解できる! 

次回9/12開催、残り3席!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

  • 描いても描いても絵が上手くならない
  • もっと絵が上手くなりたい!
  • 絵が上手くなるコツが知りたい・・・

 

ハシケン
・・・絵やイラスト・漫画などを描き始めると、次から次へと悩みがでてきますよね;

 

元スマホゲームのアートディレクターとして、過去多くのイラストレーターさん達の絵に赤入れ監修をしてきた立場から今回は初心者が効果的に絵が上手くなるためのコツを詳しくお伝えします。

 

 

今回の記事を通して言いたいことはただ1つ、

 

『つねに考えながら描く!!』

 

・・・ということです。

 

ハシケン
考えながら描くことが出来るかどうかであなたの今後の絵の成長は全く変わってくるので、ぜひ意識して絵を描いていってください!

 

目次


スポンサードリンク

はじめに、絵が上手くならないと悩むときに気をつけたいこと

難しい

 

描き始めは楽しいだけでいいんですが、少し技術が備わってくると今より絵がうまくなりたい意識が高まって上達法やコツを探し始めます。

 

ハシケン
ただそこで間違ったやり方を選択すると、下手になるわけじゃないにしても遠回りをしてしまう場合があるんですね。

 

まずはあなたが好きだったり上手いと思う作家さんなど、実際に仕事で絵を描くことに携わってる人の意見から優先して取り入れていきましょう。

 

今はネットで何でも見れる分、どうしても裏付けのない人による情報も混ざってきてしまいます。実績に結びついてない人の話は根拠に欠け正しくない場合があるのでくれぐれも気をつけながら情報を選ぶようにしてください。

 

絵が上手くなりたいあなたが取るべき方法とはこれだ!

イラスト 上手くなる 方法

 

模写を重ねて、上手い人の絵の描き方を吸収し、自分の絵として昇華させていく

 

・・・これが出来るかどうかにあなたの絵の上達の大部分がかかっています。

 

模写のおすすめ練習方法

 

  1. 好きな複数の作家の絵を模写する
  2. 最初はひたすらに数をこなす
  3. つねに考えながら描く

 

一人の作家の絵だけを模写するとどうしても偏ります、なるべくタッチの違う複数の作家の絵を模写していきましょう。

 

今日はAさん、明日はBさん、明後日はCさん・・・と繰り返していきます。アニメ絵でも漫画でもイラストでも題材はなんでも構いません。

 

様々な人から絵の要素を吸収することで、複合されたものがあなたの中に蓄積されていきます。

 

ハシケン
複合することであなた独自のテイストにやがて仕上がっていきます、意識しながら複数の絵柄を模写していきましょう!

 

 

しばらくは数をこなすことを優先するといいでしょう、ひたすら吸収していく段階と割り切って下さい。

 

大事なのは最初にも書いた『考えながら描く』ことです。以降も何度も書きます、それほど重要です。

 

コンテアニ夫
どうして関節をこんな風に描いてるんだろう?
コンテアニ夫
どうしてこんな少ない線で髪型がかっこよく決まるんだろう?
コンテアニ夫
どうして瞳の中の光をこう描いてるんだろう?

 

パーツは作家さんごとの個性で処理してる部分も当然ありますが、しっかりした意味や理屈があってそう描かれている部分も案外多いんです。

 

立体をいかに絵という2次元の情報に落とし込んでいるのか、きちんと見当をつけつつ描くことであなたの中に絵の理屈や体の構造の知識が備わっていきます。

 

『どうしてこう描いてるんだろう?』と思って描くことこそ、絵が上手くなるための最大の秘訣です。

 

ハシケン
ただやみくもに量だけこなしてもなかなか上手くはならないので、ぜひ意識して下さい!

 

初心者がイラストを上達するための効率的な練習方法

 

  1. 自分より絵の上手い人の意見を聞く
  2. 描いたことのない構図を積極的に描いていく
  3. つねに考えながら描く

 

率直な意見をもらえる友達や、実際に絵を描く仕事をしてる人にあなたの絵を見せて意見をもらいましょう。上手い人に赤入れなどイラスト添削をしてもらうのも有効です。

 

 

絵やイラストの上達過程では、他人の目というフィルターを通すことで『実際どうか?』をまざまざと突き付けてもらう必要があります。

 

なまぬるい環境に居続けてはどうしても成長が遅くなります。思い入れがあるためにあなたの絵はどうしても良く見えてしまって、客観視は難しいはずです。

 

 

やがて少し絵に慣れてくると、あなたの得意な構図ばかり描く時期も訪れると思います。

 

ハシケン
見栄えの良い状態が多少わかるようになってきて、そこばかりに固執しちゃうんですね・・・

 

でもその段階は成長の証でもあります。そこまで達したら次はなるべく描いたことない構図に積極的にトライしていきましょう。

 

様々な向きから人や物を描くことで、モノの見方や線への起こし方についての情報があなたの中にたまっていきます。

 

 

そしてここでもいつも、

 

『考えながら描く』

 

・・・何するにしてもこれです、意識しなくても自然にできるようになるまで続けて下さい。

 

ハシケン
常に考えながら描けてるかどうかで、将来的にあなたがうまくなり続けられるかどうか決まると言ったら・・・どうしますか?

 

模写と自分のオリジナル絵の練習比率はどのくらいが理想なのか?

 

描き始めは模写を優先しておけばいいでしょう。手・目・頭をフルに使って、絵の上手い人の情報をどれだけ取り入れて(盗んで)いけるかが鍵です。

 

慣れてきたら自然とあなた自身のオリジナルイラストを描く時間の割合が増えていくはずです。

 

ハシケン
延々ノルマのように模写だけし続けると作業感が出てつらくなるので、好きな絵を描く時間もちゃんと確保しましょう。

練習しすぎたあまり、絵を描くこと自体が嫌いになっちゃ元も子もないですしね;

 

スポンサードリンク

『考えながら描く』をさらに高めるための4つのコツ

絵 コツ

 

とにかくまずはあなたの絵について『知る』!

 

あなた自身の絵のダメなところ・苦手なところを積極的に知ろうとすることを怠ると、成長がそこで止まります

 

  • 体のバランスが取れない
  • 手が下手
  • デッサン狂ってる
  • 背景描けない
  • 線に力がない
  • 眼が死んでる…

 

あなたの絵を客観視することを積極的に学んでいきましょう、時に厳しく言ってくれる友人知人に聞くのも有効です。

 

道筋を見さだめるために『分析する』!

 

ダメな部分がわかったら対策方法を調べましょう。『絵  体  バランス』や『絵  デッサン  対策』で検索すれば、様々な記事が出てきます。

 

そのときは必ず、記事の書き手が何をしてどんな絵を描いているかも確認したうえで参考にしてください。

 

壁になっている部分を『打破する』!

 

対策がわかれば、普段の絵を描く作業の中で意識して追求していきます苦手だからと避けてはいつまでたっても上達しません。

 

悪い部分がわかり、対策も見えてきたならひたすら練習あるのみです。やみくもにやるんじゃなく、『考えながら描く』を活かして絵の裏にある理屈を考えながらやる事をここでもオススメします。

 

時には自分の絵を『離す』!

 

客観視と似たイメージですが、定期的に自分の描いた絵と距離を置いて見返しましょう。成長を実感し、積極的にモチベーションを上げていきます。

 

少し時間を空けた事で見えてくる課題というのがあります。描いたばかりの絵には思い入れもあって第三者目線が持てないことも多いもんです。

 

絵を描くモチベーションがまためきめき上がる7つの秘策とは!?yや、絵が描けないとイライラするなら描き始めの楽しかった頃を思い出せ!も参考にしてください。

 

 

全てに共通して言えるのは、どんな時でも考えながら描いてるかどうかです。くれぐれも忘れないでください。

 

絵やイラストの上達、練習に役立つコツ

未来はどっちだ?

 

イラストや漫画・アニメ絵を描く上で有益と思える話をまとめていきます。

 

あなたの中の『想像力』と『妄想力』を日々養おう!

 

想像力と妄想力は絵を描く上で必須です、なければイラストや漫画自体も成立しなくなります。

 

描く人特有の情念があったほうが絵で表現するには向いてますし、普段あれこれ考えてるかどうかは作品自体にも厚みとして表れてくる事が多いものです。

 

一回描いておけばなんとなく描き方が理解できてくる

 

考えながら描く作業をこなしていけば、自然と様々な構図や見せ方の絵を描いていくことになります。

 

絵として一度描いたことがあるかそうでないかはあなたの表現の幅の広さに影響し、難しい構図を一度経験しておくと似たようなものが次は楽に描ける状況が増えていきます。

 

ハシケン
視野を広げたり見方を変えたり、経験を積んでいく意味でも様々なものをすべて一回は描いてみるつもりで進めましょう!

 

もしどうしても絵の構図で悩む際には、絵やイラストの構図が思いつかないなら不足要素を探してつぶせ!が参考になるかもしれません。

 

イメージが出てこないと悩んだ時はデッサン人形やイラスト画集を参考にしてみよう!

 

 

描いていて構図など悩んで進まないようなら、定番ですが実際の人形などをもってあれこれ動かしてみるのもいいリフレッシュになります。

 

 

また以下は自分が以前勤めていた会社で同僚だったイラストチームの画集ですが、こういったプロの質の高い絵を参考にイメージを作っていくのも有効です。

 

 

 

ハシケン
・・・でも、影響受けすぎてパクリにならないよう気を付けましょう!;

 

実体験で語る、絵がうまくなると思ってたけど振り返るとおや?・・・だったもの

わからない

 

自分自身が若い頃などに色々試した中でこれは果たして有効・・・なのか?』と、今思うとやや疑問の湧くものを取り上げてみます。

 

ハシケン
・・・もちろん中には効果のあった人もいると思うんで、完全な主観のコーナーとして気楽に読み飛ばして下さいね

 

30秒ドローイング

 

 

かなり有名でしょう、CGで様々なポーズを取る人間を見て30秒でざざっと描いていく練習です。

 

一日の始まりに5分ほどこれをやると、毎朝10体分の簡単なクロッキーとなり知識や経験として蓄積されていく・・・文字で書いてても有効な面はすごくありそうですよね。

 

ただ、単純に描くだけでは結果何も身につかないまま終わる可能性が高い作業と考えてます。

 

技術として習得し実践に役立てるのが難しいと言えばいいんでしょうか・・・。考えながらやれば得られるものもあると思うんですが、時間に追われながらやるんでなかなか難しいんですね。

 

 

ハシケン
朝一であなたの目と腕を覚ますための日課としてはいいと思います。

ただこれを行うだけでめざましい結果が得られるとは期待せず、手を動かす準備運動的にやる方がいいでしょう。

 

デジタルイラストの手順を理解する部分は独学で頑張りすぎない!

 

絵が上手く描ける方法として模写をあげましたが、逆にデジタルに慣れるために一人で頑張るのはあまり近道ではないです。

 

使用ソフトに対応したやさしめのマニュアル本を購入したり、短い期間で完結する初心者向け講座を受けたりして独学のみで遠回りせず学んでいきましょう。

 

 

ハシケン
2018年に出版した著書にもクリスタを使った初心者向けの描き方やコツについて解説しているので、参考にしてみてください♪

 

慣れるより先に必要な知識だけを身につけてしまうべき領域なので、素直に先人の知恵と情報を活用しましょう。

 

 

★・・・その他、デジタルイラストに関するお悩みはこちら↓ですべて解決してください!

 

pixiv

 

ハシケン
・・・さすがに有効でないとまでは全く思ってないですよ?;

 

ただ、超メジャーな場所なだけにやたら褒めたり妙に優しい人もいるので、甘やかされないよう気をつけながら活用すべきでしょう。

 

特に、絵の初心者が早いうちからチヤホヤされすぎると自分自身を過大評価して成長が低いレベルで止まってしまう結果に繋がりかねません。

 

ハシケン
技術的な面で上級者の意見が聞きたい場合は、最初からそういう意識を強く持ったうえで利用しましょう!

 

追記)厳選!初心者の絵の上達に役立つ練習方法やコツ

イラスト 上達 方法

 

上手い人からイラストの描き方をどんどん盗め!

 

絵には経験を積まないと成長しない領域が非常に多いですが、上手い人の真似をすることでだいぶ近道が出来ます。

 

仕事のイラストなどでは盗作やトレースは絶対駄目ですが、趣味や練習においてはドンドン上手い人の構図を盗んで取り入れていきましょう。

 

考えながら描くことに従って『上手い人が何故その構図で描いているのか?』必ず理由を想像しながらやって下さい。

 

上手く盗むための具体的なやり方を知りたいときは、絵が上手い人の7つの特徴を盗んで一気にレベルアップしよう!を参照してください。

 

絵を描くための正しい順番を改めて理解しよう!

 

基本的なことですが、絵には効率の良い描き方の順番があります。ある程度描いてれば自然とつかめるとは思いますが、独学だけでやってるとわからないこともあるかもしれません。

 

ハシケン
今の状況を見つめ直すつもりで、一度確認しておくと足りてないところが見つかるかもしれませんよ?

 

確認する際は、絵を描く順番を正しく知れば今より3倍上手くなる!をチェックしてみてください。

 

慣れてきたら絵を描く早さも意識していこう!

 

同じ技術レベルの人が絵の仕事に就いていた場合、評価を分けるのは案外作業のスピードであることも多いものです。

 

もちろん純粋な趣味絵でも早く描けることは大きな武器になります、ぜひ意識していってください。

 

スピードを上げたいときには絵を早く描く12のコツを知らないあなたは確実に3割損している!がきっとあなたの役に立つはずです。

 

絵が上手くなるアプリやサイトの紹介

ラフ 線画 着色

 

最後に、デジタルで絵を描く際に役立ちそうなアプリやサイトを紹介しておくので気になった時にはぜひ試してください。

 

 

絵やイラストが上手くなる方法のまとめとして、

輝き

 

自分の若いころと比べるとノウハウの情報がネットですぐ手に入って良い時代と思う反面、信憑性の低い話も検索には多々見受けられるので・・・絵の仕事で長年生きてきた人間の一人として今回まとめてみました。

 

自分自身、特段絵のうまい人間じゃなく『絵を描く』事に関する仕事を単純に数十年やってきただけですが・・・やっぱり絵が上手くなるコツは考えながら描くことと根気、あとは上手い人の影響を進んで受ける柔軟性だと感じてます。

 

 

絵の上手くなる方法に近道はありません。

 

信じるに足る情報にしたがってがむしゃらにやり続けるだけです。でも遠回りをしないよううまく進んでいくことは可能なので、色々試しながらあなたに合うやり方を探してみてくださいね♪

 

 

一生モノの「表現力」を手にしよう!

 

デジタル絵の初心者向けワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

絵を自由に描いて、好きに使ってみませんか?

 

次回9/12(水)開催、残り3席!

スポンサードリンク

16 件のコメント

  • 【はてなブックマーク】現役アートディレクターが明かす絵が上手くなる方法とはコレだ! | コンテアニメ工房 – 気になるニュースをお届け♪ より:

    […] […]

  • […] 現役アートディレクターおすすめの絵が上手くなる方法とはコレだ!絵が上手くなるための方法・・・悩ましい問題ですよね、世間にはそれ系の情報があふれてるので特に初心者はわからないんじゃないでしょうか。様々な作家さんの絵に赤入れや監修などしてきた立場から、即効性の有りそうな練習法をまとめてみました。是非参考にしてみてください。conte-anime.jp […]

  • 一昨年絵を描き始めましたが、仕事等のバタバタで描くのを辞め最近になって素敵な絵を描く人に惹かれまた絵を描き始めました。本当に初心者で絵の初心者向けの講座の本を一冊終わった辺りです。(顔と全身のみです)これから動きのある絵に挑戦して行くのですが、アイビスペイントや色の塗り方等と興味があり絵を描く、塗るの、二重で描き方や塗り方のコツをひたすらパソコンから印刷しています…。
    今年の目標は動きのある絵を描けるようになり、色塗りも自分の塗り方を見つけられるようになりたいです。
    だけど今やってる事が、講座の本で描いて、違う人の絵の模写をして、ワンランク上の書き方とかを調べて、切り替えて色塗りにはいり、別の絵を塗って、塗り方が上手くいかないから調べて別のやり方で塗ってみる等の1日で色んなことをやっているんですが、これって効率よくなっているのかなと・・・。
    このブログのまとめの考えながら描くということを頭に入れるだけでも色々な発見があるんだろうなあと思ってます。このブログを読んでもっと色んな人の絵を描いてみて色んな発見をしていこうと思えました。
    私は昔から不器用で、何をするにも人よりも何十倍もやらないとうまくいきません…。周りから絶句と言われることもあります・・。この一日に色んなことをやると言うやり方でいいのでしょうか…。平日に絵の雑誌の勉強、好きな絵師さんの模写、土日に色ぬりの練習 の方がいいのかなとも思ってます・・。気持ち的に1日でも早く上手くなれるようになりたい!という気持ちが焦って、頭の中で効率よく考えながら絵を上手く描くようにするためにはどうすればいいかと悩んでます・・。

  • えりこさん、コメントありがとうございました。おそらくですが、同時に理解していくよりも1つずつ理解していくほうがえりこさんの場合は適してるのではないかと思います。平日土日という分け方でももちろんいいのですが、まずは今のご自身に最も必要な部分に絞って進めていくほうが結果に結びつきやすいのではと感じました。
    そして絵を描く時には、ブログ記事でも書きましたが『どのような理屈からこの絵が成り立っているのか?』を想像しながら模写などしてみてください。そうすることで、書き手の意図に気付ける部分もきっと出てくると思います。何よりも大事なのは、まず楽しく描くことです、辛くなってしまっては上達する前に続けること自体が難しくなってしまいます。
    焦りは禁物です、じっくり行きましょう!

  • ハシケンさん、コメントありがとうございました!以前に投稿させていただきました、えりこです。お返事とても嬉しかったです!(;_;)とても心の支えになるお返事ありがとうございました。まさに焦りは禁物ですね・・・。
    私仕事でもなんでも一つ一つの意味ををきっちり覚えていかないと次に進めないタイプとよく言われて頭が硬いと言われてしまいます・・・。
    はしけんさんの、【まずは今のご自身に最も必要な部分に絞って進めていくほうが結果に結びつきやすいのではと感じました。】と言うことが自分にかなり当てはまってましたが具体的にどうすればいいかなあと考えて、絵の動きのあるポーズのドリルをやってます。そして考えながら描いてます…。分からなくなったら考えて調べたりして悩んで描くようにと行ったり戻ったりです・・。これで上手くなるのかなと涙が出そうになったり、私って才能とかないんやなとか考えることもありますが、考えて毎日描いたら昨日よりかは少しは上手くなってるかなとか思うようにしました‥。まだ絵に関して悩む事はありますが、はしけんさんに思いっきり話して見て良かったです!楽しむことを忘れずに描いてみようと思います。考えながら書くと言うことが、どうしても性格上深く深く考えてしまいこのままでは頭がパンクしそうで柔らかく考えるようにしたいです・・。

  • えりこさん、コメントありがとうございます!
    考えながらということですが、自分の書き方があってるかどうかを考えながらというよりも模写する作家さんの絵がどうしてそういう書き方をしてるのかなど考えるようにするといいかもしれません。記事内にもあったかもしれませんが、瞳のこの線はなんだろうとか、この向きで手を描く時にここにこの線が来るのはなんだろうと思い実際に自分の手で試してみるとか・・・。
    もちろん考えすぎて難しくなる部分もあると思うので、えりこさんが楽しめなくなるほど考える必要はないと思います^^; 記事で一番いいたいのは、ちゃんとした画力のプロの絵には線一つにも理屈があるからどうせ模写をするなら想像力を働かせて盗んでみよう・・・という感じですので、くれぐれも難しく考えすぎないでくださいね。
    考えて描くこと以上に楽しんで描くことのほうが特に最初は絶対大事ですから、あまりドリルをやるような感覚で自分を追い詰めず肩の力を抜いて取り組んでもらえたらと思います。絵に関する悩みなんかも今後ブログ記事で書いていきますね、貴重なヒントをいただきありがとうございました!

  • 初めまして、最近絵を描き始めたものです。
    正面からの絵などはヘタクソなりにある程度描けるようになったのですが、そうなるとやはり気になるのが体です。
    模写したり、絵の描き方を見ても頭に思い描いたものが描けずにモヤモヤしてしまいます。
    正面や真横ではなく、少し斜め・・・少しあおり・・・なんてことになるともうバランスがおかしいことに。

    もやもやが溢れてしまったので、気分転換にいろいろ調べてたらここにたどり着きました。
    バランスや構造など 理解してそれを実現するには一筋縄ではいかないのですが
    情報が溢れていて答えがいまひとつ見つかりません。
    模写で似たポーズが上手く行ってもそれを自分の線で描けないんです。どうすればいいんでしょうか・・・。

  • ななしましさん、書き込みありがとうございます!
    自分もかつて漫画家になろうと絵を描き始めたときには一年くらい練習をした上でようやく漫画に進んだものでした^^;

    絵を描くってのは、元々三次元のものを二次元に落としこむわけですから慣れるまではどうしても時間がかかるんですよね。
    どう落とし込むかを掴むために練習するわけですが、必然的にまず自分の中に情報を蓄積する必要が出てきます。
    みんな通る道だと思って、ぜひ気楽に構えてみて下さい。

    まずは大まかな形を取るところから始めてみて下さい。
    細部に目が行き過ぎるとどうしてもバランスが取れなくなることが多いので、大きくシルエットで認識した上で
    詰めの作業として細かく描き込んでいく・・・ような進め方が楽だと思いますよ。

    あとは、迷い線を恐れずに何度も描きなぐりましょう!
    プロでもうまくいかない時は、シャッシャッとラフのあたりを何十回も描きながら正しい線を掘り当てていくものです。

    そうする中で次第に自分の線も拾えるようになってくるので、今が一番しんどいときだと思ってどうか乗り越えてくださいね♪

  • お返事遅くなりましたが、ちゃんと目を通していたので実践していました!

    ですが、やはり捉え方がまだ悪いんでしょうか
    描いたときにやはりバランスが悪いのです!

    今はアニメの画像を模写をして大まかな形の練習をしています。
    ですが、頭と肩幅が上手く把握できず上手く模写できなかったりします。
    もちろんそれだけではないのですが、元の絵のバランスなどを把握する上でどういうものを意識すればもっと上手く出来るでしょうか?
    場数をこなせと言われればそれまでですが、注意すべき点がイマイチ自分の中でハッキリしません。

  • ななしましさん、返信どうもです!

    アニメの絵自体が基本的には極端なバランスではあるんで、
    困ったときは実際の自分を鏡で見て確認しつつ調整するのも有効だと思います。
    現実の人間ありきでデフォルメされた結果が、二次元の絵だということを認識しておくと
    考えやすいんじゃないでしょうか?
    自分も、手とか描いててわかりにくい時はすぐに自分の手で確認します(笑

    あとは物と物の『接続の理屈』を意識してみてください。
    例えば頭と肩であれば、その間に何があるからそういう形状で結合してるのか・・・など
    リアルを把握することで描きやすくなることも多いですよー。

  • こんにちは、趣味で絵を描いている者ですm(_ _)m
    まずとても参考になりました!!最初の段階はこうでだんだんこのようにステップアップして行って、、、みたいに細かく段階が分かれているのでとても参考になりました。
    自分も最初の方は完全に趣味の範疇で絵を書いていたのですが、自分の絵に納得がいかなくなってきてこのようなサイトを探し回るようになりました。
    自分で言うのもなんですが小さい頃から描いてきたのでそれなりの絵は描けるようにはなってきているのですが、色々なアニメなどにすぐ影響されてしまいます。(例えば、ワン〇ースを見てた頃はそれに似た絵柄に、ナル〇をみていた頃は絵柄が似たようになったり、、、)
    恐らく、自分の絵を持っていないのが原因だと思います。実際友人などに見てもらった時に、「いつも他人の絵ばっか描いてるから、お前の絵を見たことがない。」と言われた事があります、、、さらに身体の描き方や細かい表情などまだ学ばなければいけない箇所もあります。ここでお聞きしたいのですが、自分の絵を見つけるか細かい所を直す、上達させる。この二つをやりたいのですが、順序的にどちらを優先した方がいいと思いますか?また、この2つを習得するには具体的にどのような事をすればいいですか?

  • けいさん、ありがとうございます!

    お尋ねの件ですが、『細かいところを直す、上達させる』ことをメインで進めていけばやがては『自分の絵を見つける』ことにも繋がると考えます。
    確かに模写などで絵柄が似てしまうことはありますが、あとから考えると大したことではなかったとわかるもんなんですよ(笑
    何かに似ててもいいから、細かい苦手な部分を潰していったりして総合的な画力を挙げていくことに集中したほうが得るものはきっと多いと思います。

    また上達するには記事でも書いてた『考えながら描く』ことになりますが、けいさん自身がまだ満足にやれてない部分を洗い出してみてください。
    そのうえで、それらの上達の道を調べてみて一つずつ潰していくのはどうでしょうか?
    いっぺんにあれもこれもとやるとどうしても共倒れになったりするので、まずは課題を目に見える形にして潰せる部分から潰していく・・・というのがいいかと思います。

    あとはぜひ、悩みすぎず楽しみながら描くことをいつまでも意識しながら進めてみてくださいね♪

  • 丁寧なアドバイスありがとうございますm(_ _)m
    ハシケンさんが楽しみながらと言ってくれましたが、確かに今の自分は絵を描いていて楽しいという気持ちが無かったと思います…自分の絵に満足がいかずとにかく焦りと上手くいかない自分に対する怒りがほとんどでした(笑)
    とりあえず言われた通り細かい点を一づつ着実に直して行こうと思います。
    とても助かりました!!本当にありがとうございます!!
    また困った時アドバイスをもらいに来ると思うので、その時はどうぞよろしくお願い致します(笑)

  • けいさん、どうもです!

    自分も絵が仕事になってからは楽しくやれない時もありましたが、結局それだとなにもかもがうまくいかなくなるんですよね^^;
    半ば無理矢理にでも楽しく描くために自分で目標作ってみたり、ライバル作ってみたりしてポジティブに進めていくのが絵の上達にはやっぱり欠かせないんだろうなと思ってます。

    こちらこそ、今後ともよろしくお願いしますー♪

  • コメント失礼します
    私は将来CGクリエイターになりたいのですが高校生から絵の勉強をしても間に合うか心配です
    今は好きなアニメのイラストの模写を一枚一時間くらいかけて描いています
    一応色々な向き(体や顔)を模写しています
    そこで質問なのですが、オススメの初心者用の本(人間の体の構造などが詳しく描いてあるもの)
    などはありますでしょうか?自分でも調べているのですが色々あってよくわかりません・・・

  • Reiさん、コメントありがとうございます!
    CGクリエイターとのことですが、高校生からならまったく充分間に合いますよ。自分は絵を描き始めたのが19のときでしたから、どうか自信持って進めてください!(笑
    練習されている内容も問題ないと思います、本もいいんですが模写しながら腕と肩とのつながりであったり構造を意識しながら模写してみるといいかもしれません。
    頭に理屈が備わると絵にも自信が出てくるので、迷わず進めるようになりますよ。頑張ってくださいね!

  • ABOUT US

    ハシケン
    create archives代表兼アートディレクター。長年アニメ絵やイラストを描く仕事に従事したのち2015年独立、個人事業主となる。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。代表作:「2027Ⅰ・Ⅱ」キャラクターデザイン・アニメーション制作、「海賊道」「戦国修羅SOUL」アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 初の著書:『ブログ×絵×ブランディング 自分の絵で人気ブログを作る100のメソッド』全国書店やAmazonで現在発売中。