イラストレーターになるには?現場のプロ目線で徹底解説!

プロのイラストレーターになるには?

スポンサードリンク

【コンテアニメ工房】特選サービス

【特製E-book】⇒デジタル絵初心者用スタートマニュアル!今だけ無料プレゼント中!

【デジ絵ワークショップ】⇒たった4時間でアニメ塗りがわかる!次回11/3開催、募集開始!

【コンテアニメクラブ】⇒自宅で好きなときに学べる、超初心者向けデジ絵オンラインスクール

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

自分はこれまで遊技機のアニメ原画やキャラクターデザイン、スマホゲームのアートディレクションの仕事をしてきました。

 

アートディレクターとして、また外部にとってのクライアント側として数多くのイラストレーターさんたちと関わってきた経験から今回は、イラストレーターになるにはどうすればいいか?を現場目線で詳しく解説します。

 

 

イラストレーターは才能も必要ですが、絵は仕事で描いていればある程度はうまくなれます。

 

大事なのはまずなり方をちゃんと知ってるかどうかです。さらに、なったあと長い期間継続できるかどうかです。

 

ハシケン
イラストレーターを目指すなら、なったあとのことまでしっかり考えながら進めましょう!

 

目次


スポンサードリンク

イラストレーターの種類と仕事内容

イラスト デジタル 講座

 

イラストレーターの仕事内容は様々です。

 

おそらく今一番なり手が多くて良くも悪くも最もハードルが低いのは、スマホアプリのカードイラストを描く仕事でしょう。

 

その他、HP用の素材や漫画、絵本やデザイン・ファッションなど多くの分野にイラストレーターの仕事はあります。

 

押さえておかないといけないのは、それぞれの場で求められる絵を描くということです。

 

一般的なレベルのイラストレーターが自分の描きたいものを描ける機会はそう多くはありません、仕事を依頼するクライアントありきということをおさえておきましょう。

 

ハシケン
会社勤めのイラストレーターの場合は、とりあえず会社がクライアントだと考えてくださいね。

 

プロのイラストレーターに求められるマインド

夢 実現

 

あなた自身が、イラストレーター向きかどうかもあらかじめ知っておきましょう。

 

絵を描くことが好きだ

 

ハシケン
・・・ま、基本ですよね

 

でも、好きだからこそ生じるつらい状況というのもあります。仕事にすると自分の描きたいものだけ描いてられないので、割り切りが必要な状況も出てきます。

 

人並みのコミュニケーションが取れる

 

絵を描くからって、コミュニケーション能力が低くていいなんてことは絶対にありえません。ただの甘えです。

 

特にフリーでいつかやっていきたいなら、人と関われないとどうにもなりません。下記の記事も参考にしてください。

 

 

我慢強い

 

プロのイラストレーターは描きたい絵を描く仕事じゃなく、必要とされる絵を描く仕事です。

 

厳しいフィードバックもしょっちゅう発生します。いちいちカッとならずに、冷静に対応できる忍耐力は欠かせません。

 

ハシケン
もちろん、あまりに無茶で頻繁な修正依頼には怒ってもいいですが相手は選びましょう(笑

 

個性と柔軟性を併せ持つ

 

イラストレーターには個性ある絵を描けることも必要ですが、生き抜いていくのはその時流行ってる絵柄に合わせられるかどうかがものすごく重要です。

 

個性のみで売っていけるのは、名の売れた一部のイラストレーターだけです。一般的なイラストレーターは、幅広い技術と柔軟ある対応力が必須です。

 

スポンサードリンク

イラストレーターになるには美大?専門学校?独学?

仕事のオンオフ

 

特に中学生・高校生の場合は将来に悩むこともあるでしょう。イラストレーターのなり方は様々ですが、基本的なルートを見ておきましょう。

 

美術系の大学や専門学校経由でイラストレーターになる

 

王道です。就職活動時に多くの仕事先を紹介してもらえるので、絶対にイラストレーターになりたいなら一番スムーズかもしれません。

 

まずは【アミューズメントメディア総合学院】など、卒業後の就職実績の高い学校に無料でできる資料請求をすることから始めてみるといいでしょう。

 

ハシケン
学校に行く際の注意点は1つ、中に入って一部の人に流されてやりたいことを見失わないように気をつけましょう!

 

独学でpixivなども活用しながらイラストレーターを目指す

 

自力でなる方法もあります。意外に多いのが、pixivや自分のサイトに絵を投稿してるものをポートフォリオ代わりに見てもらえて声がかかるケースです。

 

人の目を引く最低限の技量がいるので、学校よりはハードルが上がるでしょう。待ちつつも攻める、という姿勢が大事です。

 

ハシケン
まず人目につかないとどうにもならないので、サイトを持っているなら自分から売り込んでいく姿勢も欠かせません!

 

転職して絵を描く仕事に就く

 

もし今すでにあなたが働いていて次の転職先として絵を描く仕事に未経験から就きたい場合はWORKPORT(ワークポート)
などの無料で転職支援サービスをしてるところに登録しておくことをオススメします。

 

転職コンシェルジュと呼ばれるコンサルタントが面談してくれて、未経験でも色々と相談にのってくれるので一人で闇雲に探すよりはるかに効率的ですよ。

 

ハシケン
・・・実は自分も数年前最後の転職活動をしたときにWORKPORT(ワークポート)にお世話になってるんです。

他では見ない案件を紹介してもらえ、キャリアアップにも繋がりました。

 

大事なのは、最初の面談のときにあなたの希望をしっかり伝えることで希望と微妙に違う案件をしっかり回避することです。上手く活用すれば、会社勤めしたままでも楽に転職活動が進められるはずです。

 

 

イラストレーターが仕事で使うデジタルのソフト・機材など

デジタル お絵描き 機材

 

ジャンルによっても様々ですが、基本的なものをピックアップしておきます。

 

カードイラスト、漫画などでよく使うソフト

 

SAI

 

若干古いペイントソフトですが、現役イラストレーターの中ではいまだに根強い人気です。

 

ハシケン
SAI2も存在してますが、あまり広まっていません・・・SAI派としては残念な限りです(泣

 

公式サイトで体験版から試せます。

 

CLIP STUDIO

 

今後さらに主流となっていくと思われるので、今から新たに始めるならこれにしましょう。多機能な割に高性能でコスパがいいです。

 

初心者はお手頃価格のPROから入りましょう。

 

将来的に漫画やアニメもやりたいなら、最初から高機能なEXにしておいたほうが無駄がありません。

 

デザイン的なイラストでよく使うソフト

 

Illustrator

 

デザイン系には欠かせません。操作にはある程度の慣れが必要ですが、使えると仕事のバリエーションも大きく広がります。

 

 

Photoshop

 

カードイラストなどでも使うケースは多く、絵を描く仕事全般で使用頻度が極めて高いソフトで共通言語としての価値も高いです。

 

ほとんどの会社で一般的に使われるので、イラストレーターを目指すならデータのやり取り的にも必須です。

 

ペンタブレット

 

下に行くにつれて値段が上がりプロ仕様になります、初心者のうちはひとまず一番上の¥7,000前後のものを選べばいいでしょう。

 

ハシケン
液タブは持ち込みであれば使える会社も多いですが、会社側で支給してくれるのはある程度大きな会社に限られます(笑

 

また、パソコンなどについても詳しく知りたい場合はこちらを参考にしてください。

 

 

予算を抑えつつ高スペックのPCがほしい時は、BTOパソコンの購入もおすすめです。

 

 

 

・・・もしまだデジタルがわからず機材選びやはじめ方に悩む時は、当サイトオリジナルの特製E-bookを最初のマニュアルとして活用してください。

 

イラストレーターのメリットデメリットも知っておこう

違う

 

イラストレーターの金額はピンキリ!

 

売れてるフリーの人なら単価もある程度の額になりますが、駆け出しだと大量の枚数をこなすことでようやく生活できるレベルということも多いです。

 

会社勤めのイラストレーターの場合、ごく普通の会社員くらいは稼げますが大手以外はボーナスはないところがほとんどでしょう。

 

絵を描く仕事の収入については下記も参考になります。

 

 

自分で描いたイラストに名前が毎回必ず出るわけじゃない

 

社員でやっていると多くの場合名前は表に出ません。

 

案件によって積極的にだす場合もありますが、自分自身に知名度がない場合は出ないと思っといたほうが無難です。

 

ハシケン

秘密保持などの関係で、仕事で描いたイラストをポートフォリオとして自分のサイトに出すことができない場合もあります。

実績を掲載したいときは事前に必ず確認しましょう!

 

将来いつまでイラストを描いていくか気にしておこう!

 

絵のセンスというのはいつか必ず若い人に追い抜かれます。

 

そうなったらどうしていくか、日々の仕事をしながらも常に考えていく必要があります。

 

ハシケン
ある程度の年齢まで行ったときに一つ二つと仕事が来なくなり・・・そこから別の道を探し出しても間に合わない場合があります。

 

絵を描ける技術は紛れもない特殊技能ですが、技能を持った人数自体が多いので残念ながら取り換えはいくらでもきいてしまいます。

 

ただ絵が描けるというだけでは、いつか限界が来た時に乗り切れません。

 

ハシケン
幅広い技術を身につけたり、『絵+○○』などの自分なりの付加価値をつけていきましょう!

 

イラストレーターとして生き抜くために必要な5つのこと

絵を描く

 

どんな道でもそうですが、なる前よりもなった後のほうが大変です。

 

生き残っていけないことには何のためにイラストレーターになったかわかりません。どうすれば仕事を得られるか、という視点は常に持ちましょう。

 

イラストレーターとして生き残るために絶対必要な要素をあげるので、頭に叩き込んでください。

 

イラストレーターは人脈(コネ)がすべて?

 

会社の中にいるうちはいいですが、いざ独立などした場合仕事がもらえるかどうかはそれまでの人とのつながりで決まります。

 

ほとんどのフリーが、付き合いのある人から仕事をもらうことから始まります。逆に言えば、今の仕事をしながらいかにコネを作っていけるかどうかでその先の仕事の展開は決まっていくわけです。

 

ハシケン
よっぽど名前が売れている以外は、ほっといて仕事が来ることはないと肝に銘じて積極的に動きましょう!

 

イラストレーターには自分を売り込む『営業力』も欠かせない!

 

自分でアピールしていかないと新規の仕事はなかなかつかめません。

 

そのためサイトをもったり、ブログを書いたり、人と繋がったり・・・絵を描く作業自体は孤独なのに仕事を得るには人と関わらないとだめなのがイラストレーターの難しいところです。

 

油断してるとぱったり仕事がなくなることも普通にありえます、つながりを持てた人には積極的に連絡を取りましょう。新たなつながりがもてそうな場にもどんどん足を運びましょう。

 

イラストレーターはクライアントありき!

 

何度も書きましたが、好きな絵を描くんじゃなく依頼された絵を描くのが基本的なイラストレーターの仕事です。

 

どれだけいい絵を描いても、クライアントの希望に沿わない絵はOKになりません。何度だってリテイクが出ます。心が折れることもあるでしょう。

 

クライアントから仕事が回されないことにはイラストレーターは生きていけません、そういうつもりで普段から接しましょう。

 

ハシケン
だからこそなるべくいい人間関係を作っていきましょう、そうすれば将来的な人脈にもしっかり繋がります!

 

イラストレーターは流行を追う必要がある?

 

個性も大事ですが、時流にしっかり乗ってるかどうかはそれ以上に重要です。流行の絵柄でなくなるととたんに使われなくなることもあります。

 

スマホゲームなどでも、一時期は戦国などの美麗厚塗りがはやったかと思えば気づけば乙女系のアイドル絵が主流になったりしています。

 

ハシケン
おそらくもう次のものに変わっていくタイミングでしょう・・・イラストレーターは大変ですね(笑

 

数年で流行は動いていくので、情報収集をして追いかけていけるか・・・好き嫌い問わず対応できるかでイラストレーターとして生き残れるかどうか決まります。

 

イラストレーターの武器はスピード?

 

画力は何より大事ですが、仕事で重宝されるのは納期をしっかり守れるイラストレーターです。

 

困ったときに頼んでしっかり納期前に一定の質で挙げてくれるイラストレーターは、クライアント目線からするとこんなに頼もしい存在はないわけです。

 

ハシケン
ついつい、仕事をふってしまいますよね(笑

 

逆にいくら技術が高くても遅い、納期を守らない人は・・・自然と声を掛けなくなっていきます。

 

絵を描くスピードは、プロで絵を描く仕事をするならある意味最も重要な要素です。

 

ハシケン
絵の質にはこだわりつつ、一方でしっかり割り切れる目線も養いましょう!

 

さいごに、

絵 コツ

 

イラストレーターは華やかそうな仕事・・・というのはかつての話で、デジタルが主流になりスマホゲームがこれだけある現代ではだいぶなりやすい業種になっています。

 

でも入り口が広くなった分、生き抜くには大勢のライバルと延々戦い続ける必要があります。

 

さらに、40~50と年を重ねたときにも続けていける仕事かということは考えたうえで働いていかないといけません。

 

将来困らないよう、いつまでも楽しく絵を描いていけるように先を見越した戦略的な目線をもって進めましょう!

 

 

↓ 次のページはこれ! ↓

 

 
プロのイラストレーターになるには?

『デジタルで絵が描けるようになりたくないか?』

 

鉛筆の落描きができるなら

きっとあなたもペンタブで

絵が描けるようになります。

 

『絵』でGoogle検索1位表示される

コンテアニメ工房の無料E-book

デジタルお絵描きを始めましょう!

 

 

・・・今だけの限定特典もついてたり?

コンテアニメ工房 Ebook

『自宅で好きな時にデジ絵が学べる!』

 

いつでもどこでもデジ絵学べる

デジタル初心者向けオンライングループ


独りで悩まずプロに聞こう!

『たった4時間でデジ絵の基本的な描き方がわかる!』

 

デジタル初心者向けワークショップ

 

わずか1日で『アニメ塗り』の手順が理解できます


次回11/3開催決定!

『あなただけのキャラを持とう!』

似顔絵 写真から イラスト化

ビジネス・ブログで目立つには

愛嬌あるキャラクターが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵なら
顔出し以上に好かれたり?

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年7月時点で月間28万PV)。