イラストレーターになるにはまず会社で技術と人脈を手に入れろ!

プロのイラストレーターになるには?

スポンサードリンク

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

当サイトは絵のブログということもあって、『イラストレーターになりたい!』という若い人からご相談をいただくことも結構あります。

 

ハシケン
いつの時代も憧れを持つ人の多い職業ですもんね~

 

プロのイラストレーターになるには技術や才能も当然必要ですが、効率的なイラストレーターのなり方を知ってるかどうかも実はすごく大事なんです。

 

 

ハシケン
自分は昔の会社でスマホゲームのイラストアートディレクションの仕事をしていましたが、多くのイラストレーターさんたちと関わる中でよく感じてたことがありました!

それは・・・・・・↓↓

 

それは、本気でイラストレーターになりたいならまず絵を描く仕事の会社に入ってしまうのが一番手っ取り早いしあとあと楽だってことです。

 

 

ハシケン
別にいきなりフリーを選ばなくてもイラストレーターにはなれます、安全でリスクの少ない道もあるとここで知っておいてください!

 

イラストレーターの種類と仕事内容

イラスト デジタル 講座

 

スマホゲームのカードイラスト、Webサイト用の素材や漫画、絵本やデザイン・ファッションなど様々な分野にイラストの仕事はあります。

 

大事なのはそれぞれの場において求められている絵を描くのがイラストレーターだということです。

 

ごく一般的なイラストレーターが描きたいものだけ描ける機会は意外と多くありません、仕事を依頼するクライアントありきということをぜひ知っておいてください。

 

ハシケン
会社勤めのイラストレーターの場合は、会社がクライアントだと考えてくださいね。

 

イラストレーターになるなら若いうちから進めていきたい6つのポイント

 

ハシケン
もし中学生や高校生でこの記事を読んでいるなら、次に上げる6つのことを念頭に絵の練習を進めていってください。

 

☑ デッサン力の下地を付ける

☑ 自分の絵の幅を広げる

☑ 仲間を増やす

☑ 幅広く情報収集していく

☑ デジタルを使えるようになる

☑ 総合的な技術を高めていく

 

ハシケン
ここをおさえつつ日々の絵の練習を進めていけば、無駄な遠回り無しで目標にむかって突き進んでいけます!

 

プロのイラストレーターに欠かせない9の要素

夢 実現

 

 

ハシケン
あなた自身がイラストレーター向きかどうか、あらためてここで一度確認しておきましょう!

 

☑ 絵を描くことが好きだ

 

絵の仕事に就くと、逆に好きだからこそ生じるつらい状況もありえます。

 

仕事にしてしまうとあなたの描きたい絵だけ描いてられるわけじゃないので、割り切りが必要な状況も出てくるでしょう。

 

ハシケン
・・・絵を好きでなくなりそうな瞬間もあるでしょう、その時にただ落ち込まずに前を向いて進める心が必要です!

 

☑ 協調性がある

 

絵を描く仕事だからって、コミュニケーション能力が低くていいなんてことは絶対にありえません。

 

ハシケン
特に将来的にフリーとしてやっていきたいと考えるなら、まずはしっかり人と関われないと絶対どうにもなりません。

必要最低限のコミュニケーション能力は磨いていくように心がけましょう!

 

 

☑ 我慢強い

 

プロのイラストレーターは描きたい絵を描く仕事じゃなく、必要とされる絵を描く仕事です。

 

作業の中では厳しい修正もしょっちゅう発生します、同じとこをしつこく繰り返して直されるかもしれません。

 

ハシケン
そんなときでも、いちいちカッとならず冷静に対応できる忍耐力が欠かせません・・・;

 

☑ 個性と柔軟性を併せ持てる器用さ

 

イラストレーターは個性ある絵が描けることも必要ですが、長く生き抜いていくためにはには今『はやっている絵柄』に合わせられるかどうかも非常に重要です。

 

ハシケン
個性のみで売っていけるのは名の売れた一部のイラストレーターだけです、一般的なイラストレーターは幅広い技術と柔軟ある対応力を磨きましょう!

 

☑ 人脈

 

フリーランスとしてやっていく場合、特に最初の段階で仕事がもらえるかどうかはそれまでの人とのつながりで決まるといってもいいでしょう。

 

ほとんどのフリーが過去の付き合いのある相手から仕事をもらうことから始まります、逆に言えばいかに事前にコネを作っていけるかで独立後のあなたの仕事の展開は決まっていきます。

 

 

ハシケン
完全ゼロからいきなりフリーで始めるというのは、非常にリスクが高いと知っておきましょう・・・!;

 

☑ 営業力

 

特にフリーの場合は、あなた自身で積極的にアピールしていかないと新規の仕事はなかなかつかめません。

 

サイトをもったり、ブログを書いたり、人と繋がったり・・・絵を描く作業自体は孤独だけど仕事を得るためにはちゃんと人と関わらないとだめなのがイラストレーターという職種の難しいところです。

 

ハシケン
一度つながりを持てた人とは積極的に連絡を取り、新たなつながりがもてそうな場にもなるべく足を運びましょう!

 

☑ クライアントを大事に

 

何度も書きましたが、好きな絵を描くんじゃなく依頼された絵を描くのが一般的なイラストレーターの仕事です。

 

どれだけいい絵を描いてもクライアントの希望に沿わない絵はOKになりません、何度だってリテイクが出るし心が折れることもあるでしょう・・・。

 

ハシケン
だからこそなるべくいい人間関係を作っていきましょう、そうすれば将来的な人脈や仕事にも繋がります!

 

☑ 速さは画力と同等以上の武器になる

 

画力は何より大事ですが、仕事で重宝されるのは納期をしっかり守れるイラストレーターです。

 

仕事を発注側からすると、困ったときに頼んでしっかり納期前に仕上げてくれるイラストレーターほど頼もしい存在はありません。

 

ハシケン
・・・逆にいくら技術が高くても遅かったり納期を守らない人は、次第に声がかからなくなっていくので気をつけましょうね;

 

 

☑ デジタルを極めろ!

 

今の時代の絵の仕事は、デジタル抜きにはほとんど成立しません。

 

基本的な画力の底上げと一緒にデジタルを使いこなすための練習もしっかり進めていきましょう。

 

ハシケン
絵を描くためのソフトは、多くのプロも使っている『CLIP STUDIO』を選んでおけば問題ありません。

 

 

イラストだけがやりたかったりデジタル絵の完全初心者はお手頃価格のCLIP STUDIO PAINT PRO』がいいでしょう。

 


 

将来的に漫画やアニメもやりたいなら高機能版の『CLIP STUDIO PAINT EXがおすすめです、値段は上がりますがその分のパフォーマンス向上も確かです。


 

イラストレーターになるための定番ルート

イラストレーターになりたい! なるには?

 

実際は様々なルートがありますが、あえてくくると上の画像のような流れが最も多いといえます。もちろん会社はゲーム以外にも遊技機やイラスト制作など、数多くの種類が存在しています。

 

専門や大学をすっ飛ばしていきなりフリーを始める人も中にはいますが、よほどの技術があるわけじゃないのであればまずは基本ルートで行ったほうが無難です。

 

 

ハシケン
当サイトではまずは学校を卒業して会社に属すことを推奨しています、しっかり力をつけて将来に備えていけるからです!!

 

 

絶対プロのイラストレーターになりたいならまず会社に入るべき5つの理由!

5つ

 

ハシケン
イラストレーターというと一般的にフリーランスをイメージされる事も多いですが、会社勤めのイラストレーターも大勢いるんですよ!

 

さらに会社員でイラストレーターになると、フリーのデメリットをほぼカバーしたまま進んでいくことだって可能になるんです。

 

  1. 毎月安定した給与がもらえる
  2. 福利厚生がある
  3. 自分より上手い人に教えてもらえてプロの技術が身につく
  4. 社内の人間関係で自然と人脈が築ける
  5. 絵を描く仕事の流れと値段の相場が理解できる

 

・・・どれもいきなりフリーランスだと得られないことばかりです、特に3・4・5に関しては将来的に会社を独立してフリーになりたい場合でも極めて役立つ知識です。

 

 

フリーで生きていくということは今ある技術を削りながら仕事をするともいえます、レベルや経験の低い状態で始めてしまうと高い技術を学ぶ機会も得られず成長度合いが低いとこで止まったりする場合も多くなります。

 

ハシケン
本気で長くイラストレーターとしてやっていきたいならこそ、まずは会社員のイラストレーターから始めることを強く強くオススメします!

 

絵を描く仕事の会社に入るには専門学校経由か就職・転職支援サービスが近道!

気合

 

もしあなたがこれから進路を考える段階だったり今の技術にまだ自信はないけどイラストレーターになりたいなら、まずは専門学校に進むことから検討してみましょう。

 

もしくは既に仕事をしているけどこれからイラストレーターになりたい、あるていど技術に自信もあるなら就職・転職支援サービスを活用しましょう。

 

ハシケン
以下でそれぞれのポイントを簡単にまとめておきます。

 

専門学校を選ぶ時のポイントは【就職実績】の高さ!

 

あなたが進みたい業界の会社への就職率が高いところを優先的に選ぶようにしましょう、ここ数年の実績を見て問題ないようならあとは家からの距離や必要な金額・口コミで総合的に判断してください。

 

最近の就職率が高い学校だと【アミューズメントメディア総合学院】などが有名です、無料で資料請求できるのでまずは一度確認してみることをオススメします。

 

☑ 同じ目標を持つ仲間ができる

☑ 進みたい業界に必要な技術がわかって学べる

☑ 就職活動時に学校がしっかり支えてくれる

 

・・・これらのメリットは、学校という環境で数年頑張るからこそ得られる大きな要素です。

 

ハシケン
ただし、学校に入る場合には周りに流されてあなたのやりたいことを見失わないよう気をつけてくださいね


 

就職・転職活動を上手く進めるなら人気の『無料の支援サービス』を使う!

 

絵を描く仕事と言っても未経験じゃわからないことが多すぎます、独自に探して応募するやり方は情報も判断基準もまだあなたに備わってないので遠回りになりがちです。

 

ここ最近増えているのが無料で就職・転職の支援をしてくれるサービスです、以前は経験者のスカウトに特化したものが多かったんですが実は今では未経験者の利用できるものもかなり増えてきました。

 

 

例えば絵を描く職種などのクリエイティブ系で有名な就職・転職支援サービスのWORKPORT(ワークポート)などは、業界未経験でもしっかり支えてくれます。

 

上の画像のような1分程度で済む無料登録をするだけで、専門のコンサルトが面談であなたの希望や条件をヒアリングして適した会社を紹介してくれます。気に入らない会社なら別のを紹介してもらいましょう、最後まで全て無料です。

 

 

ハシケン
実は自分も昔転職活動をしたときにWORKPORT(ワークポート)にお世話になったんです。

他では見ない案件を紹介してもらい、キャリアアップにも繋がりました。

 

 


業界の情報を知る人のアドバイスを受けながら進めていくことが、イラストレーターというあなたの夢に着実に近づくための有効な手段です。

 


 

さいごに、

絵 コツ

 

イラストレーターの仕事は、デジタルが主流になりスマホゲームがありふれた今ではだいぶなりやすい業種になりました。

 

ただ入り口が広くなった分、生き抜くためには大勢のライバルと延々戦い続ける必要があります。

 

いつまでも楽しく絵を描いていくためにも先を見越した戦略的な目線をもって進めましょう!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

プロのイラストレーターになるには?

あなたを覚えてもらえる!

似顔絵 写真から イラスト化

ビジネス・ブログで目立つには愛嬌のあるキャラを使うのが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵【キャラデザ】なら、
顔出し以上に好かれるかも?

 

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(月間最高28万PV)。