イラストレーターになるメリット・デメリットを現場目線で徹底紹介

イラストレーターになる メリット デメリット 絵を描く!

 

もう独りで悩まないでください、デジタル絵は今すぐ描き出せます!

★2022年7月より当サイトでは新たに、人気ペイントソフト「クリスタ」の使い方が自宅で好きな時に学べる動画講座を開始しました。

 

 

 

 

 

どうも、元ゲームイラストアートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

 絵を描くのが好きでイラストレーターになってみたい、でも絵を仕事にするとどんなメリットデメリットがあるんだろう・・・そんな風に心配することもあるんじゃないでしょうか?

 

ハシケン
自分は長年絵を描く仕事で勤めてきましたが、数年前まではスマホゲームのイラストアートディレクターとして多くのイラストレーターさんたちと直接業務で関わってたんです!

 

ということでこの記事では実体験も踏まえて、イラストレーターになるメリット・デメリットからなったあと生き残るための秘訣までを実際の業界目線で紹介します。

 

ハシケン
イラストレーターは大きなやりがいのある仕事ですが、なりたい人も多く戦略的に進めていく必要があります。

就職・転職して後悔しないためにも、今回紹介するポイントをぜひおさえておいてください!

 

 
▼デジタルデビュー応援キャンペーン中

はじめに、イラストレーターとして働く3つの進み方

イラストレーター 働き方 種類

 

まず『どんな状態でイラストレーターとして働くのか?』代表的な3種類と、それぞれに進むための手順をカンタンに紹介しておきます。

 

ハシケン
イラストレーターと一言でいっても状況は様々です、理想の働き方を考えつつ検討しましょう!

 

①社員イラストレーターになる

 

まずは会社に属して絵を描いていく、社員的なイラストレーターです。

 

あくまで会社員として絵の仕事をするので、業務がイラストである以外は普通の会社員と何も変わりありません。企業にもよりますが毎月の給与以外に有給や福利厚生があり、会社員としての安定した状況でイラストを描いて行きていけます。

 

社員イラストレーターになる道は、

 

  • 専門・美大等から就職活動で入社
  • 他業界から中途採用
  • 普通の高校、大学から入社(絵のスキルがある程度ある)

 

 

・・・といったように様々です。

 

特に今年齢が若かったりまだ技術に自信がないなら、定番ですがイラスト関連の専門学校などを経て就職活動するのが無難でしょう。

 

★専門学校に関して詳しく知りたい時は、イラストレーター専門学校おすすめ15選!絵を仕事にする近道はどこだ?を参照して下さい。

 

②副業的なイラストレーターになる

 

本職の仕事は別に持ちながら、副業的にイラストの仕事をする人も最近は結構増えています。

 

ネットやSNS、その他登録すれば使えるプラットフォームならリスクもなく進めていけるので絵が好きで本職にまではしないけど副収入を増やしたい人は積極的に取り組んでいるようです。

 

本職との両立は難しい部分もあるでしょうが、絵だけに収入源を絞らないぶんリスク回避にもなって安全に絵を描いて収入を得る道をめざしやすいでしょう。

 

★副業イラストレーターに就いてより詳しく知りたい時は、副業イラストレーターになるには?メリットデメリット・収入・手順まで総解説を参照して下さい。

 

③フリーのイラストレーターになる

 

3つ目が、いわゆるフリーランスの立場としてどこにも属さず絵だけを描いて稼いで生きていくイラストレーターです。

 

脱サラして始める人もいれば、最初から絵のスキルがあっていきなりフリーになる人も少なくありません。イラスト投稿サイトに上げている絵から声がかかって、仕事を始める人もいます。

 

フリーでイラストのみを仕事にする場合は絵で稼ぐことに集中するので安定すればいいですが、そうなるまである程度時間がかかるのも確かです。

 

あまり自信がない場合はいきなり挑戦するのは危険と覚悟しておきましょう。まず副業から始め、様子を見つつ経験を積んだほうがだいぶラクです。

 

★フリーの場合の仕事のとり方を知りたい時は、フリーランスイラストレーターで食べていく仕事の取り方はこれだ!を参照して下さい。

 

イラストレーターになるメリット4選

イラストレーターになる メリット

 

ではここからは今回のメインテーマでもある、実際にイラストレーターの道に進んだときのメリットについて見ていきましょう。

 

ハシケン
社員とフリーでも若干変わってくる部分があるので、それも念頭に確認してください!

 

①絵を描いてお金を稼げる

 

何より大きなメリットでしょう。絵を描くのが好きな人には、これ以上の利点はないんじゃないでしょうか?

 

もちろん仕事になると好きな絵だけを描くわけではなく、依頼された絵を描くので苦手なものも避けられない状況はありえます。

 

ただそれも自分で仕事を選べる状況さえ作れたらなんとかなるので、頑張り次第で変えられる部分でしょう。

 

②(フリーなら)通勤せず好きな時間に仕事ができる

 

社員でもここ数年はアレのせいでテレワークが増えていますが、やはりフリーランスのイラストレーターの醍醐味は通勤がいらないことでしょう。ほとんどの人が家で自由な時間に作業を進めています。

 

もちろん会社づとめでないぶん機材は自前で用意する必要はありますが、満員電車に揺られることなく絵を描いて生活していけるのは大きな魅力でしょう。

 

③技術と速度を上げれば収入を伸ばせる

 

社員は基本的にどれだけ絵を描いても毎月の給与は変わりませんが、いい成果を出していけばやがて給与は上がっていきます。

 

一方フリーの場合は描くスピードとスキルさえ付ければ、ある程度は青天井で稼いでいくことが可能です。

 

もちろんイラストを描ける枚数と単価には限度がありますが、それなりにしっかり頑張って取り組めば月50万円以上は充分狙えます。※ただ休みほぼなしでようやく実現できる数字かもしれません。

 

④名前の出る仕事で承認欲求も満たせる

 

イラストの仕事は名前の出ないものも多いですが、出せるものもそれなりにあるので名前を映像や書籍に残したい人には大きなモチベーションアップになるでしょう。

 

最近イラストの仕事として多いスマホゲームアプリのイラストなんかは、案件によって出せたり出せなかったりとかなり差があります。

 

ハシケン
気になる場合は、仕事の依頼を受けたときにあらかじめ確認しておくと良いかもしれませんね

 

 
▼デジタルデビュー応援キャンペーン中

イラストレーターになるデメリット4選

イラストレーターになる デメリット

 

つぎに、イラストレーターになることで生じるデメリットも一通り見ていきましょう。

 

絵を描くのが好きだからって闇雲に進めていては、思っていたのと違う・・・となって絵を描く事自体嫌になってしまうこともありえます。

 

ハシケン
デメリット的要素も知った上で、冷静に取り組んでいきましょう!

 

①(フリーなら)自分で仕事を見つける必要がある

 

社員イラストレーターなら上司から回される仕事をすればいいですが、フリーや副業の場合は自分で動かないと絵の仕事は何も手に入りません。

 

サイトに登録したり、自分を売り込んだり、SNSで発信したり・・・積極的に手広く動くことで始めてきっかけもつかめるようになります。

 

黙っていて絵の仕事が来るなんてことはそうないので、営業的な視点を持ちたくない人にはむしろ向いていない仕事だと言えるでしょう。

 

②(フリーなら)単価が高くないので数をこなさないと生活が安定しない

 

社員なら給与制なのでそこまで気にしなくていいですが、フリーにとっては重要です。

 

枚数を描ければ収入は上げられますが、描ける量には限度があります。またイラストの単価にはある程度上限もあるので、仕事を奪い合いながら納得行く収入に達するための枚数を毎月描いていくのはなかなか骨が折れるでしょう。

 

ただ最近は、何度も書いてるようにネットなどでいろいろな手段があるのでそれらも上手く使えばだいぶ昔より進めやすくなっています。

 

③流行について行かないと仕事がなくなる

 

絵の仕事は、今風の絵柄が描けるかどうかでかなり状況が変わります。ベテランのイラストレーターでも、絵柄が現代に合わなくなったせいで仕事がなくなる・・・なんてことは珍しくありません。

 

仕事をもらい続けたいなら、最新の人気絵柄を常に研究してあなた自身のタッチを合わせていく必要があります。個性という独自色も大事ですが、まずは多くの人に求められる絵を提供できるかどうかです。

 

④将来の見通しが立たせにくい

 

・・・ここまで見てきたように、なんだかんだいってもイラストで生きて行くのは大変です。だからこそ『戦略』が重要となります。

 

運良く今はある程度仕事があったとしても5年後、10年後、そして20年後に同じように仕事を確保して収入を得られるかは常に考えていくべきでしょう。

 

そういうイミではフリーより社員の方が・・・とも思えますが社員でも40、50歳となったときにただイラストを描いて生きていけるのかと言われたらそんな状況も想像つかないんじゃないでしょうか?

 

絵で生きていこうとしたら多くの場合どこかで進路変更を余儀なくされるものです。絵だけを描くんじゃなく演出したり、管理したり、何か全く別の方向に行ったり・・・。

 

ハシケン
つぶしが効くようで案外効かないのが絵の世界です、くれぐれも気をつけて進めましょう!

 

安定したイラストレーターとして生き残るための3つの秘訣

イラストレーター 成功 秘訣

 

前章ではあえてやや悲観的な内容も書きましたが、重要なのは諦めるんじゃなくそこからどうやって発想を転換してイラストの仕事で生き残っていくかです。

 

ここでは、なるべく不安を少なくするための手段を3つ紹介します。

 

ハシケン
合いそうなものから取り入れて、さらにあなたならではの勝ち残りの【戦略】まで作り上げながら楽しいイラストライフを過ごせるようになりましょう!

 

①基本的な画力を底上げする

 

まずは基本中の基本です、画力が足りないと感じるならしっかり底上げしましょう。

 

独学だけである程度やって成長が止まっていると感じたら、誰か他の人の目を入れて違う風を受けたほうがいい場合も多いものです。

 

そういうときに『専門学校』という場は講師や同級生など多くの人と絡んで刺激も受けられますが、社会人になっているとなかなかそういうわけにも行きません。

 

手軽な代替案としてはSNSや投稿サイトであなたの絵をアップして、厳しい反応ももらえるような状況をつくっていけるといいでしょう。

 

 

また今は、一般の人向けの『イラスト講座』も数多くあります。

 

特にここ数年は感染対策のこともあって家で学べる通信講座がかなり増えているので、本気で上達したいなら一度検討してみると良いかもしれません。

 

将来の仕事や副業に結びつけるために人気の講座をいくつか紹介しておくので、興味があれば無料で頼める資料請求などで詳細を確認してみて下さい。

 

①技術や画力をしっかり上達させたいなら「イラスト・キャラクターデザイン講座」

ヒューマンアカデミーイラスト・キャラクターデザイン講座

©2021 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

公式サイト:https://human-yakan.com/

 

全国展開している大手の専門学校「ヒューマンアカデミー」が運営している『イラスト・キャラクターデザイン講座』は、学校が母体らしく一人ひとりに合わせた細かい指導が評判で直接プロの講師から具体的なアドバイスをもらいながら絵の描き方やコツを学んでいけます。

 

教材も充実しています

 

通いの講座だけでなく、完全在宅型の『通信講座』も以前から多くの人に利用されています。わからない部分もDVDでくりかえし復習でき、お休みやスキマ時間など自由なタイミングとペースでイラストスキルを身につけていけます。

 

家で学べる通信講座は感染の影響で急遽始めたところも多いですが、こちらは感染以前から長年運営していてすでに5千人以上もの人が実際に修了しているので他よりノウハウもあり安心して学んでいけるでしょう。

 

 

特典つき今なら無料の資料をとりよせるだけで「キャラクターの描き方ガイドブック」が必ずプレゼントされています

 

 

②とにかく早く絵で収入を得られるようになりたいなら「イラストマスターコース」

たのまな

Copyright(C) Human Academy Co.,Ltd.ALL Right reserved.

公式サイト:https://www.tanomana.com/

 

講座総合サービス『たのまな』では、身につけたいスキルや興味に合わせて細かくコースを選んでやりたいことだけに集中して学んでいけます。

 

なかでも最近は在宅ワークに適したイラストやWebグラフィック・動画クリエイターなどの受講が人気を集めていて、最短2ヶ月で仕事をするために必要な知識とスキルが身につけることも可能です。

 

趣味で絵を描きたい人よりも、完全にイラストで仕事や副収入に結びつけたい人むけの講座となります。個別サポートや仕事を探すための段取りまでくわしく教えてもらえるので、少しでも早く実際に絵でお金を稼げるようになりたいときにおすすめです。

 

 

②まず社員になって数年勤めてから独立する

 

フリーのイラストレーターという状況に憧れる人は少なくないですが、いきなりフリーランスとしてやっていくのはかなりしんどいのが現実です。

 

そもそもの絵の力も必要ですし、人脈がないと仕事をもらうことさえ困難でしょう。

 

 

そのイミでも、あえてまずは絵の仕事の社員として数年勤めた上で機が熟したら独立する方がリスクも少なくオススメです。

 

絵の仕事の現場のことがわかり、上司や先輩からアドバイスを貰って腕を上げながら将来のための準備を進めていけます。

 

フリーは極論いつでからもなれます、でも社員には事実上の年齢制限が存在しています。もしまだ30歳前でいつか絵を本職に考えているなら、絵の関連職への転職等も検討すると良いかもしれません。

 

③下請け以外の絵の仕事も広く開拓する

 

人から依頼を受けて描くだけのいわゆる下請け的なイラストの仕事だと、クライアントから仕事がもらえないと行き詰まります。

 

そうならないためにも、自ら主体的に展開できる媒体を数多く持つようにしましょう。

 

まずは基本としてSNSです。あなたの絵をどんどん発信してファンを作れたら、将来的になにか商品・サービスを展開できるかもしれません。

 

また、様々なプラットフォームで絵を販売できる状態を作っておくのも有効です。とにかく手広くやっておけば、一つがだめでも他方でカバーできます。

 

先の見えにくい不安定な時代です、何があっても対応できるようにビジネスの種まきは数多く進めていきましょう。

 

以下では絵の副業などで最近人気の手段をいくつか紹介しておくので、参考にしてみて下さい。

 

①ストックイラスト

イラストAC

Copyright 2020 – イラストAC All Rights Reserved.

 

『ストックイラスト』は素材として使えるイラストを自由に描いてアップしていき、ユーザーにダウンロードされた点数で収入につながるシステムです。

 

代表的なものとしてはイラストACPIXTAAdobe Stock等があります。単価や手数料はそれぞれ違い著作権の扱いにも差があるので、利用前には規約などもしっかり確認してください。

 

ハシケン
自分のペースで進めていけるのと実際にお金が入ってくるハードルは他の手段とくらべて相当低いので、絵で収入を得る取っ掛かりとしてやりやすいはずです!

 

②ココナラ

ココナラ

© 2012-2020 coconala Inc.

 

テレビCMも多く展開している『ココナラ』は、似顔絵やキャラクターデザインなどそれぞれの得意分野を商品・サービスにして購入してもらえるサービスです。ココナラ上にあなた専用のお店ページを持つ、と考えるとわかりやすいでしょう。

 

ストックイラストのように好き勝手進めるのではなく、依頼者の希望の絵の商品を制作していくイメージとなります。直接のお客さんがいるので、やり取りも細心の注意・配慮が必要です。

 

③SKIMA

SKIMA

© 2015-2022 Visualworks

 

絵を描く人に人気の高い『SKIMA』も、それぞれの得意な絵の方向で商品を展開して行けるプラットフォームです。

 

イラストを好きで描いている人にとっては『ココナラ』よりも身近に感じる雰囲気もあるようで、Twitterなどをみても最初の副業として選んでいる人がかなり多い印象です。

 

 

『ココナラ』『SKIMA』などのようなプラットフォームを上手く活用するコツは、まず実際にサイトを調べて安めの商品を購入してみることです。

 

そうすることで商品の売り買いの流れや接客の良し悪しなど、さまざまなポイントが見えてきます。いきなり登録して描き手として始めるよりも、現状がわかってから挑戦したほうが進み方もスムーズで圧倒的に安全でしょう。

 

ポイントちなみにココナラは今なら無料登録するだけでお得な割引クーポンがもらえます

 

 

④クラウドソーシング

ランサーズ

©Lancers,inc.

 

ランサーズなどが有名ですが、クライアントの募集に応じコンペに挑戦して仕事をゲットするプラットフォームです。

 

完全未経験の人よりはある程度スキルに自信があるフリーランス向けといえます。コンペがメインのため最初は出しても出しても通らないことがほとんどなので、割り切って取り組む姿勢が必要です。

 

実績を積んでいけばクライアントから直接依頼を受けられることもあるので、技術に自信がついてきたら挑戦してみるといいでしょう。

 

 
▼デジタルデビュー応援キャンペーン中

まとめ

イラストレーターになる メリット デメリット まとめ

 

イラストレーターはやりがいのある面白い世界ですが、それだけに入ってくる人も多いので勝ち残るのは大変です。

 

だからこそあなたならではの【戦略】を見つけて、差別化やマーケティング的思考も取り入れながら進めていくことが何よりも欠かせません。

 

あなたの絵を買ってくれる人は誰で、どうしたらその人にあなたの存在を知ってもらえるか?

 

ハシケン
広い目線を持って、あなたの絵の価値を高くできる状況の構築を目指していきましょう!

 

 

▼次はこちら!

イラストや絵を描くおすすめパソコン&スペックを絵のプロ目線で徹底解説