パソコンでイラストを描こう!デジタル絵のカンタン始め方【2021年夏最新版】

パソコンでイラストを描こう 方法 道具 絵を描く!

今すぐデジタルで絵を描けるようになってやろう!

パソコンやタブレットでイラストや漫画を描いてみたい、でも始め方がよくわからない・・・そんな悩みを解消したい900人以上が手にしたコンテアニメ工房特製Ebookを数年ぶりに無料配布中!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
パソコンなどのデジタル環境でイラストを描いてみたいと思っても、何からどう進めたらいいかよくわからず悩んでいませんか?

 

今回は実際長年絵の仕事で働いてきた目線で、これからデジタルでお絵描きを始めるときのポイントをわかりやすくお伝えします。

 

パソコンで絵やイラストを描くことのメリット・デメリット

パソコンで絵を描く メリット・デメリット

 

ハシケン
パソコンでイラストを描くということは、経験のなかったデジタル環境でお絵描きをすることになります

 

アナログと違って何が変わるのか、どのようなメリット・デメリットがあるのかをまずは簡単におさえておきましょう。

 

デジタルお絵描きのメリット

 

  • 手が汚れない
  • 描いた素材が使い回せる
  • 絵のデータが劣化しない
  • 共有や投稿がカンタン
  • 描いたあとの調整やバランス取りがラク

 

ハシケン
他にも色々ありますが、目立ったところだとこのあたりになるでしょうか?

 

デジタルは専用の機材が必要ですが、一度買いそろえたら追加で必要な道具は意外とありません。

 

また、描いた絵はキャラの表情を変えたり衣装の色のバリエーションを作ったりと様々なパターンを作って使い回すこともできます。

 

さらにデジタルなら線や色の直しもカンタンなので絵の見た目をより良くすることもしやすく、アナログで描いていたときより絵がうまくなる人は実はかなり多いんです。

 

デジタルお絵描きのデメリット

 

  • 機材を用意しないといけない
  • 描く感覚に慣れるまで時間がかかる
  • ソフトの操作を覚える必要がある
  • 慣れすぎるとアナログに戻れなくなる

 

どうしてもアナログではなく新しいデジタル環境で絵を描くとなると、そのための専用の道具(機材)が必要となります。

 

パソコン以外にも、ペンタブやペイントソフトなどがあるので多少の予算は必須です。

デジタルイラスト 講座 講師 ハシケン

 

またデジタルならではの感覚になれたりペイントソフトの操作を覚える必要があるのも、デジタルに挑戦して挫折してしまう人が一定数出ることの要因でしょう。

 

ハシケン
わかりやすく学べそうなサイトやYouTube、本などを上手く活用していきましょう♪

 

デジタルに慣れると便利すぎてアナログでのお絵描きに戻れなくなる人も多いですが、必要がなければあえて戻る必要もないでしょう。

 

何を使えばデジタルで絵が描けるの?必要な環境機材まとめ

パソコンでイラストを描こう 必要な道具

 

現在デジタルでイラストやマンガを描こうとしたら、主に以下のようなものが必要です。

  1. パソコン(デスクトップorノート)
  2. ペンタブレット(板タブor液タブ)
  3. ペイントソフト(orアプリ)
タブレットで絵を描く手段もありますが、今回はあくまでパソコンを選ぶポイントについてまとめていきます。

 

①パソコンを選ぶときのポイント

 

ハシケン
パソコンのスペックは高いに越したことないですが、安くはないので予算・目的に応じて慎重に選ぶ必要があります

 

デスクトップかノートかは好き好きでいいですが、基本的に画面自体は広いほうがお絵描き作業的にラクです。

 

大切なのは、あなたの描きたい絵の方向に必要なスペックをちゃんと満たしているかどうかです。

 

★パソコンのスペックについて具体的に詳しく知りたいときは、イラストや絵を描くパソコン機種&スペックを参照して下さい。

 

②ペンタブレットを選ぶポイント

 

ペンタブは基本的に、圧倒的なシェアを誇るWACOM(ワコム)社製の商品を選んでおけば問題ありません。

 

まずは下のような、板状の¥10,000未満のタブレット(板タブといいます)から試してみるといいでしょう。

 

 

また下のような液晶タブレット(液タブといいます)は画面に直接描きこむので感覚的に慣れるのは早いですが、画面があるぶん値段は高くなるので予算に応じて判断してください。

 

 

③ペイントソフトを選ぶポイント

 

ハシケン
デジタルお絵かきをするためのペイントソフトは有料無料さまざまあり、さらにスマホやタブレットなどで描けるアプリまであります

 

もしこれからしっかりデジタルでイラストを描いていきたいなら、機能やサポート・将来性の観点からも実際に多くの人が使っているペイントソフトを選んでおいたほうが安心です。

 

ポイント!大勢が使っているソフトを選んでおけば、使っていて困ったときもネット上に回答記事も多いのですぐに解決できます

 

 

その意味でも当サイトでは、現在多くのイラストのプロも使っている「クリップスタジオペイント(CLIP STUDIO PAINT)」を推奨しています。

 

2021年現在圧倒的なシェアを誇っているお絵描きソフトで、お手頃な値段の割に機能が優れていることから高い人気を集めています。

 

クリスタPRO 公式画像

© CELSYS, Inc.

 

 

 

あなたにあったペイントソフト(アプリ)の正しい選び方

ペイントソフト 選び方

 

上で紹介したペイントソフトに関しては実際選択肢も多いので、あらためて選ぶときのポイントを詳しくまとめておきます。

 

イラストか、マンガか、それともアニメか?

 

ペイントソフトの種類はこちらの記事にも詳しくまとめていますが、現在様々なものがあります。

 

選ぶときは、あなたが何を描いていきたいかを最優先で考えましょう。

 

ソフトの用途として一番多いのはイラストで、ついでマンガ、アニメ・・・となっていきます。

 

全てに対応できるのは上でも紹介したクリスタの上位版ソフト『EX』になりますが、マンガやアニメに関する機能がいらないならクリスタ『PRO』で問題ありません。

 

ただクリスタは絵のプロも使うくらい高機能で操作もある程度覚えるまで時間がかかるので、機能が弱くてもとにかく手軽にデジタルお絵描きしたいだけならもっと安いソフトや無料アプリを試すのも手でしょう。

 

無料アプリや安いペイントソフトの価格の理由とは?

 

あらかじめおさえておいてほしいのが、無料で使えるものや格安のソフトは有料のクリスタなどのソフトと比べて圧倒的に機能が少ないことが一般的です。

 

だからこそ値段をおさえられるのが実情なので、もしデジタルならではの便利機能をしっかり使いたいならクリスタなど有料ソフトを買ったほうが恩恵は大きいものです。

 

ハシケン
でも今すぐデジタルを試してみたい、とにかくスマホアプリでもいいからさわりたいなら以下の記事から興味のもてそうなものを探してみてください♪

 

 

カンタンな絵の描き方と理解の流れ

デジタル 絵の描き方 手順

 

ハシケン
実際デジタルでの絵の描き方はソフトごとに手順も変わるので、なかなか一言でこうだとは言えません・・・

 

基本手順としては、ラフ⇒線画⇒着色というのがセオリーです。

 

そのなかでレイヤーや不透明度、塗りつぶしなどソフトごとにある機能を使って仕上げていく流れになります。

 

当サイトとしてはデジタルお絵描きをしっかり楽しんでほしいというスタンスなのでクリスタを推奨していますが、慣れるまで時間かかるのもたしかなので当サイト運営のYouTube『ハシケンちゃんねる』こちらのページなどで基本を知った上でお絵描きしていってください。

ハシケンちゃんねる

 

またこの先、もし一人でデジタルが理解できそうもないと感じたら自宅で利用できる『イラスト講座』でまず基本を教わってみると理解もスムーズになるでしょう。

 

イラスト講座に関してはこちらの記事でくわしくまとめているので、気になったら参考にしてください。

 

まとめ

パソコンでイラストを描く 進め方

 

デジタルで絵やイラストを描くということは、これまでの紙とは違った状態でお絵描きするわけですからどうしても最初に慣れが必要です。

 

その段階で嫌になってやめてしまう人もいますが、やりたいことをイメージしながら一歩ずつ進めていけばきっとデジタルで自由に描けるようになります。

 

ハシケン
当サイトでもデジタル初心者さんに役立つような記事は多くあるので、ぜひそれらも参考にしながらじっくり楽しんでいってくださいね♪

 

 

▼次はこちら!

初心者必見!デジタルイラストの描き方が上手くなる必須テクニック3