似顔絵イラストを上手く描くには5つのコツだけおさえろ!

似顔絵イラスト 描くコツ

スポンサードリンク

『絵』でGoogle検索1位に表示される【コンテアニメ工房】特選商品&サービス

【キャラデザ】⇒表情の変えられる全身似顔絵キャラクターであなたをブランド化しよう! 

【デジ絵ワークショップ】たった4時間でアニメ塗りわかる!次回9/24開催、残り5席 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

当サイトは絵のブログということもあり、絵の商品も販売しています。

キャラデザ サンプル

中でも特に人気のものががこの【キャラデザ】というアニメタッチの全身似顔絵商品で、毎月限定6名様までの受注制作で販売しています。

 

表情も変えられる似顔絵というのが最大の売りで、ビジネス・ブログ用のブランディングツールとして喜ばれています。

 

・すごい素敵。こんなに知的でいいのかな?というくらいです。もう感動してます。(°▽°)

・デザインはもちろんですが迅速丁寧な作業に大変感謝しております。今後とも機会がございましたらよろしくお願いいたします

・キャラクターの作成ありがとうございました。新たな自分のキャラクターが出来上がって、非常に満足しております。

※お客様からの感想メールより引用

 

ということで今回は似顔絵イラスト制作業者のはしくれとして、これさえ知れば初心者でも必ず上手くなるという似顔絵イラストを描くコツを詳しく解説します!

 

スポンサードリンク

似顔絵イラストが似ない3つの原因とは?

バランス

 

最初に、似顔絵を描いても似ない主な理由から簡単にまとめましょう。

 

パーツの形状が違う

 

目・鼻・口、など目立つパーツの形状が違うせいで似ないのはありがちですが、同じくらい見逃せないのが髪型輪郭とです。

 

大枠で外れてしまうと、細かい目鼻を寄せてもどうにも似ないことは結構あります。逆に、最後の詰めとして髪や輪郭をちょっとバランス取ることで一気に似る場合も多いのでぜひ意識して下さい。

 

配置のバランスが合っていない

 

顔の内部での、目・鼻・口などの配置も重要です。

似顔絵 パーツ バランス

目と目の間はどのくらい離れているか、輪郭からの距離、口と鼻の間、おでこの広さ・・・それぞれの距離や比率がいいあんばいに収まらないと個々に上手く描いていても一個の似顔絵として成立しません。

 

ハシケン
逆に言うと、バランスがそっくりならパーツごとの細かい違和感って案外気にならなかったりするんですね。

 

細部も大事ですが、全体を通しての印象こそ最重要ということも知っておきましょう。

 

似せるうえで必須の特徴を再現しきれていない

 

人にはそれぞれ固有の特徴があります。目の形だったり、大きさ、鼻の形状や、頭の形、体型、全体的なバランス・・・などなど。

キャラデザサンプル

写真を基に似顔絵を描こうと観察すると様々なものが見えてきますが、他の人にはないその人だけの特徴を取り出して再現できるかどうかは似顔絵が成立させるための鍵にもなります。

 

単純に特徴だけを闇雲に際立たせるんじゃなく、理解しつつ全体を描いていく意識をもちましょう。

 

似顔絵イラストをうまく似せて描くための5つのコツとは?

写真から 似顔絵 キャラデザ

 

では実際に似顔絵を上手く描くにはどうすればいいか? 具体的な5つの方法を解説していくので、参考にして下さい。

 

☑ 複数の写真を参考に描くようにしよう

 

一枚だけで描かず、メインとなる一枚の他にも角度の違う何枚かも併せて参考にしてみましょう。

 

一枚の平面写真だけで判断つかない部分も多いので、足りない部分を相互に補完しつつ複数枚の写真を並べてフカン的に見ることでモデルのイメージにより近く寄せていけます。

 

ハシケン
ちなみに当サイトの【キャラデザ】も、資料写真は必ず3枚以上もらって制作しています。

 

☑ 体形・ポーズ・小物などでも特徴を出していこう

 

顔だけじゃ個性が薄いと感じる場合でも全体や小物を加えて描くことで近づけていけます。体型なども再現すれば、顔がちょっと遠くてもその人にしか見えなくなったりもするものです。

 

ただし、使い回しのようなとってつけた体では安っぽくなり逆効果です。

 

ハシケン
体でも顔以上に個性を出せるように、しっかりデッサンをとって描くのが大事です。

 

また絵柄にもよりますが、小物を描く時はキャラとのバランスに気を配りましょう。似顔絵キャラを見せたいのか、小物を際立たせたいのかでも表現は変わってきます。

 

☑ デフォルメを強くしてインパクトのある部分を際立たせるやり方

 

似顔絵の一つの描き方として、その人の特徴を強烈にデフォルメする方法があります。

 

唇の厚めの人だったら顔の半分くらいを唇にしたり、歯並びが良くなかったらガチャガチャにしたり、目の小さな人だったらゴマ粒のような目にしてみたり・・・特徴を取り出してアピールするのは似せる基本なので、方向としては別に間違っていません。

 

描かれた側が不快じゃないなら、強烈にデフォルメするやり方はもちろんありです。特徴を際だたせるので、イヤでも似てると感じさせられるでしょう。

 

ハシケン
ただ個人的には好きではない技法なので当サイトの商品ではやっていません、詳細は後述します。

 

☑ 似顔絵の参考写真から性格まで想像してみよう

 

多くの場合は写真から似顔絵イラストを描くと思いますが、モデルさんのキャラクターまで想像しながら描くと再現度合いがより上がります。

 

よく笑う人かな、よく怒ってる人かな、優しそうだけど切れたら怖いのかな・・・写真からは様々なイメージが読み取れます。内面の深いところまで汲み取ろうとすると、自然と目や鼻を描く際も外面の形状だけではない部分まで引き出せたりします。

 

ハシケン

実際のキャラが違ってることもあるでしょうが、大丈夫です。描こうとしてる相手をよく知ろうとしている姿勢こそ重要です。

その考え方が丁寧な描写として、イラストにも表れてくるはずですよ。

 

☑ 似顔絵イラストはデジタルで描くべし!

着色 仕上げ

 

似顔絵イラストはアナログよりデジタル作画が絶対オススメです。

 

似ない理由でも描いたように、ちょっとしたバランスの配置や比率・幅・大きさの違いで一気に似なくなるのが似顔絵の難しいところです。

 

アナログでは面倒な直しも、デジタルならパーツごとに調整が簡単にできます。顔だけ細くしたり、目をちょっと大きくしたり、鼻を伸ばしたり・・・。

似顔絵 描く時の コツ

 

当サイトの【キャラデザ】でも最後の仕上げは、拡大縮小など細かい調整の詰めを部分ごとに何度も何度もやってモデルに寄せていきます。

 

ハシケン
もしまだアナログでしか描いてないなら、ぜひデジタル作画に挑戦してみて下さい。世界が変わりますよ!

 

似顔絵イラストを描くとき大事な4つの心構え

イラスト 上手くなる 方法

 

最後に、似顔絵を描くときに知っておきたい心構えを紹介します。

 

ハシケン
描かれた人が喜ぶよう、不快にならないようにすることが似顔絵は特に重要な要素です。

 

コンプレックスをことさら誇張しない

 

上でも書きましたが、特徴をことさら際立たせる似顔絵の手法があります。ですがそれは同時に相手のコンプレックスを強調することにも繋がります。

 

自分の嫌だと思う部分をことさら指摘されて喜ぶ人はあまりいません。

 

ハシケン
特徴としてある程度活かすのはいいとしても、コンプレックスと感じてるかもしれない部分については配慮しつつ描いたほうが無難でしょう。

 

描かれた相手の気持ちになろう

 

上とも繋がりますが、似顔絵イラストを描かれた側がどう思うかは非常に大事です。

 

自分を馬鹿にしてもらいたいから描いてくれ、なんて考える人はまずいません。ましてそんなイラストをもらって、どうしたらいいんでしょうか?

 

ハシケン
自分がもし人にそういうイラストを描かれたらどう思うか、ぜひ考えてみて下さい。似顔絵は想像以上に繊細なジャンルです。

 

いい部分を強調する

 

ベタなことですがモデルの人に喜んでもらうために有効なのは、こころもち美化しながら描くことです。

 

やりすぎて似なくなったら元も子もないですが許容範囲内でかわいく、かっこよく、きれいにするのは描く側としての最低限のマナーとも言えます。

 

ハシケン
似顔絵は写し絵のようにただ似てればいいものじゃありません、モデルの人の良さを引き出すものだと考えましょう。

 

目的をイメージしながら描こう

キャラデザサンプル
過去に制作した【キャラデザ】の、お客さまによる実際の使用例です。

 

似顔絵を人に頼まれて描くなら、あらかじめその人の使用目的は何かまで知っておくと制作する上でも役立ちます。

 

用途に合わない方向性の仕上がりにしてしまっては意味もないですし、描く前にかならず一度は確認しましょう。

 

似顔絵イラストをうまく描くコツのまとめ

似顔絵 写真から アニメ

今回は制作業者の一人として、似顔絵イラストをうまく描くために重要なコツを5つ紹介しました。

 

  1. 複数の写真を参考にする
  2. 体型・ポーズ・小物でも特徴を引き出す
  3. デフォルメを強くして際立たせてみる
  4. 写真から性格を想像してみる
  5. デジタルで描く

 

また、似せることと同じくらい相手に喜ばれることも念頭に描くと結構うまくいきます。

 

細かい技術も大事ですが、対人間の気配りや思いやりのような部分が意外といちばん大事なコツなのかもしれませんね。

 

 

↓ デジタルはここから覚えよう! ↓

 

 

 

似顔絵イラスト 描くコツ

『たった4時間でデジ絵の基本的な描き方がわかる』

デジタル初心者向けのワークショップで

『アニメ塗り』の基本手順が1日で理解できます。


次回9/24開催

残り5席!

『あなた自身をブランドにしよう!』

キャラデザ サンプル

 

ビジネス・ブログで認知されるには

愛嬌あるキャラクターが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵

【キャラデザ】!


きっと写真より親しみを感じてもらえます。

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年5月時点で月間28万PV突破)。