ペンタブでイラストを描くなら使い方と13のコツをおさえろ!

ペンタブ 使い方 コツ

スポンサードリンク

『絵』でGoogle検索1位に表示される【コンテアニメ工房】特選商品&サービス

【キャラデザ】⇒表情の変えられる全身似顔絵キャラクターであなたをブランド化しよう! 

【デジ絵ワークショップ】たった4時間でアニメ塗りわかる!次回9/24開催、残り5席 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

パソコンで絵を描く! と思ったら、ペンタブは欠かせません。でもアナログとの違いに慣れるまでてこずるのも事実・・・イヤになってやめてしまう人もいるんじゃないでしょうか?

 

ハシケン

自分は長年を描く仕事をしてきましたが、元々アナログで30超えてから初めてペンタブをさわりました。

今でこそペンタブでしか絵を描かなくなりましたが、慣れるまでの苦労は今でもよーく覚えてます・・・(笑

 

 

ということで絵を描くプロの専門家として、同時にペンタブ初心者さんの苦労もよく覚えてる立場として今回はペンタブで絵やイラストを描くための使い方や設定、コツなどを詳しくまとめました。

 

  1. 準備編
  2. 設定編
  3. 練習編
  4. 対策編

 

 

・・・の四段階に分けて詳しく紹介するので、困ってる段階の対応を選んで参考にして下さい!

 

スポンサードリンク

『準備編』ペンタブ使いにくい・・・と悩まずに済む環境を作ろう!

わからない

 

まずは準備からです。あなたに合った選択をしていきましょう。

 

板状タブレットと液晶タブレットの選択

 

ペンタブには大きく二種類があります、板的なものに描く板状タブレット(以下、板タブ)とモニターに直接描き込む液晶タブレット(液タブ)です。

 

値段は圧倒的に板タブの方が安いので、理由がなければ板タブを選びましょう。

 

ハシケン
ベテラン漫画家がデジタルを使いたい、アナログとの感覚の差異がどうしても嫌だ、お金なんてうなるほどあるんじゃ・・・という場合は液タブでもいいでしょう。

 

 

メーカーはWACOMかそれ以外か?

 

国内のペンタブシェアは圧倒的にWacom(ワコム)という企業が占めています。また、プロの絵を描く仕事の現場では、ほとんどがWacomのペンタブです。その分、ほかのメーカーと比べると全体的に値段は高くなっています。

 

ハシケン
所有者が多い分、購入後トラブったときに検索して記事など見つけやすいメリットを取るか、値段の安いメリットを取ってWacom以外の商品にしてみるか・・・という選択基準になるでしょう。

 

最大手といえどもドライバ不具合はぼちぼち起こります、突然認識しなくなったりもします。圧倒的シェアだからって何もかも万全でないことは知っておきましょう。

 

配置にこだわる

デジタル お絵描き 機材

 

実際にペンタブで絵を描く際のスタイルとしては上の絵のような感じが多いです。

 

モニターの正面にタブレットを配置しないと、手の動きとモニター上でのポインタの動きが対応せず特に慣れないうちは気持ち悪いのでなるべく正面に置くようにしましょう。

 

ハシケン
絵はデュアルモニターなので、ちょうど真ん中に置く配置になってますが人によっては好みでずらしたりします。

 

 

また、キャンバスの拡大・縮小・左右回転など絵を描くうえでよく使うコマンドキーボードにショートカットとして登録することがおすすめです。

 

そのためキーボードはモニターとペンタブの間か、もしくは右利き左利きに合わせてペンタブの斜め横あたりに置く形になります。

 

ハシケン
ショートカットの使用は、イラストを描くうえでの作業効率向上にもつながるのでペンタブに慣れてきたら必ず使いましょう!

 

マウスを封印・・・?

 

慣れるまでは、あえてペンタブのみでパソコンを操作してみるのが早く習得してしまうコツです。そのために机の上からマウスをどけてしまうのも縛りとしてはありです。

 

ハシケン
メールやネットを見る作業も、マウスでなくペンタブでやるようにすると操作に慣れるのも早くなりますよ。

 

『設定編』ペンタブ初心者だからこそ見逃しがちな設定をおさえよう!

苦しい つらい

 

ペンタブは様々な設定を変更できます。描くうえで特に大事な部分を知っておきましょう!

 

絵を描くための設定を調整する

ワコム ペンタブ 設定画面

 

上の画像はWacomの設定画面になりますが、ペン先の感触筆圧レベルなど色々な部分を細かく変えられます。

 

調整によって描き心地は全く変わるので、自分に合うように変えていきましょう。ただ最初はわからないと思うので、ある程度さわったうえで変えてみるやり方がいいでしょう。

 

 

ペンタブはペンにもタブレット側にもボタンが複数個ついています。ショートカットを登録してかなり自由に使えますが、描いているときに結構誤作動のもとにもなります。

 

実際に描いていて邪魔に感じる場合は、ボタンをすべて無効に設定してしまうのもありです。

 

ハシケン
頻繁な誤作動は絵を描くうえでのストレスに直結するので、改善できるんだということだけ今は知っておいてください。

 

比率を知る・マッピングを変えてみる

 

基本的にペンタブの描く範囲とモニターは1:1の比率になっています。

 

ワコム ペンタブ 比率

 

板状で右上端から左下端に動かすと、モニター上でも同じタイミングで右上端から左下端に動きます。つまりモニターが大きくなればなるほど、ペンタブの実際の範囲との差異は広がります。

 

ハシケン
モニターに対して極端に小さいペンタブを使った場合に、妙に扱いにくく感じるのはこのためです。

 

 

比率は慣れればつかめるようになるんですが、最初はかなり戸惑うと思います。

 

上の画面でマッピングの部分を調整することでモニターの使用範囲を変えることもできるので、最初全くなじまない場合はちょっと変更してみるのもありです。

 

ハシケン
ただし、描写できる範囲を狭めてしまうのはデメリットでもあるので多少慣れたら全画面に戻した方がいいでしょう。

 

『練習編』あの有名絵師達も皆ペンタブに慣れるまではアナログとの差に苦労した・・・はず!

絵の上手い人の特徴とは?

 

ほとんどすべての人が、最初はアナログから絵を描き始めました。どこかのタイミングでデジタルのペンタブに移行したときは皆それなりに苦労しています。プロだってそうです。

 

使いにくいとすぐに諦めず、慣れるまでの辛抱と思ってビシビシ練習しましょう!

 

文字・図形を描く練習からしてみる

 

いきなり絵を描こうとせず、まず文字を書いたり丸や四角など図形を描くことから始めましょう。

 

アナログとの間隔の違いを埋める作業は最初にどうしても必要になります。文字や図形を描いていく中で、前述の設定をいじったりしながら描きやすい状態を探していきましょう。

 

人の絵をトレースする

 

自分の絵を描く前に、好きな作家さんなどの絵をなぞって練習するのも有効です。

線画 描き方 コツ

 

印刷した紙をタブレットの上に置いてなぞってもいいし、ネットで拾った画像をペイントソフトで開いて上からトレースしてもいいでしょう。

 

ハシケン
色付きの絵よりも、白黒など線が見やすい画像がやりやすいですよ。

 

手元を見ずにポインタを見る

デジタルワークショップ 写真

 

板タブで特に戸惑うのが、紙にアナログだった時には手元を見ながら絵を描いていたのにモニターを見ながら手元を見ずに描くスタイルです。

 

ペン先は画面上のポインタになるので、基本的にそこを見ながら描くイメージになります。

 

あまり線の設定を細いものでやってるとポインタ自体も小さくなって見にくいので、最初は意識的に大きな線で描くようにすると慣れるのも早いでしょう。

 

 

どうしても最初はきつい部分があると思いますが、デジタルは絵を描く道具の一つにすぎずペンタブも結局慣れでしかありません。

 

長年アナログでしてきた感覚と違うのは当たり前、必ず慣れると信じて練習してください。

 

ハシケン
頑張れば一か月もかからず馴染みます!

 

『対策編』ペンタブの描き方を快適にして自由にイラストや漫画を描くコツとは?

光明が差す

 

実際に描き出したことで、いろいろ気になることが出てきたはずです。よりよくするための手段を最後にまとめて知っておきましょう!

 

ペン先を変えてみる

ワコム ペンタブ 替芯 場所

 

WACOMの場合は、モデルによってペンタブの替え芯が最初からいろいろ入ってるものもあります。

 

ざらざらしたペン先だったり、バネのついたペン先だったり様々です。

 

基本的に替え芯は描いていく中で削れていって描きにくくなったとき換えることが多いですが、描き心地を変えるためにあえて取り替えるのもOKです。

 

ツルツルするのが嫌なら紙やシートを貼り付ける

絵 描こう

 

タブレットは基本的に表面がツルツルしています。いやな場合は、コピー用紙を重ねたり専用のシートを乗せてみるのもいいでしょう。

 

ハシケン
おもいきって自分の描きやすい環境にどんどん変えてしまうのが、少しでも早く慣れるための秘訣です!

 

手ブレ補正を設定する

clip studio 手ぶれ補正機能
SAI 手ぶれ補正機能

 

有料だったり有名なペイントソフトには、固有の『手ブレ補正』という機能が付いています。

 

今のペンタブは優秀なので手のちょっとした動きも細かく読み取りますが、そのため描きにくいことも生じています。手ブレ補正を使うことで、無駄な手の揺れが反映されることを防げます。

 

ハシケン
実はプロでも手ブレ補正をいじらないと理想の線は描きにくかったりするので、持っているソフトの手ブレ補正機能を調べて必ず活用してください。

 

 

手入れをする

 

ペンタブも消耗品です。割と長持ちする機材ではありますが、時々でいいので掃除などもしてきれいな状態を保つようにしましょう。

 

まとめとして、

絵を描く

 

デジタルでお絵描きをしたいと思った時に壁として立ちはだかるのが、ペンタブに慣れる行為そのものです。

 

ただ慣れでしかないのもまた事実なんで、今回紹介した設定や対策を活かして早めに慣れてしまいましょう。

 

ハシケン
そのうち鉛筆以上に使いやすくなって、きっとアナログの時よりも絵が上手くなりますよ♪

 

 

↓ デジタルで絵を描く手順がわかる! ↓

 

 
ペンタブ 使い方 コツ

『たった4時間でデジ絵の基本的な描き方がわかる』

デジタル初心者向けのワークショップで

『アニメ塗り』の基本手順が1日で理解できます。


次回9/24開催

残り5席!

『あなた自身をブランドにしよう!』

キャラデザ サンプル

 

ビジネス・ブログで認知されるには

愛嬌あるキャラクターが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵

【キャラデザ】!


きっと写真より親しみを感じてもらえます。

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年5月時点で月間28万PV突破)。