クリップスタジオ便利機能総まとめ!知らなきゃ損するテクニック30

クリスタ 便利機能 テクニック まとめ 効率アップ クリスタ

スポンサードリンク

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

クリップスタジオには、知ってるだけで得する便利機能・小技が数多くあります。

 

ハシケン
逆に知らないと絵を描く作業効率が落ちて損しかしない・・・なんてことも;

 

ということで今回は、役立つ機能やテクニックを厳選して30個一挙お伝えします。

 

ハシケン
それぞれの機能ごとにYouTube公開済みの動画も用意しているので、実際の操作や挙動が見たい場合は動画で確認してください!

 

 

★ちなみに当サイトではデジタルの完全初心者さんを対象としたクリスタデビュー1day講座【デジ絵ワークショップ】も定期的に東京周辺で開催しているので、直接講座で学びたいときはご検討下さい。

ワークショップ 講座

※左端が講師のハシケンですw

 

目次


スポンサードリンク

クリップスタジオの人と差がつく便利機能・テクニック①

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでも同じ内容が見れるので好きな方でどうぞ!

 

1つのレイヤーだけ表示する方法

 

ハシケン
1枚のレイヤーだけ表示させることができます!
クリップスタジオ 1つのレイヤーだけ表示する方法

 

Alt押しながらレイヤーの目玉部分をクリックします。

 

そのまま他を押すとそちらに切り替わり、同じ目玉を押すと表示が戻ります。

 

モノクロ線画の白部分を透明にする方法

 

ハシケン
スキャンした画像から線画を取り出したいときや、白のくっついたJPGから白を取れます!
クリップスタジオ モノクロ線画の白部分を透明にする方法

 

「メニューバー」ー「編集」の「輝度を透明度に変換」で、白部分を透明に変換できます。

 

※輝度=明るさの度合いのことです、なので白が透明になるという理屈です

 

ラスターレイヤーで線の太さを変える方法

 

ハシケン
ラスターレイヤーで描いた線画の太さを、あとから少し調整できます!
クリップスタジオ ラスターレイヤーで線の太さを変える方法

 

「メニューバー」ー「フィルター」ー「線画修正」ー「線幅修正」、で小窓が出てくるので調整できます。

 

ベクターレイヤーで描いた線ほど自由に調整できるわけではありません

 

ガタガタの線画をキレイにする方法

 

ハシケン
無理に拡大した画像など、ガタガタした線画を少しキレイにできます!
クリップスタジオ ガタガタの線画をキレイにする方法

 

「メニューバー」ー「編集」ー「スマートスムージング」で行えます。

 

古い小さいデータを拡大したいときなどに、結構重宝するかもしれません。

 

ブラシサイズを手早く変更する方法

 

ハシケン
使ってるブラシのサイズを、パレットを使わずに瞬時に変えられます!
クリップスタジオ ブラシサイズを手早く変更する方法

 

Ctrl+Altを押しながら、キャンバス上で上下にドラッグで調整できます。

 

クリップスタジオの人と差がつく便利機能・テクニック②

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでも同じ内容が見れるので好きな方でどうぞ!

 

目的のレイヤーをワンクリックで見つける方法

 

ハシケン
目的のレイヤーを、パッと見つけ出せます!
クリップスタジオ 目的のレイヤーをワンクリックで見つける方法

 

キャンバス上で、Ctrl+Shiftを押しながらレイヤーを探したい箇所をクリックするとレイヤーパレット上で該当レイヤーがアクティブになります。

 

ナビゲーターの拡大縮小/角度を細かく刻む方法

 

ハシケン
ナビゲーターパレットの設定を自由に変えられます!
クリップスタジオ ナビゲーターの拡大縮小/角度を細かく刻む方法

 

「メニューバー」ー「ファイル」ー「環境設定」ー「キャンバス」で小窓が開くので、拡大縮小の%を追加したり表示角度のステップ値を修正できます。

 

★ナビゲーターに関しては、クリップスタジオのナビゲーターパレットの使い方や便利な機能を覚えようで詳しく解説しています。

 

柄を貼って動かす方法

 

ハシケン
貼り付けた柄などを自由に動かせます!
クリップスタジオ 柄を貼って動かす方法

 

素材パレットから好きな柄をキャンバス上にドラッグし、貼りたい箇所のレイヤーの上に配置して「下のレイヤーでクリッピング」。操作ツールのオブジェクトで動かしたり、回転できます。

 

★柄を貼ることに関しては、クリップスタジオ柄の貼り付け方!質感合成とテクスチャ機能をマスターしようで詳しく解説しています。

 

線の一部だけを色変えする方法

 

ハシケン
線の好きな場所だけ色を変えられます!
クリップスタジオ 線の一部だけを色変えする方法

 

変えたい線画レイヤーを選んで「透明ピクセルをロック」すると、ブラシツールなどで色を変えたい箇所に直接描き込めます。

 

★線の色を変える方法に関しては、クリップスタジオやデジタルイラストの線画の色をいつでも変更できる4つの方法!で詳しく解説しています。

 

ドラッグしながら塗る方法

 

ハシケン
塗りつぶしで一気に塗っていけます!
クリップスタジオ ドラッグしながら塗る方法

 

塗りつぶし(バケツ)ツールでクリックしたままドラッグしていくと、通過した範囲を塗っていけます。

 

塗りつぶしの設定は、サブツール「他レイヤーを参照」&ツールプロパティ「復数参照」ー「すべてのレイヤー」としておくといいでしょう。

 

スポンサードリンク

クリップスタジオの人と差がつく便利機能・テクニック③

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでも同じ内容が見れるので好きな方でどうぞ!

 

用紙の色を変えて目に優しくする方法

 

ハシケン
用紙を好きな色に変えられます!
クリップスタジオ 用紙の色を変えて目に優しくする方法

 

用紙のサムネイルをダブルクリックすると色の設定ダイアログが出てくるので、好きな色を選びます。

 

もしクリップスタジオ全体を白画面で使っているなら、「メニューバー」ー「ファイル」ー「環境設定」ー「インターフェース」ー「配色テーマ」で黒系に変更もできます。

 

ブラシで線をまっすぐ引く方法

 

ハシケン
ブラシツールのまま定規ツールに変えずまっすぐな線が引けます!
クリップスタジオ ブラシで線をまっすぐ引く方法

 

ブラシツールを使っている時にShiftキーを押すと直線の軌跡が出るので、任意の場所でクリックすれば線が引けます。

 

どのブラシツールでも同じように線が引けます。

 

レイヤーをフォルダに格納する方法

 

ハシケン
先にフォルダーを出さずにレイヤーをまとめられます!
クリップスタジオ レイヤーをフォルダに格納する方法

 

格納したいレイヤーを選択して、フォルダーアイコンにドロップすればフォルダーができます。

 

並んだレイヤーを選ぶならShiftを押したまま選択、飛び飛びのレイヤーを選択して格納するならCtrlを押したまま複数をクリックしてドロップすればできます。

 

絵や文字にフチをつける方法

 

ハシケン
線や文字に縁をつけることが簡単にできます!
クリップスタジオ 絵や文字にフチをつける方法

 

レイヤープロパティの境界効果を使います、色や太さも自由に変えられます。

 

フォルダーに対してもかけられるので、二重三重にフチをつけることも可能です。テキストにもかけられるので、テキストツール内のフチを使わなくてもいけます。

 

★縁取り機能に関しては、クリップスタジオふちどり簡単やり方!文字や絵に自由にフチがつけられるで詳しく解説しています。

 

3D素材のまま不透明度を変える方法

 

ハシケン
3D素材をカンタンに下絵として使えます!
クリップスタジオ 3D素材のまま不透明度を変える方法

 

3Dをフォルダーに格納してフォルダーの不透明度を下げるか、もしくはオブジェクトツールの選択のない状態にする(ブラシを選んだりすれば切り替わります)ことで不透明度を下げられる状態になります。

 

素材をラスタライズすると元に戻せなくなるので、コチラのほうが便利です。

 

★3D素材に関しては、クリップスタジオ3Dデッサン人形使い方!まず頭身と体型から合わせようで詳しく解説しています。

 

クリップスタジオの人と差がつく便利機能・テクニック④

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでも同じ内容が見れるので好きな方でどうぞ!

 

レイヤー上に描かれているものを選択する方法

 

ハシケン
レイヤーに描画されている部分を、カンタンに選択範囲にできます!
クリップスタジオ レイヤー上に描かれているものを選択する方法

 

レイヤーのサムネイル部分を、Ctrlを押しながらクリックするだけで選択範囲になります。

 

フォルダーごと選択/切り抜く/移動する方法

 

ハシケン
フォルダ内のパーツを一気に選択して、切り抜いたり移動ができます!
クリップスタジオ フォルダーごと選択/切り抜く/移動する方法

 

レイヤーをフォルダーに格納して、フォルダーに対して選択をかけることでできます。

 

線画や着色部分をまとめて動かしたり調整できるので便利です

 

★描いた絵の移動に関しては、クリップスタジオで描いた絵を自由に移動できる3つの方法をマスターしよう!で詳しく解説しています。

 

ブラシサイズのパレットを近くに表示する方法

 

ハシケン
描いているブラシのすぐ近くにブラシサイズのパレットを表示できます!
クリップスタジオ ブラシサイズのパレットを近くに表示する方法

 

「メニューバー」ー「ファイル」ー「ショートカットキー設定」ー「ポップアップパレット」でブラシサイズに対して好きなショートカットを設定して、描いている時に使えばパレットが開きます。

 

ブラシサイズは色々設定できるので、試した上で合いそうなものを使ってみてください。

 

★ブラシサイズに関しては、クリップスタジオブラシサイズの変更方法とショートカットをマスター!で詳しく解説しています。

 

質感合成する方法

 

ハシケン
クリップスタジオ備え付けの素材は、絵に自然な質感をのせられます!
クリップスタジオ 質感合成する方法

 

素材パレットのカラーパターン&単色パターンから柄をキャンバス上にドラッグして、レイヤープロパティで「質感合成」ボタンを押せばOKです。

 

「質感合成」のボタンが表示される素材でだけ行えます、他の素材は合成モードなどで行います。

 

★質感合成に関しては、クリップスタジオ柄の貼り付け方!質感合成とテクスチャ機能をマスターしようを参照してください。

 

3Dデッサン人形のポーズを写真で行う方法(先行プレビュー機能)

 

ハシケン
写真を元に3Dデッサン人形のポーズを作れます!
クリップスタジオ 3Dデッサン人形のポーズを写真で行う方法(先行プレビュー機能)

 

3D人形をキャンバス上にドラッグし、ツールプロパティの「ポーズ」の右端ボタンを押して写真を読み込ませます。

 

ハシケン
うまくいくものとそうでないものの違いが激しいですが・・・

 

★3D素材に関しては、クリップスタジオ3Dデッサン人形使い方!まず頭身と体型から合わせようで詳しく解説しています。

 

クリップスタジオの人と差がつく便利機能・テクニック⑤

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでも同じ内容が見れるので好きな方でどうぞ!

 

線の周りをきれいに塗る調整方法

 

ハシケン
塗りつぶしツールできれいに塗れます!
クリップスタジオ 線の周りをきれいに塗る調整方法

 

まず塗りつぶしのサブツールを「他レイヤーを参照」に、ツールプロパティ「複数参照」を「すべてのレイヤー」とします。

 

「隣接ピクセルをたどる」にチェックを入れて[隙間閉じ]は高目に設定し、[色の誤差]も10~50あたりで様子を見ます。さらに[領域拡縮]はプラスに設定して[もっとも濃いピクセルまで拡張]を使いましょう。

 

絵柄によっても設定度合いはかなり変わるので、いくつか試して丁度いい数値を探ってください。

 

元データを残しつつ色合いや雰囲気を変える方法

 

ハシケン
描いた絵を維持したまま色を変えられます!
クリップスタジオ 元データを残しつつ色合いや雰囲気を変える方法

 

絵のデータが復数に分かれていたらまずフォルダーに格納したうえで複製し、複製を結合した上で合成モードや不透明度を調整、新規色調補正レイヤーなども組み合わせていきます。

 

何をどれだけ使っても問題ないですが、レイヤー数が増える点だけは覚えておきましょう。

 

グリッドにそって線を描く方法

 

ハシケン
グリッドに線をスナップさせることができます!
クリップスタジオ グリッドにそって線を描く方法

 

「メニューバー」ー「表示」ー「グリッド」にチェックを入れてグリッドを表示し、コマンドバーから「グリッドにスナップ」ボタンを押したうえでキャンバスにブラシで描けばスナップされます。

 

コマンドバーのスナップボタンはいつでもON/OFFできます。

 

簡単に模様を作る方法

 

ハシケン
定規ツールで簡単に模様が作れます!
クリップスタジオ 簡単に模様を作る方法

 

定規ツールの「対称定規」を使います、キャンバス上でブラシを動かすことで幾何学的な模様もカンタンに描いていけます。

 

線の本数や線対称のON/OFFで、色々と描き方が変えられます。

 

囲むだけでどんどん塗っていける方法(投げなわ塗り)

 

ハシケン
囲むだけでガンガン色を塗っていけます!
クリップスタジオ 囲むだけでどんどん塗っていける方法(投げなわ塗り)

 

図形ツールの「投げなわ塗り」を使います、範囲を囲むとその中がメインカラーで塗りつぶされます。

 

カラーアイコンで透明色を使えば囲んだ範囲を消すこともできます。

 

クリップスタジオの人と差がつく便利機能・テクニック⑥

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでも同じ内容が見れるので好きな方でどうぞ!

 

塗りつぶしの隙間を閉じる方法

 

ハシケン
線画にちょっと隙間があっても塗れます!
クリップスタジオ 塗りつぶしの隙間を閉じる方法

 

塗りつぶしのツールプロパティ「隙間閉じ」を高めたり、領域拡縮を「+」にして拡縮方法を「最も濃いピクセルまで拡張」することで調整できます。

 

絵柄によっても必要な程度が変わるので、自分の線画で試してください。

 

絵の一部分をコピーして貼り付ける方法

 

ハシケン
絵の一部をコピペできます!
クリップスタジオ 絵の一部分をコピーして貼り付ける方法

 

投げなわ選択で囲んで、Ctrl+C・Ctrl+V(コピー&ペースト)で選択範囲を別レイヤーに貼り付けられます。

 

反転する場合は「メニューバー」ー「編集」ー「変形」ー「左右反転」、元レイヤー上で反転するならコピペじゃなく範囲を指定して「拡大縮小」ー「変形」などで行えます。

 

パースに合わせて図形を入れる方法

 

ハシケン
パース定規に合わせて、選択範囲や図形を描けます!
クリップスタジオ パースに合わせて図形を入れる方法

 

パース定規でパース線を引いた状態で、長方形選択や楕円選択で選択範囲を作成したり図形ツールを使うとドラックするだけでパースに沿わせられます。

 

あらかじめコマンドバーの「特殊定規にスナップ」をONにしておきましょう。

 

文字を遠近感に合わせて貼り付ける方法

 

ハシケン
箱や図形などに合わせて、文字の形を調整できます!
クリップスタジオ 文字を遠近感に合わせて貼り付ける方法

 

入力したテキストのレイヤーを右クリックー「ラスタライズ」した上で、「メニューバー」ー「編集」ー「変形」ー「自由変形」や「遠近ゆがみ」で合わせます。

 

ラスタライズしないと、できる変形方法が限られます。

 

★フォントの基本に関しては、クリップスタジオフォント使い方!テキストツールで絵と文字を組み合わせようを参照してください。

 

ベクターブラシに立体感を出す方法

 

ハシケン
鎖などのブラシで、遠近感をつけられます!
クリップスタジオ ベクターブラシに立体感を出す方法

 

ベクターレイヤー上に鎖や紐などのブラシツールで描いたうえで、線修正ツールの「ベクター線幅描き直し」で描いたものをなぞることで調整できます。

 

ツールプロパティのブラシサイズを適宜変えていくことで、自由な調整が行なえます。

 

★ベクターレイヤーに関しては、クリップスタジオのラスターレイヤー&ベクターレイヤーの種類や違いを覚えようで詳しく解説しています。

 

まとめ

クリップスタジオペイント 便利機能 まとめ

 

もちろんこれ以外にもまだまだクリップスタジオの便利機能や小技はあるので、ストックが溜まったらまた随時追加していきます。

 

ハシケン
ブックマークなどして、役立ててください!

 

 

 

 

スポンサードリンク