クリスタブラシサイズの変更方法とショートカットをマスター!

クリスタ ブラシサイズ 変更方法 ショートカットキー設定 クリスタ

スポンサードリンク

YouTubeチャンネルも運営中!

YouTube ハシケンちゃんねる

 

クリスタの操作がわからない、デジタルで絵が描けるようになりたい・・・そんな悩みをすべて解決していく動画講座です!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

クリスタは各種ブラシツールを使って自由に絵を描いていきますが、その際にペン先の大きさを変えるのが「ブラシサイズ」パレットです。

ブラシサイズ パレット 基本

 

ブラシサイズはそのまま使用するよりも、ある程度使いやすい状態にしたほうが絵を描く効率も上がって快適にお絵描きできるようになります。

 

ハシケン
ということで今回はブラシサイズについて、使っていく上での役立つポイントを徹底的に詳しく紹介します!

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでも同じ内容が見れるので好きな方でどうぞ!

 


スポンサードリンク

クリスタで絵を描くときのブラシサイズパレットの考え方

悩む デジタルイラスト

 

絵を描くときはキャンバスの表示サイズや描く箇所によって、ブラシサイズをどんどん変えて使うのが一般的です。

 

ブラシサイズを固定する機能は・・・ない!?

絵が上手くなるための方法

 

上の画像は当サイトで定期的に主催しているクリスタ一日講座【デジ絵ワークショップ】ですが、参加者の方から毎回のようによく聞かれるのが

 

「ブラシサイズはどのくらいにして描けばいいのか?」

 

・・・というご質問なんです。

 

最初に描いたようにブラシサイズは変えながら描く前提なので、サイズを限定して使うものではありません。そのためクリスタにもそのような機能は存在していません。

 

ハシケン
必要に応じて随時サイズを変えて描きやすい大きさで使えばいいだけなので、気楽に考えてください!

 

描いてて太いと感じたら細く、細いと感じたら太くすればOKです。消しゴムに関しても同様です。

 

ブラシサイズパレットはなるべく使いやすい状態にしよう

クリスタ ブラシサイズ 通常

 

クリスタをインストール後のブラシサイズのパレットは通常このような状態になっていると思いますが、パレットはスムーズにサイズを変えやすい場所に移動させましょう。

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
パレットの動かし方がわからないならYouTubeで確認!

 

ブラシサイズパレットをそのまま使っていると、大きなサイズはスクロールしないと出てこないはずです。

 

たしかにペンツールなどを最大で使うことはそれほどありませんが、描くだけでなく消しゴムのサイズとしても使えるので大きくしてキャンバスを一気に消すという使い方もできます。

 

ちなみにキャンバスの下に配置すると横長で広く取れてキャンバスの大きさにも影響しないので、おすすめです。ツールの横などに縦長にしておいてもいいでしょう。

クリスタ ブラシサイズ パレット移動

 

スポンサードリンク

ブラシサイズパレットが消えたときの表示/非表示方法

デッサン 初心者 練習

 

クリスタのパレットは重なったりすることで、表示&非表示が頻繁に切り替わります。そのせいで、使いたいパレットを見失うこともよくあるでしょう。

 

そんなときは「メニューバー」-「ウィンドウ」-「ブラシサイズ」を開いて、クリックしてチェックを入れれば表示されてチェックを外せば非表示となります。

クリスタ ブラシサイズ 表示 非表示

 

ハシケン
この方法は他のパレットでも共通なので、行方不明になったりパレットが邪魔で隠したいときは積極的に利用しましょう!

 



デジ絵ワークショップバナー画像

ブラシサイズの単位って? 確認と変更方法

イラスト 初心者 上達 秘訣

 

実はブラシサイズの単位は、変更することが可能です。

 

通常は「px」で表示されていますが、「mm」に変更することも実はできるんです。

 

今の単位がどちらかはメニューバーの「ファイル」→「環境設定」を開いて、「定規・単位」の「長さの単位」で確認(変更)できます。

クリスタ ブラシサイズ 単位 変更

 

基本ショートカットと変更方法&ブラシサイズのおすすめ設定 ※すべてiPadを含む

絵心とは 意味 定義

 

ブラシサイズは、実は最初からショートカットが設定されています。

 

「ファイル」-「ショートカットキー設定」で設定領域を「オプション」にし、「ブラシサイズパレット」を開くと『現在よりサイズの小さいプリセットを選択』『現在よりサイズの大きいプリセットを選択』とあってそれぞれに『[』『]』が指定されています。

クリスタ ブラシサイズ ショートカット

 

ハシケン
場所が使いにくいなら設定し直しましょう、設定方法はウィンドウ下部の『i』の欄に記載されています

 

ドラッグでカンタンにブラシサイズを変える方法

 

また、ドラッグでカンタンにブラシのサイズを変える方法もあります。

 

Windowsだと[Ctrl]と[alt]キーを押したまま(Macだとoptionとcommand)、ペンを上下にドラッグすることでサイズを変更できます。

クリスタ ブラシサイズ ドラッグ

 

消しゴムのサイズを変える時も同様の操作で行なえます。

 

ちなみにiPad版アプリでも、Mac同様[Option]+[Command]+ドラッグで変更できます。

 

ハシケン
ただしわざわざエッジキーボードを出すと逆に面倒なのでキーボードカバーや外部キーボード・片手デバイスか、なければブラシサイズパレットを使ったほうが効率いいでしょう

 

「ポップアップパレット」機能を使う方法

 

実はさらにもう一つ、ブラシサイズを変えるときの面白い方法があります。

 

あらかじめ好きなショートカットを設定しておくことで、その操作をするとカーソルのすぐそばに「ポップアップパレット」として表示させることもできます。

 

やり方は「ファイル」-「ショートカットキー設定」で上部の設定領域を「ポップアップパレット」とします。

クリスタ ブラシサイズ ポップアップパレット

 

「ポップアップを表示する/隠す」の「ブラシサイズ」にあなたの使いやすい操作を設定すれば、描いていて瞬時にパレットを開けるようになります。

クリスタ ブラシサイズ ポップアップパレット

 

ハシケン
・・・とブラシサイズの使用には非常に多くの方法があるので、色々試した上で一番いいものを使うか状況に応じて使い分けてみてください!

 

まとめ

デジタルイラスト講座

 

ブラシサイズは変に悩むことなく、場面に応じて自由に変えて使っていきましょう。

 

ショートカットなども活用すれば、描く効率もどんどん上がっていくはずです。

 

ハシケン
あれこれ試した上で、あなたにとって一番いい環境を見つけてください!

 

▼次はコチラ!

 

 

 

スポンサードリンク