クリップスタジオフォント使い方!テキストツールで絵と文字を組み合わせよう

クリスタ テキストツール 使い方 クリスタ

スポンサードリンク

★デジタルで絵を描けるようになりたいあなたのための1日講座★

 

次回11/21(土)開催、残り6席!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

イラストを描いていて文字を使いたい状況もあると思いますが、そんなときクリップスタジオで使うのが「テキストツール」です。

 

ハシケン
クリップスタジオはイラストだけじゃなくマンガ機能もあるので、フォント周りも充実してるんです♪

 

表現パターンを増やすためにも絵と文字を組み合わせて使うことは非常に有効です、今回の記事を参考にテキストツールの使い方や操作を覚えて活用してみて下さい。

 

ちなみに今回は、いわゆるマンガの吹き出し機能については触れません。

 

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでも似た内容が見れるので好きな方でどうぞ!

 


スポンサードリンク

クリップスタジオで使えるフォント、新規の追加方法

クリップスタジオペイント テキスト 使い方

 

ツールパレットのAという部分を選択することで、テキストツールが選べます。

 

クリップスタジオペイント テキストツール

A、を選択します

 

使えるフォント、いわゆる文字の種類はクリップスタジオに備え付けのもの以外にパソコンやiPadなどにインストールされているものがそのまま使えます。

 

もしフォントを新たに加えたい場合は、ネットに公開されているページを自分で探してダウンロードしてインストールすれば使えるようになります。

 

Windowsの場合はデスクトップで右クリック、個人用設定-フォントで[フォントの追加]が出てきます。

 

Windows10 フォント追加

Windows10のフォント追加の画面

 

ただしフォントをダウンロードして加える際は「商用フリー」かどうか、要は好きに使えるタイプの文字かどうかは必ず確認しておきましょう。

 

許可がないものを勝手に使って作成して市場に出していると、著作権違反で訴えられることもあるので気をつけて下さい。

 

スポンサードリンク

テキストツールの基本的な使い方、設定方法

クリップスタジオペイント テキストツール 使い方

 

テキストツールを選択し、文字入力を開始したい位置でキャンバスをクリックして文字を入力します。基本的にひらがなから始まる状態になっています。

 

クリップスタジオペイント テキスト 入力

※変形ハンドル、が正しいかもしれません;

 

入力後はテキストランチャーの[✔]をクリックすることで、入力内容を確定できます。

 

入力中、ツールプロパティでサイズを変えたり縦書き横書きを変えることも可能です。大きさは青枠の変形ハンドルをドラッグすることでも変えられます。

 

入力後に調整したい場合は、変更したい文字部分をドラッグで選択した上で変えられます。フォントの種類はどの段階でも自由に変えられます。

 

テキストの色を変える方法

 

テキストの色を変えるには、変えたい文字の範囲をドラッグで選択してツールプロパティのをクリックすれば[色の設定ダイアログ]が表示されて自由に変えられます。

 

クリップスタジオペイント テキスト 色の変え方

 

文字を移動・回転・拡大縮小させる方法

 

入力した文字の周りには、「変形ハンドル(青い枠)」が表示されています。

 

四隅を引っ張ることで拡大縮小、上にある◎部分あたりでドラッグすると回転、ハンドルの枠内をドラッグすることで移動ができます。

 

クリップスタジオペイント テキスト 変形

縦横比を固定していないと自由に動きすぎますw

 

コピペのやり方

 

入力したテキストを複製、コピー&ペーストなどしたい場合はレイヤーパレットで右クリックをすると[レイヤーを複製]が選べます。

 

クリップスタジオペイント テキスト レイヤーを複製

 

その他の編集方法:文字にふちどりをつける、変形する

クリップスタジオペイント テキスト 編集 変形

 

テキストツールには、他にも色々と便利な機能が存在しています。

 

ハシケン
残りの代表的なものを見ておきましょう!

 

文字にふちどり効果をつける

 

入力した文字に縁(フチ)をつけるには、レイヤープロパティの[境界効果]を使えばカンタンに行えます。

 

クリップスタジオペイント レイヤープロパティ 境界効果

境界効果は絵や線にも同様に使えます

 

文字のあるレイヤーを選び、レイヤープロパティの[境界効果]を押します。フチの太さはスライダーや数値で調整できて、フチの色の色部分をクリックすると色の設定が表示されて変えられます。

 

ハシケン
・・・と上のやり方が一番簡単ですが、実はテキストツール自体にもふちどりの機能はちゃんと存在しています

 

ハンドル内でフチをつけたい文字をドラッグ選択した状態で、ツールプロパティの右下にあるサブツール詳細(スパナのマークです)をクリックします。

 

クリップスタジオペイント テキスト フチ

 

[テキスト]を選択し[フチ]をオンにして、幅をスライダーで設定します。[フチの色]のカラー表示部をクリックし、[色の設定]ダイアログから色を選択します。

 

・・・ただこのやり方は一部を選んでフチをつけるなどはできません、ハンドル内のすべてを縁取ります。またフチの太さによって文字間が移動してしまう仕様なので、最初に紹介した境界効果のほうが扱いやすいでしょう。

 

★縁取りに関しては、クリップスタジオふちどり簡単やり方!文字や絵に自由にフチがつけられるで詳しく解説しています。

 

文字にルビを付ける

 

入力した文字にルビをつけたい場合は、ハンドル内で文字を選択した状態でサブツール詳細を開きます。

 

[ルビ]の[ルビ設定▼]を開いて、入力したい箇所に読みをつけます。

 

クリップスタジオペイント テキスト ルビ

 

入力後に、サイズなどを自由に調整できます。

 

テキストを変形して使う

 

たとえば描いた絵の箱の側面などにテキストを貼り付けたりしたいときは、「変形」処理を使います。

 

上でも解説したようにクリックやオブジェクトで変形ハンドルを表示させてドラッグすることで、拡大縮小や回転などの変形処理ができます。

 

ただドラッグすると結構自由に動いてしまうので、拡縮で縦横比を変えたくない場合はツールプロパティで[縦横比固定]にチェックを入れておきましょう。

 

  • 変形中に[Alt]キーを押すと、枠の中心を基準にして拡大・縮小できます
  • 変形中に[Shift]キーを押すと、縦横比を固定して拡大・縮小できます

 

[ツールプロパティ]パレットの[変形方法]から[平行ゆがみ]を選択しテキストの変形ハンドルをドラッグすると、全体を変形できます。

 

クリップスタジオペイント テキスト 変形方法 平行ゆがみ

 

もっと自由に変形したいときは文字レイヤーを選んで右クリックでラスタライズ(ラスターレイヤーに変換)して、[自由変形][遠近ゆがみ]などを行います。

 

ハシケン
ラスタライズしたら文字の再編集はできなくなるので、心配なときはあらかじめコピーしておくと安心です!

 

円形に処理したいときには、メニューバー「編集」ー「変形」ー[メッシュ変形]なども行いましょう。ツールプロパティで詳細設定も可能です。

 

まとめ

クリップスタジオペイント 文字の使い方

 

テキストツールは非常に色々な処理ができるので、機能を知れば様々な表現に使うことが可能です。

 

ハシケン
絵だけではちょっと物足りないときは文字も加えながら、魅力的なイラストを描いていって下さい!

 

▼次はこちら!

クリップスタジオやデジタルイラストの線画の色をいつでも変更できる4つの方法!

 

 

 

たった4時間でクリスタの基本操作がわかる!

完全初心者向けデジタル絵ワークショップ

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本「アニメ塗り」が理解できます。

 

140名以上が参加したワークショップで、

自由にデジタル絵を描けるようになって下さい!

 

次回11月21日開催、残り6席

 

スポンサードリンク