絵やイラストの線画をきれいに描ける8つの極意!デジタル/クリスタ対応版

デジタルイラスト 線画 描き方 絵を描く!

スポンサードリンク

YouTubeチャンネルも運営中!

YouTube ハシケンちゃんねる

クリスタの操作がわからない、デジタルで絵が描けるようになりたい・・・そんな悩みを解決する動画講座です

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

当サイトでは絵の描き方やクリスタのノウハウを発信していることから質問をよくもらいますが、特に困ってる人が多く見られるのが『線画』の描き方についてです。

 

ハシケン
どうしても線がきれいに描けず悩んでいる人が多いんですよね・・・

 

ということで今回はクリスタをはじめとしたデジタルペイントソフトで描く線画について、初心者さん向けの8つのポイントを紹介していきます。

 

  1. ワンストロークでなく短い線を繋ぐ
  2. 長く描いた上で不要な部分を消す
  3. 描きやすい方向で線を描く
  4. 難しそうな部分はレイヤーを分ける
  5. 輪郭は太く、中は細く
  6. 何度もctrl+Zでやり直す
  7. 図形ツールを使う
  8. ベクター線を使う

 

ハシケン
まだやってないことがあれば、ぜひ1つずつ取り入れてみて下さい!

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeで最新の内容も見れるので好きな方でどうぞ!

 


スポンサードリンク

はじめに:デジタルイラストで線画を描くペンツールは、使いやすいものでOK!

クリスタ 1日ワークショップ

★一日クリスタ講座の様子です

 

ハシケン
当サイトでは上の写真のようなクリスタ講座を定期的に開催してますが、線画を描く時にどのブラシツールで描いたらいいか悩む人はすごく多いいらっしゃいます

 

基本的には描きやすいものならなんでもOKです、使うソフトがクリスタなら好きな描き心地のものを選ぶようにしましょう。

 

クリスタ iphone ツールパレット サブツールパレット

iPhone版クリスタの画面です

 

ちなみにブラシサイズもいくつがいいかよく聞かれますが、キャンバスの解像度や表示サイズによっても最適解は変わるので一口にいえません。

 

ハシケン
描きやすい状態ならなんでも大丈夫なので、安心して進めてください!

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでブラシについて詳しく見れます

 

 

慣れないうちは線の間に隙間が生じるようなものやカスレが表現されるものよりも、なるべくはっきりした線が描けるブラシツールを使っておくとやりやすいでしょう。

 

線画 イメージ

※好みの分かれる部分ですが

 

スポンサードリンク

線画をきれいに描くポイント①ワンストロークでなく短い線を繋ぐ

 

デジタルイラスト経験が浅い頃に多いのが、ひとつなぎの線を無理やりそのままひとつながりで描いてしまおうとすることです。

 

デジタルイラスト 線画 サンプル

 

長い線であっても下のような短い線の結合で描いたって別に構わないんです、はみ出たところは後で消しゴムツールなどで消しましょう。

 

線画 イラスト コツ

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
消しゴムについてはYouTubeでも確認できます

 

線画をきれいに描くポイント②長く描いた上で不要な部分を消す

 

次は上と真逆のやり方ですが、はじめに一気にさっと描いてしまって不要な部分だけあとから消す方法もあります。

 

デジタルイラスト 線画 コツ

 

手首のスナップで可能な範囲なら線のブレも出にくいので、サッサッサッ・・・と描いた上で乱れた部分を消していきましょう。

 

ハシケン
『ここは・・・短く描いたうえでつなげるか、長く描いてから消したほうがいいのか?』

・・・場所ごとの見極めはどうしても経験によるので、線画が難しいと言われるゆえんかもしれません

 

量をこなして経験を積めば「あーここはこの描き方がいいだろうな♪」と次第にイメージできるようになっていくので、いろいろなやり方を試していってください。

 

線画をきれいに描くポイント③描きやすい方向で線を描く

 

右利きなら左側の曲線、左利きなら右側の曲線、など利き手によっても描きやすい線の方向は違ってきます。

 

線画 描きやすい方向

 

何回も何回も描いていくうちにあなた自身にとって楽な方向がわかってくるので、キャンバスをまっすぐにしたままだと描きにくい部分はキャンバスを回転や左右反転などしてもっと描きやすい状態にして描いていきましょう。

 

クリスタ キャンバス回転

 

ハシケン
アナログで紙を自由に回しながら描くようなことがデジタルでもちゃんとできるので、クリスタならナビゲーターショートカット機能なども設定して積極的に使っていきましょう!

 

クリップスタジオペイント ショートカット機能

クリスタのショートカット設定画面です

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでナビゲーターが確認できます

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでショートカットが確認できます

 

線画をきれいに描くポイント④難しそうな部分はレイヤーを分けて描く

絵のなかには細かい部分だったり、ちょっと苦手な部分もあるでしょう。

 

クリップスタジオペイント レイヤー分け

 

そういった箇所を描くときはあらかじめレイヤーを細かく分けておいて、間違えたときもそこだけの修正がしやすい状況にしておくと便利です。

 

ハシケン
肩に力が入ったり、変に緊張することもなくなります!

 

★レイヤーに関して詳しく知りたい時は、イラストを描く時のレイヤーの機能と使い方をプロがわかりやすく解説!を参照してください。

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでもレイヤーについて確認できます!

 

線画をきれいに描くポイント⑤輪郭や手前のものは太く、内部や遠いものは細く

 

線画は奥が深く、たったひとつの線の違いで立体感が変わります。基本的なルールとしては、

 

  1. 絵の輪郭部分は太く描いて、中の細部は細い線で描く
  2. 手前にあるものや大きいものは線を太くして、遠くにあるものや小さいものは細くする

 

・・・この二点を覚えて、描くことになれてきたら取り入れていって下さい。

 

線画の描き方

 

ハシケン
意識して進めることで、次第に線画で立体感が表現できるようになっていきます

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
遠近感の加工処理はYouTubeで確認できます!

 

線画をきれいに描くポイント⑥何度もCtrl+Zでやり直す

 

デジタルの線画を描く工程では、描いて失敗したらすぐやり直すのがコツです。

 

描いて失敗したら「Ctrl+Z(取り消し)」で消して描き直して、また描いて気に入らないから「ctrl+Z(やり直し)」で描き直し・・・この繰り返しで一番いい線を描いていきます。

 

クリップスタジオペイント ショートカット機能 取り消し

 

ハシケン
プロでも多くの人がやってる描き方なので、初心者のうちは意識して何度もやって早く慣れてしまいましょう!

 

線画をきれいに描くポイント⑦図形や線のツールを使う

 

小物を描くときは図形ツールで円や線をしっかり描くと立体感が整い、絵としての説得力も高まります。上手い人ほど、小物をないがしろにしていません。

 

クリップスタジオペイント 図形ツール 円 描き方

 

円などを髪のラインに使う人もいます。通常の線画レイヤーと分けておくと調整も効かせやすいので、慣れないうちは細かくレイヤーを分けながら試していくといいでしょう。

 

ハシケン
円で立体を描く時はパースを意識して若干幅を縮めたりすると効果的です

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeで図形ツールが確認できます

 

線画をきれいに描くポイント⑧ベクター線のツールを使う

 

あとから線の太さを変えたい、線を自由に調整したいなどの場合はベクターレイヤーを使います。

 

クリップスタジオペイント ベクターレイヤー 使い方

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでベクターレイヤーを確認できます

 

まとめ

イラスト デジタル 描き方 コツ 

 

  • ワンストロークでなく短い線を繋ぐ
  • 長く描いた上で不要な部分を消す
  • 描きやすい方向で線を描く
  • 難しそうな部分はレイヤーを分ける
  • 輪郭は太く、中は細く
  • 何度もctrl+Zでやり直す
  • 図形や線を使う
  • ベクター線のツールを使う

 

今回紹介したポイントを取り入れていけば、必ず線画をうまく描けるようになるはずです。

 

線画は一朝一夕で上達するものではないので、あせらずじっくり取り組んでみて下さい。

 

ハシケン
上手い人が描いた絵の線を見て真似してみるのも有効です、トレースしてクセを掴んでみるのもいいですよ

 

▼次はこちら!

クリスタの手ブレ補正機能の使い方を知って快適に絵を描こう!

 

 

 

スポンサードリンク