クリスタ線画抽出やり方!写真や素材からラインを取り出して使おう

クリスタ 線画抽出機能 ライン抽出 やり方 クリスタ

スポンサードリンク

YouTubeチャンネルも運営中!

YouTube ハシケンちゃんねる

 

クリスタの操作がわからない、デジタルで絵が描けるようになりたい・・・そんな悩みをすべて解決していく動画講座です!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

クリップスタジオでマンガを描く時に多く使用されている機能の1つに、「ライン抽出」というものがあります。いわゆる背景や小物を描くときに、写真などの素材から線画を取り出す機能です。

 

イラストに使うことはそこまで多くはないかもしれませんが、知っているといざという時にかなり役立つ機能なのでぜひ覚えて活用してみて下さい。

 

ハシケン
基本的なやり方さえ知っておけば、応用も自由にできるようになります!

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでも似た内容が見れるので好きな方でどうぞ!

 


スポンサードリンク

ライン抽出機能はクリスタEXのみ! え・・・PROにはない?

クリスタ 線画抽出機能 PROのみ 

 

写真や素材などから線画を取り出すことのできる非常に便利な機能のライン抽出ですが、実はクリップスタジオPROではできずクリスタEXのみの機能となっています。

 

ハシケン
EXは漫画やアニメ制作に特化しているグレードなので、まあ仕方ないといえば仕方ないんですが・・・

 

ちなみに検索で調べてみると、クリスタPROで似たようなことをするためのやり方などを解説してくれてるサイトなどもちらほら見つかりますが・・・スムーズにやりたい場合は最初からEXを使った方がやはり手っ取り早いでしょう。

 

ポイント!現在すでにPROを持っていてEXの線画抽出機能を使いたいという場合は、差額を支払ってアップグレードすることもできます。

 

 

スポンサードリンク

線画抽出のスタートは「レイヤープロパティ」から!

クリスタ ライン取り出し機能 レイヤープロパティ

 

ハシケン
それでは、ここからはいよいよライン抽出の実際のやり方を見ていきましょう!

 

まずは、開いているクリスタのキャンバス上に線画を抽出したい写真や画像を読み込む必要があります。

 

メニューバー「ファイル」ー「読み込み」ー「画像」か、もしくはキャンバスに直接ドラッグすることで『画像素材レイヤー』という状態で開くことができます。

クリスタ 画像読み込み 画像素材レイヤー

 

 

読み込んだらレイヤーパレットでレイヤーを選択した状態で、「レイヤープロパティ」の「ライン抽出」ボタンを押せばそれだけでもカンタンに線画を抽出してくれます。

クリスタ ライン抽出 線画

 

抽出時の設定は黄色の辺りで色々と自由に変更することもできます、以下各項目で行えることになります。

 

  • 黒ベタ閾値(しきいち)・・・黒ベタにする範囲を調整できます
  • ライン幅調整・・・線の幅を調整します
  • エッジ閾値・・・ノイズなどを飛ばせます
  • 検出方向・・・見た目の印象を変えられるのでイメージに合う状態を選べます

 

画像素材レイヤーをラスタライズ処理した上でレイヤープロパティの「表現色」をモノクロにするとアンチエイリアスのない「2値化」もできるので、白黒のマンガ原稿にも利用できます。
クリスタ レイヤープロパティ 表現色

 

ノイズ飛ばしについて

 

写真から線画を取り込みたい時にどうしても発生しがちなのが、ノイズの発生です。

クリスタ 線画抽出 ノイズ

 

エッジ閾値でかなりのノイズを飛ばすことができますが、好きなように調整したい場合は「色混ぜツール」の「ぼかし」や「フィルター」の「ガウス」で直接消すこともできます。

 

▼ノイズ処理のポイント▼

  1. ぼかしはブラシ濃度を変えて(15など)、使いやすくした上で行います
  2. 背景画像に使いたい場合、写真に写っている人物が邪魔なときはこの段階で消します
  3. 必要があればあとから背景に描き足し処理を行うこともあります

 

動画だと処理がわかりやすい!
ハシケン
実際のノイズ処理の様子はYouTube動画の05:00~07:00前後で確認できます

 

LT変換をすれば(主にマンガに使う用に)線画とトーンに分けて抽出できる!

クリスタ マンガ機能 LT変換

 

線画を取り出すだけなら上の手順だけでも十分ですが、マンガに使う際は写真をもとに線とトーン処理を取り込みたいことがほとんどになるでしょう。

 

その場合に使うのが、「レイヤーのLT変換を実行」というボタンになります。

クリスタ レイヤープロパティ LT変換機能

 

ハシケン
ちゃんと表記がないんですが、LTはおそらくLINEとTONEの略・・・かと

 

ちなみにLT変換に関しては、前章で書いたノイズ処理関連のぼかしやガウスなどひと通り終えたあとにやるのが一般的です。

 

また、LT変換をした画像は元に戻せなくなるので心配なら複製しておきましょう。

 

LT変換処理の流れ

 

ノイズ処理など一通り終わったら、レイヤープロパティにある「レイヤーのLT変換を実行」のボタンを押すと専用ウィンドウが表示されます。

クリスタ LT変換変換 線画 トーン処理

 

「プレビュー」にチェックを入れておけば調整の様子がリアルタイムに見れるので、線画の際と同じようなイメージで様々なところを調整した上でOKを押すと線画とトーンが分かれて作成されます。

 

この段階ではラインにはまだアンチエイリアスがかかっているので、2値化して使いたい場合にはレイヤープロパティの表現色をグレー⇒モノクロにするのを忘れないで下さい。

 

画像素材レイヤーのまま使っていると表現色の項目自体が表示されないので、気をつけて下さい。

 

もちろん3D素材だってLT変換はできる!

 

写真と同様の手順で、クリスタにある3D背景や小物など数多くの素材もLT変換処理を行ってマンガなどに使うことが可能です。

クリスタ 3D素材 LT変換

※YouTube「ハシケンちゃんねる」より参照

 

例えば描くのが大変な拳銃などは、今回紹介したような手順を使ってマンガに取り込んで使っている人も多くいます。

 

ハシケン
マンガではなくイラストに使用したい場合は2値化などは気にせず、それ以外の部分で同じような処理を行えば大丈夫ですよ♪

 

まとめ

クリスタ 線画抽出 ライン 便利 

 

クリスタには数多くの便利な作画補助機能が備わっていますが、中でも目をみはるレベルで助かるのが今回紹介した線画抽出と言ってもいいでしょう。

 

これがあることで作業効率が上がって助かっている漫画家さんは、世の中に山ほどいるはずです。

 

ハシケン
さまざまなことに使用できる超便利機能なので、ぜひ覚えて好きなことに使用してみて下さい!

 

 

たぶん動画の方がわかりやすい!
ハシケン
文字だけだといまいちわかりにくいときはこちらでどうぞw

 

 

 

 

スポンサードリンク