30過ぎでペンタブデビューしたプロが初心者向け練習方法を解説!

デジタル絵 初心者 練習 上達

スポンサードリンク

『絵』でGoogle検索1位に表示される【コンテアニメ工房】特選商品&サービス

キャラデザ

【キャラデザ】⇒表情の変えられる全身似顔絵キャラクターであなたをブランド化しよう! 

★毎月限定6体まで、完全受注制作で絶賛販売中!

 

どうも、絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

自分は元々、アナログで絵を描く仕事をしてました。

 

ハシケン
ペンタブレット(以下ペンタブ)で仕事するようになったのは30を越えてからで・・・でも慣れたあとはすっかりデジタルでしか描けなくなっちゃいました(笑

 

つまり、ペンタブに慣れてデジタルで絵を上達させてくことは何歳からでも可能だとわかってもらえるんじゃないでしょうか?

 

ということで今回は、初心者が効果的にデジタルとペンタブに慣れるためにはどう練習を進めていけばいいかを詳しくまとめました!

 

スポンサードリンク

初心者がペンタブレットに慣れるまでの練習方法は?

ペンタブ デジタル 絵

 

デジタルで絵を描く最初の関門はなんといっても、アナログで使ってた鉛筆やペンからペンタブレットと呼ばれるデジタル環境の作画に移行することでしょう。

 

hashiken
手元のノートを見て描いてたものを、手元を見ずに正面のパソコンの液晶画面を見ながら描くんだから最初は難しくて当たり前です。

ちっとも気にする必要なんてありません!

 

慣れる方法としてよく言われるのが、タブレットの上に絵の印刷された紙をおいてその上をなぞるやり方です。

 

ハシケン
眉唾な感じですが感覚をつかむためには悪くないと思います、ただ本当にこれでいいのか・・・やってて手応えもわかないし悩むかもしれませんね。

 

一歩進めた練習としては、パソコンの画面上で線のトレースをひたすら行う方法があります。

 

好きな作家さんの絵などを表示して、不透明度を下げて上においたレイヤーにひたすら線画を描いていきます。線の強弱なども再現して、失敗したら細部もやり直しましょう。

 

上手い人だって何度も細かく直しながら進めています、慣れないからって直すのを怖がっていては成長しません。

 

大事なのは、必ず最後までやり通すことです。途中でやめてしまうと次に繋がりません。

 

ペンタブは結局慣れるかどうかがカギなので、あなたに合うやり方を見つけて慣れるまで繰り返す以外に有効な方法はありません。

 

好きな絵師さんの講座でもなんでも良いんで、既に描ける人たちがどうやって慣れたのかも調べて真似しましょう。

 

hashiken
マウスでブラウザを開いたりネットを見る作業を、ペンタブでやったりするのも有効です。

諦めずに続ければ、一ヶ月もする頃にはきっと普通に使えるようになってます!

 

デジタル絵の上達の第一歩!ペンタブで絵を描く基本姿勢を身につけよう

ペンタブレット 姿勢

 

パソコンでペンタブを使い絵を描く時の基本姿勢というものがあります。人によって差はありますが、上のアイキャッチイラストに描いた状態が非常にノーマルな形でしょう。

 

片手でペンタブを持ち、もう一方の手はキーボードに乗せて描きます。キーボードはコマンドやショートカットを使用するため必要になります。

 

ハシケン
コマンドやショートカットは作業の時間短縮をはかるうえで非常に重要なので、必ず使えるようになっていきましょう!

 

アナログで絵を描く場合は紙自体を回転させバランスを見ながら描いたりしますが、デジタルは画面の中で表示されている絵自体をお絵かきソフトの機能で回転したり反転・拡大縮小して描いていきます。

 

ラフ 作画

 

慣れた人ほどこのような基本動作を素早く何度も行っています。自分が描きやすい状態を作っていくためにも、いろいろな動作を試しながら慣れていってください。

 

★ラフを描くときの変形や移動などは、下の記事にもgif動画が載ってるので参考にしてください。

 

キーボードの代わりにゲーム用のコントローラや専用のパッドを使う人もいます。手を下げながらショートカットが使えるので、長い時間作業する時はかなり楽です。

 

使いこなすと時間短縮につながるので、時間に追われて絵を描く状況があるなら使えた方が絶対得です。

 

ただし、会社に属して絵の仕事をやる場合は持ち込みでないと使えない状況もあります。まずキーボードで一通り慣れた上で、このような機械も使ってみる方が無難でしょう。

 

 

また人によっては、ペンタブのタッチ機能が邪魔に感じる場合もあると思います、その場合はいっそタッチ機能を切ってしまいましょう。

 

ペンタブのボタンや消しゴム機能も同様に、あなたが使いやすいように使ってこその便利な道具です。

 

使用頻度の高い機能はコマンドやショートカットキーを活用する!

ショートカットキー

 

頻繁に使う動作は、ショートカットとして登録し効率化を図りましょう。その積み重ねは最終的にかなりの合計時間となり、多くの無駄を省いてくれます。

 

代表的なショートカットは下のサイトに詳しいです、いつも使っているコマンドは必ず登録しておきましょう。

 

 

ハシケン
設定を変えることもできるので、例えばデフォルトで『○+△』となっているものを押しやすいように『△+☓』としたりするのも自由です。

 

あなたにとって描きやすいかどうかが一番大事なので、描くことに慣れてきたら理想の環境を構築していきましょう。

 

デジタル上達のためにはオススメの本も使おう!

自由 楽しい

 

ペンタブに慣れて描く姿勢や環境が整ったら、いよいよ絵をどうやって上達させていくかです。

 

独学でやるのは無駄が多いので、最初は本やネットの講座などを参考に進めていくのが近道です。

 

コンテアニ夫
オレはいったい何を描きたいのか?
コンテアニ夫
どんなふうに描いていきたいのか??

 

やりたいことを直接教えてくれる本やブログページがあれば成長が早くなります、検索などで好みのものを探しましょう。

 

ハシケン
買う際は本屋であれば中身を見た上で理解しやすそうかどうか、細かいところまでフォローしてるかどうかを基準に買いましょう。ネットの口コミも利用してください。

 

これらは割と鉄板の部類に入ると思います。

 

ハシケン
どんな本でも買った以上、最後までやり通すつもりで利用しつくしましょう。

やり終わる頃には必要な知識も蓄積されて、きっとある程度は出来るようになっていますよ。

 

絵の上手な人と知り合って意見をもらう

ブログ 平和に

 

有名作家さんもSNSの利用が多くなっています。ただ有名過ぎる人だと返りが期待できないし、ましてや初心者が質問すると迷惑になってしまう場合があります。

 

絵の描き方をブログで教えてくれている人と仲良くなって質問するのがベストです。

 

ハシケン
もちろん聞き方にはマナーを持って頻繁になり過ぎないように、質問箇所を明確にたずねるようにしましょう。

 

でも、一人の人にばかり聞いていると迷惑な上に偏った見方になりがちです。どうせなら、何人かと関係性を作ってお願いしてみましょう。

 

ハシケン
その際は相手に負担をなるべくかけない程度に質問する、という気配りを忘れないようにして下さいね(笑

 

さいごに、

 

ごく基本的なことばかりですが、描き始めはこの辺りをおさえて進めていけば大丈夫です。

 

hashiken
慣れていくと自然と我流になっていくので、最初の頃は教科書通りの進め方をしたほうが安全です。

それで得られる基本的な知識はなんだかんだで侮れないものですよ。

 

デジタルは慣れてしまえれば、様々なソフトやツールに応用が効きます。ペンタブで絵が描ければ様々な広がりが見いだせるようになるので、どうか悩み過ぎず楽しんでトライしてください!

 

★デジタルの始め方に悩んでいたら、当サイト限定E-bookが参考になります。

 

★デジタル機材を揃えたものの結局どう描いていいかわからず苦しんでいたら、【デジ絵ワークショップ】に参加してたった一日でデジタルの基本手順を理解しちゃいましょう。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

 

 

 

デジタル絵 初心者 練習 上達

『顔出しせずに覚えてもらえる!』

キャラデザサンプル

ビジネス・ブログであなたを認知してもらうには

愛嬌あるキャラクターが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵


【キャラデザ】!


きっと写真以上に親しみを感じてもらえます。

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年5月時点で月間28万PV突破)。