デジタルで絵を描くぞ!でも初心者はアナログで上達してからのがいいの?

デジタル 絵 アナログ

スポンサードリンク

 

どうも、アートディレクターのhashiken(@conteanime)です。

 

パソコンやお絵かきソフトが昔より安く手に入るようになって、デジタルで絵を描く人数も年々増加してると言われます。

一方で、そうしたいと思いながらもなかなか一歩を踏み出せずあーでもないこーでもないと悩むこともきっとあるでしょう。

 

hashiken
自分は元々アナログで漫画家を目指し、いろいろあって遊技機のアニメ原画の仕事に就いてその後ようやくデジタルに移行しました。

ペンタブレットというデジタルの鉛筆(?)も30過ぎて初めて触った経歴です(笑

 

結論から言うと、デジタルはあくまで絵を描くためのツールの一つです。

素材や状況によって使い分ければいいだけのものです。

 

だから軽く考えましょう、この記事が悩みを解消するひと押しになればと願います。

 

※イラスト・漫画・アニメの3種についてまとめた記事となります。芸術や絵画には触れません。

 

★純粋に機材やソフトに関して悩んでいたら、初心者がパソコンで絵を描くにはどうするの?機材とソフトのオススメが知りたい!が参考になります。

 

自分で絵を描いて効率的に使えるようになっちゃおう!

『絵』の単独ワードでGoogle検索1位に表示されることもある【コンテアニメ工房】が、

『たった一日でデジタル絵の基本的な描き方と活用方法までわかる』ワークショップを開催します!

※画力向上よりも、実用的な絵の活用を考えている方を対象としたワークショップです。

 

スポンサードリンク

絵を描く上でのデジタルのメリット・デメリットとは?

 

絵を描く 技術 学び

 

基本的なことですが、あらためてデジタルとアナログの違いをまとめておきます。どの方向性を選ぶにしてもしっかり頭に入れた上で決めましょう。

 

デジタルのメリット

 

  • 何回でも直せる
  • 手も素材も汚れない
  • 細かく分けて作業できる
  • 画材がほぼいらない
  • 仕事が幅広く受けられる

 

パソコンで絵を描く最大のメリットは、やっぱり紙を汚さずに何度も描き直せることでしょう。なんどでも直せるってことはつまり、修正の繰り返しによってより精度を高めた絵に近づいていけることにも繋がります。・・・悲しいかな、つながらない場合もあります(笑)

更にパソコンでの絵の作業には、昔でいう写し紙やアニメのセル画のようなレイヤーという概念を使うので、細かくパーツや工程ごとに分けて作業を進めて最後に合成したり・・・また分割したりってことがほぼ自由自在にできます。

 

hashiken
レイヤーの存在こそが、一度慣れるとアナログに戻れない一番の理由なのかもしれませんね。

 

デジタルは細かい画材を買う状況もかなりの面において削減することが出来ます。

 

※一部、漫画制作ソフトのスクリーントーンやその他プラグインという追加機能は必要な場合もありますが、トーンは一度買えば無限に使えますしプラグインもあるとたしかに便利ですが必要に応じ買うかどうかを自分で決めればいい類のものです。

 

仕事に関しても、単純にデジタルでの作業の幅が広くなっているので今やアナログよりも探しやすい現実があると言えるでしょう。

 

デジタルのデメリット

 

  • 初期投資がかかる
  • 慣れるまで時間がかかる
  • 描き込みすぎる
  • 修正が多くなりがち
  • アナログに戻れなくなる

 

メリットで書いたことと矛盾するようですが、デジタルには最低限の初期投資が必要です。

 

※アナログだとあとあと必要になる細かい費用が、デジタルだと減ると理解して下さい。

 

パソコン、ペンタブレット、グラフィックソフト。それぞれ選択肢は様々ですが、この3種が必要です。値段は上下幅広いですが、頑張れば10万未満で揃うでしょう。

 

 

絵を描く場合は誰もがまずアナログから入ると思いますが、手元の紙を見ながら鉛筆などで直接描き入れていくアナログスタイルから正面のパソコン画面を見つつ手元は見ないでペンタブレットを動かす作業するデジタルスタイルへの移行はやはり最初は難しい部分もあります。

ただ本当に慣れでしかないので、最初は無理でもやってるうちに必ず出来るようになります。※どうしても手元を見ながらデジタルをやりたい場合は液晶タブレット(液タブ)と呼ばれる物もありますが、20万前後とかなり高価です。

 

アナログと違い細部を拡大して見れてしまうので粗が目につきやすく、自然と直す作業も増えたりします。仕事で提出した場合もクライアントに細かいとこまで見られて指摘されることは往々にしてあります。デッサンの狂いも発見が容易なので、細かいとこまで気を抜けないのがデジタル絵の仕事かもしれませんね。

デジタルに慣れるとアナログと比べて便利すぎるためにアナログ作業を億劫に感じるようになる人が多いです。レイヤーのない世界に戻ることのしんどさは、一度染まってしまうとなかなか抜けだせません(笑 それは覚悟しておきましょう。

 

絵の仕事の種類ごとの考え方

 

目立つための作戦

 

デジタル・アナログと一言で言っても、職種による向き不向きが多少あるものです。それぞれでの使い方を知っておきましょう。

 

イラスト

 

仕事でのイラスト制作に関しては、デジタル環境が求められることが多いです。発注する側もデジタル上で直すことが殆どなので、アナログで描いたもの自体見かけることがほぼほぼありません。

 

イラストと言ってももちろん様々で、例えば絵本の挿絵などであればまだアナログの人も多いかもしれませんね。

 

ただ、ネットでアイコン用に使ったりする絵だとかスマホゲームで使われるカードイラストなんかはアナログということは基本的に無いので、イラストで生きていきたいなら早めにデジタルに移行しておいて損はしないでしょう。

 

アニメ

 

アニメの場合は工程ごとに結構分かれると考えたほうがいいでしょう。

 

  • キービジュアル
  • キャラクターデザイン
  • 絵コンテ
  • レイアウト
  • 原画
  • 動画
  • 彩色
  • 背景

 

ざっくりですが、直接絵を用意する工程はこの辺りになるでしょうか。作業者にもよりますが、キービジュからレイアウトまではデジタル化が徐々に増えているような印象です。

修正が利きやすいのと、構図なども描いたあと回転・拡縮させて調整が自由に利くので特に演出が強く絡むパートはデジタルのほうが有効な場合もあるでしょう。また彩色や背景は既にほぼデジタルですね。(ジブリなど、演出的にあえてアナログでやる場合は除きます。

 

ただ原画・動画に関しては何よりもスピードが求められるために、なかなかデジタルには移行していけない部分があるようです。

 

いわゆるゲームやパチンコ関連のアニメだとまだ時間に猶予があるので可能ですが、生産性が求められるTVアニメではよほどのことがない限りアナログが生き残っていくはずです。

 

漫画

 

コミックスタジオや最近のCLIP STUDIOなどを使うとパソコン上でかなりスムーズなマンガ制作が可能なため、若い世代ほどデジタル移行が進んでる印象です。逆に大御所の作家はアナログのままの人が多いでしょうね。

アシスタントを遠方の人に頼む場合や、スクリーントーンやベタなどのパートなんかはデジタルにしてしまったほうが圧倒的に効率がいいでしょう。

 

hashiken
枠線、消しゴムかけ、ホワイトなんかはデジタルだとホント楽ですからね・・・自分はアナログマンガ世代でしたが、もう二度とトーン削ったりとかしたくないです(笑

 

原稿という紙データを汚したり破損したりしない意味からも【漫画のデジタル化】は特に恩恵が多いかもしれませんね。

 

絵を描く仕事の将来像、人間はこの先どこまでやれるのか?

 

人間 不思議

 

最近アンケートでたまに見るのが、『○十年後になくなっている職業は?』というテーマです。今後ロボットなどに置き換えられそうな仕事ってことで『えっこんなものまで?』みたいなものもあがってたりしますよね。

 

ここでは、ロボットやソフトの処理で置き換え可能そうな絵の作業をあげてみたいと思います。

そういう仕事だけをやっていくといつかロボットにリストラされちゃうことにもなりかねないので、なるべく幅広いことをやるようにして自分の価値を高めておきましょうね・・・お互いに(笑

 

 

イラストで置き換えられそうな工程

 

  • 線画
  • 彩色
  • 背景
  • エフェクト
  • 差分作成

 

アニメで置き換えられそうな工程

 

  • 動画
  • 彩色
  • 背景

 

漫画で置き換えられそうな工程

 

  • ペン入れ
  • 枠線
  • ベタ
  • トーン

 

・・・細かい部分の言及はしませんが、この辺りはやりようによっては置き換えられそうに思うんですがどうでしょう? ここ最近の自動運転の車など見てるともう避けられない現実として遠くない未来に来ちゃう気がします(笑

 

hashiken
そもそもの設定やストーリーだけ人間が発想し、あとは機械任せで最後の修正指示を再び人間がして完成させる・・・なんて世の中は遠くないかもしれません。そうなっちゃうともはや文化として楽しめるかどうかという気もしますが、それはまた別のお話・・・(笑

最近は星新一タッチの小説とかコンピューターが書けたりもするので、究極的には原案も担っちゃうようになるんですかね?

 

結局のところ絵の初心者はどうすべきなの?

 

初心者 悩む わからない

 

まずは自分が絵で何をしたいのかを考えましょう。イラストなのか、アニメなのか、はたまた漫画なのか・・・。

 

次に、選んだ分野で個人の作家として作品を発表していくか、もしくは会社員やフリーとして仕事を受託していくかによって・・・デジタルでなければいけないか、まだアナログでもいいのかが自然と決まるはずです。

 

冒頭に書いたように、デジタルはあくまでも絵を描くツールです。

必要な描き方はそれぞれで変わりますが、自分の人生に必要ないなら何も無理して使う必要はありません。

 

ただ、使えないよりは使えたほうが仕事において潰しが利きますし、やれることがひろがることで表現力自体も増す可能性はあるでしょう。またアナログで描くより直しが容易だったり何度も直せることで絵自体の見た目を向上させやすいので、絵のクオリティを高く見せることに役立つ面もあります。

 

hashiken
使う必要があるとちょっとでも思うならやって損はないので、悩むくらいなら今すぐ始めりゃいいんじゃないでしょうか? アナログでうまくなってから・・・とか待つ必要は全然ないと思いますよ(笑

 

 さいごに、

 

仕事の依頼に関して言えば、アナログで仕事の依頼が来る状況は今後どんどん減ってくるでしょう。(しつこいですが、芸術系や著名な作家は除きます。

理由は単純で、クライアント側も絵のデータをデジタルで処理したり管理することが多いからです。なのでそういった相手からの仕事を得たいのであれば、デジタルは必須と考えて進めればいいでしょう。

 

実際、デジタルの便利さに慣れるとアナログにはなかなか戻れなくなります。自分の場合も、もはや手描きで何かする気にはなれないのが本音です(笑

 

それが嫌だったら、デジタル・アナログを並行で手がけていくように意識してやってくのもいいかもしれません。人間はどうしても楽な方に流されやすいので、しっかり信念持ってやりましょう。

 

デジタル全盛期だからこそ、逆にアナログへのこだわりから辿り着ける境地も当然あると思うので周りに流されて決めるんじゃなく、あくまで自分のしたいことを軸に考えていけるといいかもしれませんね。

 

自分で絵を描いて効率的に使えるようになっちゃおう!

『絵』の単独ワードでGoogle検索1位に表示されることもある【コンテアニメ工房】が、

『たった一日でデジタル絵の基本的な描き方と活用方法までわかる』ワークショップを開催します!

※画力向上よりも、実用的な絵の活用を考えている方を対象としたワークショップです。

 

↓ 次のページはこちら! ↓

 

⇒絵の初心者こそデジタルでイラストを描くメリットをちゃんと知っておこう!
 

 

スポンサードリンク

デジタル 絵 アナログ

絵を活用すれば、今より11倍ブログが見られるようになる!

 

ワークショップ アイキャッチ

 

『たった一日でデジタル絵の基本的な描き方と活用方法までわかる』

 

ワークショップを12/18に限定8名様で開催します!

 

※画力向上ではなく、実用的な絵の活用を考えている方を対象としたものです。

   

顔出しせずにあなたを売り込めるとしたら?

 

普通は、あなたの人となりが見えないと

webからの仕事にはなかなか繋がりません。

 

顔出しに抵抗ある会社勤め中の方や女性、

個人事業主さんにオススメしたいのが

全身アニメ似顔絵の【キャラデザ】です。

 

そっくりで魅力的なキャラクターを使えば、

現実のあなたと違和感ない対応ができます。

むしろ現実以上に愛着を感じてくれるかも?

 

コンテアニメ工房特製【キャラデザ】

3つの表情パターンが標準セットで付いて、

毎月限定10体の受注制作で販売中です。

 

キャラデザ CTA 1103

2 件のコメント

  • 【はてなブックマーク】デジタルで絵を描くぞ!でも初心者はアナログで上達してからのがいいの? | コンテアニメ工房 – 気になるニュースをお届け♪ より:

    […] […]

  • […] 2016年7月5日 00:23 アニメ総合ニュース どうも、hashiken (@conteanime) です。 パソコンやお絵かきソフトが昔より安く手に入るようになって、デジタルで絵を描く人数も年々増加してると言われています。一方でそうしたいと思いながらも、なかなか一歩を踏み出せずあーでもないこーでもないと悩む人もいるんじゃないでしょうか? 筆者は元々アナログで漫画家を目指し、いろいろあって遊技機のアニメ原画の仕事に就き、その後ようやくデジタルに… 続きを読む […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ハシケン

    create archives(クリエイト アーカイブス)代表兼アートディレクター。千葉県柏の葉のKOIL(コイル)を拠点としている。若いころは漫画家を目指し活動、その後は遊技機やスマホゲームの制作に従事。代表作は『2027Ⅰ・Ⅱ』(㈱トレード企画)のキャラクターデザインや『海賊道』(㈱gumi)『戦国修羅SOUL』(㈱クリーク・アンド・リバー社)のアートディレクションなど、オリジナル・版権モノ問わず多数。 2015年独立、絵に特化したブログサイト【コンテアニメ工房】(2016年10月時点で月間10万PV突破)を開設し個人事業をスタート。アニメ似顔絵商品【キャラデザ】や企業キャラクター制作・アニメ動画広告の受注制作を展開しつつ、誰でも『絵の力』を活用できるためのセミナー・ワークショップなど順次展開中。