デジタルで絵を描くぞ!でも初心者はアナログで上達してからのがいいの?

デジタル 絵 アナログ

スポンサードリンク

『絵』でGoogle検索1位に表示される【コンテアニメ工房】特選商品&サービス

【キャラデザ】⇒表情の変えられる全身似顔絵キャラクターであなたをブランド化しよう! 

【デジ絵ワークショップ】たった4時間でアニメ塗りわかる!次回9/24開催、残り5席 

 

どうも、アートディレクターのhashiken(@conteanime)です。

 

パソコンやお絵かきソフトが昔より安く手に入るようになって、デジタルで絵を描く人数も年々増加しています。

 

一方、そうしたいと思いながらもなかなか一歩を踏み出せず悩むこともあるでしょう。

 

hashiken
自分は元々アナログで漫画家を目指し、いろいろあって遊技機のアニメ原画の仕事に就いてその後ようやくデジタルに移行しました。

ペンタブレットというデジタルの鉛筆(?)も30過ぎて初めて触った経歴です(笑

 

デジタルはあくまで絵を描くためのツールの一つです。素材や状況によって使い分ければいいだけのものです。

 

ハシケン
だから軽く考えましょう♪

 

★機材やソフトで悩んでいたら、以下の記事も参考になります。

 

 

スポンサードリンク

絵を描く上でのデジタルのメリット・デメリットとは?

絵を描く 技術 学び

 

あらためてデジタルとアナログの違いをまとめておきます。どの方向性を選ぶにしてもしっかり頭に入れた上で決めましょう。

 

デジタルのメリット

 

  • 何回でも直せる
  • 手も素材も汚れない
  • 細かく分けて作業できる
  • 画材がほぼいらない
  • 仕事が幅広く受けられる

 

パソコンで絵を描く最大のメリットは、やっぱり紙を汚さずに何度も描き直せることでしょう。なんどでも直せるってことはつまり、修正の繰り返しによってより精度を高めた絵に近づいていけることにも繋がります。

 

ハシケン
・・・悲しいかな、結局つながらない場合もあります(笑)

 

更にパソコンでの絵の作業には、昔でいう写し紙やアニメのセル画のようなレイヤーという概念を使うので、細かくパーツや工程ごとに分けて作業を進めて最後に合成したり・・・また分割したりってことが自由自在にできます。

 

★レイヤーの理解でつまずいてたら、きっとこちらが参考になります。

 

デジタルは画材購入でも大きく削減することが出来ます。

 

漫画制作ソフトのスクリーントーンプラグインという追加機能が必要な場合もありますが、トーンは一度買えば無限に使えますしプラグインも必要に応じ買うかどうか決めればいい類のものです。

 

絵を描く仕事に関しても、デジタルでの作業の幅が広くなっているので今やアナログよりも探しやすい現実があります。

 

★絵を描く仕事につきたい時は、以下を参考にしてください。

 

デジタルのデメリット

 

  • 初期投資がかかる
  • 慣れるまで時間がかかる
  • 描き込みすぎる
  • 修正が多くなりがち
  • アナログに戻れなくなる

 

デジタルで絵を描くためには最低限の初期投資も必要です。

 

パソコン・ペンタブレット・ペイントソフトというデジタル3種の神器が必要です。

デジタル お絵描き 機材

パソコンに悩んでいたら、こちらを参考にしてください。

 

★電気店で買うよりも高スペックで予算を抑えて購入したい場合は、BTOパソコンの検討も有効です。

 

ペンタブは以下の3種から予算に応じて選びましょう。下に行くに連れて予算が上がり、高品質となります。

ペイントソフトは、当サイトでは有料の『CLIP STUDIO』を推奨しています。通常はPRO、最大限の高機能も使いたい場合はEXを選んでください。

手元の紙を見ながら鉛筆などで描くアナログから、正面のパソコン画面を見つつ手元は見ないでペンタブレットを動かすデジタルへの移行は最初は難しいものです。

 

ただ本当に慣れなので、最初は無理でもやってるうちに必ず出来るようになります。どうしても手元を見ながらデジタルをやりたい場合は液晶タブレット(液タブ)と呼ばれる物もありますが、通常の板タブより高価です。

 

デジタルはアナログと違い細部を拡大して見れてしまうので粗が目につきやすく、自然と直す作業も増えます。

 

仕事で提出した場合もクライアントに細かいとこまで見られて指摘されることは往々にしてあります。デッサンの狂いも発見が容易なので、細かいとこまで気を抜けないのがデジタル絵の仕事と言えます。

 

 

ハシケン

でも便利すぎるために、慣れるとアナログ作業を億劫に感じるようになる人が多いです。

デジタルは一度染まってしまうとなかなか抜けだないので覚悟しときましょう(笑

 

 

絵の仕事の種類ごとの考え方

目立つための作戦

 

デジタル・アナログと一言で言っても、職種による向き不向きが多少あるものです。それぞれでの使い方を知っておきましょう。

 

イラスト

 

仕事でのイラスト制作に関しては、デジタル環境が求められることが多いです。発注する側もデジタル上で直すことが殆どなので、アナログで描いたもの自体見かけることがほぼほぼありません。

 

例えば絵本の挿絵などであればまだアナログの人も多いかもしれません。

 

ただ、ネットで使う絵やスマホゲームで使われるカードイラストなんかはアナログということは基本的に無いので、イラストで生きていきたいなら早めにデジタルに移行しておきましょう。

 

アニメ

 

アニメの場合は工程ごとに結構分かれると考えましょう。

 

  • キービジュアル
  • キャラクターデザイン
  • 絵コンテ
  • レイアウト
  • 原画
  • 動画
  • 彩色
  • 背景

 

ざっくりですが、直接絵を用意する工程はこの辺りになります。作業者にもよりますが、キービジュからレイアウトまではデジタル化が徐々に増えている印象です。また彩色や背景は既にほぼデジタルですね。(演出的にあえてアナログでやる場合は除きます。

 

ただ原画・動画に関しては何よりもスピードが求められるために、なかなかデジタルには移行していけない部分があるようです。

 

ハシケン
なによりも生産性が求められるTVアニメでは、よほどの革命でも起きない限りアナログがしぶとく生き残っていくはずです。

 

漫画

 

コミックスタジオCLIP STUDIOを使うとパソコン上でかなりスムーズなマンガ制作が可能なため、若い世代ほどデジタル移行が進んでいます。逆に大御所の作家はアナログのままの人が多いでしょう。

 

アシスタントを遠方の人に頼む場合や、スクリーントーンやベタなどのパートはデジタルにしてしまったほうが圧倒的に効率がいいです。

 

hashiken
枠線、消しゴムかけ、ホワイトなんかはデジタルだとホント楽ですからね・・・自分はアナログマンガ世代ですがもう二度とトーン削ったりとかしたくない(笑

 

原稿という紙データを汚したり破損したりしない意味からも、漫画のデジタル化は特に恩恵が多いと言えるでしょう。

 

★絵を描く仕事についてもっと詳しく知りたい場合は、こちらが参考になります。

 

絵を描く仕事の将来像、人間はこの先どこまでやれるのか?

人間 不思議

 

最近アンケートでよく見るのが『○年後になくなっている職業は?』というテーマじゃないでしょうか。

 

今後ロボットなどに置き換えられそうな仕事ってことで、『えっ・・・こんなものまで?』みたいなものもあがってたりしますよね。

 

ここでは、ロボットやソフトの処理で置き換え可能そうな絵の作業をあげてみます。

 

ハシケン
そういう仕事だけやっていくといつかロボットにリストラされちゃうことにもなりかねないので、なるべく幅広いことをして自分の価値を高めておきましょうね・・・お互いに(笑

 

イラストで置き換えられそうな工程

 

  • 線画
  • 彩色
  • 背景
  • エフェクト
  • 差分作成

 

アニメで置き換えられそうな工程

 

  • 動画
  • 彩色
  • 背景

 

漫画で置き換えられそうな工程

 

  • ペン入れ
  • 枠線
  • ベタ
  • トーン

 

・・・細かい部分の言及はしませんが、この辺りはおそらく置き換えられていくはずです。

 

ハシケン
ここ最近の自動運転の車など見てると、もう避けられない現実として遠くない未来に来ちゃう気がします(笑

 

結局のところ絵の初心者はどうすべきなの?

初心者 悩む わからない

 

まずは自分が絵で何をしたいのかを考えましょう。イラストなのか、アニメなのか、はたまた漫画なのか・・・。

 

選んだ分野で個人の作家として作品を発表していくか、もしくは会社員やフリーとして仕事を受託していくかによってデジタルでなければいけないか、まだアナログでもいいかは自然と決まります。

 

 

冒頭に書いたように、デジタルはあくまでも絵を描くツールです。

 

必要な描き方はそれぞれで変わりますが、必要ないなら無理して使う必要はないわけです。

 

ただ使えないよりは使えたほうが仕事において潰しが利きますし、表現力自体も増す可能性はあるでしょう。アナログで描くより絵自体の見た目を向上させやすいので、絵のクオリティを高く見せることに役立つ面もあります。

 

hashiken
使う必要があるとちょっとでも思うならやって損はないので、悩むくらいなら今すぐ始めてもいいんじゃないでしょうか?

アナログでうまくなってから・・・とかを待つ必要は全然ないと個人的には思います。

 

★デジタルを進めたい場合は、こちらが参考になるでしょう。

 

 さいごに、

 

有名作家以外への絵の仕事に関して言えば、アナログで仕事の依頼が来る状況は今後どんどん減ってくるでしょう。

 

理由は単純で、クライアント側も絵のデータをデジタルで処理したり管理することが多いからです。なのでそういった相手からの仕事を得たい場合は、デジタルは必須と考えて進めてください。

 

ただデジタル全盛期だからこそ、逆にアナログへのこだわりから辿り着ける境地もあるはずなので周りに流されて決めるんじゃなく、あくまで自分のしたいことを軸に考えていけるといいかもしれませんね♪

 

 

★もしデジタルの始め方で悩むときは、当サイト限定E-book(PDFデータ)を最初の一歩に使ってください。

 

★デジタル機材を揃えたものの結局どう描いていいかわからず苦しんでたら、ベテラン有名漫画家もお忍びで参加した【デジタル絵ワークショップ】たった一日でデジタルの基本手順を理解してみませんか?

 

 

↓ 次のページはこちら! ↓

 

 

 

デジタル 絵 アナログ

『たった4時間でデジ絵の基本的な描き方がわかる』

デジタル初心者向けのワークショップで

『アニメ塗り』の基本手順が1日で理解できます。


次回9/24開催

残り5席!

『あなた自身をブランドにしよう!』

キャラデザ サンプル

 

ビジネス・ブログで認知されるには

愛嬌あるキャラクターが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵

【キャラデザ】!


きっと写真より親しみを感じてもらえます。

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年5月時点で月間28万PV突破)。