絶対絵を描く仕事に就く!種類や探し方を絵描きの社会目線から解説

絵を描く 仕事にする

スポンサードリンク

★絵の力を手段として活用したいあなたに贈る特選サービス★

【コンテアニメクラブ】⇒自宅でデジ絵が学べる初心者向けデジ絵オンラインスクール!

【キャラデザ】⇒そっくりな似顔絵キャラクターで写真だけじゃ出来ない表現をしよう!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

今は絵と関係ない仕事をしてるけど、小さい頃からずっと絵やイラストが好きで描いてきていつかそんな仕事をしてみたい・・・と考えることもあるんじゃないでしょうか。

 

でもどんな仕事がいいのかわからなかったり、なり方に悩んだりすることもありますよね・・・。

 

 

ハシケン
実は自分は過去十数年間、三社に渡って絵を描く仕事の会社で働いていました。

 

ただその前は漫画家を目指して大学中退して数年後挫折・・・就職活動するにも資格も職歴もなく、絵の経験を活かして働けないかと自力で求人サイトを見て応募しまくって運良く拾ってもらったような経緯でした。

 

 

今回は実際に長年絵を描く仕事をしてきた一人として、種類や効率的な探し方をわかりやすくまとめていきます。

 

ハシケン
あなたの一番好きなことを仕事にしたい、夢をいつか叶えたい、そんなときの参考にしてください!

 

絵を描く・関する仕事にはどんな種類がある?

わからない

 

  • 漫画家
  • イラストレーター(挿絵も含む)
  • アニメーター
  • キャラクターデザイナー
  • デザイナー

 

直接『絵』を描くといえば、この辺りになるでしょうか。

 

あなたが絵で何をやりたいかハッキリ決まってれば素直にその道を目指せばいいですが、漠然と考えてる程度なら手っ取り早いとこからとにかく経験してしまうのも手です。

 

ハシケン
ひとまず絵に関する業務の会社に属し、気づくとあれこれやらされ結果的に色々出来るようになってた・・・というのは割とよくあるパターンだったりするんですね。

 

コンテアニ夫
これだけがやりたい! 俺はこれ以外やりたくないんだーーー!

 

そんな強いこだわりがないなら、むしろなんでも受け入れる気持ちの方が仕事の幅も広がり食いっぱぐれる可能性も下がるので絵を描く仕事で生きていく上で有利になることもありますよ。

 

絵を描くことに関わる仕事を探す方法はこれだ!

バランス

 

絵に関する仕事で働く場合、ざっくり分けると2つの方向性に絞られます。

 

  1. フリーランスとしてやっていく
  2. 絵を描く仕事の会社員として働く

 

あなたが絵やイラストの仕事を目指すなら、おすすめは絶対に会社に入って仕事をする道です。

 

プロの目から見ていきなりフリーランスがおすすめできない4つの理由

 

  1. 人脈がない
  2. 業界の常識や仕事の相場がわかってない
  3. 仕事を取るすべがない
  4. 上手い人に技術を教わる場がない

 

 

・・・いつか独立してフリーで絵の仕事がしたいという発想ならまだしも、最初からフリーを目指してしまうと上記の4つの理由から困難な状況をまねいてしまう可能性がかなり高いです。

 

それよりもむしろ先に会社に入ってしまって、

 

  1. 仲間などの人脈を得る
  2. 業界の常識や相場がわかる
  3. 仕事のとり方がわかる
  4. 自分よりうまい先輩に教わる

 

 

・・・これら4つの大きなメリットを給与とともに得ながら技術を磨き、いつの日か余裕を持ってフリーランスという進み方のほうがはるかに効率的で安全です。

 

 

ハシケン
フリーランスは現在の技術をすり減らしてやっていく側面があるので、低い状態でスタートしてしまうと早い段階で仕事や収入が頭打ちになる人が多いんですよね・・・

 

 

自分は最後の会社でスマホゲームのイラストアートディレクターという業務をしていたので、様々なイラストレーターさんと直接関わってきました。

 

でもその中で将来的に生き残れると感じられた人は、ごくわずかしかいませんでした。

 

 

あなたの大切な人生であえてリスクを取る必要なんてありません、しっかり経験を積んだ上で最終的な目標をかなえるほうが楽に進むのでいきなりフリーを選ぶのは慎重に考えてください。

 

 

では、会社に入る事を選ぶ場合はどうすればいいんでしょう?

 

☑ 現在25歳未満で最低限の技術を付けてから仕事がしたいなら専門学校

☑ あるていど技術に自信があるなら就職・転職活動

 

・・・大きく分けて二つの道があります。次章からそれぞれまとめるので、あなたに合う方を選んでください。

 

若くて絵に関する仕事に進みたいなら専門学校から検討すべき3つの理由

輝き

 

今は絵やイラスト・漫画など各ジャルごとにカリキュラムの組まれた講義が履修できる専門学校が日本全国無数にあります。

 

ハシケン
実際に絵を描く仕事の会社側も毎年新卒採用の際には専門学校から何名というのは確保している枠なので、高い就職率を誇る学校に入って学んで就職活動するのは非常に有効です。

 

専門学校に進んだ場合は、以下の3つの大きな利点が得られます。

 

希望の道に就職するための必要な技術が学べる

 

目指す会社に入るために必要な技術の内容がわかり、何を学んでいけばいいかわかります。

 

不足している部分を自覚し、専門的なこと以外も広く浅く学べることで幅広い視野と可能性が身につくでしょう。

 

同じ目標を持つ仲間ができる

 

将来の人脈にもつながる対等な友人が得られます。

 

卒業後に同業種の別会社に友人同士が散らばることで、入った会社が経営不振などに陥った際も相談できる状況が生まれる場合があります。

 

ハシケン
実際業界は非常に狭いので、転職先で友人知人に合うことは珍しくありません。ただし、遊びに夢中で学びがおろそかにならないように気をつけましょう・・・!

 

就職活動をきっちりサポートしてくれる

 

専門学校は、その先の仕事に就くことを目的とした場です。

 

就職率が学校経営にダイレクトに影響するので、先生達も必死で就職させようとしてくれます。卒業生とのパイプも非常に大きな存在です。

 

もしあなたがこれから進路を決める段階だったり、今はまだ技術に自身がなくて最低限必要なことを学んだ上で仕事に就きたいなら【アミューズメントメディア総合学院】など就職率が高いことで有名な専門学校の無料資料請求から始めてみるといいでしょう。

 

就職・転職で絵を描く仕事の会社に入るなら自力だけでやるな!

 

これまで未経験の業界に就職・転職するなら、あなたはまず情報を探すことから始めないといけないでしょう。

 

そして多くの場合、会社の一般的な知名度に頼った応募をしてしまいがちです。

 

自力でやる時は転職サイトなどに登録して応募するやり方が一般的ですが、知名度のある有名ドコロばかり狙うのでどうしてもお祈りを繰り返します。

 

ハシケン
自分も若い頃はじめて絵の仕事につこうとしたときはそんな状況で何度も心が折れそうになりました。まったく分からない業界に対して情報がないまま挑むってのはホント厳しいんですよね・・・

 

 

でも、その業界と直接繋がりのある人の力を借りることができれば成功の可能性を大きく高めることが出来ます。

 

入ったことのない業界に挑戦したい時こそ、最近増えている就職・転職支援サービスを積極的に活用することを検討してみましょう。

 

・・・ただ多い分、あまり良くないサービスの企業も混じっています。あなたの時間や精神を浪費しないためにも、支援サービスを探す際は次の5点を重視してください。

 

  1. 全国展開していて求人案件が多い
  2. 実際に転職した人が多い
  3. 絵やイラストに関連した案件が多い
  4. 社歴が10年以上ある
  5. 完全無料である

 

 

・・・これらをクリアしていないと面談したっきり紹介もされず連絡が止まったり1回紹介されてあとは放置なんて状況にもなりかねません、時間のムダは回避しましょう。

 

 

絵に関する仕事などクリエイティブ系の求人で有名なWORKPORT(ワークポート)なら、5つのポイントを満たしているので安心して利用ができます。

 

WORKPORT

 

上の画像のような1分程度で済む無料登録をするだけで、転職の専門コンサルトが面談してくれます。

 

面談を元に、多くの企業からあなたの技術や希望に合うものをピックアップして提案してくれます。気に入ったものがあれば面接を頼み、いいのがなければまた別のを提案してもらいましょう。

 

どれだけやり取りをしても最後まで完全無料なので安心です。

 

最初に面談で会いに行く必要はありますが、直接合うことであなたの人柄を知ってもらい就職・転職への希望や条件などをストレートに伝えられる大きな利点があります。しっかりバックアップしてもらうためにも何でも率直に話しておきましょう。

 

 

東京・横浜・大阪・名古屋・福岡などの大都市圏の案件に特に強く、今は未経験からの転職活動支援にもかなり力を入れているとのことです。

 

無料登録と面談まで済ませておいて、今後のあなたの業界の情報仕入先転職活動の相談相手としてしっかりバックアップしてもらうといいでしょう。

 


 

絵やイラストを描く仕事に就くまとめとして、

イラスト 上手くなる 方法

 

わからないことを一人でやろうとするとそれだけ時間がかかります。遠回りになったり間違った選択することも多くなります。

 

何でも自分の力だけでやろうとする必要なんかありません、頼れるところは専門学校や転職支援サービスなどの専門家の力を頼りましょう。

 

 

これから実際に絵の仕事に就いたあとは、あなた自身がどこにやりがいを見出して継続していけるかがとても重要です。なんとなく選ぶんじゃなくしっかり先を見すえて選ぶようにしましょう。

 

始まりは好きなことを仕事にする目標だけで入っても、その後どうしていけるかは結局あなたの働き方と考え方次第です。

 

ハシケン
前向きな未来に繋げられるよう、頑張ってください!

 

 

 

スポンサードリンク

絵を描く 仕事にする

『自宅で好きな時にデジ絵が学べる!』

 

いつでもどこでもデジ絵学べる

デジタル初心者向けオンライングループ


独りで悩まずプロに聞こう!

『キャラを持って表現力を高めよう!』

似顔絵 写真から イラスト化

ビジネス・ブログで目立つには

愛嬌あるキャラクターが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵なら
顔出し以上に好かれたり?

2 件のコメント

  • 【はてなブックマーク】絶対絵を描く仕事につきたい!夢をつかむなら現場から学べ! | コンテアニメ工房 – 気になるニュースをお届け♪ より:

    […] […]

  • 絵描きとはなんぞや!?今やSNSで人気の絵師や絵描きアマからプロまでその凄さ | いやいやないでしょ より:

    […] 出典絶対絵を描く仕事に就く!種類や探し方を絵描きの社会目線から解説 | コンテアニメ工房 […]

  • ABOUTこの記事をかいた人

    ハシケン

    create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(最高月間28万PV超)。