絶対絵を描く仕事に就く!探し方や種類を絵描きの社会目線から解説

絵 描く 仕事 絵を描く!

スポンサードリンク

YouTubeチャンネルも運営中!

ハシケンチャンネル ウィジェット用

クリスタの操作がわからない、デジタルで絵が描けるようになりたい・・・そんな悩みを解決する動画講座です!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
ちょっと想像してみて下さい、もしあなたが『絵を描く仕事』についたら・・・どんな未来がまってると思いますか?

 

 

  • デザインしたキャラクターが大人気になって映像化されるかも?
  • クリエイターと呼ばれて絵だけを描いて生きていけるかも?
  • いずれフリーとして独立して会社員よりも大きく稼いでいけるかも?
  • 大きく名前を残して不特定多数の人に覚えてもらえるかも?

 

今回はそんな想像が現実になるかもしれない絵を描く仕事につくための秘訣について、仕事の種類や仕事につくための方法など現場視点もふくめくわしくまとめていきます。

 

 

★記事の後半ではいますぐ絵の仕事を探せる具体的な手段も紹介しているので、あわせて参考にしてください。

 

 

目次

絵を描く・関する仕事には10以上もの多くの種類がある! あなたが進みたいのはどれ?

わからない

 

絵の仕事と一言で言っても、そのジャンルには様々なものが存在しています。

 

  • 漫画家
  • アニメーター
  • イラストレーター
  • 2D(3D)CGデザイナー
  • 挿絵作成
  • キャラクターデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • ファッションデザイナー
  • Webデザイナー
  • 絵コンテライター

 

ハシケン
それぞれカンタンにまとめるので、やりたいことをきっちり固めてから仕事を探す方法を選びましょう!

 

漫画を描く仕事

 

かつては雑誌に連載漫画を持って初めて認められる狭き門でしたが、現在はホームページ・広告・SNSなど様々な媒体で仕事の範囲は広まっています。

 

専門学校も増えていますが、基本的には漫画賞に応募して足がかりを掴むことが多いでしょう。単行本が出せたら1冊8~10%ほどの印税収入も得られますが、それ以外は基本的に原稿料として1枚(or一話)いくらという形式での報酬が多くなります。

 

ハシケン
雑誌連載だけにこだわらず、現在は色々と積極的に試すのがおすすめです♪

 

アニメーションの原画・動画を描く仕事

 

一枚単価が安く激務のためブラックな働き方として取り上げられることが多いのが実情です、動画の新人はフルフルに働いても月収10万に満たない場合さえあります。

 

きつい分画力は非常に磨かれる環境だともいえます。アニメの道に進みたいならまず専門学校か、直接アニメーションの会社の門をたたくパターンになるでしょう。

 

ハシケン
好きというだけでは精神・体力的にもたない人も多いので気をつけましょう!

 

ゲームのイラスト制作のお仕事

 

スマホゲームなどを中心に現在最も勢いと需要のある仕事かもしれません、案件数は多いですがなり手も多いので生き残りは激化しています。

 

フリーの外部イラストレーターとして働けば一枚作成して単価いくらの収入形式になり、会社に勤めるならサラリーマン的収入が相場です。最新の流行に合わせた絵柄やセンスが求められます。

 

ハシケン
今後はますます高いレベルが求められていくはずなので、覚悟してのぞみましょう!

 

ゲームのCG関連のお仕事

 

ただ描くだけではなく、CGと絵を組み合わせて使うことも多い仕事です。どちらかというと3Dの方が最近は目立つかもしれません。

 

多くの場合、専門学校で知識や技術を学んでメーカーに入ることになるでしょう。キャリアアップのため会社を渡り歩くスタイルの人も割といます。

 

ハシケン
収入的に2Dよりも3Dの方が年収にして100万以上高くなるので、これから進むなら必ず3Dも触っておきましょう!

 

ラノベや絵本など挿絵イラスト系のお仕事

 

名前が確実に表に出るのであこがれる人も多いですが、必ずしも金銭的に高い仕事ばかりではありません。他の仕事をベースに並行して進めるケースが多いでしょう。

 

名前が出るぶん目に見える実績も積み上げやすいので、可能性を広げやすい道とも言えます。

 

ハシケン
最初から挿絵イラスト一本でいく!・・・と考えるのはちょっと難しい部分もあるので、やめておきましょう;

 

キャラクターをデザインする仕事

 

アニメ・ゲーム・グッズなど、様々な分野でキャラクターデザインの仕事はあります。ただどれもそれぞれの業務の一部という形が多いので、最初からキャラクターデザインだけやり続ける仕事は多くありません。収入的にも大本の仕事に依存することが普通です。

 

大きな実績を積んで独立して専門的にキャラクターデザインをやるケースもありますが、その場合でもイラスト・デザイン系の会社がベースになるでしょう。

 

ハシケン
人気のある業務で狭き門なのは間違いないので、やりたいならまずは関連した仕事に入って腕を磨くのが先決です!

 

その他デザイン系のイラスト関連のお仕事

 

いわゆるデザイナーとして仕事をしていく中で絵を描く状況も生じます。グラフィックデザイナーなら広告、ファッションデザイナーなら衣装のデザイン画、Webデザイナーであればアイコン・バナー画像・・・等々。

 

ただあくまでもデザインありきなので絵だけをやりたい場合は向きません、絵もデザインもどちらもやりたい場合のみ目指しましょう。

 

ハシケン
社内にこだわるよりも、独立してデザイン会社を立ち上げ一気に稼ぎを上げるやり方が多いかもしれませんね

 

絵コンテを描くお仕事

 

アニメの設計図とも言える絵コンテですが、テレビCMなどの原案として作成する仕事もあります。

 

広告会社の下請け企業で絵コンテライターとして描く形が多いでしょう、他にもゲーム会社でムービー用の絵コンテを切るケースもあります。

 

ハシケン
平々凡々としたものだと多くの人に伝わらないので、しっかりした演出&表現力が求められます

 

絵が好きだから絶対に絵を描く仕事がしたい! 絵に関わる仕事をするなら「フリー」「会社員」2つの道がある、あなたはどっちを選ぶ?

バランス

 

現在絵に関する仕事で働こうとしたとき、大きく分けると2つの方向性があります。

 

  1. フリーランスとしてどこにも属さず一人でやっていく
  2. 社員(正社員・契約・派遣含む)として絵を描く仕事で働いていく

 

もしあなたが安定した生活や収入の絵やイラストの仕事をしていきたいと少しでも考えるなら、おすすめは2番目の会社に入って仕事をする道です。

 

いきなりフリーランスがおすすめできない4つの大きな理由

 

ハシケン
将来的に独立してフリーになりたいと考えることはもちろんいいんですが、仕事の経験が少ない状態でフリーになると次の4つの理由から困難をまねいてしまう確率がかなり高いんです!

 

  1. 仕事をもらえる人脈がない
  2. 業界の常識や仕事の相場がわかってない
  3. 仕事を取る手段を持ってない
  4. 上手い人に技術を教わる場や機会がない

 

 

それより先にまず会社に属した絵描きとして働いたうえで、

 

  1. 仲間などの人脈を得る
  2. 業界内の常識や絵の相場を理解する
  3. 外部にでた時の仕事のとり方がわかる
  4. 上手な先輩から技術やコツを仕事の現場で毎日教わる

 

・・・これらのメリットを安定した給与とともに得ながら技術を磨き、将来余裕を持ってフリーになる方がはるかに安全で効率的です。

 

いくら絵を描く仕事に就きたいからって、あなたの大切な人生でムダにリスクを取る必要はありません。

 

しっかり経験を積んで目標をかなえるほうが結果的に楽なので、経験の少ない内からいきなりフリーになろうとすることはくれぐれも慎重に考えてください。

 

 

では、会社に入る場合はどう進めればいいんでしょう?

 

  1. 今学生だったり若くて技術にあまり自信がないなら、まずは王道の「専門学校」から考えましょう
  2. 技術にある程度自信があって今すぐ絵の仕事に転職でつきたいなら、「転職相談」を使うと近道です

 

ハシケン
次章からそれぞれ詳しくまとめるので、気になる方を選んで読み進めてください!

 

 

①現在若くて将来絵やイラストを描く仕事につきたいなら、まずは「学校」から検討すべき理由

輝き

 

今は絵やイラスト・漫画など、ジャンルごとに学べる専門の学校が全国各地にあります。

 

ハシケン
会社側も専門から何名採用するというのは毎年一定数確保している枠なんで、高い就職率の学校にすすむのは有効な方法なんですよね♪

 

専門のメリット

 

  1. 絵の仕事につくために必要な技術を学べる
  2. 同じ目標を持った仲間と多く出会える
  3. 就職活動を学校がしっかり支えてくれる

 

あなたのしたい仕事をするために必要な技術がなにでどう学んでいけばいいか具体的に教えてもらえます。

 

また将来の人脈につながる友人・仲間が学校生活で自然にみつかります、卒業後に友人同士散らばることでリストラにあった時も助けあえます。

 

さらに専門学校はあくまでも進みたい分野の仕事につくことを目的とした場です、就職率が学校運営にダイレクトに影響するので先生たちも必死であなたを絵の仕事に就職させようとしてくれるでしょう。

 

専門のデメリット

 

  1. 一定の学費がかかる
  2. あるていどの時間もかかる

 

学校なんで学費は当然いりますし学ぶための時間も必要です、一般的に独学より出費は増えると考えていいでしょう。

 

ただお金や時間をかけるぶん、仕事で必要な技術や知識を入社前に一通り学んでおけることにもつながります。なかには独学だけではとてもまかなえない要素も数多く存在しています。

 

ハシケン
実際に絵の仕事の職場で専門から入ってきた人たちは、最低限のことを広く浅く身につけているため最初から萎縮せず業務にあたれている印象でした♪

 

 

もしあなたもまず技術や知識をきちんと整えてから絵の仕事につきたいと思うなら、【ヒューマンアカデミー】「アミューズメントメディア総合学院」といったイラストやゲーム・マンガ業界への就職率の高いことで知られる学校の資料請求から始めてみるといいでしょう。

 

「ヒューマンアカデミー」 ※所在地・・・秋葉原・横浜・柏・大宮・仙台・札幌・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡・北九州・鹿児島・那覇(全国26箇所)

ヒューマンアカデミー

©2019 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

公式サイト:https://ha.athuman.com/

 

ポイント!昼間の授業以外に夜間や週末のみの講座、さらに通信講座まであるので現在のような大変なときでも自宅で安心して将来のための技術や知識を身につけていけるのはかなり助かるんじゃないでしょうか

 

 

 

入学願書の受付は満18歳以上の方が対象です

 

「アミューズメント総合学院」 ※所在地・・・東京・大阪

アミューズメントメディア総合学院

COPYRIGHT © アミューズメントメディア総合学院 All rights Reserved.

公式サイト:https://www.amgakuin.co.jp/

 

ポイント!学内に「出版事業部」をもち外部企業と連携して商品開発を行っていて、学生にとってはデビューチャンスの一つにもなっています

 

 

 

②就職・転職で今すぐ絵に関する会社に入りたいなら、あなたの代わりに仕事を探してくれる「転職相談」を活用しよう


 

ハシケン
・・・いざ絵を描く仕事をしたいと思っても、まったくのゼロから就職・転職活動を始めるのは結構めんどくさく感じませんか?

 

これまで働いたことない業界に、よくわからないまま1人の判断だけで挑戦するとどうしても失敗する確率が高まりがちです。

 

 

でも「転職相談」という手段を使えば、あなたのスキルや希望にあいそうな会社を業界に詳しい第三者に代わりに探してもらえるようになります。

 

絵の仕事を探すときに便利な「転職相談」とは?

 

「転職相談」とは登録することであなたの希望の職種の会社を転職エージェントといった担当者が探して紹介してくれる、ここ数年かなり増えてきたサービスのことです。

 

登録&利用は無料のところがほとんどでこちらのスキルや理想条件をふまえて代わりに動いてくれるので、現在別の仕事で忙しくても無理なく次の会社を探せます。

 

ハシケン
1人でやみくもに時間をかけてネットで求人を探したり、可能性の低い面接にわざわざ行って撃沈して意気消沈・・・なんてムダなことも大きく減らせるんです!

 

▼転職相談のメリット

  1. あなたに合いそうな会社を代わりに探して紹介してくれる
  2. 忙しくても、登録と面談さえ済ましておけば欲しい会社の情報が集められる
  3. 通常の検索だと見られないレアな非公開求人を教えてもらえる
  4. 履歴書や面接の対策をしてくれて、面接のセッティングもしてもらえる
  5. 面接で直接会社に聞きにくいことを代わりに聞いてもらえる
  6. 絵を描く仕事の業界内の最新情報を教えてもらえる

 

・・・とはいえ絵の仕事は特殊技能が必要なため、業界未経験の状態で利用できる転職相談サービスって意外とないのが実情です。

 

 

でも実は絵の求人が多く未経験からつかえる業者が1つだけあるんです。しかも、全国対応までしています。

 

全国で絵やイラスト関連の仕事を探してくれる「ワークポート」

©WORKPORT,inc. 2018

公式サイト:https://www.workport.co.jp/

「ワークポート」は絵やイラスト関連の仕事のジャンルである「クリエイティブ職」の正社員求人が多いことで知られる転職相談サービスで、業界未経験からでも問題なく相談できるのが特徴です。

 

ハシケン
直接大崎の本社を訪れて確認しましたが、未経験でもかろうじて話を聞いてくれる・・・というわけじゃなくむしろウェルカムという姿勢でした。

なので遠慮する必要はまったくありません!

 

60秒程度のカンタンな入力だけで今すぐ無料登録できて、転職エージェントとの面談後には希望の仕事を探してくれるようになります。

登録の流れ イメージ

※登録~仕事探しの流れはこのように進みます

登録後に設定してくれる転職相談の面談(対面でも電話でも可能です)は理想を直接聞いてもらえる大事な機会なので、絵の仕事への熱意や希望条件を伝えて今後のサポートを頼んでください。

 

さらにワークポートならではの大きな特徴が、全国地域に支店があることで各地の求人に対応している点です。実はほかの絵やイラスト関連の転職相談では、このようなサービスはほとんどありません。

 

もらえる情報量もかなり多いので、絵の仕事につくチャンスもだいぶ身近に感じられるようになるでしょう。まずは無料で登録して、今後の進め方を気軽に相談することから始めてみてください。

 

 

まとめ:本気で絵描きを職業にする、イラスト関連で就職したいならひたすら「近道」を突き進もう!

イラスト 上手くなる 方法

 

ハシケン
・・・もしこれから仕事探しでつらくなったら、あなたが絵を描き始めた時のことをちょっと思い出してみてください

 

わからないことを独学でやってるとムダに時間ばかりかかって、遠回りになったり結局間違うことが多くなかったですか?

 

なんでもかんでもあなた1人きりで何とかしようとする必要なんてありません、頼れるところは学校や転職相談などの力もうまく活用しましょう。

 

ハシケン
絵を描く仕事は大変なことも多くありますが、とても大きなやりがいのある世界です。

あなたの大好きなことで働いていけるよう頑張ってください!

 

 

 

 

スポンサードリンク