アートディレクターとは何?なるにはどうするの?仕事内容と併せて解説!

絵を描くことを仕事にする

スポンサードリンク

『絵』でGoogle検索1位に表示される【コンテアニメ工房】特選商品&サービス

キャラデザ

【キャラデザ】⇒表情の変えられる全身似顔絵キャラクターであなたをブランド化しよう! 

★毎月限定6体まで、完全受注制作で絶賛販売中!

 

どうも、ハシケン(@conteanime)です。

 

アートディレクター、という職種があります。一度は耳にした事があるんじゃないでしょうか?

 

一方で、何だかよくわからんという方も多いと思います。「結局何をする人?」という疑問を一度ならず持たれた方も結構多いんじゃないでしょうか。

 

ということで、一応名刺にこの肩書きを使ってる者の一人としてなるべくわかりやすく説明してみようと思います。正直自分もわかってるようでわかってないとこが多かったので、今回まとめてていい勉強になったのは内緒です(笑

 

スポンサードリンク

アートディレクターの定義

 

文字

 

一般的な言葉の定義としてはどうなっているんでしょう?

 

アートディレクターArt Director)とは、美術表現、芸術表現をもちいた総合演出を手がける職務を意味する。商業活動のなかでは、広告宣伝グラフィックデザイン装幀な どにおいて、主に視覚的表現手段を計画し、総括、監督する職務である。顧客の依頼・要望あるいは、立案された計画を目的達成するための素材や表現方法を模 索し決定する。例えば、写真の風合いや対象、文字の書体や位置、色彩の組み合わせなどを考察する。実際に手を動かして作業する人間はデザイナーであり、アートディレクター兼デザイナーという表現をする場合もある。また、各種美術展・作品展の企画・立案・運営を専門的に行う職務でもある。

wikiより引用

 

簡単に言うとビジュアル(アート)をディレクションする人と思って下さい。この場合のビジュアルとは、広告・デザイン・映像・アニメ・ゲーム・イラスト等視覚的表現の関連全てを大きく含めていると考えて下さい。

 

では、ディレクションとは何か?

簡単に言っちゃえば「製作指導」かな。direction をする人が director, つまりディレクターだって考えればOKかと。

教えて!gooより引用

 

まとめますと、何か一つのモノを作る際に自分以外のデザイナーなども使い適切な指示・調整等を行って完成まで導く人・・・となるでしょうか。※人員確保やスケジュール調整、進行具合の管理など適宜加わる場合があります。

 

アートディレクター(AD)とは、雑誌・Webサイト・広告・装丁などの制作過程における、視覚的表現の責任者です。まずはクライアントや自社のプロ デューサーや編集者と企画の方向性を打ち合わせ、それに応じた視覚表現を考えます。その後、それをデザイナーやコピーライター、カメラマンらに伝え、撮影 現場に立ち会って指示を出したり、各デザイナーの作品をチェックして統一感を整えたりしながら、クオリティーの高い作品を作っていきます。ディレクション やマネジメント要素の強い仕事ではありますが、実際に手を動かすアートディレクターも多いようです。

Find Job!より引用

 

引用内容とは若干逆の印象になりますが、いちプレイヤー的な動きをする事よりも全体を俯瞰しつつ適宜指示出しを行う場合も多いですので人・環境ごとにそれぞれなんだろうなと言う印象ですね。

 

アートディレクターの種類

 

種類 数

 

言葉の定義が見えてきたところで、今度は色々な職業と絡めて見てみましょう。実はこのせいで実情が見えにくくなっている気もしてます・・・(笑

 

広告・デザイン関連

 

おそらく、世間一般で一番アートディレクターの印象が強いのはこの業界じゃないでしょうか。例の五輪エンブレムの人もそうですし、著名な佐藤可士和氏このくくりの方でしょう。

 

広告は消費者に伝えたいイメージをより伝えやすくする為に、興味を持ってもらう為に加工しなければなりません。そして、人 目を引くには「ビジュアル」や「アート」の表現技術を駆使し、目立たせなければなりません。その為には、広告のプロ「アートディレクター」が必要になるの です。広告制作の仕事は、アートディレクターが中心になり、あとコピーライターやプランナー、そしてグラフィックデザイナー、フォトグラファーというようにチームで制作を行うことが多いです。簡単に言えばアートディレクターは現場監督みたいなものです。

アートディレクターとは何か?より引用

 

自分などは広告やデザイン方面は全く無縁の立場なのでうかつなことは言えないのですが・・・、でも元々昔から持っていたアートディレクターの印象って広告関連を想像していた記憶ですね。

 

クライアントの依頼があり、それに対する回答を自身や周辺のスタッフなどで具体例を作成しプレゼンで示して、実際に作り上げていく・・・という流れでしょうか。

 

広告代理店などから独立してアートディレクターになる印象も結構根強くありますね。

 

ちなみに、似た言葉でクリエイティブディレクターというものもあります。

 

「クライアントから『こんな広告をやりたい』という依頼があって仕事がスタートします。まずは何をした がっているかを聞きに行って、何が求められているかを考えて、そのためには何をしてあげるべきなのか、テレビや雑誌、新聞、ウェブなどどんなメディアに 打って出るのかを考えます。それから、コマーシャルの具体的な企画をプレゼンテーションして、それを実際に作って世の中に出すところまでを担当します」

リクナビNEXTより引用

 

広告業界のアートディレクターの上位互換がクリエイティブ~というイメージでしょうか? ※この辺少し曖昧なので詳しい方いたらご指摘ください。

映画などの映像・アニメ

 

映画やアニメを見る方は、最後のスタッフロールでアートディレクターという肩書を見ることも多いと思います。

ADは最終的なビジュアルを決定し、カメラマン(またはフォトグラファーまたは写真家。人によっては呼称にこだわるので面倒です・笑)やイラストレーター に画を作らせ、それとコピーライターの書いたコピーをデザイナーに渡し、目指す形にレイアウトさせるのが仕事となります。ADによっては数名抱えているデ ザイナーに案出しまでさせ、その中からピックアップ・ブラッシュアップして仕上げる人もいますが、それでもやはり最終的にはADの作品と呼べるでしょう。

アートディレクター(AD)とはより引用

 

※業界ではアートディレクターをADと略すこともありますが、いわゆるテレビ業界のADとは違いますので気をつけて下さい。

 

映画やアニメにおいては、たとえば世界観の設定を作ったり、キャラクターの設定資料を作ったりする部分が業務だったりしますしあるいは人によっては全然そこはノータッチで、あくまでも映画・アニメの広告的な部分を扱うこともあるようです。

 

さてどうでしょう・・・だいぶイメージがバラけてきましたか?(笑

 

ゲーム・イラスト

 

舞台設定を描いたり、登場するキャラのイラストを用意したりアイテム素材を作成したりという部分が主要な業務になるでしょう。

 

※ちなみにこのブログを書いている自分(ハシケン)は前職がスマホゲームのアートディレクターでしたので、このくくりの人間になります。

 

やはりアートディレクターごとに仕事のやり方は変わってまして、自分で一切手を使わずに言葉のディレクション(指示)だけで進める人もいれば、ガッツリ手を動かす人もいるという感じでしたね。

 

そして当然ですが、会社によってもアートディレクターの作業領域は結構な差があります。Aという会社では①②③だけど、Bという会社では②④⑤だったりとこれは本当に企業文化しだいで様々・・・という感じですね。

 

・・・さて、なぜこれだけ業種によって幅が広くなるのかという点ですがおそらくそれは『ディレクション』という言葉自体に理由があると思います。

 

ディレクターには「監督」、ディレクションには「監督する」という意味があります。映画監督もADも、その仕事の内容はかなり違いますが、役割としては一緒なんですよね。

アートディレクター(AD)とはより引用

 

ビジュアル(アート)を監督していく上で、自分がプレイヤーになるか、マネジメント側に立つか・・・判断自体が当人に委ねられているためにアートディレクターという職種が今のような幅広くわかりにくい存在になっているように思えて仕方ありません(笑

 

なんにしても、どういう手段を取って完成させたにしても対外的なクレジットとしてアートディレクター○○と名が出てる場合はその人がビジュアル部分の統括者、と思っておけば多くの場合OKなので今後はそういう認識でとらえてみてくださいね。

 

アートディレクターのなり方

 

仕事

 

定義や種類を見てきましたが、じゃあアートディレクターのなりかたはどうすればいいのか・・・ということも軽くふれておきましょう。

 

とはいえ何度も書いたように職種ごとに基本バラバラですので、全ての道を書くことは無理ですがしいてあげるなら「何かで腕を磨いてからの転身」これこそが基本ルートではないでしょうか。

 

最初からアートディレクターになるのは極めて難しいと思いますので、例えばデザイナーなどのアートディレクターに使われる立場の仕事である程度の経験を積んだ上でキャリアアップを図る・・・という道筋になると思います。

 

参考にならないでしょうが自分の場合ですと、

 

① 漫画家を目指して挫折

 

② 絵が描けることで遊技機のアニメーション部分の仕事に就く

 

③ スマホゲームのアートディレクターに転職

 

・・・という順序でした。もちろんアートディレクターになろうとして明確に進んでいったんじゃなくたまたま結果的にたどり着いただけですが。

 

アートディレクターという言葉自体、同じ業界の同じ業務をしている別の会社では異なる呼び方をしてたりとかしますので・・・なにがなんでもアートディレクターの肩書こそが欲しい場合は転職などの際にその辺も気にして探してみましょう(笑

 

アートディレクションをするという事 

 

未来 夢

 

最後に、アートディレクター側にはどういう違いがあるのかという部分について簡単にまとめておきたいと思います。個人的には、2種類に分けられると思っています。

 

アート「の」ディレクション

 

ビジュアル関連物だけに対して直しを入れていくものです。そこで完結する、という見方も出来ます。「アート自体」のディレクションONLYということですね。

 

割と狭い範囲での作業であり、成果物が他に及ぼす影響もあまり大きなものではないケースです。

 

アート「で」ディレクション

 

一方こちらは、ビジュアルを完成させることでそれを利用して他への影響も与えていくというものになります。アートによって他の領域にディレクションを加えるものになります。他に及ぼす影響範囲の多いものになりますね。

 

自分の例で恐縮ですが、会社勤めのアートディレクターだった時はアート「の」ディレクションをしていたにすぎなかったと思っています。ですが、独立してコンテアニメという事業を立ち上げた今となっては、それでは到底立ちいかないわけです。

 

アート「で」ディレクションをするアートディレクターとして今後も頑張っていきたいところですね。

 

さいごに、

 

どんな職業でも同じでしょうが、立場や会社が変われば仕事の範囲だって微妙に変わる。やることも必要な技術も、なるための難易度も全て違ってくる―――結局はそういうことに落ち着くと思います。

 

わかりにくいアートディレクターという存在が、少しでも理解してもらえたら幸いです。

 


 

絵を描くことを仕事にする

『顔出しせずに覚えてもらえる!』

キャラデザサンプル

ビジネス・ブログであなたを認知してもらうには

愛嬌あるキャラクターが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵


【キャラデザ】!


きっと写真以上に親しみを感じてもらえます。

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年5月時点で月間28万PV突破)。