どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

デジタル絵を描き始めた当初に多くの人が戸惑うのが、アナログの鉛筆やペンとは違うペンタブで線を描く感覚の違和感じゃないでしょうか。

 

そんな時は線を描きやすくしてくれる手ブレ補正」機能を使いましょう、クリスタは他のペイントソフトより細かく設定できるので、今より快適に描けるようになるかもしれません。

 

ハシケン
この記事では、手ブレ補正の設定や使い方のポイントについて詳しく解説します。

 

手ブレ補正の使い方と設定方法

 

最近のペンタブは非常に高機能なので、人間の手の細かなブレも読み取って線に反映してくれます。でも逆に手のブレを過剰に読み取りすぎないでほしい、線を描いたときのヨレヨレした感じをなくしたいという状況も出てくるかもしれません。

 

そんなときに役立つのが、「手ブレ補正」の機能です。

クリスタ 手ブレ補正機能

 

0-100の範囲の数字を変えることで線に補正効果を加えるもので、数字が大きいほど補正効果が強くなります。

 

ハシケン
補正を強くしすぎると思ったような線が描けなくなりますが、例えば髪の毛の綺麗なラインを描くときだけあえて補正を強くしてみる・・・といった使い方もあります

 

手ブレ補正の設定方法

クリスタ 手ブレ補正 出し方

①[ツール]からペンを選び、②手ブレ補正を選びたいペンの種類を[サブツール]で選ぶと、③[ツールプロパティ]が開きます。

 

もし[ツール]以降のパレットが非表示の場合は[メニューバー]-[ウィンドウ]-[ツールプロパティ]をクリックすれば表示できます。

クリスタ 手ブレ補正 メニューバーから開く

 

「手ブレ補正」の調整方法は、バーを左右に動かす・数字部分をクリックして直接入力・三角の上下の矢印といったやり方で補正の数字を変えます。

クリスタ 手ブレ補正 調整の仕方

 

ペンごとに調整度合いの差はありますが、大まかに次のような感覚だと考えてください。

0:補正なし、手書き感そのままが反映される

10:少しなめらかになる

50:補正感がかなり強くなる

100:補正最高、強すぎるので思ったようには描きにくい

 

人によって感じ方は異なりますので、あなたに合った設定をペンごとに探してみてください。

 

ハシケン
手ブレ補正はペンの種類ごとに設定できるので、それぞれのペンを使いやすいように自由に変えていきましょう!

 

手ブレ補正を更に使いこなす極意

 

手ブレ補正は更に細かく設定できます。通常そこまでやる必要はないですが、もしこだわりたい場合は試してみても面白いでしょう。

 

はらい&入り抜き・・・[サブツール詳細]を使いこなそう

 

[メニューバー]-[ウィンドウ]-[サブツール詳細]を開くと「サブツール詳細パレット」が開きます。

クリスタ 手ブレ補正 後補正 入り抜き

説明のために同じウィンドウを並べています

 

[補正]にある「後補正」「はらい」や[入り抜き]の設定を手ブレ補正の要領で動かすことで描くときの感覚を大きく変えていけます。

 

ポイント
「後補正」「はらい」などは全く使わないようにあえて設定する人も多いようです。補正を高い設定にしたせいで作画に遅延が発生することもあるので、実際に使ってよくないと感じたら元に戻すか設定を小さくして下さい。

 

手ブレ補正の設定を一括で変えたい場合は右クリックで「値のコピー」

 

前述のように手ブレ補正はペンごとに細かく設定できますが、使ってるうちに一括で数値を変えてしまいたいという状況も出てくるかもしれません。

 

そんな時は設定している欄上で右クリックを押すと「値のコピー」という表示が出て、今設定している数字を他のサブツールにもすべて反映させることができるようになります。

クリスタ 手ブレ補正 値のコピー

 

ポイント
この方法は、サブツール詳細の「後補正」や「はらい」などでも同様に行なえます。

 

ipadは右クリックでは表示できないので[サブツール詳細メニュー表示]をクリックしよう!

 

上に記載した説明は、ipad版クリスタアプリだと右クリックがないため行えません。

 

代わりに、[サブツール詳細]の中で[▷]をクリックすると「値のコピー」などの表示が出てくるようになります。※パソコン版クリスタでもこの操作は可能です。

クリスタ サブツール詳細メニュー表示 ipad

 

描きにくいときはペンタブ側の設定も確認しよう(参考:ワコム)

 

手ブレ補正はクリスタなどペイントソフト側の機能ですが、ペンタブ側でも筆圧を変えたりすることでより使いやすくすることが可能です。

 

ワコムの場合はワコムプロパティを開くと様々な部分の設定が可能です。

ペンタブ ワコムプロパティ

 

▼詳しく知りたい場合は下記も参照してください。

 

 

またワコムペンタブはタブレットモードを「文字認識」にすることで筆圧読み取りの数字をさらに引き出せるそうなので、気になったら試してみてください。

ワコム ペンタブ 文字認識

 

▼参考サイト

 

 

▼もしペンタブの使い方について悩むようなら、下記ページも参考にしてください。

 

クリスタの手ブレ補正機能のまとめ

 

手ブレ補正はやりすぎると描きにくくもなってしまいますが、快適に線を描くにはある程度の調整は行った方が楽に描けるのは間違いありません。

 

ハシケン
描けない描けない・・・と悩んだときには、ぜひ一度試してみてくださいね♪

 

 

たった1日でクリスタの基本操作を習得しちゃおう!

ワークショップ 様子

 

  • クリスタの基本操作を今すぐにでも理解したい!
  • 初めてだからこそ、絵のプロに直接しっかり教わってみたい!
  • 一人でも自由にデジタル絵を描けるようになりたい!

 

ハシケン
【デジ絵ワークショップ】に参加すれば、あなたひとりで悩むことなくクリスタで絵を描くことができるようになります!
次回4/20(土)開催、あと2席!

 

 

おすすめの記事