イラストを描くためのパソコン費用はどのくらい?お得な値段で手にする方法徹底解説

イラスト パソコン 費用 このくらい 絵を描く!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

イラストやマンガをデジタルで描きたいと思って、案外悩むのがパソコンにかかる費用じゃないでしょうか?

 

ハシケン
昔と比べたら機能の割にずいぶん安くなりましたが、それでも安い買い物じゃないんで真剣になっちゃいますよね・・・

 

ということでこの記事では、長年絵の仕事をしてきたプロの目線で絵やイラストを描く際のパソコンの選び方や費用の相場についてまとめてわかりやすく紹介します。

 

ハシケン
あなたにとって最適なものがわかれば、快適にデジタルイラストを楽しめるようになります!

 

デジタルでイラストを描くためのパソコンの値段の相場と選び方

イラスト パソコン 相場 費用

 

一般的にパソコンはスペックが高ければ高いほど快適に使えますが、純粋に絵を描くためなら3Dゲーム向けほど過剰なスペックにまでする必要はありません。

 

  • モニター・・・フルHD(1980✕1080)以上
  • CPU・・・intel core i5以上
  • メモリ・・・8GB以上(できたら16GB)
  • ストレージ・・・SSD200GB以上(HDDなら1TB)

 

デジタルイラストを描くため平均的に求められるスペックとしてはこのようなレベルになります、そして最近発売されているパソコンならほぼ満たしているのが実情です。

 

デスクトップかノートかによっても予算は変動しますが、費用的には10~20万以内でお絵描きに使えるパソコンが手に入るとおさえておいて下さい。

 

あとはこの基準を知った上で、いかに予算を抑えつつ最大限スペックを引き上げたパソコンを手に入れるか・・・という勝負になるでしょう。

 

PCにかかる費用で損したくないなら、電気店よりネット販売業者を活用しよう

 

ちなみに、絵に使うパソコンを近所の大型電気店などで買うのはおすすめできません。

 

電気店で売っているものは有名メーカー製でムダに値段が上がるだけでなく、不要なソフトも山程インストールされて店員の人件費も価格に当然反映されています。

 

絵を描くために機能の高いパソコンが欲しい、と目標がハッキリしてるときはインターネット限定で展開しているパソコン販売企業を使えばムダがありません。

 

ハシケン
・・・ところでクリエイター向けのパソコン』って聞いたことありますか?

 

DAIV マウスコンピューター

Copyright © MouseComputer CO.,LTD. All Rights Reserved.

マウスコンピューター:https://www.mouse-jp.co.jp/

 

ネット販売で不要なソフトを外して人件費を抑えることで価格を安くして、そのぶんスペックを上げて販売してるパソコンが実は数多く存在しています。

 

特に絵を描くためのパソコンを探すなら、上の『マウスコンピューター』などで取り扱っているようなクリエイター向けPCを選ぶと電気店よりかなりお手頃な値段で手に入るのでお得です。

 

ハシケン
次章ではそんなクリエイターPCの最新おすすめ機種をスペック表付きでいくつか紹介するので、参考にしてみて下さい

 

快適にデジタルお絵描きしていける最新クリエイターPC

マウス パソコン クリエイターPC

自分もマウスのパクリエイターPCを使ってます

 

ここでは、マウスコンピュータークリエイターPCを例にイラストを描くために使いやすいパソコンを紹介しいていきます。

 

Copyright © MouseComputer CO.,LTD. All Rights Reserved.

 

ちなみにどの機種も購入時にメモリやCPUをより高性能にする『カスタマイズ』もできるので、予算の許す範囲で最大限いい状態にしておくと安心して長いこと利用していけるでしょう。

 

以下の価格は記事記載時のものです、変動も多いので必ず公式サイトも確認して下さい。

 

①超軽量(約985g)の最新ノートPC『DAIV 4P(プレミアムモデル)』175,780円(税抜159,800円)~ ⇒2/2まで期間限定11,000円OFF 164,780円(税抜149,800円)~

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gdaiv-4p-32gb

 

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー
グラフィックスインテル® Iris® Xe グラフィックス
メモリ32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ1TB (NVMe対応) SSD
モニタ14.0型 WUXGAノングレア(LEDバックライト)

 

本体重量985gと1kg未満を実現した、とにかく軽い良スペックのノートパソコンです。カバンに入れてどこにでも持ち歩けます。

 

軽量化を重視しているぶん画面サイズは14インチとコンパクトですが、軽量性や持ち運び安さを重視するなら理想の一台になるはずです。2021年末に出たばかりの最新機種なので、長い間安定して使っていけるでしょう。

 

 

 

②大画面(17.3インチ)のノートPC『mouse K7(プレミアムモデル)』175,780円(税抜159,800円)~

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gmouse-k7

 

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-11800H プロセッサー
グラフィックスGeForce® GTX 1650/ インテル® UHD グラフィックス
メモリ32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB (NVMe対応)SSD + 1TB HDD
モニタ17.3型 フルHDノングレア(LEDバックライト)

 

大画面で快適にデジタルイラストや漫画を描いていけるノートパソコンです、大きいので映画鑑賞やゲームにも使いやすいでしょう。

 

ノートでも17インチ以上あるので、描いてて狭いと感じることは少ないはずです。ただサイズ分の重量はあるので、もし購入後にPCを持ち歩く機会が増えそうなら上で紹介した①の方が安心かもしれません。

 

 

 

③安心スペックのデスクトップPC『G-Tune HM-BCM』186,780円(税抜169,800円)~

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gg-tune-hm-b-cm/

 

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-10700F プロセッサー
グラフィックスGeForce RTX™ 3060Ti
メモリ16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB SSD

 

自宅の机で落ち着いてデジタルお絵かきが楽しめる、標準スペックのデスクトップPCです。スペースは必要ですが、集中して没頭してお絵描きしたいならノートよりもこちらです。

 

デスクトップの魅力はやっぱり画面の大きさと拡張性の高さです、この機種は幸いモニタが別売りなので購入時に理想のサイズのモニターを選べます。映画やゲーム・動画制作なども考えるなら、24インチ以上を選んでおくと安心です。

 

広さによる快適さを取るか携帯性や自由な場所で描くことを優先するかで、ノートPCかデスクトップPCにするかを考えればいいでしょう。

 

 

 

④ハイスペックのデスクトップPC『DAIV Z9-6700XT』274,780円(税抜249,800円)~  ⇒2/2まで期間限定33,000円OFF 241,780円(税抜219,800円)~

DAIV Z9-6700XT

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/daiv-z9-6700xt

 

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-11700 プロセッサー
グラフィックスGeForce RTX™ 3060
メモリ32GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB SSD +2TB HDD

 

ストレスなく快適にお絵描きが楽しめる高性能PCです、そのぶん価格はそこそこですがこのスペックならむしろ安いくらいでしょう。しかも今なら期間限定セールも実施中なので、通常より¥33,000もお得に手に入れられます。

 

CPUやメモリも充実しているので、絵を描いてて困ることは基本的にありえません。特にグラフィックボードは絵を描くにはもったいないほど高性能なので、高品質な3DゲームやYouTubeのクオリティの高い動画編集さえバリバリ楽しめます。

 

ここまでのハイスペックな機種を選ぶときはモニターも27インチ以上にしておくと、絵以外のゲームや映画も最大限楽しんでいけます。長いこと使っていける、満足度の高い一台になるでしょう。

 

 

 

その他のデジタル機材情報一覧

デジタルイラスト マンガ 機材

 

パソコンが用意できたら、その他のデジタルお絵かき用の道具も揃える必要があります。

 

ハシケン
それぞれ簡単にまとめておくので、必要なものを参考にして下さい!

 

デジタル機材①ペンタブレット

 

パソコンで絵を描くために必要なペン型デバイス【ペンタブレット】は、板状のものに描いてモニターで絵を見る板状タブレット板タブと画面に直接描き込む液晶タブレット液タブの2種類があります。

 

 

上のような形状の板タブは価格が数千円~3万円程度と手頃ですが、慣れるまで少し時間がかかります。

 

 

逆に上のような液タブは安くても5万円~20万以上と値段はしますが、慣れは板より早めです。

 

ハシケン
ペンタブなどの描くための道具はパソコンと合わせてスペースの問題もあるので、2つ合わせながら検討を進めましょう♪

 

⇒具体的なペンタブの機種についてもっと知りたいときは、イラスト初心者向けペンタブレット最新おすすめ機種はこれだを参照して下さい。

 

デジタル機材②ペイントソフト

 

絵を描くためのソフトである【ペイントソフト】は、ソフト以外にアプリも現在数多く販売されています。

 

最初だしなるべく安いものを・・・と無料アプリを選ぶ人も多いですが、無料や安いものは本来あるべき機能まで削除や制限していることが多くなっています。

 

もしこれからちゃんとデジタルお絵描きで上達していきたいなら、人気の高く売れ筋のソフトを選んでおけば困ったときもネットですぐ回答が見つかりますし無駄もありません。

 

© 2016 CELSYS, Inc.

セルシス公式サイト:https://www.clip-studio.com

 

最近の一番人気は上の『クリスタ(CLIP STUDIO PAINT)』(©セルシス)ですが、他にもいくつかあるのであなたのやりたいことに合いそうなものを予算ともあわせて検討して下さい。

 

⇒ペイントソフトについて詳しく知りたいときは、人気のおすすめお絵描きペイントソフト徹底比較21選を参照して下さい。

 

★クリスタに最適なパソコンを知りたいときは、クリスタを使うパソコンのおすすめスペックと機種の選び方が参考になります。

 

デジタル機材③タブレット

 

パソコンとは少しずれますが、今はiPadなどに代表されるタブレットで絵を描く人もかなり増えています。

 

当サイト主催講座でもiPadの方は多いです

 

タブレットは携帯性と手軽さが売りですが、画面サイズはどうしてもパソコンより小さくなります。絵を描くときの画面サイズは、基本的には大きければ大きいほど快適に効率良くなるものです。

 

ハシケン
これからどんな状態で描いていきたいか、何を優先するかで考えましょう♪

 

デジタルイラストを描くならパソコンとタブレットどっちがいいのか?も参考になります。

 

デジタルに早く慣れるための3つの手順

デジタルイラスト 上達 方法

 

これからデジタルでイラストやマンガを描いていこうと思ったら、絵の技術を高めることとデジタルに慣れることを両輪で進める必要があります。

 

まずは独学で色々参考にしながらかじっていき、より上達したいなら専門的な手段も考えてみるという進め方が安心でしょう。

 

以下では絵を上達するためによく使われている3つの手段を紹介するので、興味のあるものから試して下さい。

 

①昔からの大定番、マニュアル本を参考に独学で頑張る!

 

昔からの上達方法として、適当なマニュアル本を買って参考にする手段は王道です。

 

ただ本というものはどうしても情報を網羅しすぎてるので、まっさらな初心者さんからすると最初に何が必要でどこから覚えないといけないのか混乱することもあるでしょう。

 

まずは難しくなさそうな本をメインに進めていき、かつ辞書的に困ったときに開けるような本も一冊持った上で進めていけば割とスムーズかもしれません。

 

ハシケン
ちなみに以前自分の書いた著書でもそのへんは少し触れているので、よかったら参考にしてみて下さい

 

 

②最近の人気手段、YouTubeを参考にしてみよう!

 

ここ最近人気が高いのは、YouTubeでの動画講座です。

 

実際のイラストレーターが運営しているチャンネルも多いので、好きな絵柄の人のを眺めているだけでも知識が入って役立つでしょう。

 

ハシケン
ちなみに当サイトでもクリスタの初心者さん向けに使い方を解説しているその名もずばり【ハシケンちゃんねる】というYouTubeチャンネルを運営しているので、よかったら是非チャンネル登録してご利用下さい!

 

ハシケンちゃんねる YouTube

ハシケンちゃんねる:https://www.youtube.com/channel/hashiken

 

③一人でうまくいかないときは、通信講座で習う手もある!

 

実は最近、イラストの『通信講座』が感染拡大の影響もあってかなり増えているんです。

 

仕事の忙しい社会人でも通いでない講座であれば好きなタイミングで学べますし、教室に通わず済むので感染リスクも当然ありません。

 

大手企業からピンポイントにジャンルを絞ったものまで様々あるので、気になるときはイラスト講座おすすめ20選!絵はデジタル通信/オンラインで上手くなろうを参照して下さい。

 

 

ハシケン
・・・ちなみにちなみに(三度目)当サイトでもクリスタ初心者さん向けの一日集中デビュー講座【デジ絵ワークショップ】を定期的に開催していますw

 

デジ絵ワークショップ

デジ絵ワークショップ紹介ページ:https://conte-anime.jp/lp-dg-workshop

 

リアルの講座以外に動画講座もまもなく開始予定なので、興味があればぜひ上の紹介ページを確認してみてください。

 

まとめ

デジタルイラスト パソコン 費用 いくら?

 

パソコンはデジタルで絵を描くための、中核をなす機材です。

 

快適なお絵描きができるスペックがないと描くこと自体いやになったりしかねないので、値段を高くしすぎる必要はないですが最低限のスペックは満たしたものを選ぶようにして下さい。

 

ハシケン
デジタルは最初は悩むことも多いですが、楽しく進めれば必ず描けるようになります!

 

 

▼次はこちら!

クリスタを使うパソコンのおすすめスペックと機種の選び方

ゲームできてクリスタでイラスト・マンガも描けるゲーミングPCはこれ

イラストに最適なノートパソコンをなるべく安い費用で手にする方法

パソコンでイラストを描こう!デジタル絵のカンタン始め方