クリスタの画像データを保存・書き出しする方法を覚えよう

クリスタ データ保存 方法 クリスタ

スポンサードリンク

★デジタルで絵を描けるようになりたいあなたのための教室★

わずか4時間で「クリップスタジオ(クリスタ)」の基本の使い方が理解できる! 

クリスタ 1日教室 講座

次回10/26開催、残り2席!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

絵を描いているデータは適切な形式で保存しておくことで、ブログやSNSなど画像を使いたいときもスムーズに行なえます。

 

また、作業中も適宜保存しておくことで突然パソコンが落ちた時でも最初からやり直す羽目にならず安心です。

 

ハシケン
今回はクリスタのデータ保存・書き出しなどについて詳しく解説します!

 


スポンサードリンク

基本的なクリスタの保存の手順

 

大前提として、絵を描いている時は必ず適切にデータを保存していく必要があります。

 

そうすることで突然パソコンが固まったりしてもある程度進んだところから再開できますし、途中で作業をやめるときも保存しておけばまた続きから始められます。

 

基本的にクリスタで絵を作成中のデータ保存は[メニューバー]-[ファイル]-[保存]でセーブできます、その場合の拡張子は「.clip」となります。

 

クリスタ データ保存

 

ハシケン
レイヤーや色の効果などの情報を保持した状態でそのまま保存できるので、基本的にこの手順を取りましょう

 

▼レイヤーについて知りたい時はこちら

 

画像データの様々な保存形式について

 

画像の保存形式には様々な種類が存在しています。

 

前述の方法ではクリスタ専用のフォーマット「.clip」で保存していますが、[メニューバー]-[ファイル]-[別名で保存]を選んで「ファイルの種類」を変えることでその他のファイル形式でも保存できます。

 

クリスタ ファイル別名で保存

 

公式サイトも参考にまとめたのが以下の一覧です。

 

  1. CLIP STUDIO FORMAT(.clip)・・・クリスタオリジナル形式、作成中の状態をすべて保持できるが他のソフトでは開けない
  2. BMP(.bmp)・・・圧縮しないので容量は大きくなるが画像劣化しない
  3. JPEG(.jpg)・・・圧縮を行い容量を抑えられる、圧縮しすぎると劣化する
  4. PNG(.png)・・・透明情報を持ったまま保存可能、絵と絵を重ね合わせて使いたいときなどに便利
  5. TIFF(.tif)・・・印刷向けに利用しやすい
  6. Targa(.tga)・・・画像圧縮をしないので容量が大きめ
  7. Photoshopビッグドキュメント(.psb)・・・ポスター作成などで、次の⑧のデータサイズが特に大きい場合に使用する
  8. Photoshopドキュメント(.psd)・・・Adobe形式、レイヤーは保持できるがクリスタ固有の特殊効果などは保存できない

※2019年時点では、クリスタは上記8つの保存形式が選べます。

 

通常のデータ保管は①、ブログやSNSに使用したい時は③か④で書き出す、他のペイントソフトでレイヤーを持ったまま開きたいなら⑧・・・と覚えましょう。

 

描いてる途中はショートカットで手早く楽に保存しよう

 

[別名で保存]ではなく作業中の通常の[保存]であれば、毎回[メニューバー]-[ファイル]-[保存]を選んでいると結構面倒くさく感じるかもしれません。

 

そういう場合は「ショートカットキー」を使います、Winの場合[Ctrl+S]、Macは[Cmd+S]で[保存]ができます。

 

▼ショートカットキーについて知りたい時はこちら

 

またipadの場合は「クイックアクセス機能」を使うのもいいでしょう。※パソコンでも使えます。

 

▼クイックアクセスについて知りたい時はこちら

 

クリスタのデータオートセーブ(自動保存)機能

 

クリスタは長い間自動保存機能というものが存在していなかったですが、現在はようやく[キャンバスの復元機能]というものが実装されました。

 

ポイント!Version 1.7.1以降のクリスタになります、それより古いバージョンの場合はアップデートを行って下さい

 

[メニューバー]-[ファイル]-[環境設定]で[ファイル]を選ぶと、「復元」という欄が見つかります。

 

クリスタ データ復元設定

 

「キャンバスの復元を有効にする」にチェックをし、保存間隔を入れておけばその時間でオートセーブをしてくれます。

 

もし絵を描いているときにパソコンが落ちるなどしてクリスタが異常終了した際は、次回起動時に復元情報をもとにキャンバスを自動で復元してくれます。

 

ハシケン
・・・とはいえ指定した時間によっては保存できていない部分が多く発生することにもつながりかねないので、こまめにセーブを行う癖をつけるのが優先です

 

スポンサードリンク

クリスタで保存した画像を読み込む・書き出す方法

 

以前保管したデータを読み込みたい、画像を開きたい場合にはクリスタデータであればダブルクリックしたり画像をキャンバス上に直接ドラッグする方法が手っ取り早いですが、その他に「開く」という方法もあります。

 

[メニューバー]-[ファイル]で「開く」、もしくは最近使ったデータなら「最近使ったファイル」に名前があるのでクリックすると読み込めます。

 

クリスタ 最近使ったファイルを開く

 

データを保存する際はあとでわからなくならないよう、わかりやすい名称をつけておくようにしましょう

 

 

またブログやSNSに絵を使いたい場合は、データを書き出す必要があります。

 

書き出したいデータをキャンバスに開いた状態で[メニューバー]-[ファイル]-[別名で保存]で書き出したい形式を選ぶか、[メニューバー]-[ファイル]-[画像を統合して書き出し]を選んで形式を選びましょう。

 

クリスタ 画像を統合して書き出し

 

ポイント!クリスタデータ自体は書き出した後も任意で決めた場所に必ず保存しておくと、万が一何が起こっても安心です

 



デジ絵ワークショップバナー画像

ipad版クリスタで保存したデータを読み込む場合

 

ipad版クリスタの場合は保存するとどこに行くのか、よくわからず不安に思うこともあるかもしれません。

 

[メニューバー]-[ファイル]-[開く]を選ぶと作成したデータが確認できるので、選んでOKを押せば大丈夫です。

 

クリスタ ipadデータ読み込み

 

▼iPadアプリについて知りたい場合はこちら

 

 

クリスタのデータ保存についてのまとめ

 

デジタルで絵を描く際には、いつ何があっても大丈夫なように頻繁にデータを保存していくのが鉄則です。

 

描くことに集中しすぎてうっかり長い間セーブを忘れたときほど、パソコンは不意に落ちてしまうものです。

 

ハシケン
せっかく描いた大事な絵が消えてしまわないよう、こまめな保存を心がけましょう!

 

 

▼次はこちら!

 

 

 

たった4時間でクリスタの基本の使い方がわかる!

デジタルイラスト ワークショップ

 

初心者向けデジタルイラストワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

あなたも自由にデジタル絵を描けるようになりませんか?

 

次回10/26開催、残り2席!

 

スポンサードリンク