クリップスタジオのサブビュー機能!複数表示の使い方を覚えよう

クリスタ サブビュー 便利 クリスタ

スポンサードリンク

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

クリップスタジオには「サブビュー」という便利な機能があります。新規キャンバス以外の別ウィンドウに絵や資料を開いておける場所のことで、そこで開いている画像からスポイトで色をとってきたりすることもできます。

 

ハシケン
使用必須ではないですが、使い方次第ではかなり役立つかもしれません

 

ということで今回はサブビューの機能と使い方について詳しく解説します。

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
Youtubeでも同じ内容が見れるので好きな方をどうぞ!

スポンサードリンク

サブビューは見本画像を開いておける専用ウィンドウのこと

 

クリップスタジオを開いたときにサブビューが立ち上がっていない場合は、上部メニューバーの[ウィンドウ][ナビゲーター]の下に[サブビュー]とあるのでチェックを入れると表示されます。

 

クリップスタジオ サブビュー

 

使用中に「あれ、どこ・・・?」と画面からサブビューのパレットが消えてしまった際も同様の手順で再表示できます

 

サブビューで画像を開くには、デスクトップなどから画像を直接サブビューパレットにドラッグするか右下の[読み込み]ボタンからファイルを開きます。

 

クリップスタジオ サブビュー

 

サブビューがいわゆる新規ウィンドウと違うのはナビゲーターと同じ拡大縮小・反転などのボタンが専用で付いている点と、同じく専用のスポイト・読み込み・ゴミ箱があってさらに複数のファイルを同時に読み込めることです。

 

クリップスタジオ サブビュー

 

ポイント!他のパレット同様サブビューも自由に移動・拡大縮小できるので、好きな配置で使用することができます。

 

★新規ウィンドウについて知りたいときは、クリップスタジオの新規ウィンドウの超便利な使い方を覚えよう!が参考になります。

 

サブビューで複数読み込みをする

 

サブビューに複数の画像をドラッグしたり読み込んで何枚も絵を加えると、◀▶の矢印で好きな画像に変えられるようになります。

 

クリップスタジオ サブビュー

 

たとえば絵を描くために複数の資料を開いて使いたい場合にいくつか同時に入れておき、状況に応じて画像を変えて必要なものを表示しておけます。

 

使わなくなった画像はサブビューのゴミ箱で消してもいいですし、そのままクリップスタジオを閉じてしまっても問題ありません。

 

再びクリップスタジオを立ち上げるとサブビューに画像はそのまま残っているので、もう使わない場合は自主的にゴミ箱で消す必要があります

 

実際の使い方

クリップスタジオ サブビュー

 

例えば左の青い髪の男の子の絵を描いているときに既に描いていたピンクの髪の女の子を資料に使用したい、あるいはその絵からスポイトで色を持ってきたい場合にサブビューが使えます。

 

必要な絵をサブビューにドラッグして入れておいて、使う際は◀▶で選んで使用します。

 

単なる「別キャンバス」でもサブビューと似たようなことは可能?

 

ちなみに、クリップスタジオは作成中のキャンバス以外に別キャンバスとして画像を開くことが簡単にできます。

 

クリップスタジオ 新規ウィンドウ

 

やり方も単純でデスクトップなどからドラッグすればOKです、ウィンドウがくっついてタブで分かれている状態ならタブをドラッグすれば別々のウィンドウにもできます。

 

さらに、キャンバスにはすべて拡大縮小・回転の機能がウィンドウ下部についています。

 

クリップスタジオ サブビュー

 

もちろんわざわざ下部を使わなくてもキャンバスごとにナビゲーターショートカットでも同様の操作は行えます(・・・むしろ普通はそちらしか使わない?)、キャンバスがアクティブなら当然スポイトなども普段通り使用できます。

 

ハシケン
何が言いたいのかというと、資料として開きたい画像をあえてサブビューに入れず別キャンバスでやっても構わないということです;

 

サブビューの一番の使い所としては何日にも渡って一つの絵を作成する際、同一の複数資料を使用する場合にサブビューに入れっぱなしのほうが毎回クリップスタジオ立ち上げのたびに資料を開かなくてもいいという点になるでしょう。

 

あるいは、別キャンバスとして資料を開くより見た目的にすっきりさせられる部分になるかと思います。

 

とはいえ別にサブビューが使えないとかいい悪いということでもないので、実際試した上で合う方を使用してみてください。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

クリップスタジオにはこのように「なくても問題ないけどあるからちょっと使ってみようかな・・・お、結構いいじゃん!」のような機能がかなり多くあります。

 

ハシケン
知らないままだと最後まで存在自体に気づけず終わってしまうので、サブビューのようなユニークな機能を見つけたら一度試してみるといいですね

 

 

▼次はコチラ!

クリップスタジオをパソコンで使うおすすめスペックと機種の選び方【2020年最新版】

 

 

 

スポンサードリンク