イラスト専門学校つらい!悩んだときの対処法を絵の職場目線で徹底紹介

イラスト 専門学校 つらい 対処法 絵を描く!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

将来絵やイラストを仕事にしたい人が通う専門学校ですが、検索すると通っててつらい・・・しんどい・・・という意見も結構目にします。

 

ハシケン
学びの場でつらいときが一切ないなんてコトもないでしょうが、実際通うと不安に感じることもあるのかもしれません

 

ということで今回は長年絵の仕事で勤めた立場もふまえて、イラストの専門学校に通ってつらいと感じる状況の対処法を紹介するので不安に感じていたら参考にしてみてください。

 

イラスト専門学校は『課題』が多くてつらい・・・!

イラスト 専門学校 課題 多すぎ

 

専門学校は2年という短期間でその道のプロとして働ける人材になって就職活動に挑んでもらうので、どうしても詰め込みが多くなりがちです。

 

ハシケン
大学と比べても持ち帰りの課題が多く、バイトと掛け持ちで自由な時間がないと苦しむ人も少なくないでしょう

 

ただそれは誰もが乗り越えないといけない壁ですし、未熟な状態のまま運よく絵の仕事につけても結局続きません。

 

イラストの仕事は、業務の中で成長していかないことには仕事がふられなくなってしまう厳しい世界です。

 

ハシケン
特に最近はデジタルのペイントソフトの機能向上もあって、生半可な技術じゃ生き残りもしんどいのが実態です

 

そのためにも、プロになって過ごすための2年という特訓期間を乗り越えられないなら先に進むなんてできるわけありません。

 

 

イラストの専門学校は入学試験など厳しいハードルがないため、割と誰でもはいれてしまいます。

 

ハシケン
でも中途半端な気持ちで入っても続かないですし、卒業後フリーター・・・なんて人も少なくありません

 

そうならないためにも、忙しさや課題は将来へのチケット代わりと思って取り組みましょう。

 

課題をクリアしていけば夢に近づけるわけですから、独学で悶々と頑張るよりも進むべき道が明確でやりやすいはずです。

 

自分の絵の『技術/知識不足』がわかってつらい・・・!

イラスト 知識 技術 足りない

 

ハシケン
学校に通う中で、自信を失うことも多いかもしれません・・・

 

絵を描く際には基本的なデッサン力や技術、デジタルや色の知識は欠かせない要素なので特に経験のないものに挑戦したときは自分の未熟さにつらく感じることもあるはずです。

 

でもそれもまた、明確な答えが提示されていると前向きにとらえてみるのはどうでしょう?

 

 

もしあなた一人で絵の仕事に進もうとしていたら、働くために何が必要かよくわからないまま挑戦していたはずです。

 

それだと夢の実現が遠回りになるだけですし、専門に通うよりよほどムダな時間がかかっていたでしょう。

 

専門学校に進むのは、回り道せず一直線にあなたの就きたいイラスト関連の仕事をめざす環境に飛び込めるということです。

 

わからずつらいことは、わかればつらくなくなります。学校での学習なら、答えも目の前にしっかり存在するものばかりです。

 

ハシケン
一人でやるよりはるかに楽な道だと考えて、胸を張って自信を持って学んでいきましょう!

 

イラストの上手い人や周りと『比べて』つらい・・・!

イラスト 周り うまい

 

これまで自分のことをかなり絵がうまいと思っていたかもしれません、でも専門学校に入ると周りにはあなたより絵の上手い人がそこそこいるでしょう。

 

ハシケン
そういった人と比べて落ち込むことも、よくある話です・・・

 

でもそれは、早いうちに現実を知れて今のあなたに足りない部分を気づかせてもらえたと考えたらどうでしょう?

 

 

もしあなたがずっと家で一人で絵を描いているだけだったら、自信ばかりムダに肥大して現実との差にいつまでも気づけなかったかもしれません。

 

ハシケン
そんな状態で一人で就職活動しても、企業からはお祈りばかりもらってしまうかも・・・?

 

自分より絵の上手い人からアドバイスを貰うことは、絵の成長につながる非常に大切な要素です。そんな環境に入れたことを幸せだととらえて、せっかくなら前向きに活用していきましょう。

 

ハシケン
人に教えを請う事ができる人のほうが、頑固に個を貫こうとするより成長度合いは大きく早くなるものです!(・・・自戒ふくむ;)

 

頑張っても頑張っても、なかなか絵が『上達できず』つらい・・・!

イラスト 上達 実感できない

 

毎日学校に通って、帰ってからも眠い目をこすって課題に取り組んでもなかなか成長できない・・・そんなジレンマを抱えるときもあるでしょう。

 

絵の力は一朝一夕でレベルアップするものじゃなく、階段的に上がっていくものです。だからあせる必要なんてありません、毎日の授業や練習は必ずあなたの中に蓄積されていきます。

 

絵がうまくなりたい時に重要なのは『考えながら描く』ということです。

 

  • 上手い人はなぜそういうふうに描いているのか?
  • なぜ自分の絵はおかしく見えるのか?
  • その差はどこにあるのか?

 

 

・・・もしこれから成長につまずいたときは、その原因がなにか分析してみましょう。そして答えが見つかったら、集中的につぶしていきましょう。

 

わからないことがあれば一人で悩みすぎず、学校の先生やあなたより絵の上手い人に聞いてみてください。

 

ハシケン
すぐわかる人に聞いて悩みや疑問が解決できる環境にいられることこそ、実は専門学校でイラストを学ぶ最大の利点かもしれませんよ?

 

イラスト関連で人気の専門学校

イラスト パソコン おすすめ 購入

 

最後にイラスト関連で就職実績の高い学校をいくつか紹介しておくので、今後考える参考にしてみて下さい。

 

ハシケン
詳細は公式サイトを確認したり、無料の資料請求をすると便利です♪

 

「代々木アニメーション学院」

代々木アニメーション学院

©️ Yoyogi animation academy. All right reserved

公式サイト:https://www.yoani.co.jp/

 

42年という長い歴史をほこる、イラストやアニメなどエンターテインメントに特化した学校です。12万人を超える卒業生たちとの強力なパイプは、就職活動や実際に働いたあとも力強い支えとなるでしょう。

 

業界関係者たちと密接につながっている状況を活かし、それぞれのジャンルで今求められている最新のスキル・流行を最速で学べる環境が整っています。就職後に即戦力として働けることにもつながるでしょう。

 

最近は学生以外で絵の仕事に進みたい人へのサポートにも力を入れていて、忙しい社会人でも働きながら学べる夜間や土日の週1コースが人気を集めています。

 

 

 

「ヒューマンアカデミー」

ヒューマンアカデミー

©2022 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

公式サイト:https://ha.athuman.com/

 

職場で役立つ実践的能力が身につけられる環境が評判で、頑張り次第では在学デビューや早期内定も可能です。インターンシップ(在学中の職業体験)を経験した学生の7~8割は通った企業にそのまま就職・アルバイト採用されている実績もあるので、就活面でも心強いでしょう。

 

全国18校展開していて地方在住でも比較的通いやすく、都心部の仕事情報も学校内で共有できるので不利になりません。イラストレーターや漫画家など80名以上ものプロの現役クリエイター講師による少人数制授業が人気を集めていて、一人ひとりに弱点を補い長所を伸ばすための指導をしてくれます。

 

昼間の授業以外に夜間や週末講座、さらに完全在宅型の「通信講座」も多く利用されています。現在他の仕事をしていてもお休みなどスキマ時間に将来のために学習が進めていけるので、絵の仕事につく夢も独学より実現しやすいでしょう。

 

 

 

特典つき今なら無料で案内資料をとりよせるだけで「キャラクターの描き方ガイドブック」が必ずプレゼントされています

 

 

まとめ

イラスト 専門学校 行くかいかないか

 

絵の仕事につくには独学でいい、という人もいます。でも自分が実際に絵の職場数社に勤めた感じだと、社員の6割程度が専門or大卒だったイメージです

 

もちろんなかには独学でやれる器用な人もいますが、学校を卒業して一人前に働いていく人も同じかそれ以上にいるんですよね。

 

ハシケン
学校が大変でも乗り越えられたら大好きなことを一生の仕事にできると思って、ぜひ頑張ってください!

 

 

▼もっとイラスト関連の専門学校を見たいときはこちら

イラストレーター専門学校おすすめ15選!絵を仕事にする近道はここだ