デジタルイラスト初心者必見!ラフの描き方5つのコツとは?

デジタルイラスト ラフ 絵を描く!

スポンサードリンク

★絵の力を活用したいあなたのための特選サービス★

【デジ絵ワークショップ】1日でデジタル絵の基本の描き方がわかる! 次回5/13開催!

【キャラデザ】表情まで変えられる似顔絵キャラであなたをしっかり覚えてもらおう!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

デジタルで絵を描く時は、最初に新規キャンバスを作ってラフを描いていきます。

 

ラフ 作画

 

ラフで大事なのはレイアウト、構図、ポーズ、表情、バランスを固めて線画の工程に繋ぐことです。

 

ラフで絵の仕上がりは7割決まるといってもいいでしょう。ラフを描く際に知っておくと便利なことが5つあります。

 

  1. 手を動かして頭のイメージを具現化する
  2. 下描きではそこまで線をきれいにしようとしない
  3. キャンバスを回転・反転しながら描く
  4. 自由選択で移動・拡縮して調整
  5. レイアウトを色々試してみる

 

ハシケン
1つずつでも取り入れて、自由にデジ絵を描いていきましょう!

 


スポンサードリンク

はじめに、デジタルで絵を描く手順をざっくり見ておこう

アニメ塗り 方法

 

絵を描く手順は、ラフ⇒線画⇒着色が基本の流れです。ラフにはあたり⇒下描きという工程が含まれます(人や会社によっても言葉の使い方は若干変わります)。

 

その後ラフのレイヤーの不透明度を下げて上からなぞりやすくして、上に新規で作成した線画レイヤー上で線画を描きます。

 

線画が終わったら線画レイヤー上で塗る範囲を選択し、線画レイヤーの下に色別レイヤーを作成して色ごとに分けて塗りつぶします。

 

・・・以上がデジタルで絵を描く際の基本手法『アニメ塗り』の流れです、下記の4倍速動画でイメージを掴んでみてください。

 

 

まずは手を動かしてラフイメージを形にしよう!

イラスト デジタル 

 

最初にキャンバス内にラフラフな線でベースを描いていきます、あたりを取ると言ったりもします。

 

絵 ラフ あたり

 

配置やキャラのポーズ・表情などをイメージして自由に描いていきましょう。

 

頭にすでに浮かんで絵にしていく場合もあれば、イメージがぼんやりしたまま手を動かして絵を生んでいく状況もあるでしょう。どちらでもいいのでとにかく描いてみましょう。

 

スポンサードリンク

下描きなんだから線はそこまできれいにしなくたっていい!

絵を描く

 

慣れないうちは難しいかもしれませんが、ラフの時の線はきれいにしなくて大丈夫です。

 

 

あなたさえわかって線画が拾えればいいので、手を動かして大きく絵を描くことを重要視しましょう。

 

ただし、慣れないうちはあまりラフラフの状態から線画を拾うのは難しいはずです。ある程度見えてきた状態でさらにレイヤーを用意して、やりやすいように線を整えておくとあとが楽になります。

 

ラフ線の色は何を使っても構いません、あなたがやりやすいものでやりましょう。

 

ハシケン
自分の場合は、若い頃にアナログで漫画を描いていた時の名残で水色でやることが多いです。

 

キャンバスを回転・反転しながら描け!

パソコンで絵を描く

 

ハシケン
アナログで絵を描いていた経験がある程度あればわかると思いますが、絵を描きやすい方向に紙を回転させながら描いていませんでしたか?

 

デジタルでも当然そうした方が描きやすくなります。キャンバスの左右反転・拡大縮小・回転をキーボードであなたの操作しやすい場所に設定しましょう。

 

描きやすい線の方向で描けるようになり、まめに左右反転することでデッサンの狂いも減らせます。

 

 

ハシケン
いちいち画面上のナビゲーター部分で操作していると非効率で手間ばかりかかってしまうので、必ずショートカットは設定しましょう!

 

自由選択で移動・拡縮して調整!

 

ハシケン
絵を描いていると手が大きくなったり長くなったり、顔のバランスを直したりしたい状況が出てきますよね。

 

消しゴムで消せる程度であればいいですが、そうでないときは投げ縄ツールで該当箇所を囲んで自由変形で幅を変えたり移動させて調整しましょう。

 

 

アナログにはないまさにデジタルならではの技なので、自由に使えるようになればアナログより見栄えのいい絵を描くことも可能です。

 

ハシケン
アナログに戻るのがいやになる理由でもありますが・・・

 

せっかくデジタルを使うなら紙を画面に換えるだけでなく、デジタルならではのうまみを活用していきましょう。

 

 

ラフの段階だからこそレイアウトを色々試そう!

 

上の要領で全体を動かすことも可能です、投げ縄でもいいですし全体選択で変形でも構いません。

 

 

・・・基本的最初描き出した状態のままで希望の絵の配置になることはまれです。

 

色々動かしたり傾けるなどして最適な状態を探しましょう、そうすることで何がよくて何がダメなのかといった知識も徐々に蓄積されていきます。

 

 

ハシケン
とにかくラフの段階だからこそいくらでもやり直しがききます。

 

逆に言えばラフの段階であれこれやっておく必要があるということです。最初にも書いたように、ラフの段階で絵の仕上がりはある程度決まってしまいます。

 

慣れればラフを元により良い絵に仕上げていくこともできるようになりますが、初心者のうちはラフを元にそのまま線を取るだけで手いっぱいのはずです。

 

ハシケン
だからこそぜひラフにしっかりこだわってみてください、そうすれば絵はどんどんうまくなります!

 

 

デジタルでラフを上手く描くまとめとして

デジタルイラスト 入門

 

ラフは全ての絵の基本です、慣れればどんどん省略もできるようになり絵を描く速さの向上にもつなげていけます。

 

ぜひ今回紹介したような細かい技術も取り入れて、貪欲に成長を目指しましょう!

 

 

 

 

 

★・・・またもしあなたがデジタルで絵を描く最初の一歩で詰まっているなら、当サイト主催の【デジ絵ワークショップ】に参加してデジタル絵の描き方の基本をわずか240分で理解してください!

 

「さあ、魔法の表現力を身につけよう!」

 

デジタル絵の超初心者向けワークショップ

 

プロの直接指導によるわずか4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」の手順が理解できます。

絵を自由に描いて、好きに使えるようになりませんか?


次回5/13開催、残り2席

スポンサードリンク