クリスタ 線画 色変え

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

クリスタで線画を描いていて、後から色を変えたくなる状況も結構あるんじゃないでしょうか?

 

ペイントソフトの線は、実はレイヤーさえ分けて作画していれば割といつでも自由に変えられます。

 

ハシケン
今回の記事では、クリスタで線の色を変える3つの方法について詳しくお伝えします。

 

CBMWSヴィジェット

線画の色を変える方法①透明ピクセルをロックする

 

クリスタ レイヤー 透明ピクセルをロック

レイヤーパレットの上部に、2種類の鍵のアイコンが並んでいます。

 

 

左側は「レイヤーをロック」するためのもので、このボタンをONにしたレイヤーは何も処理ができなくなります。

 

ポイント

たとえば着色の際、間違って塗ってしまわないように線画レイヤーをロックしておく使い方が有名です。

 

その右にあるボタンが「透明ピクセルをロック」といって、線画の色を変える際の基本としてよく使われるものになります。

 

手順としては以下のようになります。

 

  1. 色を変えたいレイヤーを選んでアクティブにする
  2. 「透明ピクセルをロック」を押してONにする
  3. 変えたい色を選んで塗りつぶし

 

クリスタ 透明ピクセルをロック 色替え

 

透明ピクセルをロック、とは?

クリスタ アンチエイリアス

 

ペイントソフトのキャンバスは上の図のように四角いピクセル(ドット)が集まってできていて、□に色を付けることでデジタル絵は描かれています。

 

 

要するに「透明ピクセルをロック」するとは、レイヤー上でまだ何も描かれていない部分をロックしてしまうということです。

 

逆に言えば「既に何か描かれているピクセルだけ処理を行える」状態へとしてしまうわけです。

 

ハシケン
線が書かれている部分にだけ処理が加えられるから、そこだけ色が塗り替えられる・・・という理屈です♪

 

注意!

ロックのON・OFFはいつでも自由に行なえますが、色変えが終わった後はロックをOFFにするのを忘れないようにしてください。

 

一部の色だけ変えることもできる

 

「透明ピクセルをロック」を使うと、線画の好きな部分だけ自由に色を変えることもできます。

 

クリスタ 透明ピクセルをロック 一部分だけ色替え

 

上のようにロックされた状態でペンツールなどで線画上を塗りつぶせば、その箇所だけ色を変えられます。

 

ハシケン
キャラの目の線の色を変えたり、小物の一部を変えたりと表現の幅も広がるので色々試してみてください!

 

線画の色を変える方法②クリッピングを使う

 

2つ目の色変えの方法は、「クリッピング」という操作を使うやり方です。

 

線画レイヤー(A)の上にクリッピング用の新規レイヤー(B)を配置し、右クリックで[レイヤー設定]-「下のレイヤーでクリッピング」を押します。

 

クリスタ レイヤー設定 クリッピング

 

クリッピングされたレイヤー(B)は線画レイヤー(A)で作画されている範囲でのみ表示されるようになり、(A)の色を変えたい部分を(B)で任意の色で塗りつぶしたりペンツールで描くことで見た目を好きな色に変えられます。

 

クリスタ クリッピング 色替え

 

ポイント

同様の手順でクリッピングを外すと通常表示に戻ります、クリッピングはいつでもON・OFFが切り替えられます。

 

透明ピクセルをロックと違って、元々の線画レイヤーを保持したまま色を変えたい場合はこちらがいいでしょう。

 

線画の色を変える方法③色調補正機能を使う

 

3つ目の色変え方法は、「新規色調補正レイヤー」を使います。

 

線画レイヤーを選んだ状態で、[メニューバー]から[レイヤー]-[新規色調補正レイヤー]-「色相・彩度・メイド」を選ぶと専用ウィンドウが表示されます。

 

クリスタ 色調補正

 

それぞれの項目でバーを動かすか、数字を入力するか、矢印で数字を変えると色が変化するのでいろいろと試してみてください。

 

クリスタ 色調補正

 

ポイント

他の2つのやり方よりも、細かい色調整を行いたいときに向いています。

 

クリスタで線画の色を変えたいときのまとめ

 

今回紹介した3つの方法は、着色時に塗った色を変えたい場合でも同じようにできる便利なものです。

 

最終的に線画は黒にしたいけど作業中はラフをトレースしながら赤や青のほうがやりやすい・・・なんてこともあると思いますが、そんなときにも役立つでしょう。

 

ハシケン
いつでも自由に色が変えられるとわかってれば、肩の力を抜いて気楽に描けるようになるんじゃないでしょうか♪

 

 

こちらもおすすめです