デジタルイラストの色塗りに悩む初心者さんはこの塗り方で即解決!

デジタル イラスト 色塗り 初心者 絵を描く!

スポンサードリンク

★デジタルで絵が描けるようになりたい人のための一日教室★

わずか4時間で「クリスタ(CLIP STUDIO PAINT)」の基本の使い方が理解できる! 

クリスタ 1日教室 講座

次回12/21開催、あと6席!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
デジタルで絵を描きたくて色の塗り方を調べてみたけど、初心者向けの内容があまりなくて困った・・・なんてことはないですか!?

 

ということで今回は、デジタルで絵やイラストを描いて塗る基本手順を特に初心者さん向きにメイキング付きでわかりやすくまとめます。

 

 

★記事後半ではデジタル絵を基礎から学べる初心者向けイラスト講座も複数紹介しているので、あわせて参考にしてください。

 

 

アナログでなくデジタルでイラストを描くなら「アニメ塗り」がすべての基本!

アニメ塗り レイヤー

 

デジタルで絵やイラストを描くには様々な描き方があります。

 

なかでももっとも基本で代表的なものが【アニメ塗り】という、境界線や色のくっきりした塗り方です。

アニメ塗り サンプル

これは当サイトのイメージキャラですが、髪の部分にだけグラデーションがかかったシンプルなアニメ塗りです。

 

細かくレイヤーを分けて描く手間は必要ですが、そのぶんアニメ塗りさえ理解できるとデジタルでのレイヤーの概念や使い方がほぼ理解出来ます。

 

ハシケン
以下メイキング付きで順を追って進めるので、最後まで読んだあとはあなた自身で試して覚えてください!

 

デジタルイラストのラフ・線画の描き方

輝き

 

ペイントソフトはクリスタ(CLIP STUDIO PAINT)とSAIを適宜使用しています

 

  1. ラフ
  2. 線画
  3. 着色(彩色、色彩とも言います)

 

・・・この流れが、デジタルで絵を描く際のベーシックな順番です。

 

デジタル 着色 完成

 

 

ハシケン
上の絵はこの会話アイコンでも使ってる、サイト管理者の似顔絵です。

これがデジタルでどう描かれていくのか、メイキング付きで見ていきましょう!

 

 

まずはじめにペイントソフトで新規キャンバスを作成したら、新規レイヤーを作成し「ラフレイヤー(名前は任意)」と名前を変えます。

 

CLIP STUDIO 使い方

 

CLIP STUDIO 使い方

 

CLIP STUDIO 使い方

 

▼関連記事

 

 

ラフレイヤー上で、水色などの鉛筆ツール(任意)でラフ絵を描きます。

ラフ 作画

 

絵の方向性や配置が決まったら、ラフレイヤーの上に新規レイヤーを作成して名前を「線画レイヤー(名前は任意)」とします。

 

線画 レイヤー

 

ラフレイヤーの不透明度を30くらい(任意)に下げて見た目を薄くし、上にある線画レイヤー上で鉛筆やペンツールなど線の描きやすいツールでラフレイヤーを透かしながら線を拾っていきます。

線画 描き方 コツ
線画 イラスト コツ

 

ハシケン
線画は黒が基本ですが、他の色でも構いません。

 

慣れてくると線画の段階でラフのまずい点を直しながら線画を描いていけますが、最初はしっかり線を拾うことを重視してみてください。

 

線に強弱をつけたりすることでイラストの仕上がりをよりよくできますが、慣れてからで大丈夫です。間違えたとこを消しゴムで消したりしながら、必要なすべての線を拾っていきます。

 

線と線のつなぎ目は着色作業をスムーズにするために必ず繋いでおきましょう(最後にまとめて直しても大丈夫です)。キャンバスの端まで伸びてる部分があれば、端まで必ず描ききっておきましょう。

 

★ラフ、線画に関してより詳しく知りたい時はデジタルイラスト初心者必見!ラフの描き方5つのコツとは?初心者必見!デジタルイラストの線画をきれいに描く8つの極意を参照してください。

 

 

ハシケン
線画まで完成したら、いよいよ色塗りに進みましょう!

 

デジタルイラストのアニメ塗りによる塗り方メイキング

CLIP STUDIO 使い方

 

線画ができたら、ラフレイヤーはレイヤー左端の「目玉」ボタンを押して非表示にします。

 

ハシケン
消してもいいですが、あとで見たい場合もあるので一応おいておきましょう。

 

アニメ塗りの塗り方は、以下の三つが基本です。

 

  • 「線画レイヤー」上で塗りたい範囲を選択し、その下に作った「色レイヤー(名前は任意)」上で塗りつぶす
  • レイヤー順は線画が最上段、その下に色別の「色レイヤー」をならべていく
  • 「色レイヤー」は、肌に近い広めの部分から一番下にして順次上に並べていく

 

 

手順を追って見ていきましょう。

 

「線画レイヤー」上で塗りたい範囲を選択し、その下に作った「色レイヤー」上で塗りつぶす

CLIP STUDIO 着色 方法

 

線画レイヤー上で塗りたい部分を選択して色を選び、下に色ごとの新規レイヤーを作成してバケツなどで塗りつぶしていきます。

 

閉じられた範囲でないと塗りつぶしがはみ出るので、線画の段階でしっかり閉じておいてください。

 

ハシケン
アニメ塗りでは色の数だけレイヤーが新規作成されるので、塗るたびに『肌』『髪』『服』『靴』・・・など色レイヤーの名を変えていくと管理しやすいです。

 

 

あとは線画レイヤー上で範囲を選択⇒色を決めて下の色レイヤー上で塗りつぶし、と言う作業を色ごとにひたすら繰り返します。

 

SAI 着色 方法

 

SAI レイヤー 並び方 配置

 

細かい部分など選択しきれず色漏れがあった場合は、該当レイヤー上で鉛筆ツールで塗って埋めましょう。

 

デジタル 色 塗り漏れ

 

ハシケン
色ごとに分けておけば細かい直しも自在なので、あとで髪の色だけ変えることも簡単に行えます。

 

レイヤー順は線画が最上段、その下に色別の「色レイヤー」を並べていく

CLIP STUDIO 使い方

 

線画は常に一番上と覚えておいてください。

 

例外もありますが、今回は気にしないでください。

 

線画の下に、色別の色レイヤーがひたすら並んでいく形がアニメ塗りの基本形です。上の画像は、彩色フォルダの中に色別のレイヤーが格納された状態となっています。

 

ハシケン
ちなみに線のレイヤーを一番上にする理由は、上に配置される色によって線が隠れてしまうことを避けるためです。

 

「色レイヤー」は、肌に近い広めの部分から一番下にして順次上に並べていく

 

SAI レイヤー 並び方 配置

 

色レイヤー自体の並べ方としては、例えば人間キャラであれば

 

↑『線画レイヤー』

 『瞳』

 『白目』

 『装飾品』

 『靴』

 『服』

 『髪』

 『肌』

↓『ラフレイヤー(この段階では非表示)』

 

・・・といったように、肌に近く広い部分から下⇒上に並んでいくと覚えておきましょう。

 

 

ハシケン
色の並びは多少前後しても問題はないので、あなた自身でいろいろ試して覚えてください。

レイヤーの並びはいつでも変えられて戻せるので、難しく考えず気楽にやりましょう!

 

その他、デジタルで色塗りするときの注意点

アニメ塗り 方法

 

最後に、いくつかアニメ塗りのポイントをまとめておきます。

 

アニメ塗りでは線の隙間はしっかり閉じておこう!

ラフ 線画 着色

 

線画の最終段階でまとめてやっても構いませんが、塗りつぶしの際に隙間からはみ出ると面倒なので線はしっかり繋いで閉じておきましょう。

 

ハシケン
線をつながずに塗る方法もありますが、まずはアニメ塗りの手順をしっかり理解した後に挑戦することをおすすめします!

 

塗りもれ対策に最下段に黄緑のレイヤーを配置してみよう!

SAI 自動選択 方法

 

髪や手足の先など、細かい部分は必ず塗り残しがでます。

 

ハシケン
背景を透明や白にしたままだと結構塗り漏れって気づかないことが多いものなんですよね・・・

 

対策としては、色塗りを始める際にまず最下段に新規レイヤーを作って黄緑(任意の色でOK)で一面塗りつぶします。上の画像では「背景レイヤー」と名付けてますが、こちらも任意です。

 

最下段に黄緑の背景レイヤーをおいたうえで上で色を塗っていくと、まだ塗ってなかったり塗り残しの部分が黄緑が透けて見えるので気づきやすくなります。

デジタル 色 塗り漏れ

 

 

ハシケン
細部の塗り漏れは絵がみっともない仕上がりになってしまう原因の一つです。

逆にそこをしっかりしておくことで、絵の質は今より一段階上がります!

 

配色について

 

色を選ぶのは最初は非常に難しいです、どう組み合わせるのかなど経験や知識がないとなかなかうまくいきません。

 

慣れるまでのおすすめとしては、描いている絵に合いそうな画像をネットで拾ってきてそこからスポイトで色を取って塗っていくやり方です。

スポイト

特に肌色はなかなか自分ではいい色を見つけられませんが、スポイトで行うことで次第に感じがわかってきます。

 

ハシケン
元の画像が個性的でそれだけで認識できる配色(ドラえもんやセーラームーンなど?)を、まんま使うとパクリとみなされることもあるので・・・完全に同じにするんじゃなく適宜変えつつ参考にしておくのが無難ですね

 

影や光(ハイライト)の塗り方は色別にレイヤーを作成しクリッピング!

 

さいごに、アニメ塗りの特徴ともいうべき『影』や『光』の塗り方です。

 

影をつけたい色レイヤーの直上に新規レイヤーを作成し「下のレイヤーでクリッピング」を選択します。

CLIP STUDO 下のレイヤーでクリッピング

 

クリッピング対象レイヤー先で線や色が書かれている範囲のみ、その上のレイヤーでも表示されるという状態になります。下の画像を見るとわかるように、クリッピングしておくことで肌以外の部分にはみ出しても表示されることがありません。

 

着色 クリッピング 方法

 

クリッピングを外すと塗ってあったところすべてが表示されます、またクリッピングはいつでも解除・実行できます。

 

肌に影をつけるときは上のように、肌レイヤーの上に新規レイヤーをクリッピングし肌より少し濃い色を選択して塗っていくという流れでおこないます。

 

色ごとに同じように行い、影でなく光を加えたいときも同様の流れで進めていきます。

 

着色 仕上げ


ハシケン
・・・・・・影や光(ハイライト)まですべて仕上げたら、アニメ塗りの完成です!

 

デジタル色塗りがわからず悩むときには、初心者向けに特化したイラスト講座をつかってみよう

デジタルイラスト講座

 

ハシケン
残念ながら今回のようなブログ記事やマニュアル本を参考にデジタルを独学で頑張っても、理解しきれず挫折してしまう人が多いのが実情です;

 

特にマニュアル本は初心者の時点ではとくに必要のない知識まで詳しく解説されているために、余計な混乱を引き起こしてしまうこともあるかと思います。

 

 

一人で頑張ってもデジタルの手順がどうもよくわからない、でもイラストをちゃんと描いて塗れるようになりたい・・・と本気で思うなら初心者さん向けのイラスト講座を利用すればもっとスムーズになるでしょう。

 

以下では特に初心者さんを対象としたデジタルイラスト講座を2つ紹介しておくので、もしこのさき独学に限界を感じたときは参考にしてみてください。

 

【ヒューマンアカデミー】デジタルやアニメ塗りの基礎知識だけじゃなく、きれいに描くための技術までしっかり伸ばしていける教室

ヒューマンアカデミー夜間週末イラスト講座

©2018 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

 

「ヒューマンアカデミー」はイラスト以外にゲームや漫画なども幅広く扱っている学校ですが、実は通常の昼間の授業以外に土日のみや夜間のイラスト講座も実施されています。

 

全国各地で26校展開していて現役のプロの指導を直接受けられることもあり、平日仕事で通えない大人の社会人も多く利用しています。

 

2018年夏の時点で、夜間・週末講座の修了生は5,400人を超えています。

 

イラスト関連は6つの講座があり、好きなものを選んで集中的に学んでいくことが可能です。

  • イラスト・キャラクターデザイン講座
  • イラスト画力UP講座
  • クリップスタジオペイント講座
  • 乙女イラスト講座
  • キャラクター着彩マスターコース(秋葉原校のみ)
  • イラストマスターコース(通信)

 

通いが厳しいならDVDを使用した通信講座も用意されているので、早くデジタルを理解して自由にイラストを描けるようになりたいときはまず資料請求(無料)で内容を確認してみてください。

 

限定特典今ならタダで資料をとりよせるだけで「魅力的なキャラクターの描き方ガイドブック」が必ずもらえます

 

 

【デジ絵ワークショップ】アニメ塗りの手順とクリスタの基本操作が、わずか1日で理解できる講座

 

当サイトでは【デジ絵ワークショップ】という、アニメ塗りをたった4時間で覚えられるデジタルイラスト教室を開催しています。

 

ワークを通じてアニメ塗りをしっかり理解してもらい、デジタルやクリスタの完全初心者さんでも参加後一人で絵を描けるようになってもらうことを目的としています。

デジ絵ワークショップ 実際の様子

講師はハシケン(中央)が務めていて、完全少人数限定制です

 

ハシケン
今すぐデジタルの基本的な描き方・塗り方を理解したいときは、下記ページから詳細を確認してみてくださいね♪

 

 

まとめ

わからない

 

デジタルでの描き方や塗り方はなかなか一回で理解できるものでもないので、この記事や他のブログも参考に実践しながらじっくり進めていってください。

 

ハシケン
ひとりでわからないときは最後に紹介したような講座も使えば問題なく理解できます、あとは自由にあなたの好きな絵を描いていくだけです!

 

 

 

たった4時間でクリスタの基本の使い方がわかる!

デジタルイラスト ワークショップ

 

初心者向けデジタルイラストワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

すでに100名以上の人が参加したワークショップで、

あなたも自由に楽しくデジタル絵を描けるようになりませんか?

 

次回12/21開催、あと6席!

 

スポンサードリンク