クリップスタジオスポイトツール使い方!あらゆるところから色を取ろう

クリスタ スポイトツール 色を取る 使い方 クリスタ

スポンサードリンク

★デジタルで絵を描けるようになりたいあなたのための1日講座★

 

次回11/21(土)開催、残り6席!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

クリップスタジオで絵を描いていて線の色が違うものに変えたい、さっき塗った色をまた使いたい・・・というようなとき使うのが「スポイトツール」です。

 

単純にカラーサークルやキャンバス上からクリックして色を取るだけでなく、画面外から色をとったり元の色と比べたり・・・と案外いろいろな設定があるのでぜひ覚えて活用してみて下さい。

 

ハシケン
覚えてしまえばOKのカンタン機能なので、サクッとマスターしましょう!

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでも似た内容が見れるので好きな方でどうぞ!

 


スポンサードリンク

基本的なスポイトツールの使い方

 

ツールパレットの中にスポイトツールはあります。

クリップスタジオペイント ツール スポイト

 

スポイトを選ぶとサブツールにはシンプルな2種類が表示されます。

 

  1. 「表示色を取得」・・・見えている色をそのまま取る、別レイヤーでかけられている効果もそのまま乗った色として取得する
  2. 「レイヤーから色を取得」・・・選んだレイヤーに描かれている色を取るので、効果が別レイヤーで分かれているならそちらは反映されず元の色のみを取得する

 

ハシケン
どちらを使うかは状況に応じて変えることになりますが、自分が普段どちらのパターンで色を取りたいことが多いかで選べばいいでしょう

 

ツールから選んでサブツールも決めれば、あとはキャンバス上でスポイトアイコンでクリックするだけで色を取得できます。(カラーアイコンの色がクリックした色に変わります。)

クリップスタジオペイント スポイト 色取得

 

前に塗った色を取りたいときにはスポイトを使うのが一般的です、またキャンバス外の部分をクリックするとカラーアイコンが透明色を選択します。

 

クリップスタジオペイント スポイト キャンバス外 透明色

 

スポンサードリンク

キャンバス以外の部分から色を取得する2つの方法

クリップスタジオペイント 色のとり方 スポイトツール

 

クリップスタジオのスポイトツールは非常に便利で、実はキャンバス以外の部分からも自由に色が取得できるようになっています。

 

2つのやり方があるので、おさえておきましょう。

 

ちなみにこの機能はiPad版クリップスタジオアプリでは使えないようです(2020年9月時点

 

画面の色を取得

 

上部メニューバーの「編集」ー「画面の色を取得」を選ぶと、アイコンがスポイトに変わります。

クリップスタジオペイント 画面の色を取得 ウィンドウを隠して画面の色を取得

 

キャンバスの外のパレットやナビゲーター、各種バーなどクリップスタジオのありとあらゆるところから色を取得することができるようになります。

クリップスタジオペイント 画面の色を取得

 

一回どこかをクリックすると色を取得してカラーアイコンの色が変わりスポイト機能は解除されるので、必要なときはまた同じ操作を行って下さい。

 

ウィンドウを隠して画面の色を取得

 

同じく上部メニューバーの「編集」ー「ウィンドウを隠して画面の色を取得」を選ぶと、クリップスタジオのウィンドウが隠されてパソコンのデスクトップが表示されて自由に色を取ることができます。

クリップスタジオペイント ウィンドウを隠して画面の色を取得

 

コチラも同様に、クリックすれば色を取ってスポイト機能が解除となります。

 

サブビューパレットでのスポイトの使い方、オススメ設定

 

キャラ絵や設定を入れて表示しておけるサブビュー」パレットにも、実は専用の「スポイトボタン」があります。

クリップスタジオペイント サブビュー スポイトボタン

 

スポイトボタンをONにしておくだけで、キャンバスで絵を描いていてカーソルをサブビューに持っていくと自動的にスポイトに切り替わってくれます。

クリップスタジオペイント スポイト サブビュー

 

サブビューに入れてある設定画などからそのまま色を取れるので、お絵描きが非常に効率的に進められます。

 

動画でサブビューを見る!

 

カラーサークル、色の設定でのスポイトの使い方

 

「カラーサークル」で色を選びたいときは、カーソルを持っていくだけで自動的にスポイトに切り替わります。

クリップスタジオペイント カラーサークル スポイト 

 

また、「カラーアイコン」の左上の「メインカラー」か右下の「サブカラー」をダブルクリックすると「色の設定ダイアログ」が開いてカラーサークルのようにスポイトで色を選べます。

クリップスタジオペイント 色の設定 スポイト 

 

色の設定ダイアログの場合は、左上に元々の色と現在選ぼうとしている色が上下に2色表示されているので比較しながら選ぶことができます。

 

ショートカットでスポイトを設定して使う方法

クリップスタジオペイント スポイト ショートカット設定

 

絵を描いていて、そのままブラシをスポイトツールに変えて色を取りたいときには「ショートカット」機能を使うと便利です。

 

ハシケン
ブラシをスポイトに瞬時に切り替えて必要な色を取ればそのままブラシに戻るので、引き続き描いていけます!

 

ちなみにマウスを使っている場合は、右クリックを押している間スポイトに切り替わります。

 

ショートカットの設定は、上部メニューバーの「ファイル」ー「修飾キー設定」ー「ツールの処理別の設定(もしくは共通の設定でもOK)」で行います。

クリップスタジオペイント ショートカット 修飾キー設定

 

Shift+Altなどの好きなキーを選択して【ツールを一時変更を選択⇒設定⇒スポイトを選択】すれば、絵を描いていて選んだキーを押している間だけスポイトに切り替わってくれるようになります。

 

ポイント!元々、Altを押したときに切り替わるように設定されているかもしれないのでそれでよければそのままでOKです。

 

★ショートカット設定については、クリップスタジオのショートカットキー設定の使い方・変更方法を覚えようで詳しく解説しています。

 

まとめ

クリップスタジオペイント スポイトツール 色の取得

 

スポイトツールはシンプルですが、デジタルお絵描きに絶対欠かせない機能です。

 

今回紹介したように、意外といろいろな箇所で使う機会があるのでぜひ覚えて活用して下さい。

 

ハシケン
ホントにカンタンなので、心配せず色々試してみて下さい!

 

▼次はこちら!

クリップスタジオをパソコンで使うおすすめスペックと機種の選び方

 

 

 

たった4時間でクリスタの基本操作がわかる!

完全初心者向けデジタル絵ワークショップ

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本「アニメ塗り」が理解できます。

 

140名以上が参加したワークショップで、

自由にデジタル絵を描けるようになって下さい!

 

次回11月21日開催、残り6席

 

スポンサードリンク