クリップスタジオベクター線をキレイに仕上げる方法まとめ

クリップスタジオペイント ベクターレイヤー 使い方 コツ クリスタ

スポンサードリンク

★デジタルで絵を描けるようになりたいあなたのための1日講座★

 

次回11/21(土)開催、残り6席!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

線画はデジタルやクリップスタジオ自体に慣れないと手こずることも多いと思いますが、ベクターレイヤーを使うようにすればさまざまな調整機能を使って描いた後にきれいに仕上げることできます。

 

ハシケン
普段ラスターで線を描いていたら、ベクターで描く習慣をつけると今回紹介する機能も使えて便利です!

 

今回はベクターで線を描いたあとの3つの対処法を紹介するので、ぜひ覚えて活用してみてください。

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでも似た内容が見れるので好きな方でどうぞ!

 


スポンサードリンク

線のつなぎ目が汚いときの対処法

線のつなぎ目が汚い 対処法

 

描いたベクターの線が汚いときは、一般的にまず「線修正」ツールを使って調整します。

クリップスタジオペイント ベクターレイヤー 線修正ツール 

 

ハシケン
状況に応じて、次のような手順を順次試してみて下さい!

 

①「ベクター線つなぎ」でなぞって、線をひとつなぎにする

 

クリップスタジオペイント ベクターレイヤー ベクター線つなぎ

 

②「ベクター線単純化」でなぞって、線をなめらかになる

 

クリップスタジオペイント ベクターレイヤー ベクター線単純化

 

③「ベクター線つまみ」で微調整をする

 

クリップスタジオペイント ベクターレイヤー ベクター線単純化

 

④どうにもならないところは「制御点」をさわって細かく直す

 

クリップスタジオペイント ベクターレイヤー 制御点

 

ハシケン
機能ごとでかなりやれることが違うので、描いた線の状態に合わせて必要そうなものを選んで使いましょう!

 

スポンサードリンク

線を長くきれいに描けないときの対処法

線が長くきれいに描けない 対処法

 

長いひとつなぎの線を描きたい状況もあると思いますが、変な力が入ってしまって上手くいかないことも多いと思います。

 

ハシケン
力まなければうまくいくんですが、なかなか難しいですよね・・・

 

長い線が描きにくい時はキャンバスの拡大率を小さくした上で描いてみる方法がありますが、ベクターなら次のような手順も便利です。

 

  1. 一筆で書こうとせず、わざと分離したきれいな線を配置する
  2. ベクター線つなぎでくっつけて、きれいなひとつなぎの線にする
  3. ※必要に応じてツールプロパティの線つなぎの設定を高める
  4. 単純化にチェックを入れ、角を丸めるや線全体に処理にもチェック

 

クリップスタジオペイント ベクター線 調整方法

 

ハシケン
この流れも必ずそのまま使う必要はないので、実際に描いた線の様子に合わせて必要な部分を活用してみてください!

 

おまけ:図形ツールで描いた線を自然なタッチにする方法

曲線ツール 入り抜きつける

 

図形ツールの線や曲線を使って、トレースしてみることもあるかと思います。

クリップスタジオペイント ベクター線 曲線トレース

 

特に線画がまだ苦手なうちは、フリーハンドよりも逆にツールを使ったほうがきれいな線を描けるというメリットもあります。

 

ハシケン
筆圧のない一本調子の線でのトレースが必要なときにも重宝します

 

ただこういったツールでの線というものは、見た目があまりに機械的すぎて先の魅力に乏しいというのがデメリットになってしまうこともあるでしょう。

 

そんなときに役立つのが、「入り」と「抜き」を自動でつける設定にする方法です。

 

「入り」「抜き」の効果を図形ツールなどの線につける手順

 

ツールプロパティの右下にあるスパナをクリックすると、サブツール詳細を開くことができます。

クリップスタジオペイント サブツール詳細

 

図形ツールの曲線などを選んだ状態でサブツール詳細の「入り抜き」の項目を開き入り抜きの欄を「ブラシサイズ」とし指定方法を「長さ指定」にしておいて、さらに下にある「入り」「抜き」にもチェックを入れます。

クリップスタジオペイント サブツール詳細 入り抜き設定

 

上のプレビューを見ながら入りと抜きを大きめの数にしてみるといい感じに調整できるので、色々と使いやすいように試してみて下さい。

 

クリップスタジオペイント ベクター線 曲線トレース 入り抜き

 

まとめ

ベクターレイヤー 線の描き方

 

とにかくベクターレイヤーでさえ線画を描いておけば、今回紹介したテクニック以外にも線修正ツールで太さを変えたり動かしたりタッチも変えたりと描いたあとの調整が自由にできます。

 

最初は線画をラスターで描いている人がほとんどだと思いますが、少し慣れたらぜひベクターもぜひ試してみてください。

 

ハシケン
使ってみれば全然カンタンなので、安心して触ってみてくださいね♪

 

タッチの変え方はYouTubeで!

 

 

 

 

たった4時間でクリスタの基本操作がわかる!

完全初心者向けデジタル絵ワークショップ

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本「アニメ塗り」が理解できます。

 

140名以上が参加したワークショップで、

自由にデジタル絵を描けるようになって下さい!

 

次回11月21日開催、残り6席

 

スポンサードリンク