未経験から絵やイラストの仕事に就職・転職する手順を業界目線で徹底紹介

絵を描く仕事 イラスト 仕事 未経験 アートディレクター

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

絵やイラストの仕事につきたい、就職・転職したいと思っても経験がないとどう進めていけばいいか悩むんじゃないでしょうか?

 

ハシケン
自分もかつて未経験から絵の仕事に初めてつこうとしたときは、苦労したものでした;

 

ということで今回は業界未経験から絵を描く仕事に進む効率的な方法について、実際に長年絵の仕事で勤めてきた目線も交えながら詳しく紹介していきます。

 

 

★記事の後半では今すぐ絵の仕事を探せる具体的な手段も紹介しているので、あわせて参考にしてください。

 

 

絵やイラストの仕事に絶対つきたいときにまず行うべきこと

絵を描く仕事 未経験 イラスト

 

最優先!)最低限必要な技術・知識を身につけていく

 

まずは何より、絵に関する技術・知識を高めていきましょう。

 

絵の仕事につくためには特別な資格はいりませんが立派な特殊技能の必要な仕事です。クライアントや企業の求める技術がないと、そもそも仕事を得ることさえかないません。

 

 

もしまだ技術や画力が未熟で今後独学での上達にあまり自信がないなら、絵やイラスト系の専門学校も検討してみましょう

 

一定の費用や時間は必要ですが、絵の仕事で求められる知識やスキルを手に入れて就職活動までバックアップしてもらえます。やみくもにやるよりも、レールを敷いてくれるのでだいぶ進めやすいでしょう。

 

★専門学校の情報について詳しく知りたい場合は、将来絵を仕事にしたいときにおすすめのイラストレーター専門学校特選を参考にしてください。

 

 

逆に学校の費用が確保できなかったりすでに社会人として働いてて通う時間が取れないなら、もっと安くお手軽に利用できる『イラスト講座』という手もあります。

 

ハシケン
最近は自粛の流れもあり自宅で学べる通信講座が増えているので、利便性もさらに上がっているんです

 

講座で学べる内容は趣味でイラストを描きたい人向けからプロ志望までと種類が幅広くあるので、検討したいときはまず情報収集から進めてみるのがおすすめです。

 

★イラスト講座について詳しく知りたいときは、イラスト通信講座おすすめ特選、デジタル初心者こそオンラインで上手くなろうを参照してください。

 

仕事の種類を知って進む方向性を固める

 

絵の技術や知識を高めつつ同時にやっていきたいことが、絵の仕事の種類を知ってあなたが実際にどの方向に進んでいくか固めることです。

 

最初からイラストやマンガなどジャンルが明確に決まっているならいいですが、それほどではないならどこにむけて進むか決める必要があります。

 

ジャンルをきちんと絞ることで、その仕事につくために必要な技術やデジタルの知識なども明確になります。

 

これから絵を仕事にするために何を勉強していけばいいのか、現状何が不足しているのかもつかんで対応していけるようになるでしょう。

 

ハシケン
どうしても悩むうちは絞りきらず浅く広く勉強しておいて、決心がついたら一気にそっちに舵を切るという流れもありですね♪

 

初心者や仕事未経験の状況でよく悩みがちなことと対処法

 

一度も働いたことのない分野に進みたい時は、なんだかんだと悩むものです。

 

ハシケン
でも、対応策がわかっていれば少しは楽になれるかもしれません!

 

自分の技術が仕事の現場で通用するのか不安・・・

 

あなた
小さい頃から絵を描いてきた、周りの友達よりうまかった!

 

でもプロの世界には自分より上手い人が大勢いる・・・そんな中に入れるの? 

 

自分の力って本当にプロで通用するのかな?? 

 

なんとか仕事につけたとしても、そのあとちゃんと続けていけるんだろうか???

 

 

知っておいてほしいのは働きながら画力は上がっていくという事実です、最初からうまいにこしたことはないですがいきなり超プロ級である必要なんてありません。

 

ハシケン
現在絵を描く仕事をしてるプロだってみんな仕事を始めてからうまくなっています、だから働く前から心配しすぎるのはやめましょう!

 

絵の仕事って収入が安いって聞くけど・・・大丈夫かな?

 

しんどさのわりに給料が安い絵の仕事もたしかにありますが、普通レベルの給与や休みをもらって絵を描いて働くことだってちゃんとできるんです。

 

それが、フリーランスではなく会社に属して社員として絵やイラストを描く仕事をしていく道です。

 

フリーだと日々仕事を探して数年頑張っても収入が安定しない・・・なんてこともよくありますが、社員として働けばそんな心配は相当減らせます。

 

ハシケン
自分は過去3社で絵の仕事の正社員として働きましたがどこでも普通のサラリーマン的な給与でしたし、技術や管理能力次第ではもっと上だってねらえますよ♪

 

ポートフォリオや履歴書・職務経歴書など、求人応募書類に関する注意点

絵の仕事 面接 ポートフォリオ コツ

 

絵やイラストを描く仕事につく場合に最重視されるのは当然、絵の技術です。

 

応募するときのポートフォリオにはあなたの画力がわかるものをしっかりのせてアピールしましょう、逆にマイナスに働くかもしれない昔のまずい絵などは数合わせの意味でもやめたほうが無難です。

 

ハシケン
あくまでも、プラスに働きそうなものだけ選ぶのが鍵です!

 

提出の際、イラスト1枚ごとのJPGで渡すと見る側はそれだけでうんざりしてしまいます。連番PDFにするなど、人に見てもらうための配慮をしてください。

 

 

また技術や作業において、できないことをできると嘘つくことだけは絶対やめておきましょう。

 

ハシケン
業務的に未経験だけどやればできそうなものは若干盛ってもいいですが、入社後あなたの首をしめない程度にしておくのがコツです!

 

面接時の最大のポイント

 

面接で特に注目して見られるのは、一般的なコミュニケーション能力があるかどうかです。基本的には、普通に人の目を見てしっかり話すなど基本的な部分が備わっていれば問題ありません。

 

逆に一般的な会話が成立しないとやはり厳しいので気をつけてください、ボソボソした話し方にならないようあせらず対応しましょう。

 

ハシケン
緊張しているのは面接官も同じです、初対面の相手とどう話すか考えながら進めているので自分だけ緊張してると思わないことがポイントです!

 


また仕事に取り組む姿勢会社で販売している商品への興味専門ではない仕事への好奇心もあわせてアピールできると強いでしょう。

 

これしかできない、したくないという姿勢を見せてしまうとマイナス要因になりがちです。

 

ハシケン
入社したいからって別にへりくだる必要はありません、あくまでも対等な立場として面接にのぞみましょう!

 

未経験から絵を描く仕事に進むための4つの方法


未経験から 絵の仕事につく方法

 

いよいよここからは、実際に未経験の状態から絵の仕事に進むために有効な4つの手段について詳しく解説していきます。

 

①安全な状況のままSNSなどでお手軽に絵の配信を始めてみる

 

今はTwitterやInstagramに代表されるSNSを使って、自分の描いたイラストやマンガを投稿して発信する人が非常に増えています。

 

最初はなかなかいい反応はえられないですが、回数を重ねるごとにすこしずつ反応も上向いていくでしょう。

 

大事なのは、現状のあなたの学生や会社員という安定した状況を何も変えないまま安全に絵を将来の仕事にするための第一歩を踏み出せるということです。

 

即仕事につながるわけではないですが、ひとの目を通すことで絵の弱点やいいところもわかっていきます。それらのフィードバックは、独学だけよりもはるかに多くのことをもたらしてくれるでしょう。

 

 

投稿しているものの反応がすこぶるよければ編集者の目に止まったりもしますし、マンガなどが書籍化されたりする人だって実際に何人も出ています。

 

たとえ確率が0.0001%だとしても、そもそも情報発信を始めないなら可能性は永遠に0のままです。

 

ハシケン
タダで使える媒体は積極的に利用していくのが、現代の鉄則です♪

 

②フリーランスサイトに登録して仕事を獲得する

 

在宅ワークや副業ブームで年々人気の高まっているフリーランスのスキル系サイトに登録しておき、絵の仕事の依頼が来るのをまったりコンペ形式の提案に応募して仕事を獲得する方法があります。

 

もちろん最初はうまくいかないですが、小さな仕事でも回数を重ねることで目に見える実績につながりじょじょに仕事を得やすくなっていきます。

 

ただコンペ形式は狭き門なので、何回やっても通らないことだってあるでしょう。

 

ですがそれは単にクライアントの求めているものに絵柄がミスマッチしているだけという可能性もあるので、悪く考えすぎないことが必要です。

 

ハシケン
ある程度割り切りながら、実績を薄く積み上げて将来の展開につなげていく・・・というのが上手な使い方です!

 

③まずお手軽なアルバイトや派遣の状態で働いてみる

 

バイトや派遣として今すぐ絵を描く仕事につきたいなら、数多くある求人サイトで『未経験可』のものを探すことから始めてみるといいでしょう。

 

大切なのは、サイトの情報更新のたびにまめに目を通す事です。

 

ハシケン
たまに掘り出し物のような未経験可の案件がでてくるので、いつでもすぐ応募できるよう事前に書類やポートフォリオの準備をしておきましょう!

 

④今すぐ就職や転職で絵の仕事の社員になりたいなら、業界未経験でも利用できる「転職相談」を使う

 

技術がそこそこあっても未経験から絵の仕事を目指すときに壁となるのが、「業界の常識や相場がわかっていない」ことです。

 

その状態のまま独りで仕事を探していても、実態が見えないまま企業の知名度にたよって応募してしまいミスマッチでお祈りされることばかり増えてしまいます。

 

でももし、業界に詳しい人の手助けを借りられるならあなたひとりで仕事を探すよりもうまくいきそうな気がしませんか?

 

そんなことが比較的カンタンに実現できるのが、「転職相談」という方法です。

 


 

「転職相談」とは登録して面談することで、こちらの条件や技術に合いそうな会社を代わりに探してくれるサービスのことです。

 

登録すると担当のエージェントがついてくれて、面談後はあなたに合いそうな絵の仕事を次々紹介してくれます。しかも何度相談しても完全無料です。

 

転職相談 登録の流れ イメージ

※転職相談のイメージ

 

ただ一般職と違って絵やイラスト関連の転職相談は、特殊技能が必要な仕事のため未経験から利用できる転職相談のサービスはなかなか見つからないかもしれません。

 

さらに関連企業の集中する首都圏など、そもそも人口の多いエリアで展開しているものがほとんどなのが実情です。

 

 

でも安心してください、絵の仕事についた経験がなくても相談できる業者が1つあるんです。しかも全国展開までしています。

 

ワークポート 転職相談 未経験から

©WORKPORT,inc. 2018

公式サイト:https://www.workport.co.jp/

「ワークポート」は、絵やイラスト関連の仕事の正社員求人が多いことで知られる転職相談です。こういったサービスとしては珍しく、業界未経験でも利用できるのが大きな特徴です。

 

60秒程度ですむカンタンな入力だけで無料登録できて、絵の業界に詳しい転職エージェントが希望にそって仕事を探してくれるようになります。

 

登録後にエージェントが設定してくれる転職相談の面談は理想を直接聞いてもらえる貴重な機会なので、絵の仕事への熱意や希望条件をきちんと伝えて今後のサポートを頼んでください

 

さらにワークポートならではの大きな特徴は、東京や大阪など大都市周辺のみの求人だけでなく全国対応している点です。

 

実は他の絵やイラスト関連の転職相談では、このような全国展開しているサービス自体がほぼありません。

 

未経験歓迎を売りにしているだけあって対応は手厚く、面接・履歴書対策や無料セミナーも充実しています。実際のエージェントとの面談後には、あなたが絵の仕事につくイメージもだいぶ現実的になっているでしょう。

 

 

まとめ

絵の仕事 イラストの仕事 未経験

 

ハシケン
・・・自分は若いころに漫画家を目指して夢やぶれ、かなり遠回りしてから絵の仕事につきました;

 

でも今は転職相談などを使えば、かつてよりはるかに近道で絵の仕事につけるようになりました。

 

新たな仕事を始めたいときはあれこれ悩むものですが、エージェントのような相談できる第三者がいれば気持ちはかなり楽になるはずです。

 

ハシケン
なかなかうまくいかないときはさいごに紹介したようなタダで使える転職相談も併用して、効率よく進めていきましょう!

 

 

 

スポンサードリンク