ガチャってなに?規制されるとスマホゲームってどうなるの?

歩きスマホ やめよう

スポンサードリンク

★絵の力を手段として活用したいあなたに贈る特選サービス★

【デジ絵ワークショップ】⇒240分でデジタル絵の描き方がわかる!次回11/26開催!

【コンテアニメクラブ】⇒自宅でデジ絵が学べる超初心者向けデジ絵オンラインスクール!

【キャラデザ】⇒あなたそっくりのキャラで差別化・ブランディングしよう!

 

どうも、ハシケン(@conteanime)です。

 

前職がスマホアプリのアートディレクターだったんでスマホゲームは全然興味ないという人よりはまだ触れる機会が多いと思います。会社離れてもアプリのランキングはたまに見ますし、↓のニュースも他人事ながら「あらまぁ・・・」とか思ったり(笑

 

今回は主にガチャ周りから見たスマホゲームのちと危うい部分にフォーカスしてみます。

 


スポンサードリンク

ガチャってなに? 

 

ガチャガチャ

 

まずスマホゲームのガチャというのを簡単に説明すると、基本無料ダウンロードのスマホアプリにおいてアイテムやキャラを得るためにコイン的なものを複数使ってやるくじびきというかまさにガチャガチャなんですが、それがユーザーからすると不公平に感じる事もあり定期的に問題になってるんですね。

 

 

↑それぞれのリンクの真偽はわかりませんが、基本的にガチャ問題の多くは珍しいアイテムやキャラの当たる確率が正しい数字で表記されているのか・・・というあたりに集約されると思います。上に書いたコイン的なものというのが、ゲーム内でも多少手に入りますが多くはお金で買うものだと思って下さい。

 

ソーシャルゲーム問題以降の課金ゲームの悪いイメージというのは相変わらずあるようで、やらない人からすればゲームの進行やアイテムにお金を使うなんて信じられないという気持ちでしょう。

 

ファミコン世代なんでどっちかというと自分もそっち寄りの古い人間なんですが(笑

 

ガチャの存在理由

 

悩む

 

正直言えば現場にいた人間からすると直接開発してる人間の多くって課金であろうがそうでなかろうがたいして意識は変わらないんですが、どうしても現状の基本無料のビジネスモデルで利益を出そうとするとまだガチャという形しか日本では有効なものがないということになるんだろうと思います。

 

その状態で、いかにルールを守ってフェアにやりつつも適度にユーザーの射幸心をあおって課金に結びつけるか―――というのがスマホゲーム運営の手腕でしょう。

 

アイテムやキャラといっても、結局はデジタルのデータゲームが閉鎖(クローズと言います)したら一銭の価値もなくなるわけですが、ユーザーにとっては今やってるゲームで得られる価値こそが重要であり、コレクションのような永続的価値観はおそらく求めてないんだと思います。

 

スポンサードリンク

ガチャにハマる分かれ目 

 

分かれ道

 

結局その価値観の部分を飛び越えるか飛び越えないかで、いわゆる廃課金者となるかスマホアプリをやめるか・・・という違いに繋がっていくんだと思います。それは別に倫理的にどちらがいいとかではなく、単純にそのユーザー自身がどちらを望んでいるかでしょう。

 

・・・お金の話を少しすると、自分はスマホゲームの前は遊技機と称されるパチスロ・ぱちんこのアニメーションを作っていました。意外と思われるかもしれませんが、遊技機の方が社内でお金お金って雰囲気あまりないんです。

 

直接お客さんからお金が入って来るわけではなく、あくまでも機械をパチンコホールに売って利益が出るいわゆるBtoBだからなのかもしれません。

 

でもスマホゲームを下請けでなく自社でやってる場合は、わりと直接お客様一人一人から課金されるお金がゲームを作ってる人たちの利益(=給料)に繋がっています。その上、日々分刻みで売り上げの状況がわかるので余計にダイレクトに感じてしまう部分はありました。

 

・・・一応言っとくと、現場は一部を除いてそんなにお金にえげつない印象ないですよ(笑

 

単純に女の子の水着キャラを入れたら課金が増えるとか、人気キャラの新しい絵を加えたら上がるとかは過去のデータの統計としてあるのでそういう施策を定期的に行って運営していくんですね。

 

作ってる側からすると中途入社した当初は、「そんなことにお金払うの?」とか思ってましたがこれが驚くくらい露骨に売上あがるんですよ。ユーザーの皆さんは、いいようにもてあそばれないようどうか気をつけてくださいね・・・(笑

 

スマホゲームだからこそ抱える部分 

 

スマホ ゲーム

 

スマホゲームの問題って、おそらく作り手とユーザーの間に余計なものがなさすぎるとこが大きいんじゃないかと思います。

 

そしてリアルタイムに日々お金が飛び交う、その額も人によって相当な金額になる・・・もうゲームソフト一本買うなんてレベルじゃ全然収まらないですからね。極端なケースだと。

 

そして、運営のさじ加減で昨日までAだったものが突然今日からBにされる・・・なんてことも中にはありえるから炎上するわけです。もちろんそれでユーザーに不利益を出す運営って超駄目運営なんですが、日々データと制作に追われて完璧な運営なんてそうそう出来るもんじゃありません(苦笑

 

運営をフォローするつもりはさらさらないですが、スマホゲームって常にリアルタイムで調整をかけていくんで人の手でやってる以上は絶対に抜け落ちる部分あるんですね。

 

逆にいえばそのリアルタイム感が、今のスマホ全盛期、SNS全盛期にフィットしたからこそ家庭用ゲーム機を抜いて一大市場を築いたのかもしれません。

 

ただ自分のように、古いゲーム世代の人間はついていけなかったりもするから・・・この先もどんどん二極化していくかもしれませんね。

 

ガチャ、というのはゲームにハマっている時には確かに魅力的です。そしてテレビ前のゲーム機でなくスマホという、誰でも触れられるところでプレイできてしまうからこそ何かあった時に即大きな問題に繋がりやすいんじゃないでしょうか。

 

さいごに、

 

老人

 

自分が十代とかだったらきっとハマってたんだと思います、ただスマホゲームするには年を取りすぎた・・・(笑

 

あとはどうしても家庭用ゲームと比べてハマれないんですね、これはもう個人的な趣向なんで仕方ないとあきらめています。ただ、今一歳半の娘が大きくなってやろうとしたら立場的にどういう対応をしたものか・・・今から悩みの種です(苦笑


 

歩きスマホ やめよう

『自宅で好きな時にデジ絵が学べる!』

 

いつでもどこでもデジ絵学べる

デジタル初心者向けオンライングループ


独りで悩まずプロに聞こう!

『たった4時間でデジ絵の基本的な描き方がわかる!』

 

デジタル初心者向けワークショップ

 

わずか1日で『アニメ塗り』の手順が理解できます


次回11/26開催!

『あなただけのキャラを持とう!』

似顔絵 写真から イラスト化

ビジネス・ブログで目立つには

愛嬌あるキャラクターが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵なら
顔出し以上に好かれたり?

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年7月時点で月間28万PV)。