会社に入って仕事で絵を描いて生きていく方法と3つの考え方とは?

絵を描いて生きていく方法 仕事 会社 アートディレクター

スポンサードリンク

YouTubeチャンネルも運営中!

ハシケンチャンネル ウィジェット用

クリスタの操作がわからない、デジタルで絵が描けるようになりたい・・・そんな悩みを解決する動画講座です!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
絵を描いて働いていきたいと思っても、実際にどう進めればいいのかは結構悩んじゃいますよね・・・

 

  • 絵を描いて長く生きていく方法ってあるの?
  • フリーでやるのか、社員でやったほうがいいのか?
  • 実際に絵やイラストの仕事を探したいときはどうすればいい?

 

今回の記事ではこのような絵を仕事にして生きていくための方法や考え方について、詳しくまとめていきます。

 

ハシケン
自分もかつて初めて絵の仕事に就こうとしたときは、具体的な情報も少なく苦労したものでした・・・;

あなたはどうかそんなことにならないように、今回の記事からヒントを持ち帰ってください!

 

絵を描いて長く生きていくために欠かせない3つの考え方

 

絵を描いて生きていくには、技術をつける・センスを磨く・流行を追う・・・などさまざまな要素があります。

 

それらは割と自主的に気づきレベルアップもしやすい部分ですが、反対に意識しないと見逃しやすい3つの要素もあります。

 

  1. 器用貧乏になれるか?
  2. 効率性を重視しているか?
  3. 人脈を作れているか?

 

ハシケン
せっかく絵を描く仕事につけたのに短命で終わってはなんの意味もありません、これから絵の世界で長く生きていくためにもしっかりおさえておきましょう!

 

「器用貧乏」・・・どんな絵の業界でも生きていける広く浅い知識を身につけていこう

 

絵を描く部分以外の別の工程を知ってる・やれるかどうかは、いざという時にあなたを助ける可能性があります。

 

基本的に世渡りに強いのは、素材をゼロから作る立場よりも素材を使って編集したり動かす領域の職種です。

 

たとえば映像編集・加工ソフトの「After Effects」などは、かなり業界内でも幅広くつぶしのきくスキルです。

 

ハシケン
モノづくりの根本であるはずの「絵が描ける」工程って、残念なことに外注などであっさり代用が効いてしまうんですよね・・・;

 

ポイント!基本的な絵の技術を高めていくことはもちろん大切ですが、将来のリスクを減らすために関連技術を広く浅く吸収していくこともぜひ意識してみてください

 

「効率化」・・・質高く&早く絵の作業を完了できるやり方を常に考え実行していこう

 

絵を描くクリエイタ―は自身の内にあるものを外に表現していく仕事なので、目線と思考がつい狭い内側へとおちいりがちです。

 

ハシケン
納期カツカツで仕事をすることも多いので、余裕のもてない状況も多くなるんですよね・・・

 

若いころはただ絵をうまく描こうという気持ちだけでも構いませんが、数年たつと何に全力をふってどこで肩の力を抜くか見極める力も必要になってきます。それがいわゆる作業の効率化です。

 

ポイント!慣れや経験も必要な部分になりますが、どうすれば同等のクオリティでより早く仕上げていけるか・・・日々の仕事のなかでぜひ強く意識していってください

 

「人脈」・・・将来のつてにもつながる分野違いの相手を作っておこう

 

仕事で獲得した人との付き合いは大切にしましょう。困ったときに力を貸してくれるかもしれませんし、逆にあなたが助ける状況だってありえます。

 

クリエイター人生でピンチにおちいったとき、人づきあいがあったおかげで命拾いすることは実際にかなり多くあるんです。

 

ハシケン
自分自身も開発室閉鎖で全員リストラというハードな状況になったとき、以前の同僚に仕事を紹介してもらったおかげで救われたことが実際ありました;

 

そして誰かに何かしてもらったら、いつか必ずお返しができる人になりましょう。

 

ポイント!絵を描く以外の分野の人とも積極的にからんでおくと、可能性が広がって幅広いモノの見方もできるようになっておすすめです

 

絵の仕事を「フリー」でやるか?「社員」になるか? それぞれのメリット・デメリット

わからない 悩む

 

絵やイラスト関連の働き方で大きな分かれ目となるのが、フリーでやるか?社員として働くか?という部分です。

 

フリーで絵やイラストを描く仕事をしていくメリット・デメリット

 

「メリット」

  • 基本的に通勤がなく在宅でもやれる
  • 絵だけを描いて生きていける
  • 収入の上限がない
  • 名前を一気に売るチャンスもありえる

 

「デメリット」

  • 人との出会いが減る
  • 営業しないと仕事が取れないことも
  • 収入の下限もない
  • 多くの場合生活が安定するまでかなり時間がかかる
  • 量で稼がないといけないため睡眠時間が削られる
  • 仕事や立場の保証が何もない

 

会社で社員として絵やイラストを描く仕事をしていくメリット・デメリット

 

「メリット」

  • 安定した給与や有休がある
  • 仕事の中であなたよりうまい人に技術を教えてもらえる
  • 実務経歴がついて転職もできる
  • 社内で将来のつてにもなる人脈が作れる
  • 絵以外の管理・進行業務も学べる機会がある

 

「デメリット」

  • 名前が表に出にくい
  • 決められた時間の通勤がある
  • リストラや倒産の可能性がある
  • 収入の上限がある程度見えている
  • 絵以外の雑務もする必要がある

 

絵の仕事経験が少ないときこそ、最初はフリーより「社員」をめざしてみよう

 

フリーという生き方はある程度の技術や経験がないと、軌道に乗るまで非常に時間や手間がかかってしまいます。

 

すでに高い技術や豊かな人脈があるなら仕事ももらえるでしょうが、そうでないと自ら仕事を取りに動かないといけません。

 

またフリーは今ある技術をすり減らして働いていく側面もあるので、低いレベルで無理に始めてしまうと成長が低いところで止まってそれ以上進めないことさえありえます。

 

ハシケン
もしあなたが息の長い絵描き・イラストレーターとして安定した生活&収入とともに絵を描いていきたいと思うなら、フリーよりもまず「社員」として絵の仕事をすることを目指してみてください!

 

絵の仕事の社員になりたいなら、あなたに合いそうな仕事を代わりに探してくれる方法を利用しよう

初心者

 

ハシケン
ただ・・・いざ絵やイラスト関連の仕事の会社に入りたいと思っても、業界経験のない状態だとわからないことばかりで何をどうしていいか悩みますよね;

 

 

でも「転職相談」という最近増えている方法を使えば、あなた一人きりでやるよりずいぶん楽に絵やイラストの仕事を探していけるようになるでしょう。

 

近年、新たな仕事探しで多く使われるようになった「転職相談」とは?

 

「転職相談」とは、登録して面談することで転職エージェントといった担当者があなたの代わりに会社を探してくれるようになるサービスのことです。

 

こちらの希望などをふまえて動いてくれるので、ムダな時間をほとんど使うことなく効率よく仕事を探してもらえます。

 

▼転職相談の利点

  1. 希望に合う会社を代わりに探してくれる
  2. 通常の検索では見られないレアな非公開求人を教えてもらえる
  3. 不安な場合は履歴書や面接の対策をしてくれる
  4. 企業との面接のセッティングもしてもらえる
  5. 直接企業に聞きにくいことも代わりに聞いてもらえる
  6. 絵の仕事の業界の最新情報を教えてもらえる
  7. 基本的にタダなので損する要素がほぼない

 

 

▼転職使用時の注意点

  1. 都市部周辺を対象としたサービスばかり
  2. 業界未経験の人が使えるものが少ない

 

絵の仕事はそもそも関連企業自体が東京・大阪などに集中しているため、必然的に転職相談自体もその地域を対象としたものがほとんどとなっています。

 

さらに絵やイラストの作業は特殊技能が必要なため、業界未経験で利用できる転職相談サービスはあまりないのが実情です。

 

 

でも実は絵やイラストに関する求人が多く未経験からでもつかえる業者が1つあるんです。しかも完全無料で、全国対応までしています。

 

全国で幅広く絵に関連した仕事を探してくれる「ワークポート」

©WORKPORT,inc. 2018

公式サイト:https://www.workport.co.jp/

「ワークポート」は絵やイラスト関連の正社員求人に強いことで知られている転職相談で、この手のサービスではめずらしいことに業界未経験から相談にのってくれます。

 

登録の流れ イメージ

★仕事探しの流れはこのように進みます

 

ポイント!無料登録後はエージェントが転職相談の面談(対面でも電話でも可能です)を設定してくれるので、希望の仕事内容や理想の給与などの条件を直接伝えて今後の支援を頼んでください

 

他の転職相談にはほとんどないワークポートならではの特徴は、全国対応している点です。

 

大崎(本社)・立川・埼玉・神奈川・千葉・宮城・名古屋・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡・・・と全国各地に支店を展開しているので、行きやすい場所で相談にのってもらえます。

 

履歴書・面接対策や無料セミナーなど業界未経験者への対応も手厚いので、絵を描く仕事につくチャンスがだいぶ身近に感じられるようになるでしょう。

 

 

まとめ

絵を描く仕事がしたい 未経験

 

絵を描いて生きていくためには技術や人脈も大切ですが、他の人とは違う差別化も大切になってきます。

 

ただ絵柄やスキルだけではなかなか打ち出しにくい部分なので、まずは幅広いスキルを身につけて多角的にできることを増やしていく方がいいでしょう。

 

ただそうしようとするとフリーではちょっと難しい部分があります、でも会社に入って絵に関連した他の業務も積極的に挑戦していけば自然と身につくはずです。

 

ハシケン
一人で仕事を探すのが不安なときは最後に紹介した転職相談などもうまく使いながら、大好きなことで働ける人生と大きなやりがいをつかみとってください!

 

 

 

 

スポンサードリンク