イラストレーター多すぎ?ソシャゲ業界にみる絵師の現状と対策【2020年版】

イラストレーター 多すぎ 供給過多 飽和 アートディレクター

スポンサードリンク

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
2020年現在、多くのイラストレーターがイラスト制作の仕事に関わっている「スマホゲーム市場」ですが・・・この先どうなっていくんでしょう?

 

  • ごく一部の人気ゲーム以外売れなくなる?
  • 2Dイラストが減って3Dばかりになる?
  • スマホ以外の舞台に移行する?
  • ゲーム自体が下火になる?
  • イラストレーターの仕事がなくなる・・・?

 

・・・と悪いことばかり考えても仕方ないですが、市場の拡大に比べると最近は明るい話題が少ないのも印象的です。

 

 

ハシケン
自分はかつてスマホゲームのアートディレクターとしてつとめてましたが、将来相当厳しくなるんじゃないか・・・と当時からかなり不安視していました

 

ということで今回はスマホゲーム業界を通して見た、イラストレーターという仕事の将来性や不安材料と対策について現場にいた者の1人としてまとめます。

 

ソシャゲ登場によるイラストレーターの急激な増加と、スマホゲーム移行によるはげしい淘汰と生き残り

ソシャゲ イラストレーター 飽和

 

 

イラストレーターの爆発的な需要増加と、飽和への流れ

 

2011年前後ソーシャルゲーム(=ソシャゲ)が世間をにぎわせました、カードイラストゲームをメインにした課金要素ありのガラケー用ゲームです。

 

ゲームの多くがカードイラストの獲得で課金をしてもらうシステムのため、メーカーは次々イラストを増産する必要にせまられました。大量のイラスト需要が発生し、大勢のイラストレーターも生まれました。

 

・・・ですがそんな時代はパズドラを筆頭としたスマホへの移行でひとつの区切りをむかえます。

 

絵柄バラバラのイラストより作り込まれた世界観とキャラを売るため、より質の高い絵を求められる時代へと一気に転換しました。ゲームは次々新作が発表され一見するとイラストの仕事も増え続けていますが、一方で絵描きに求められる絵のレベルは際限なく上がり続けています。

 

さらにスマホゲーム自体も異常なレッドオーシャン(過熱市場)になり、大手ゲームメーカーでも売れないアプリはあっというまに終了する厳しい時代へと突入しました・・・。

 

もはやレッドを超越してブラックオーシャン市場と化した、スマートフォンゲーム業界

 

ハシケン
有名なパズドラの会社の社長さんが、次のようなことを語っています

 

「スマートフォンゲームは今、レッドオーシャンを超えたブラックオーシャンになっている。新規タイトル(作品)を出してもすぐに消えてしまう」

東洋経済ONLINEより引用

 

裏付けるように、記事内の表ではたしかにスマホゲームを展開する主要24社のうち全体の75%にあたる18社が前年同期比で減益・・・あるいは赤字となっているのがわかります。

 

ソシャゲ 減収減益 東洋経済 表

Copyright©Toyo Keizai Inc.All Rights Reserved.

 

大手メーカーの新作がすぐクローズなんて状況も割とよく目にするんじゃないでしょうか、有名IP(版権)を使っても半年持たず消えていく・・・そんなゲームがここ数年で本当にものすごく増えました。

 

ハシケン
その割に制作費は数億円単位にまで伸びているので、開発としたらかつてのソシャゲと比べてあまりにリスクの大きいビジネスになってしまったというのが実際のところでしょう

 

ソシャゲやスマホゲームのゲーム絵師/イラストレーターは多すぎる? 2020年からますます量より質の時代へ

ソシャゲ イラストレーター 多すぎ 飽和

 

 

ハシケン
デジタル機材の進化によって、ただでさえ絵の上手い人は以前より増えていると言われます

 

ソシャゲやスマホアプリ開発でのニーズ増によりイラストレーターの人数自体も10年前よりはるかに多くなっているでしょうが、あらためて現状と対策を見ておきましょう。

 

ここ最近のイラストレーターとしての仕事はつらい? つらくない?

 

イラストレーターを続けていこうと思ったら、時代に要求されるレベルに食らいついていく必要があります。はやりにもしっかり対応していかないと、仕事をもらって生き残るのは難しくなるでしょう。

 

  • 絵が上手い
  • スピードが早い
  • 流行りの絵に似せられる
  • 仕上げが丁寧
  • エフェクトが上手い
  • 描き分け能力が高い

 

ハシケン
・・・他にも様々な要素はあるでしょうが、今後はさらに多くのことがひとりひとりのイラストレーターに求められていくはずです;

 

ソシャゲ時代に運良くイラストレーターになれたけど、技術が足りなくて今のスマホゲームについていけず脱落していった絵師さんたちもすでに多くいることでしょう。

 

絵の世界は弱肉強食、技術がなければ生き残れないのは当然ですがブラックオーシャンという環境下で開発会社側の絵描きへの要求はさらに過酷になっていくと思われます。

 

ハシケン
あらためて、あなたは今のスマホゲームの状況をどう考えますか・・・?

 

イラスト業界で生き抜くためにあなた自身を変えるべきタイミングが訪れたらどうする・・・?

イラストレーター 生き抜く 戦略

 

ハシケン
自分は2015年春に当時勤めていたスマホゲーム会社から独立して個人事業主になりました

 

かつて机を並べた同僚たちも、今や独立や異業種に転職したりと動く人が増えている印象です(年齢的な要因もあります)。

 

この先もイラスト一本で生きていこうと考えるなら、仕事の舞台がスマホなどのゲームではなくなる可能性もみすえていつでも動ける状態を作っておいた方がなにかと安心でしょう。

 

 

下のような相談サービスは無料で仕事を紹介してもらえるだけでなく登録しておくだけでも最新の業界情報を収集できるので、将来の保険代わりに利用していくのもいいかもしれません。

 

ワークポート 絵の仕事 イラストレーター ゲーム

©WORKPORT,inc. 2018

公式サイト:https://www.workport.co.jp/

「ワークポート」は、絵やイラスト関連の仕事の正社員求人に強い転職相談です。

 

大きなメリットが、全国地域に支店があり各地の求人に幅広く対応している点です。実は他のイラスト・ゲーム系関連の転職相談で全国展開している所はほぼありません。

 

転職相談 登録の流れ イメージ
ポイント!無料登録後に設定してくれるエージェントとの転職相談の面談は理想を直接聞いてもらえる重要な機会なので、率直に今後のキャリアビジョンを伝えてサポートを頼んでください

 

仕事を変えなきゃいけない状況になってから動き出そうと思うとどうしても精神的にしんどく、なかなか正しい選択・判断がしにくいものです。

 

余裕のあるうちから万が一の準備だけでも進めておけると、いつ何があっても気持ちや方向性にも余裕が持てるんじゃないでしょうか?

 

 

まとめ

ソシャゲ イラストレーター 供給過多 現実 飽和

 

ゲームという文化がなくなることはないにしても、この先スマホという舞台が変わりイラストレーター側に変化が求められていくことは必然といえるでしょう。

 

そんな時にスマホだけにこだわり続けるか、柔軟に変化を受け入れて新たな方向に進んでいくか・・・はきっと大きな分岐点になっていくはずです。

 

 

▼次はこちら!

フリーランスイラストレーターで食べていく仕事の取り方はこれだ!

 

 

 

スポンサードリンク