イラストレーターになりたかったけどなれなかった時の対処法

イラストレーターになりたかったけどなれなかった 絵を描く!

スポンサードリンク

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
絵を描く仕事に就きたかった、イラストレーターになりたかった、漫画家になりたかった・・・でもなれなかったという人も意外と多いんじゃないでしょうか?

 

自分の好きなことを仕事にした場合とそうじゃない場合で、その後の人生は大きく変わる場合もあります。

 

今回は実際に長年絵を仕事にしてきた目線から、絵の関連の仕事についた場合の理想と現実についてまとめます。

 


スポンサードリンク

実際に絵やイラスト関連の仕事についたらどうなるのか・・・?

絵を仕事にした場合

 

ハシケン
自分自身は、若い頃漫画家を目指して大学を中退したクチでした・・・w

 

原稿を送ったり持ち込みしたり、たまにアシスタントしながら漫画家になろうとそれなりに頑張ってはいましたが・・・結局7~8年ほど頑張った末どうにもならないと思って挫折、あきらめました。

 

最後の数年はほとんど惰性と言うか、時間をかけて挑戦したことを終わらすのが自分自身への否定につながるように感じてやめるにやめられない状況が続いていたのが実態です。

 

だから最終的に30歳目前で諦めた時は、これから仕事をどうしようというあせりの反面『もう漫画家を目指さなくていいんだ・・・』とホッとした記憶があります。

 

 

幸い、その後絵の関連の仕事につけたので仕事の中で漫画家志望のころの夢などを間接的に果たすこともできて概ね満足してますが・・・

 

ハシケン
それでもいまだに漫画家になれなかった過去は心の奥で刺さり続けているというか、ふと顔を表してくることがありますw;

 

絵の仕事についた人間は専門学校や美大からストレートに進むこともあれば、自分のように回り道してたどり着く人もいるし突然転職でやってくる・・・なんてパターンもあります。

 

本当に人によってそれぞれで、結局絵さえ描けるなら仕事につける可能性がある業界だということのあらわれかもしれません。

 

実際絵を仕事にしたことに悩む人も多いでしょうし、常に上達し続けないといけないプレッシャーとはみんな戦い続けているでしょう。

 

それでも、毎日何かしらクリエイティブ的な業務に当たれている現実は多くの絵の仕事についた人が共通で感じてる喜びなんじゃないかと思います。

 

絵を仕事にすることによって起こり得ること

絵を仕事にするメリットデメリット

 

好きで描いてきた絵を仕事にしたために起こってしまう悲劇もあります、大きいのは絵を描くのが辛くなるということです。

 

納期に追われて、本質的には好きでもない絵を仕事だからと描き続ける現場にいる人も多くいます。絵が描けてるからと満足できるのは一瞬で、結局嫌になって職場を変えてしまう人も珍しくありません。

 

転職して改善できればいいですが、商売のための絵を描くこと自体につかれたり自分の本来の方向性と違う絵ばかり描いてイヤになってしまい・・・最終的に絵自体もいやになる人もいないわけではありません。

 

 

また、将来への不安要素も大きいでしょう。

 

絵を描く仕事というのは若いうちは描いてることだけでいいですが、40~50と年齢をあげていったときに果たして社内でずっと絵を描いているのか・・・そんな状況はほとんどの人が想像できないはずです。

 

ハシケン
であればどこかのタイミングで方向転換したり、プレイヤーから管理職にスイッチするか転職するか・・・何かしらの動きが必要になるわけです

 

ある日突然リストラを食らってしまい、何も次の準備をしていなかったから身動きできない・・・人生詰むケースだってあるかもしれません。

 

つぶしがきくようで意外と潰しが効かない面も絵を描く仕事にはあるので、働きながらも他の路線を考えたり自分にプラスアルファの価値を持たせるための行動が必要となります。

 

スポンサードリンク

絵の夢があきらめきれないなら副業で満たす手もある?

絵を副業にする

 

ハシケン
挑戦したけど絵を仕事にできなかった場合、絵を仕事にすること自体が憧れのまま胸の内でくすぶり続ける・・・なんてこともないですか?

 

とはいえ前述のように絵を仕事にしたらしたで色々悩むこともあるんだから、仕事にしなかったことでむしろ気楽に絵を楽しみ続けられている・・・という見方もあるでしょう。

 

でもやっぱり絵をもっと頑張りたい、仕事にしたいと思うなら今は副業的に何か始めてみる手段がいろいろあります。

 

 

休みの日を使ってストックイラストをやってみたり、ランサーズやココナラなどでスキルを販売したり、SNSで描いたイラストや漫画を配信したり・・・。

 

最初は何の成果にもつながらないでしょうが継続することでなにかの形につながる人も多くいます。なかには、本業を絵にシフトした人だって実際に何人もいるんです。

 

諦めきれない時は何でもいいので最初の行動を一つ起こしてみるのはどうでしょう? 自分自身や作品を世の中に発信していかないことには、当たり前ですが誰の目にもとまりません。

 

ハシケン
やりたいことやできることを世間に出していくことで、誰かの目にとまることは必ずあります!

 

まとめ

絵が好き イラストが好き

 

ハシケン
自分は漫画に挫折したあと、絵の仕事に運良くつけて最終的に独立して今に至っています

 

漫画の夢が破れた時点で一回は完全に絵から遠のきましたが、情熱だけは残っていたのでマンガとは少し軸を変えた絵の仕事という方向で生きてこれました。

 

でも、最後にも書いたように今はいろいろな手段があります。絵をなにか形にしたいなら、リスクなくSNSなどで発信して少しずつあなたの価値を世間に届けることをおすすめします。

 

もちろん発信にはある程度戦略も必要ですが、いいものを表現して発信を続けていけばいつか誰かの目にとまることだってある時代です。

 

ハシケン
自分はブログを運営していたことでこれまで2冊の本を出すことができました、世の中って動きさえ続けていれば、結構意外なことが起こるものですよw

 

 

 

▼専門学校の情報が知りたいときはこちらから

代々木アニメーション学院イラスト科の評判・レビュー・口コミまとめ

ヒューマンアカデミーコミックイラスト専攻の評判・口コミ・レビューまとめ

 

 

 

スポンサードリンク