イラストレーターが個人で独立起業する時に必須の3要素をおさえろ!

絵を描く仕事 独立 絵を描く!

スポンサードリンク

★デジタルで絵を描けるようになりたいあなたのための限定1日教室★

たった4時間で「クリップスタジオ(クリスタ)」の基本の使い方が理解できる! 

クリスタ 1日教室 講座

次回5/25開催、残り5席です!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
自分は長年絵を描く仕事をしてきて、2015年春に当時の会社を希望退職して個人事業主になりました。

 

あなたも現在絵やイラストの仕事で会社勤めをしていていずれ独立したいと考えることがあるんじゃないでしょうか? そんなときはぜひ次の3つのことを考えてみてください。

 

  1. 絵やイラストのみではなく、絵プラス○○で展開していける仕事を!
  2. 絵やイラストを軸にしつつ、複数の収益の道を模索していこう!
  3. 最終的には絵やイラストの下請け業務からの完全脱却を目指せ!

 

ハシケン
独立は勢いも大事ですが最初にしっかりとした計画をたてる事が何より大切です、しっかり準備して独立後に備えましょう!

 

はじめに・・・独立するには?絵の仕事で独立起業したとある個人事業主のケースを反面教師にしよう

イラスト 上手くなる 方法

 

ハシケン
自分は遊技機業界でアニメーション制作やキャラクターデザイン・演出などを経て、その後スマホゲームの開発会社でイラストアートディレクションを務めました。

 

 

独立を選んだ大きな理由としては、

 

☑ 定年まで絵を描く仕事を会社内でしている未来像が見えなくなった

☑ もっと個人として直接お客さんと関わりを持てる仕事がしたかった

☑ 東日本大震災で家に帰れなかったため家族の近くでやれる仕事がしたかった

 

・・・という3つの想いがベースにあり、会社勤めのまま1年半ほど本やセミナーで独立開業の勉強を進めていきました。

 

事業計画書の作り方を学び日本政策金融公庫から融資ももらって意気揚々と独立しましたが、独立半年後にはあっという間に破産一歩手前にまで落ち込んでしまっていました・・・。

 

振り返って考えると、自分が失敗した大きな理由は次の5つだったと感じています。

 

 収支の見積もりが甘かった

☑ リサーチ不足だった

☑ 一発アイデアのみで起業した

☑ 会社員当時の感覚で外注費を使いすぎた

☑ 生活を支える収益が確保できてなかった

 

実際に個人で独立して事業を始めてみると、うまくいかないことばかりで焦りがつのり冷静に進められない状況に陥りがちです。

 

ハシケン
・・・こんな自分のような失敗をしないためにも、あなたが絵やイラストの仕事を軸に独立開業を考えているなら次から紹介する3つの要素をぜひおさえておいてください!

 

要素1:絵やイラストのみではなく、絵プラス○○で独立後展開していける仕事を

わからない

 

自分の場合は、絵やアニメの経験を活かした商品ということで『結婚式のアニメプロフィールムービー』を初期商品として開発しました。

 

 

ハシケン
【コンテアニメ®】と言う商標も自力で取得して、当サイト名の由来にもなってます。

 

ですが、フルオーダーメイドで値段も高く当時は当サイトのアクセスもまったくなかったので全く売れませんでした。

 

売れないから売るために無駄に広告費を使いそれでも売れず・・・結果、融資を含む創業資金が半年ほどで底をつきました。

 

 

このように何か一つのアイデア商品に頼りきった独立は、いざこけた時どうにもならなくなってしまいます。

 

特に「絵」の要素にこだわりすぎるとなまじこれまで絵やイラストの世界にいた分、その目線での画期的という視点にとらわれすぎてしまって世間のニーズとのズレになかなか気づけません。

 

 

イラストの外注業務などから独立を始めることもあるでしょうが、なるべく絵に何か別の要素を組み合わせた展開を考えていけるとあなたの中でアイディアの発想を広げやすくなるはずです。

 

ハシケン
ポイントとしては在庫をあまり抱えない、原価がほぼ不要、外注も使わなくていい・・・そのあたりを基準に選ぶといいかもしれませんね

 

 

ビジネスには『レバレッジ(テコの原理、のテコのこと)』という言葉があります。

 

1つの商品・サービスを作ることで一度に多くの人に提供できる形のレバレッジが効くサービスがつくれると、ビジネスはかなり楽に回るようになります。

 

ポイント!たとえばセミナーや書籍などが、レバレッジの効く商品の典型です。

 

ハシケン
イラスト一枚仕上げていくらという感覚に縛られたままだと枚数を描いて稼ぐ発想から逃れられず、会社員時代以上に疲弊してしまうこともあるので気をつけましょう

 

要素2:絵やイラストの仕事を軸にしつつ、貪欲に複数の収益の道を模索していこう

絵の上手い人の特徴

 

フリーランスや個人事業主として絵に関する仕事で基本あなた一人で食べていく独立なら、なるべく絵以外にも多くの収益の道を持つことを考えていくようにしましょう。

 

重要なのは、会社を独立したらあなたは何でどんなふうに稼いでもいいということです。

 

むしろ会社員の時と違う考え方に進化させないことには、いつまでもあなたの収入上限は会社員時代の感覚のままにとどまってしまいます

 

ハシケン
せっかく独立したからには、収入を上げてあなたの自由になる時間も多く確保していけないと意味ないですよね!?

 

Aで安定して稼ぎながらBの方でも積み上げていく、複数の収益源を持っていくことではじめて会社員時代には絶対不可能だった額の収入が得られるようになっていきます。

 

 

独立にあたって特に重要なのは、あなた自身のプラットフォームを持つことです。ポートフォリオの場にできて、自由な価格をつけられる商品を好きに販売でき、さらにブランディングにまで繋げていける『ブログ』は必ず持ったほうがいいでしょう。

 

ハシケン
ブログは軌道に乗るまである程度の時間を要するので、理想は独立1年前から始めておくことです。

 

ブログをベースにしておくと将来的に思いもよらなかった稼ぎ方ができる可能性もでてきます、さらに情報拡散や人と繋がるための『SNS』も重要です。

 

最初は一つの種からでいいので色々なところに地道な種まきを進めていきましょう。何が可能性あるかなんて最初は見当つかないので、少しでもあなたの興味をもてるところにほんのちょっとずつ手を出していくのがおすすめです。

 

ハシケン
何もわからないときはまず手広く貪欲にやっておくのが肝心です

 

要素3:最終的に絵やイラストの下請け業務からの完全脱却を目指せ

アニメ塗り 方法

 

会社を独立したての頃はおそらく生活のために下請け業務をやることも多いと思います。

 

ハシケン
自分もかつて破産しかけたあとは1年ほど、出向でスマホゲームのアートディレクター業務をやってしのぎました

 

かつての同僚や知り合いから仕事をもらうことはごく普通です、とはいえいつまでも下請けのままでい続けるのも危険です。

 

雇われの身でいるのと変わりませんし、にもかかわらず会社員時代にあった「保証」の部分だけがごっそりなくなっています。

 

ハシケン
仕事をくれるクライアントの仕事にすがりつく格好になって、いつまでも不安定な状態・心持ちになってしまう可能性もあるでしょう

 

 

下請けもしつつ、同時にあなた主体でお金を稼げる方法を構築していくようにしていきましょう。

 

たとえばイラストACのような絵素材のストックビジネスに登録していくのもいいでしょうし、ブログで絵を使ったサービスを独自展開するのもいいでしょう。

 

一方的なクライアントの依頼に応えてキャラやイラストを描いて売るだけでは単価ビジネスから離れられず理想の収入も実現しにくいことを、おさえておきましょう。

 

ハシケン
会社にいたままのほうが良かったな・・・なんて思わないためにも、先を見すえて二重三重の備えをしていきましょう

 

独立当初のイラストレーターは、融通のきく絵の仕事も可能な範囲で組み込んでいけるとさらに安心

 

ハシケン
ここまでいろいろと見てきましたが、会社を独立してすぐだと現実的に難しい部分も多いと思います

 

その間はこれまであなたがやってきたようなイラストの制作や随時出向の仕事なども入れながら足場を固めていき、将来的に下請けを減らしていけばいいでしょう。

 

ただ週5で働く仕事だとメインの個人事業がおろそかになる恐れもあるので、フリーランスや派遣などの形で好きな日数だけ働く仕事の方がきっとやりやすいはずです。

 

 

以下で紹介する2つは絵の仕事を探せるサイト・サービスになります、どちらも登録~利用まで完全無料なのであなたの状況に合わせてうまく活用してみてください。

 

①正社員みたいな手厚い保証も魅力のフリーランス専用検索サイト「Midworks」

Copyright (C) 2017 Branding Engineer

 

「Midworks」はフリーランス専用案件をメインに取り扱う仕事検索のサービスで、関東在住なら早めにおさえておきたいサイトの1つだと言ってもいいでしょう。

 

表向きにはエンジニアの求人が目立ちますがイラストやデザイン案件も多数あり、無料登録をするだけでフリーのイラストレーター向けの仕事を自由に検索できるようになります。

 

さらにMidworksはフリーランス専用をうたっているだけあり働き手への対応が充実していて・・・

  • 給与保証制度・・・案件を受注できなくても、スキルが弊社の査定と合えば、給与を保証します。
  • 福利厚生・・・業界最大手のリロクラブと提携し、日本1の福利厚生制度(年間30万円相当)を受けることができます。
  • 必要経費支給・・・書籍・勉強会費用を月1万円、交通費も3万円まで保証させていただいております。
  • 低マージン&単価の公開・・・10%~15%のマージンをいただいております。クライアント単価は全て公開しています。
  • 保険の半額負担・・・各種保険を弊社が半額お支払いすることで、正社員のいわゆる労使折半と同様の保証を実現いたします。
  • 会計支援サービスの提供・・・クラウド会計ソフトfreeeの無料提供や顧問税理士紹介50%OFFなどのサポートも充実しています。

 

・・・と、フリーでありながらほとんど企業の正社員に近い待遇が受けられる環境まで整っています。

 

独立後の自由さは不安定さと紙一重ですが、会社員的な安定さでおぎなえるなら気持ち的に楽になるんじゃないでしょうか?

 

下請けの仕事探しで苦労する前に、あなたのペースでいつでも自由に仕事を探せる保険の1つとして確保しておけるといいかもしれません。

 

②首都圏周辺でイラスト関連の仕事を探してくれる「ギークリー」

ギークリー バナー画像

Copyright © Geekly Co.,LTD. All Rights Reserved

 

「ギークリー」はIT・WEB・ゲーム業界を専門とした転職相談のサービスです、こちらも1分ですむ入力だけで無料登録できて業界に詳しい転職コンサルタントがあなたの仕事の希望を聞いてくれます。

 

ポイント!転職相談なので基本的には正社員求人が多くなりますが、派遣業務も多く扱っているのであなたの状況を面談で伝えて今後のサポートを頼めばいいでしょう。

 

首都圏周辺の求人がメインですがそのぶん登録することで見られる非公開求人は6,000件以上ときわめて多く、1人あたりの平均紹介求人数も48件という数を誇っているのであなた向きのイラストの仕事もきっと数多く提案してもらえるはずです。

 

仕事をえられるまでのスピード感が早いことでも知られているので、個人事業が安定するまでの収入源の1つとしてうまく利用してみるといいかもしれません。

 

絵やイラストレーターの仕事で会社から独立開業し個人事業主になる時のまとめ

悩み 解消

 

絵の技術は立派なスキルですが、やっている人の数が多い分どうしても安く見られがちです。

 

労働対価に見合った報酬を得るには、あなた自身で価格をコントロール出来る商品・サービスを持っていかないと状況はなかなか変えられません。

 

若い内はフリーのイラストレーターとだけでやれていても、センスや技術・体力の衰えてしまう40、50歳・・・となったときにどうなるかは会社員の頃以上に考えていく必要があるでしょう。

 

ハシケン
一生涯絵を描き続けて死ぬまで生きていけるなら幸せですが、ほとんどの人がいつか描くことを手放す日が訪れるはずです・・・自分も含めて;

 

その時困らないためには、次の4つを念頭に進めていくと道が開けるかもしれません。

 

  1. あなた自身がひたすら描き続けるのではなく、別の人に描かせて監修側に回る
  2. 商品に自由な価格をつけて販売できる、ブログなど自分専用のメディアを持つ
  3. 単価だけじゃなくレバレッジ(テコの原理のてこ)の効くサービスを提供する
  4. ある程度ほっといても収益の得られる道を複数作っていく

 

個人事業主やフリーランスとして絵を主軸に独立するなら、絵の技術そのものだけを武器にするのではなく絵の力を道具や武器として活用するビジネスこそ考えていきたいところですね。

 

 

▼次はこれ!

 

 

 

たった4時間でクリスタの基本の使い方がわかる!

 

初心者向けデジタルイラストワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

あなたも自分の絵を自由に活用していってみませんか?

 

次回5/25開催、残り5席です!

スポンサードリンク