プロにならないままでも絵やイラストでお金を稼ぐ3つの方法【2022年版】

絵でお金を稼ぐ方法 ある ない 絵を描く!

 

★デジタルであなただけのキャラや作品作りを楽しもう!

 

 

どうも、元ゲームイラストアートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
絵が好きでずっと描いてると絵やイラストを仕事にしたいお金を稼いでみたいと考えることもあるんじゃないでしょうか?

 

好きなことで収入を得られたらいいですよね。特に今は感染のこともあって将来が不安だったり、
在宅で可能な収入源や副業を見つけたい人も前より増えていると思います。

 

ということで今回は実際に長年絵を仕事にしてきた立場もふまえ、プロにならないままで【描いた絵やイラストでお金を稼ぐ方法】を紹介します。

 

ハシケン
そこそこ絵が描けて必要な情報さえ知っていれば絵で稼ぐことは今はそこまで難しいことでもないので、興味があればぜひ参考にしてみて下さい!

 

絵で収入を得るメリット・デメリット

絵で稼ぐ メリット・デメリット

 

まずは実際に絵やイラストを描いてお金を稼ぐことの良さや注意点に関して、メリット・デメリットに分けて整理しておきましょう。

 

メリット①家にいたまま作業できる

 

イラストを副業として行っている人の7~8割程度が在宅で仕事をしているはずです。

 

なかには出向せざるをえない業務もありますが、そういう仕事を選ばなければ大丈夫です。

 

メリット②好きなタイミングで仕事ができる

 

在宅で絵の仕事をしているなら、締切に間に合うなら基本的にあなたの好きなタイミングで作業を進めていけます。

 

ただ修正も含めて納期に間に合わせないといけないので、予定にそってしっかり進めていくことが重要です。

 

メリット③数をこなせば収入も上がる

 

ハシケン
仕事の枚数を増やしていけば、今より月収を増やしていくことだって可能です!

 

ただその分こなすべき作業量は増えていくので、量を見極めてコントロールしていきましょう。

 

デメリット①単価が安い

 

基本的に、イラストの単価は安いことが多いものです。

 

よほど名の売れているプロのイラストレーターなら別ですが、多くの場合が平均的なバイトの時給に達するかどうかギリギリのラインになるでしょう。

 

ハシケン
ときには戦略的に考えながら、単価を調整していくことも必要です

 

デメリット②作業量が増えがち

 

ほしい収入を稼ぐには枚数を増やしていくしかないのも、イラストの仕事で多い傾向です。

 

経験を積んだりネームバリューをあげないと単価はなかなか上がらないので、必然的に収入を増やすなら枚数増しか手段がないということになります。

 

デメリット③自分の成長がわかりにくい

 

会社に勤めて絵の仕事をするわけじゃないならすべて自ら判断して描いていくので、誰かが助言してくれることは基本的にありません。

 

当然ながら依頼者は絵の先生ではないので、修正指示をくれるからって絵を教えてくれてる相手と勘違いするのはタブーです。

 

技術の上達もきちんと進めていかないとうまく成長できず仕事が取れない状況に陥るので、人に見てもらったり教えてもらえる場も利用して技術の底上げはつねに進めていきましょう。

 

絵やイラストで稼ぎたいなら、画力やデジタルスキルを身につけよう!

絵を稼ぐ方法 デジタルスキル

 

現在、絵を描いて稼ごうと思ったらデジタルで描ける技術は必須・・・というかできないとほぼムリでしょう。

 

デジタルもできてアナログも描けるならいいですが、絵を描いて稼ぐためにはデジタルで絵が描けることは必要最低条件になります。

 

画力向上とあわせて、デジタル関連の技術や知識をレベルアップしていくことはぜひ進めていってください。でももしひとりで上達できる自信がないなら、一般向けの『イラスト講座』を使ってみるといいでしょう。

 

ヒューマンアカデミー『イラスト・キャラクターデザイン講座』

ヒューマンアカデミーイラスト・キャラクターデザイン講座

©2021 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

公式サイト:https://human-yakan.com/

 

大手専門学校「ヒューマンアカデミー」が一般の人向けに運営している『イラスト・キャラクターデザイン講座』は、プロの講師からアドバイスをもらって描き方をじっくり学んでいけるため独学のような不安や心細さも少なく進めていけます。

 

通いの形式以外に、完全在宅型の『通信講座』も多く利用されています。通信講座は感染の影響で急遽始めた企業も多いですが、こちらは長年運営していてすでに5千人以上もの人が修了した実績もあるので他よりノウハウも多く安心して学んでいけるはずです。

 

※実際の教材のサンプル

 

自由なタイミングで学べるため、仕事が忙しい人でもお休みやスキマ時間など好きなペースでイラストの技術を伸ばしていけます。講座期間終了後も教材が手元に残り内容もDVDで確認できるので、苦手な部分も克服していきやすいでしょう。

 

学校運営なので当然とはいえ、絵の基本からデジタルスキル・キャラクターデザインなどラストを描いて楽しむ技術・知識をここまで一通り身につけられる講座はあまりありません。独学でムダに遠回りせず、早く着実に絵がうまくなっていきたい人には特におすすめです。

 

 

特典あり今なら資料を無料でとりよせるだけで「キャラクターの描き方ガイドブック」が必ずプレゼントされています

 

 

★その他のイラスト講座についても知りたいときは、イラスト講座おすすめ20選!通信/オンライン教室でデジタル絵をうまくなろうを参照してください。

 

方法①絵、1枚をお金に変える:目指せる金額¥10,000~¥100,000/月程度

絵を描いてお金に変える 方法

 

ハシケン
ここからは実際に絵やイラストを描いて稼ぐ方法を紹介していきます、合いそうな方向を探して下さい!

 

1つめの方法は【絵、1枚をお金に変える】ということです。

 

本格的なプロのイラストレーターになってクライアントから依頼を受けて描いたり、紹介会社に登録して仕事をもらう・・・なんて話じゃありません。

 

ハシケン
自分は長年絵に関連した仕事をしてきた人間ですが、むしろ今からプロのイラストレーターになること自体は正直あまりおすすめしてないんです;

 

デジタルツールの一般化によってここ十年で【キレイな絵】を描ける人がものすごくふえたことや、AIの発展で素材的なイラストやキャラクターデザインが無限に作れるようになったことで、今後イラストレーターの存在価値自体が相当厳しくなっていくと感じているからです。

 

 

ということでそんな時代にお金を稼ぐ方法の1つめとして紹介したいのは、プロとか関係なしにシンプルにあなたの絵を買いたい人に販売していく方法です。

 

ハシケン
・・・絵を売ったらその時点から皆プロだとか、そういう話はとりあえず置いておいて下さいw

 

今はネット上に様々なプラットフォームがあって、登録することで絵を使ってだれでも好きなビジネスを始めることができるようになっています。

 

有名なものだと、テレビCMもやってる『ココナラ』です。

 

自分の絵のスキルで、商品やサービスを自由に展開していけるプラットフォーム『ココナラ』

ココナラ

© 2012-2020 coconala Inc.

ココナラ公式サイト:https://coconala.com/

 

ひとりひとりの知識や技術を活かした商品やサービスを自由に展開できるサービスで、例えば絵なら似顔絵やキャラクターデザイン、アイコンやVtuverのモデルなど様々なものがココナラ上では売り買いされています。

 

プラットフォームを使う一番の利点は、販売システムが整っていることです。

 

ハシケン
直接お客さんとやり取りする中で、せっかく絵を描いたのに逃げられた・・・なんてキツイ話をSNSでみかけたこともあるんじゃないでしょうか?

 

そういったリスクも、きちんとしたシステムのあるプラットフォームを使えば最大限回避できます。

 

★絵を使って展開している商品例

ココナラ公式サイト:https://coconala.com/

 

もし興味があったらまずあなたが出したい商品・サービスに近いものを販売している人のページを探して、どのように進めているか参考にすることから始めてみるといいでしょう。

 

ハシケン
購入するお客さん側として安い商品を一度実際に買ってみて、どんな流れで進むか具体的に見てみるのもいいですね♪

 

方法②複数の絵素材でお金を作る:目指せる金額¥1,000~¥50,000/月程度

絵を描いてお金に変える 複数素材

 

次は2つ目、【複数の絵素材でお金を作る】です。

 

ハシケン
『ストックイラスト』って聞いたことありますか?

 

素材に使えるようなイラストがたくさんあるサイトからユーザーがダウンロードすると、その素材の絵を描いた人にお金が入るシステムです。

 

描く側は好きなイラストをどんどん作成してプラットフォームにアップしていけば使いたい人が見つけて勝手にダウンロードしてくれるので、絵を売るために自力で集客する必要もありません。

 

イラストAC

Copyright 2020 – イラストAC All Rights Reserved.

イラストAC公式サイト:https://www.ac-illust.com/

 

個人が利用できるサイトとしては上のイラストACや、Pixta、ADOBE STOCKなどが有名です。それぞれイラストだけじゃなく、写真や動画素材も扱われています。

 

ハシケン
もちろんダウンロードしてもらわないといけないので、今の季節は何が売れているのか、どんなものが喜ばれるか、絵柄はどうしたら・・・など売るための戦略も必要です!

 

またストックイラストは1点だけだと数円とかの世界なので、ある程度の収入が得たいならとにかく数をダウンロードしてもらう必要があります。

 

 

でもストックイラストは、1円をかせぐまでの道のりがかなり早いのが大きな魅力です。

 

絵でお金を稼ぎたいと思った人の障壁は最初の1円を実際に絵で手に入れることですが、そこを乗り越えるにはストックイラストはかなりやりやすいのでハードルが低くおすすめです。

 

誰にも強制されず好きなペースで好きなものを書いてアップしていけて上手く行けばお金も入ってくるので、興味があったら公式サイトなどで直接確認してみて下さい。

 

方法③お金を得るために【絵の力】を使う:目指せる金額¥扱う商品・サービスによって大きく変動

ビジネスに絵の力を使う

 

最後は3つ目、これまでとは少し毛色が違いますが【お金を得るために絵の力を使う】です。

 

ハシケン
『・・・ん、どういうこと?』って感じですよねw

 

たとえば絵と関係なく、あなたになにか売りたい商品・サービスがあったとします。それを販売するために、絵の力を活用するという方法です。

 

イメージ的には、【コンテンツマーケティング】が近いかもしれません。

 

コンテンツマーケティングとは、ターゲットとなる潜在顧客に関連があり、価値のあるコンテンツを発信することによって新規顧客を惹き付け、最終的には商品やサービスを購入してもらうための戦略的なマーケティングアプローチです。

HubSpotより引用

 

TwitterやInstagramなどのSNSやYouTube、ブログなどでイラストや漫画など絵を活用したコンテンツを継続アップしていってフォロワーを増やしていきます。

 

最初はそれだけですが、そのうち商品をそれとなく紹介したり別途メルマガなどを登録してもらってそちらでセールスを行う・・・といった流れを取るわけです。

 

売りたい商品を最初から表立って売り込まない、ということがポイントです。そして絵を使えば、他と差別化して人の目を引くことがしやすい大きなメリットがあります。

 

商品・サービスを売るためにはまず買ってくれそうな人に存在を知ってもらわないと始まりません。
そこを、絵の力を使って一気に詰める手段になります。

 

 

またネットをビジネスに使う最大のメリットは、発信している内容が不特定多数相手に届けられることです。これをビジネス用語でレバレッジ、といいます。

 

ポイント!同じ労力でも、より大きな成果につなげられる商品やサービスのほうが『レバレッジをきかせている』と言えます。たとえば相手が何人でもやること自体は変わらないセミナー講師や、一冊書けば何人相手にでも販売できる出版などがレバレッジの効いたビジネスや商品の代表例です。

 

①や②との最大の違いは、絵そのものを売るわけではないということです。

 

逆に言えば『絵の力を使う』のであれば、売る対象は何でもOKです。さらに、絵自体を売ろうとするよりもはるかに大きなお金を得られる可能性だってある手段です。

 

こういったことを個人的には【絵を武器にする】アクションだと考えています。

 

ハシケン
機会や興味があれば、ぜひ検討してみて下さい♪

 

まとめ

絵を描いてお金に変える方法 まとめ

 

・・・ということで、今回はプロにならなくても【描いた絵をお金に変えられる】可能性のある3つの方法について紹介しました。

 

プロのイラストレーターになって本業としてやっていくのは生き残りも大変な時代ですが、副業や副収入的な目線でリスク少なくイラストを活用するのは全然ありでしょう。

 

特に最後に紹介した【お金を得るために絵の力を使う】ことは、どんな物を売りたいときも使える手段なので今後様々な場面でさらに重要視されていくはずです。

 

ハシケン
もちろん他にも絵をお金に変える方法は色々あるので、せっかくあるあなたの絵の力をどうすればお金に変えていけるか・・・いろいろ考えてみるのも楽しいですよ♪

 

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでも似た内容が見れるので好きな方でどうぞ!

 

 

▼次はこちら!

イラストや絵を描くおすすめパソコン&スペックをプロ目線で徹底解説