クリスタの解像度とキャンバスサイズについて知っておこう

クリスタ 解像度 設定 使い方 クリスタ

スポンサードリンク

★デジタルで絵を描けるようになりたいあなたのための教室★

わずか4時間で「クリップスタジオ(クリスタ)」の基本の使い方が理解できる! 

クリスタ 1日教室 講座

おかげさまで受講者100名様突破!

次回9/28開催、残り6席

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

クリスタで絵を描く際は「新規キャンバス」を作成することから始まります。

 

幅と高さと「解像度」「キャンバスサイズ」を設定しますが反面、デジタルイラストにとって重要な割に意外と理解しにくい概念とも言えます。

 

ハシケン
今回はクリスタの解像度とキャンバスサイズについて詳しく解説します!

 


スポンサードリンク

デジタルイラストで使われる解像度(dpi)という言葉の意味

 

ハシケン
「解像度」という言葉は一般的には絵を描くときの密度のようなものとざっくり考えられていると思います

 

「解像度」の数字が上がればより細かく描けて逆に小さいと描き込みにくくなる・・・、間違ってはないですがそれだけでは足りない要素もあるので関連用語も含めてしっかり理解しておきましょう。

 

キャンバスサイズの「px(ピクセル)」は「コンピューターの画面上」で画像が何画素で構成されているかを表している

 

パソコンやTVなどのディスプレイは小さなの集合体で映像や画像を表示しています、「px(ピクセル)」とはディスプレイ上の小さな点を指す単位で「1px」が最小となり0.5pxなどは存在しません。

 

クリスタ ピクセル 集まり

 

クリスタでキャンバスサイズを決めるときに「px(ピクセル)」という単位を見かけると思います。

 

クリスタ ピクセル

 

上の設定の場合は幅(横)にピクセルが800個、高さ(縦)にピクセルが600個存在しているキャンバスであることを示しています。

 

クリスタ ピクセルイメージ

※省略していますが実際のマス目の数は800×600個あると思って下さい

 

ポイント!「px(ピクセル)」と同じ意味で「画素」という言葉もあり「このモニターは画素数が高い」などとということもあります。ですがデジタル絵のキャンバスサイズを指す時に、幅800px・高さ600pxとは言っても幅800画素・高さ600画素などとは通常いいません

 

ハシケン
「px(ピクセル)」はディスプレイ上の単位と概念だと覚えておきましょう!

 

「ピクセル」と「ドット」は似たような言葉だけど微妙に違う!

 

「ドット」という言葉を聞いたことがあるかもしれません、こちらも点を表す言葉ですが「ドット」の概念に色の情報を加えたものが「px(ピクセル)」となります。

 

ざっくり言ってしまうと、「ドット」は印刷時に関係する言葉で「px(ピクセル)=画素」はコンピューター上での言葉と考えておくと流れが理解しやすくなるかもしれません。

 

「解像度(dpi)」は「1インチ内にドットがいくつあるか」を表している

 

「解像度」は画像の密度を指していて単位である「dpi」は「dots per inch(ドット・パー・インチ)」の略語です、「解像度」とは「1インチ内にどれだけのドットが入っているのか?」を示す単位になります。

 

たとえば72dpiは1インチの縦横それぞれに72個のドットがあり、600dpiなら縦横に600ずつのドットが集まってできている画像ということになります。

 

インチという単位はTVサイズによく使われますが、一般的に「1インチ=2.54cm」とされ32インチのTVは対角線が約81cmとなります

 

クリスタ 解像度 dpi

 

理屈として上のようになるため、解像度の数字を大きく設定しておくと印刷時のドット1つ1つを細かく表現できるために結果として画像の画質も上がるんだという流れになるわけです。

 

ただし!「解像度(dpi)」は基本的に「印刷想定時に気にする数字」である

 

前述の通り「解像度」は印刷時に1インチあたりをどれほど細かいドットでプリントするかという話なので、実はモニター上で描いてて印刷を絶対しない絵ならばあまり気にしなくていいという言い方もできます。

 

「解像度」は「1インチ内にドットがいくつあるか?」を示すわけですが、パソコンやタブレットなどのディスプレイ上ではインチの概念は関係ありません。あくまでも「現実(リアル)の世界での大きさを示している」のがインチと言う単位です。

 

クリスタ ピクセル

 

つまり印刷しない絵に関しては単位が「px」なら解像度は「72」のまま大きくする必要はありません、幅と高さで設定する「ピクセル数」さえ大きく取っておけばその分細かく書き込めます。

 

逆に印刷を想定している絵を描くなら解像度は「72」では不足なので「300」(モノクロなら600)以上と高くし、実際に印刷される用紙サイズ(A4やB4など、単位もcmやmm)に設定して作画しましょう。

 

クリスタ 印刷時 キャンバスサイズ

 

注意!「解像度」とモニターの「画面解像度」は別モノである

 

「解像度」をややこしく感じさせる要因の1つが、ここまで紹介してきた「解像度」とパソコンなどのモニターの「画面解像度」という言葉がやや別種である点です。

 

「解像度」は解説したように「1インチ内にドットがいくつあるか?(72dpi、600dpi等)」を表す単位ですが、「画面解像度」という場合はパソコンのモニタに表示される「総画素数」を表しています。

 

クリスタ 画面解像度

1024×768px、1980×1080pxといった数字のことです。

 

この2種類の言葉を混在してしまうとわかりにくくなるので、キャンバスサイズを設定する際の「解像度」はモニターの「画面解像度」ではなくあくまでも印刷時の「解像度」のことだと理解しておきましょう。

 

スポンサードリンク

解像度とキャンバスサイズを正しく使うコツ

 

イラストや漫画の用途に応じて、描きはじめる前に「解像度」と「キャンバスサイズ」の数字や単位をしっかり設定しておく必要があります。

 

ハシケン
そのためのコツを見ておきましょう

 

初心者がデジタルでイラストを描くときのキャンバスの設定方法

 

絵を描きたいとクリスタを買って最初に悩むのが、結局どんなキャンバスサイズで描けばいいのか・・・という点ではないでしょうか?

 

PCのスペックやモニターサイズによっても変わりますが、印刷しないなら解像度は72のままで縦横1000~2500pxに収まる範囲のきれいな偶数が無難です。

 

ハシケン
たとえば、「1000×1000」や「1500×2000」・・・などですね

 

 

ただもし500×500といった小さめの絵が最終的に必要な場合は、初期のキャンバスサイズを1000×1000などと縦横倍に設定しておいて描き上がったあとで縮小してから提出(使用)するといいでしょう。

 

縮小する際は作業中のキャンバスを開いたままの状態で[メニューバー]-[編集]-[キャンバスサイズを変更]で表示される小窓で変えられます。

 

クリスタ キャンバスサイズ 変更

 

最初から500×500で絵を作成しようとすると小さくて描きにくい部分が出てきますが、まず大きく描いておいて最後に縮小すれば500で描き始めるよりもきれいに仕上げられます。

 

逆に印刷想定の場合は前述のように実際に印刷するサイズ(A4など)を単位cmやmmで入れてカラー印刷なら最低300dpi、モノクロ印刷(漫画含む)なら最低600dpiに設定して行います。

 

クリスタ 印刷時 キャンバスサイズ

 

「アンチエイリアス」処理について

 

通常、クリスタなどのペイントソフトでカラー絵を描くときは「アンチエイリアス」という画像の補間的処理がなされています。

 

 

 

 

たった4時間でクリスタの基本の使い方がわかる!

デジタルイラスト ワークショップ

 

初心者向けデジタルイラストワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

あなたも自由にデジタル絵を描けるようになりませんか?

 

次回9/28開催、残り6席!

 

スポンサードリンク