クリスタ図形ブラシ形状設定!好きな質感で円や四角を描きまくれる

クリップスタジオ 図形ツール ブラシの質感で描く クリスタ

スポンサードリンク

YouTubeチャンネルも運営中!

YouTube ハシケンちゃんねる

 

クリスタの操作がわからない、デジタルで絵が描けるようになりたい・・・そんな悩みをすべて解決していく動画講座です!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

クリスタで絵を描いていて、円や四角をフリーハンドでなくしっかりした線で描きたい時に使うのが「図形ツール」です。

 

参考記事▶ クリスタの図形や円&直線の引き方・描き方を覚えて使いこなそう

 

・・・ただこの図形ツール、線画を少し変わった質感のブラシで描いている時に一緒に使うと図形ツールの円や四角の線が綺麗すぎて違和感が出てしまうこともあります。

 

クリスタ 図形ツール 質感 違和感

 

ということで今回は、図形ツールの線の質感を自由に調整する方法好きなブラシの質感を図形ツールに反映させる方法について詳しく紹介します。

 

ハシケン
描くときに使っているレイヤーがラスターやベクターによっても設定や調整は微妙に変わるので、ぜひ覚えて活用してみて下さい!

 

動画でもっとわかりやすい!
ハシケン
YouTubeでも似た内容が見れるので好きな方でどうぞ!

 


スポンサードリンク

サブツール詳細パレットの「散布効果」を使う方法

YouTube ハシケンちゃんねる

 

ハシケン
・・・元々今回の図形ツールに関する話は、YouTubeで運営している【ハシケンちゃんねる】のコメント欄に視聴者さんから頂いたご質問がきっかけでした
クリスタ 図形ツール わからない

ご質問ありがとうございました!

 

言われてみるとたしかに図形ツールの線質が線画を描いているブラシと差がありすぎても使いにくいわけでネットで調べてみると、対処法として「散布効果」という手段があるという記事を見つけました。

 

 

散布効果を使うやり方はカンタンです。図形ツールを選択した状態でツールプロパティの右下のスパナボタンから、「サブツール詳細パレット」を開きます。

 

クリスタ 図形ツール 散布効果 使い方

 

「ブラシ形状」の項目内にある「散布効果」の部分にチェックを入れます。その状態で図形ツールで円や四角などを描くと、散布効果が反映された線が描けます。

 

散布効果の欄にある粒子サイズや密度を変えることで、いろいろと好きな状態に変えていくこともできます。

 

ちなみにラスターの場合は図形を描く前に設定が必要ですが、ベクターなら描いた後に設定を変えて変更することも可能です(後述してます

 

・・・ただこのやり方はそれなりに使いみちがあるにしても、厳密に今線画で使用しているブラシのペン先の質感とあわせられてるわけじゃないんですよね。

 

ハシケン
・・・ということでさらに自力で色々とクリスタを触ってたらより使いやすいやり方が見つかったので、次章で紹介します!

 

スポンサードリンク

大本命!「プリセットに登録」を使う方法

クリップスタジオ ブラシ プリセットに登録

 

ハシケン
具体的にブラシを使う方法は、「プリセットに登録」という手段です!

 

図形ツールで使いたいブラシツールのペン先を選び、その状態でまたツールプロパティの「サブツール詳細パレット」を開いて「ブラシ形状」で「プリセットに登録」を押します。

 

クリップスタジオ  ブラシ プリセットに登録

 

元々プリセットの欄には基本ブラシがいくつか登録されていますが、自分で選んだブラシが最上段に新たに登録されます。

 

ツールプロパティのブラシ形状からプリセット登録したブラシを選べばそのまま図形ツールの質感として使えます、サブツール詳細から選ぶ場合は選択した状態で「ブラシ形状を適用」を押して図形ツールを使えばOKです。

クリップスタジオ  図形ツール ブラシ形状

 

また図形ツールを元の質感のない線の状態に戻したいときは、サブツール詳細パレットの左下にある「全設定を初期設定に戻す」で戻せます。

 

ちなみに登録したプリセットはそのまま残っています、プリセットから消したい場合は選択した状態でゴミ箱ボタンを押すと削除できます。

 

★ツールプロパティの表示項目に「ブラシ形状」を表示させたいときは、クリスタ初期設定からの変更方法!プロおすすめ箇所10選を紹介にあるツールプロパティの表示項目を変えるを参照して下さい。

 

ベクターレイヤーなら質感はあとから何度でも変えられる

クリップスタジオ 図形ツール 質感を変える ベクターレイヤー

 

ラスターレイヤーで図形を描く場合は先に設定をして描く必要がありますが、ベクターレイヤーなら描いたあとでも調整が自由にききます。

 

参考記事▶ クリスタのラスターレイヤー&ベクターレイヤーの種類や違いを覚えよう

 

ベクターレイヤー上で図形を描いて操作ツールの「オブジェクト」で描いた図形をクリックすると、対象の周りに青ハンドルが表示された(制御点も見えたまま)状態になります。

 

その状態にすればツールプロパティの散布効果にチェックを入れて自由に粒子サイズや密度などの設定を変えたり、ブラシ形状でプリセットから選択して「ブラシ形状を適用」を押すことで変更したりもできます。

 

クリップスタジオ  図形ツール ブラシ形状 ベクターレイヤー

 

まとめ

クリップスタジオ 図形ツール 使い方 質感

 

今回は図形ツールの質感の変え方や調整方法についてまとめました。

 

線画はベクターレイヤーで描いておけばあとからどうとでも調整ができるので、基本的にはベクターを使うようにしてしまってもいいかもしれません。

 

ラフはラスターでもどちらでもいいですが、着色はベクターは不向きなのでラスターで行うようにしましょう

 

ハシケン
図形に質感が加えられたらかなり自由な表現が可能になるはずです、ぜひ色々と試して楽しんでみて下さい!

 

 

 

 

スポンサードリンク