絵を仕事にするには結局どのくらいのレベルの画力が必要なのか!?

絵 仕事 レベル 絵を描く!

スポンサードリンク

YouTubeチャンネルも運営中!

ハシケンチャンネル ウィジェット用

クリスタの操作がわからない、デジタルで絵が描けるようになりたい・・・そんなあなたの悩みを解決する動画講座がうまれました!

 

★デジタルで絵が描けるようになりたいあなたのための1日教室★

たった4時間で「クリスタ(CLIP STUDIO PAINT)」の基本的な使い方がわかる! 

クリスタ 1日講座 教室 東京

次回3/14開催、残り6席!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

絵を描くのが好きで、将来の仕事にしたいと考える人は多いと思います。

 

そんな時やっぱり気になるのが、

 

  • どんなレベルなら絵の仕事をやっていけるのか?
  • 今の自分のレベルので絵の仕事を目指していいのか??
  • 仕事につけたとしてもこの先ずっとやっていけるのか???

 

ハシケン
・・・というあたりのことじゃないでしょうか?;

 

今回は実際に絵の仕事を社員として十年以上勤め独立してからも絵の業務に携わっている目線から、絵で仕事をする上で必要なレベルや上達方法などをまとめてみます。

 

ハシケン
言うまでもなく絵で生きていくのは甘い道じゃありません、リスクも非常に大きいです。

それでも始めたいなら単純な情熱だけでなく、しっかり対策も考えながら進めていくことを意識してみてください!

 


スポンサードリンク

絵のレベルは高いにこしたことがない、でもいきなりプロレベルである必要もない?

絵 上手くならない 対策

 

絵の仕事であれば、当然ながら一定以上に絵が上手く描ける必要はあります。

 

・・・とはいえ誰しもまずは未経験から仕事に入るので、ほとんどの人がプロとしてはそこまで大したことないレベルから仕事を始めているのも現実です。

 

働く上で大切なのは、仕事をしながら着実に成長していくことです。

 

ハシケン
何年たっても技術やスピードが変わらないなら、結局仕事が振られなくなるわけで・・・;

 

仕事に就く前よりもついてからのほうが必死で技術向上に努めていくことになります、それができないなら結局長続きせずやめることになるでしょう

 

そのような向上心をつよく持てるかどうかを、まず意識することから始めてみてください。

 

スポンサードリンク

大切なのは、かかわる絵の仕事で求められるレベルを少しでも上回れること!

絵 イラスト 上手くなるための方法

 

ハシケン
圧倒的な画力があるならともかくそんな人は残念ながらごく一部です、自分含め多くの絵描きが平均的なレベルの画力だというのが現実でしょう・・・

 

なので逆に言えば、仕事をやるまえからあまり劣等感を強める必要ないわけです。

 

仕事というものは常に依頼する相手がいます。所属する会社であったり別会社がクライアントだったり、個人の依頼者もいるでしょう。

 

絵の仕事というものは基本的に、依頼者の求める絵を作成する仕事です。

 

多くの場合、依頼者は絵を描く工程の苦労など気にしていません。仕上がりだけがすべての世界です。

 

現実問題として絵の仕上がりは、相手の要求するレベルを少しでも上回っておけば基本的に大丈夫なことが多いものです。

 

ハシケン
期待を大いに上回るものを提供できればもちろん最高ですが、そこまでの画力がまだだないなら最低条件としてまず目指すべきレベルはそこになるでしょう

 

「仕事として最低限果たすべきライン」というものを見極められる能力は、仕事として絵を描いていくうえで欠かせません。

 

どれだけ上回っていけるか、実現のために何が必要かを考えながら必要な技術やスキルを磨いて絵を描き続けていくことが長く働いていく上で重要になります。

 



デジ絵ワークショップバナー画像

絵のレベルを上げるには目標を決めて、近づくために改善し、必ず仕上げる習慣を身につけろ!

絵 上達 第一歩

 

絵の上達には様々な方法があります。今回具体的な練習方法には触れませんが、大切なのは「進め方」です。

 

  1. 目標となるレベルを決める
  2. 目標と比べて何が足りないか見極めてつぶす
  3. 描き始めた絵は必ず最後まで描き上げる

 

ハシケン
まずはあなたがこれからどこまでのレベルになりたいのか、目標とするレベルを決めてみてください。

 

そのうえで自身に何が足りてないのか考え、わかったら改善するために集中して練習を重ねていきます。クリアしたら、また次の目標や改善部分を探して一つずつ確実につぶしていきましょう。

 

また練習とはいえ、最後の工程まで毎回なるべくやり遂げましょう。

 

いったん仕事になってしまうと「途中でやーめた」は通用しません、何が何でも仕上げる必要があります。その状況に早いうちに慣れた方が楽です。

 

実際に絵を仕事にしたら「今風を追いかけ続ける姿勢」、「新しい技術やソフトの知識」は積極的に吸収していこう!

お絵描き アプリ デジタルイラスト

 

実際にこれから絵の仕事に就いたら、日々の業務の中で絵のレベルを引き上げてくのはもちろんですが他にも大切な要素があります。

 

それが、「積極的に今(現在の流行り)についていく」ということです。

 

特に目立っている媒体に携わっている場合必須となります、最近だとスマホゲームやVR・ARあたりがそう言えるかもしれません。

 

最前線の絵の仕事にかかわるなら、流行へのアンテナ磨きは欠かせません。必要な技術や知識もどんどんアップデートしていかないとすぐおいていかれます。

 

さらに直接ではない関連技術も覚えていけるとより安全です、何かあってもつぶしがきくようになるでしょう。

 

流行を追いかけるということは個性を磨くことと相反するようですが、絵を仕事にした場合は今風を描けるかどうかは実際かなり重要な要素となります。

 

名前と絵柄が有名になったイラストレーターであればひたすら自分を貫いても生きていけるかもしれませんが、そうでないならまずは現在人気のある(求められる)方向性をしっかり表現できるか・・・それがなにより重要になるでしょう。

 

ハシケン
まずは要求されるレベルを達成して、そのうえで個性を実現していく・・・そんな流れの方が依頼者からも好かれて長生きできるかもしれませんね♪

 

まとめ 10年20年後、絵を使ってどうするかは必ず考えていこう

初心者 絵 イラスト うまくなるための方法

 

ハシケン
絵を描くのが好きで実際仕事につけたら、きっと最初はついていくだけで大変だと思います

 

慣れてくると楽しくて仕方ない日々が訪れて、やがて自分よりうまい人にどうやっても追いつけない・・・というジレンマとの戦いも訪れるでしょう。

 

絵描きでこれからの時代(令和)を生き残ろうとするのは、相当大変なことだろうと思います。

 

現在はともかく、今後5年・10年と経っていくと・・・必ずAIなどに絵の仕事の範囲はどんどん大きく浸食されていくはずです。

 

そうなったときにどう生き抜いていくは、ぜひ考え続けてください。絵の仕事につけたからって油断することなく、絵を武器にどうやって人生を乗り切るか・・・先を見据えた動きをしないと到底生き残れない時代になっていきます。

 

ハシケン
・・・余談ですがレベルの高くない絵描きの自分は、絵の仕事の会社から独立して現在自分の事業を進めながら細々と生きています

 

絵はもちろんベースとして存在していますが、売り上げのメインというよりは表現のツール「武器」として活用するように心がけています。

 

ハシケン
絵のみで死ぬまで生きていける人なんて本当に一握りの人だけです、そっち側でない我々は絵の力を利用して生き残る道を常に模索していきましょう!

 

 

 

▼次はこちら!

 

 

 

 

たった4時間でクリスタの基本操作がわかる!

デジタルイラスト ワークショップ

 

超初心者向けデジタルイラストワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

 

130名以上が参加したワークショップで、

今こそデジタル絵を描けるようになってください!

 

次回3月14日開催、残り6席!

 

スポンサードリンク