話題のキャラクターマーケティングって何?効果的なやり方が知りたい!

キャラクター ビジネス

スポンサードリンク

【コンテアニメ工房】特選サービス

【特製E-book】⇒デジタル絵初心者用スタートマニュアル!今だけ無料プレゼント中!

【デジ絵ワークショップ】⇒たった4時間でアニメ塗りがわかる!次回11/3開催、募集開始!

【コンテアニメクラブ】⇒自宅で好きなときに学べる、超初心者向けデジ絵オンラインスクール

 

どうも、絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

マスコットキャラクターを使ったマーケティング活動は、今やすっかり当たり前になりました。とはいえ実際に成果を出すにはある程度の予算と期間を要するために、なかなか中小企業では積極的には取り組めてないようです。

 

 

大企業と渡り合う時に有効に働くのが【キャラクター・マーケティング】の大きなポイントです。

 

ハシケン
今はSNSを使うことで予算をおさえた状態で始めることもできるので、やらないほうが損と断言してもいいでしょう。

 

成功するためには、キャラクターデザインの魅力と明確な戦略が欠かせません。

 

キャラクター・マーケティングとはどんなもので、企業は具体的にどうしていけばいいのか? 詳しく解説していきます。

 

 

 


スポンサードリンク

キャラクター・マーケティングの定義とメリット

 

企業がビジネスにマスコットキャラクターを用いる場合、キャラクターをデザインして終わりじゃなくどんなキャラを使って具体的に何をするかが最も重要です。

 

キャラクターマーケティングとは、キャラクターを導入することにより、企業の製品の差別化や販売促進を図る比較的新しいマーケティング手法です。またキャラクター自体の人気が高まることにより、その価値が生まれ、新たなビジネスチャンスを得る可能性をも秘めています。

※キャラクターマーケティングの必要性 マーケティングより引用

 

とある調査によると【キャラクター】という存在自体に不快感を感じる人は一割ほどしかいなかったそうです。

 

それくらい日本人にはキャラクターという存在が根付いています。古来よりの文化的側面や、漫画・アニメなどの発展も大きかったでしょう。

 

 

企業がマーケティングにキャラクターを用いるメリットは、年を取らず、スキャンダルも起こさず、コントロールも自由自在という三点になるでしょう。

 

逆にデメリットは、企業の顔として定着させるまでの予算と時間と戦略が欠かせないことです。

 

最近はマスコットキャラクターを使う企業が年々増えていることで、競合他社との差別化が一層層重要になっています。

 

安易に作るんじゃなく、常に先を見据えて考えていくことが求められます。

 

キャラクターはライセンスにするか?デザインするか??

人生 分かれ目 分岐点

 

企業がキャラクターを使う場合、最初の大きな選択になるのが既存キャラクターを使うか、オリジナルキャラクターを作るかです。

 

『既存キャラクターを使用する場合』・・・ライセンス契約が必要

 

1. 有名なキャラクターを「アテンション・ゲッター」として用いることで、広告への注目が高まる

2. 他の類似する商品・ブランドとの差別化の手段となる

3. キャラクターへの関心や親しみ、好意度により、広告や商品・企業への関心や良好なイメージが高まる

4. キャラクターをシンボルとして用いることで、ブランドイメージが確立・強化される

例:ココス『ドラえもん』、クリクラ『クレヨンしんちゃん』など

※「キャラクター・マーケティング」より引用

 

『オリジナルキャラクターを作る場合』・・・デザイン作成が必要

 

5. キャラクター使用決定を自主的に行え、継続的・長期の利用が容易

6. 使用権と商品化権が残り、販促物への二次使用や他企業への版権提供によるビジネス展開も可能になる

7. CSRなどの領域で使用した際、企業の「顔」として世間の理解や支持を集めるメッセンジャーとなり得る

例:不二家『ペコちゃん』、ダイキン『ぴちょんくん』など

※「キャラクター・マーケティング」より引用

 

率直に言って、よほど予算に余裕があるのでなければオリジナルキャラクターを検討する方が望ましいです。

 

既存キャラのライセンス料はピンきりですし、キャラクタービジネスがいい具合に進展できても自社の取り分は限られてしまいます。

 

既存キャラは使用に様々な制限がかかるので会社の独自性は打ち出しにくくなる可能性も高いです。

 

ハシケン
有名なキャラクターだけが注目されて、自社ビジネスの発展に全く寄与しないで終わっては意味がないですよね?

 

 

スポンサードリンク

キャラクター・マーケティングの最高レベルの成功例『くまモン』のケース

 

 

ハシケン
現代キャラクターについて語るなら、やはりこのキャラは外せません・・・

 

タイミングとターゲットが明確

 

・九州新幹線の開業一年前にデビューさせ、地元熊本よりも関西からの観光客を最初のターゲットにしていた

 

段階を踏んでの認知度向上

 

正体を隠して登場、あちらこちらに神出鬼没に現れることで話題を呼ぶ

・熊本のご当地キャラや役所主導であることを隠し、大阪を徘徊させる

・見た人がSNSで報告しあうように仕掛けていく

認知度が上がった頃に正体を明かし、一気にPR展開を拡大

・いきなり行方不明になったりしてニュース性を演出、キャラに個性などの深みを加えていく

 

商標無料

 

・熊本県のPRにつながれば、国内企業の商標仕様は原則無料とした

(※ちなみに、ひこにゃんは商品販売予定総額の3%が使用許諾料として必要・・・

・色々な人や企業とコラボを行える環境にして、独占型でなく共有型のキャラにした

・デザイナーから熊本県が著作権を買い取った

・現在は使用認可だけで毎月400件を超え、申請件数や相談は数千件に上がる

2011年11月~2013年10月の経済効果は1,244億円以上と言われている

 

 

・・・改めて見てもあっけにとられるレベルですが、にくいほど巧妙に戦略が練られ進められていったことがよくわかると思います。

 

著名な小山薫堂さんを筆頭に、優秀なスタッフ達の知恵とくまモン自体のデザインの良さが見事に絡んだキャラクター・マーケティングの稀有な成功例と言えるでしょう。

 

マスコットキャラクターはまず売上よりも認知度向上を優先し、win-winの状態を広い目線で作り上げていけばいずれしっかりとした経済効果が見込める・・・このポイントはぜひおさえておきたい要素です。

 

ハシケン
損して得取れの典型です、まずは求めず与えよの姿勢で進める必要があるわけです。

 

くまモンに限った話じゃないですが、『ゆるキャラ』の土壌による相乗効果も頭に留めておきたい部分です。コラボなども臨機応変に用いるべきでしょう。

 

キャラクターマーケティングのまとめとして

写真から 似顔絵 キャラデザ

 

 

オリジナルのキャラクターを使ってマーケティング活動を行う行為は、漠然とやってもおそらく殆ど実を結びません。お金だけ捨てて終わることがほとんどでしょう。

 

やる以上は、かなり攻めの施策にする必要があります。一定の継続時間と予算も必要です。過去の成功事例を参考にしつつ、いかに戦略的に進めていくかが高い確度で問われます。

 

さらに、キャラクターの作りこみ自体も隙のない状態に仕上げていく必要があります。

 

キャラクターを使うことの良さは、企業の苦労やビジネスにこめた戦略的な思考をお客様からはダイレクトに見えない状態へとキャラがオブラートに包み込んでくれるところにあります。

 

 

ハシケン
最初にも書いたように日本はキャラクター文化の強く根付いた国です、このフィールドを積極的に活用していきましょう。

 

キャラクターは会社の資産となるばかりでなく攻撃力の極めて高い武器にもなりますし、かけがえのないビジネスの仲間にもなってくれる存在です。

 

使わない手はありません!

 

 

・・・ちなみに当サイトでは主に個人事業主様法人様を対象として、ビジネス向けブランディングツールとして表情も変えられる全身似顔絵【キャラデザ】の受注制作も行っています。

 

似顔絵 写真から イラスト化

ゆるキャラ路線ではなく、代表自身のキャラクターを強く活かしていきたい場合に威力を発揮するのでそういう方向性が必要な際にはご検討ください!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年7月時点で月間28万PV)。