柏の葉キャンパス駅のコワーキングスペース【KOIL】とはなんだ??

KOIL 看板

スポンサードリンク

『たった1日でデジタル絵の基本的な描き方と活用がわかる!』

ワークショップ アイキャッチ

デジタルでイラストを描いてみたい超初心者さん向けのワークショップです。一緒に手を動かすことで、描くために必要な要素だけに集中して理解できます!

次回開催:2/19(日)13:00~17:00 会場:秋葉原駅付近貸会議室

お申込みは1月31日まで!

 

どうも、ハシケン(@conteanime)です。

 

コワーキングスペースって使ってますか?

 

『コワーキングとは、異なる職業や仕事を持った人が集まって仕事場を共有することであり、コミュニケーションを積極的に取ることで智恵と情報をシェアし、高め合っていこうという発想のワークスタイルです。そして、コワーキングを行う場所のことを「コワーキングスペース」といいます。』

 

仕事を持ち込んで各自が自由に出来る机の並んだスペース、くらいの認識でしたが意外とちゃんとした定義があったんですね・・・(笑

 

ということで今回は自分も事業で利用してるコワーキングスペースKOIL(コイル:柏の葉オープンイノベーションラボ)について、レビューしてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

KOILとは?

 

茨城~千葉~埼玉~東京を結ぶ「つくばエクスプレス」沿線の「柏の葉キャンパス駅」から徒歩二分ほどの所にKOILはあります。なんでも国内最大級のコワーキングスペースだそうで、三井不動産が県や市と協力し開発を進めている複合施設「ゲートスクエア」(所在:千葉県柏市)にあるイノベーションセンターとのことです。

 

とにかくこのあたりは近年色々と開発が進んでいるところでして、その一環ですね。すぐ近くにららぽーと柏の葉があるんですが、下のものはそこからの写真になります。

 

KOIL 建物 ららぽーと

 

画面上部中央くらい、ビルの右上についている「KOIL」という黒文字が見えるでしょうか? ちなみに、

 

東大 柏の葉キャンパス ノーベル賞 KOIL

 

右端に見える建物は、東京大学の柏の葉駅前キャンパスなんですが

 

ノーベル賞 東大 柏の葉 梶田

 

ノーベル賞を取った方のお祝いが飾られています。駅にも旗みたいなのがありまして、地区全体でお祝いしている感じです。

 

駐車場は?

 

KOIL 駐車場

 

二時間までは無料、ららぽーとカードがあれば三時間まで無料、1000円買い物したら四時間まで無料・・・とリーズナブルなのでかなり活用しています。

 

KOILに向かおう!

 

KOIL 正面玄関 看板

 

6Fにコワーキングスペースはありますがその前に少し視線を右に向けてみると・・・

 

KOIL モニュメント 銀 ハロウィン

 

大きめの銀のモニュメントがあります、何を意味しているかは知りませんが季節柄カボチャになっています。実はこれには秘密があっていくつか集めるとロボになるらしいです。漫画に描いてあったので間違いありません。映像でしっかり証拠も残っています。

 

 

ロボはさておき、エレベーターで6Fに向かいましょう。

 

KOIL エレベータ

KOIL エレベータ

 

6Fには受付と、軽食など食べられるレストランがあります。その奥に行くとスタジオもあったりします。

 

KOIL イベント スタジオ

 

定期的にワークショップやらイベントやら行われていますが、あいているときには自由に使うことができます。

 

コワーキングスペースが混んでるときは代わりにここも使えます。会員でない、ゲストの方も受付で名前を書けば入れます。

 

おすすめのポイントとかは?

 

詳細はオフィシャルでご覧いただくとしますが、たとえば自分は『月5プラン』という会員で契約しています。

 

一番安いプランで、毎日9時~21時まで月5回使用できるものです。月額6,000円で、市民割を使って10%引きになります。現状では毎日通う必要がないんですよね。

 

だいたい月5回もあればお客様がきたときには会議室を使えるし、打ち合わせや事務的な事を集中したい時に利用してる感じです。契約して半年ほどですが、これまで5回に到達した事はありません(笑

 

「それなのにお金払って契約するの? ちょっと無駄じゃない??」

 

という声もあるかもですが、オプションで郵便受けがつけられるんです。実はこれが決め手となりました、確か月1,000円プラスだったと思います。

 

どうしても事業を行うと対外的に住所を表記する必要が出てくるんですが、まだ法人化してないしオフィスもない・・・と言って自宅をそのまま出すのもなあと。最初は私書箱がいいかなと思ったんですが、KOILに気付いて検討した結果、一番コスパがいいという感じでした。

 

KOIL 郵便受けサービス 

 

郵便受けと言ってもこんな感じで、簡易なものなんですけどね(笑 でも、これがなかったら私書箱借りて遠くまで行かなきゃいけなかったし値段もこれより高くついていたので助かりました。オススメです。

 

KOILノ中枢部ニ潜入セヨ

 

KOIL スペース内

 

こちらがKOILのメインでもあるコワーキングスペース部分になります。

 

東京ドーム何個分でしょうね・・・資料見ると170席ありそれぞれの間も広く取っていて快適な空間です。

 

空調なんかも工夫がしてあって、事前に登録しておくとその人ごとにあった気温に調整されるとか・・・自分は登録してないんで知らないですが(笑

 

KOIL 会議室

 

会議室もしっかりとしたものがあり、あいてれば自由に使えます。普通に貸し会議室利用すると1時間2500円とかいきますからね・・・そういうことを気にしなくていいのはありがたいです。

 

KOIL ソファー くつろぐ

 

窓際にはこんなスペースもあり、昼時なんかはここで食べる人もいます。飲食も普通の会社と同様、自分の机で取ったり自由に行えます。以前は1階のローソンで買って食べてましたが最近は気分転換兼ねてららぽーとに行くことが多いですね。

 

KOIL 柏の葉 風景 三井

 

窓の景色はこんな感じで、駅周辺はどんどん開発が進んでいます。一体どこまで高層マンションの数が増えていくんだろう・・・と思いますが、以前三井不動産の人に聞いたら新しくマンション建てても入居希望はすぐいっぱいとなるようでしばらく開発は続くそうでした。

 

でも全然保育園とか増えてないんですけど大丈夫なんですかね・・・と子のいる身としては思ったりも。

 

つくばエクスプレスと柏の葉キャンパス駅ができたのが10年前ですが、それまでは何もない場所だったんですよね・・・この辺って。変われば変わるものです。

 

KOIL デスク 一人用

 

ということで机はこんな感じで、それぞれにコンセントが用意されていてwifiも利用できるので何不足することなく仕事ができる環境になっています。

 

机も色々なパターンがあって、一人用のがあったり複数のがあったりとバリエーションに富んでいます。

 

まとめ

 

このような場が近くにあるというのは、自分の事業熱を高めることに力を貸してくれてたと思います。

 

雰囲気作りや恰好から入ってモチベーションを上げられる事もありますし気になる方は一度利用してみるのはいかがでしょうか。

 

もし既にKOILを利用しててこのブログを見た方がいたら是非お気軽に声をおかけ下さいね(笑

 


 

スポンサードリンク

KOIL 看板

自分で絵を描いて自由に使えるようになろう!

 

鉛筆での落描き程度が出来るなら

きっとあなたもデジタルで

絵を描けるようになります。

 

『絵』でGoogle検索1位に表示される

【コンテアニメ工房】特製無料E-book

高く感じるデジタルお絵描きのハードルを

一気に飛び越えましょう!

 

コンテアニメ工房 Ebook

たった一日でデジタル絵の基本的な描き方がわかる!

 

ワークショップ アイキャッチ

 

デジタルでイラストを描きたい超初心者さん対象のワークショップです。

一緒に手を動かして、描くために必要な要素に集中して理解できます!

 

次回開催は2/19(日)秋葉原、申込みは1月31日まで!

 

顔出しせずにネットで副業も始められる!

 

普通、あなたの人となりが見えないと

webからの仕事には繋がりません。

 

顔出しに抵抗ある会社勤め中の方や女性、

個人事業主さん達にオススメなのが

全身アニメ似顔絵の【キャラデザ】です。

 

そっくりで魅力的なキャラクターを使えば、

直接顔を見せていなくても

現実のあなたと違和感ない対応が可能です。

むしろ現実以上に愛着を感じてくれるかも?

  

キャラデザ CTA 1103

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives(クリエイト アーカイブス)代表兼アートディレクター。千葉県柏市在住。若いころは漫画家を目指し活動、その後は遊技機やスマホゲーム制作に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』(㈱トレード企画)キャラクターデザイン、『海賊道』(㈱gumi)『戦国修羅SOUL』(㈱クリーク・アンド・リバー社)のアートディレクションなど、オリジナル・版権モノ問わず多数。 2015年独立、絵に特化したブログサイト【コンテアニメ工房】を同8月末に開設し個人事業をスタート。※2017年1月時点で月間20万PV突破。アニメ似顔絵【キャラデザ】や企業キャラクター制作・アニメ動画広告の受注制作を展開しつつ、誰でも『絵の力』を自由に活用できるための【デジタルワークショップ】、イラストを活用するためのセミナーなど順次展開中。