カタカナ語の意味を知ればフィックスもリテイクも言いたい放題になれる!?

カタカナ語 風景 ない 日々のできごと

スポンサードリンク

★デジタルで絵を描いて使いたいあなたのための特選サービス★

【デジ絵ワークショップ】⇒ たった1日でデジタル絵の基本の描き方が理解できる! 

次回12/15開催、残り3席!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

今やそこら中の職場でカタカナ語があふれる世の中です。

 

業種によってもよく使われるカタカナ語は微妙に変わると思いますが、今回はかつてスマホゲーム業界にいた身として特に気になってたものをピックアップしてみました。

 

ハシケン
一緒に意味を知って、使用時の恥ずかしさを少しでも払拭しましょう!?

 

職場でよく使われがちなカタカナ語①アジェンダ 

 

主な意味:「実施すべき計画」や「議事日程」をさします。

※以下、指定のないものは10分でわかるカタカナ語を引用しています。

 

元々某政党の代表がよく使っていた印象ですが、いつのまにか打ち合わせの場で普通に使われるように出していて驚いたものです。

 

ハシケン
言葉の響き的に苦手意識が強くて一度も口にした事がない筆頭のカタカナ語です、なんかすごくイヤぁ~なくすぐったさを感じてました;

 

議題、っていうのはいつから駄目になったんでしょうか・・・。

 

職場でよく使われがちなカタカナ語②コミットメント 

 

「かかわりあい」「委任」「言質(げんち)」をさします。

 

責任を持ってかかわる、責任を伴う約束という感じで使われていました。

 

ハシケン
「自分が責任を持ってやる」でいいと思うんですが・・・なんでそこであえて「コミットメント」になるんでしょうか;

 

またコミットするという言葉は、ライザップのCMなどで割と一般的になりましたね。

 

職場でよく使われがちなカタカナ語③コンセンサス 

 

「複数の人による合意」のことです。

 

最近かなり一般化させられつつある言葉という気がします。

 

ハシケン
ただ、カタカナ語に疎い人にも普通に使うという雰囲気が当時はどうにも苦手でした;

 

「ちゃんとコンセンサス取ったの?」・・・という感じで使用します、「合意取った?」で駄目な理由はよくわかりません。

 

職場でよく使われがちなカタカナ語④バッファ 

 

時間的、コスト的な余裕 

効率的な仕事のために!「バッファ」の意味と正しい使い方より引用

 

余裕ゆとり、ということです。

 

スケジュールの話をするときによく使われるカタカナ語でした。

 

「ちゃんとバッファ取ってる?」・・・というように使いますね、どうしても使う機会が多くて自分でも言ってました。

 

職場でよく使われがちなカタカナ語⑤スキーム 

 

「枠組みを伴った計画」や「計画を伴う枠組み」のことです。 

 

実はスキーム、個人的に今でもあまりピンと来てない言葉だったりします。

 

「計画」と「枠組み」のどちらの意味に軸足を置くかによって、表現方法が異なってきます。まず「計画」に軸足を置く場合は「(基本)計画・構想・案」など の語を用いる事が出来ます。また枠組みに軸足を置く場合「(基本的)枠組み・仕組み・図式・体系」などの語を用いることができます。

 

ハシケン
追加で引用しましたがわかるようでわからないというか・・・

 

でもこれって最近かなり普通に使われてる気がするんですよね、乗りきれてない自分が悪いんでしょうか・・・。

 

職場でよく使われがちなカタカナ語⑥ブラッシュアップ

 

磨き直しを含めて、今以上に腕やスキルを磨き上げるときに使われます。

会議などでよく使われるビジネス用語「ブラッシュアップ」 – どう使ってる?より引用

 

絵の質を上げるという意味で、自分がいた業界内ではどこでも普通に使われていました。

 

この「ブラッシュアップ」のようになんとなく語感で意味が想像できるものと、「アジェンダ」のように聞いただけでは見当つかなそうなカタカナ語の違いって実は結構大きいんじゃないでしょうか?

 

ハシケン
馴染みやすい、馴染みにくいカタカナ語の差はもしかしたらそこにあるのかも?

 

職場でよく使われがちなカタカナ語⑦フィックス

 

確定する」「決定する」という意味で使われる用語。

SAVANAVIより引用

 

主に、絵の素材が完成した状態になっているかということで使われていました。

 

「もうフィックスした?」・・・といった感じです。

 

このように職場や業界で使う頻度が非常に多い言葉はどうしても慣らされちゃうんですよね、これぞまさにカタカナ語の魔力だと思います。

 

職場でよく使われがちなカタカナ語⑧リソース 

 

目的を達するために役立つ、あるいは必要となる要素のこと。

IT用語辞典より引用

 

外注にイラストを発注する際とかに、頼める外注先が今まだあるかどうかみたいな感じで使われていました。

 

「リソース足りてる?」・・・という使い方です。

 

ハシケン
実はこの言葉は個人的に特に印象が強くて、中途で入った会社で初日に言われて「?」となった記憶があるんです。

 

新しく入りたての人間に対してカタカナ語は特に使うべきではないと個人的には思います、それが他でも日常的に使われてるかなんて判断付かないですしね。

 

職場でよく使われがちなカタカナ語⑨アサイン

 

割り当てる、任命する、指定するといった意味があります。

カタカナ語の意味より引用

 

これは昔のバイト先でもよく用いられていました。

 

「ここに誰々をアサインする」・・・という感じで使われます。

 

ハシケン
なんだかんだで10年以上前から身の回りにカタカナ語はあったんだなあと・・・いっそ逆にしみじみしてきますね

 

職場でよく使われがちなカタカナ語⑩リテイク 

 

写真や映画の撮影のやり直しのこと。

ウィキペディアより引用

 

作業のやり直しという意味で用います。

 

アニメなんかだと原画のリテイクとか、撮影の絡む現場でも多く使用されているでしょう。

 


スポンサードリンク

職場でよく使われがちなカタカナ語のまとめ

 

日本でカタカナ語が蔓延しているのは否めないので、がむしゃらに否定するばかりでは生きていけない部分もあるでしょう。

 

ハシケン
それでも「アジェンダ」や「コンセンサス」をさらっと使う人にだけは今後もあまりなりたくないなあと思ってしまう、ちょっと身勝手な自分でした。

 

・・・ということでコンセンサスいただけた方はくれぐれもシェアよろしくお願いしますw

 

 

 

 

「たった1日でデジタル絵の基本がわかる!」

 

初心者向けデジタルイラストワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

あなたも絵を自由に描いて、好きに使ってみませんか?

 

次回12/15、年内最後の開催です

スポンサードリンク