raytrektab DG-D08IWPをドスパラ公式依頼でレビューした!

レイトレックタブ レビュー 絵を描く!

スポンサードリンク

★デジタルで絵を描いて使いたいあなたのための特選サービス★

【デジ絵ワークショップ】⇒ たった1日でデジタル絵の基本の描き方が理解できる! 

次回12/15開催、残り3席!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

今回は縁あって『raytrektab(レイトレックタブ) DG-D08IWP』というデジタルイラスト向けの小型タブレットをお借りしたので、普段板タブレットを使ってる者の一人としてレビューしてみたいと思います。

 

 

 

 

ハシケン
ちなみに自分は板タブ派で液タブはほぼ経験ありません、そんな目線のレビューだと思って読んでください

 


スポンサードリンク

『raytrektab(レイトレックタブ) DG-D08IWP』の商品紹介・スペック

ドスパラ レイトレックタブ

 

 

 

基本的にはWindows10が入ったタブレットという形になります。購入後は『CLIP STUDIO』や『SAI2』など、普段使うペイントソフトをインストールすればPCと同様に使えます。

 

担当の方に直接確認したところ、『SAI』は動作しないということでした・・・残念!

 

ハシケン
描き始めにあたっては、デジタルですでに描いてる人なら特に手間取ることなく始められる印象です。

 

『raytrektab(レイトレックタブ) DG-D08IWP』に同梱されてるものはこれ!

ドスパラ レイトレックタブ

 

ケーブルや説明書の他に、専用ペンが同梱されています。

ドスパラ タブレット ペン
ハシケン
自分は普段Wacomのintuos Proを使ってますが、そのペンより一回り細い印象でした。

 

握ってて違和感あるとかは特にないので何も不自由は感じないんじゃないでしょうか?

 

ペンの筆圧感知は4096なので全く問題ありません、ペン先が削れた時の替え芯や芯抜きもついてるので安心です。

ドスパラ レイトレックタブ 説明書

 

製品版には簡易版の『CLIP STUDIO PAINT DEBUT』が付いてるので、今ペイントソフトを持ってなくてもとりあえず描き出すことは可能です。

 

 

スポンサードリンク

『raytrektab(レイトレックタブ) DG-D08IWP』でデジタルイラストを描いてみよう!

ドスパラ タブレット 立ち上げ画面

 

ハシケン
・・・今回返却まであまり時間がなく手持ちのソフトをいれてる余裕がなかったんですが、フリーのお絵かきソフトが入ってたので試してみました。

 

ドスパラ タブレット 描き心地

 

描き心地は確かになめらかで描いていて嫌な感じはしません、重さも軽いので好きな体勢でどこででも描けそうな印象ですね。

 

商品のコンセプト自体が

ちょっとしたアイディアがひらめいた時、なんでもいいから何か描きたくなってしまった時、出先で膨らんだイメージを描き留めておきたい時、こたつの中やリビングでゆるく落書きしたい時。いつでも持ち歩ける8インチのタブレットPC

公式サイトより引用

 

・・・ということなので、確かにそれは実現できそうな感じです。

 

ハシケン
今回はざっとラフを描いただけですが、ちゃんとしたソフト入れて慣れさえすればパソコンで描くのとたいして変わらない感覚で描けそうでした

 

タブレットで絵やデジタルイラストを描くとき気になる点の考察

 

タブレットで絵を描きたいときに気になる3点について簡単に感想を書いておきます。

 

画面の大きさ

 

画面は8インチで初期のipad(左)と比べても一回り小さい感じです、軽くて持ち運びは確かに楽ですが普段パソコンのデュアルモニターで描いてる自分にとってはさすがに狭い印象でした。

 

 

ハシケン
描いててどうしても手で隠れる部分が出るんですが、タブレットというサイズ・構造上仕方ないんでしょうね・・・;

 

視差

 

液タブの場合は描いてる手先と実際に描かれるものの微妙な距離感が気になることがありますが、今回の『raytrektab DG-D08IWP』ではほとんど感じませんでした。

 

ハシケン
小さいだけに、違和感が広がりにくいんでしょうか?

 

レスポンス

 

なんか画面が横になっちゃってますが操作や描きこみへの反応は問題なく機能してました、その辺でストレス感じることは少なそうです。

 

 

『raytrektab(レイトレックタブ) DG-D08IWP』がおススメの人、あまり向いてない人

 

最後に『raytrektab DG-D08IWP』触った印象としてどんな人に向いてるか、逆にどんな人はあまり向いてないかを完全な主観でまとめてみます。

 

ハシケン
主観、です!!

 

こんな人におススメ!

 

 出先でいつでも手軽に絵が描きたい

☑ 寝っ転がって絵を描きたい

☑ 現在パソコンで絵を描く環境がない

 

コンセプトと合致しますが持ち運んで好きな場所で描きたいときには非常にいいと思います、ipadより全然軽いですしね。

 

また、デジタルで描きたいけどパソコン買うお金がない時に使うのもいいでしょう。PC・ペンタブ・ソフトを一式買うのに比べたら3分の1以下の値段でデジタルイラストが始められます。

 

ハシケン
たとえば小・中学生くらいの子にデジタルを使わせたいけど使わせられるPCがなくもっと手軽なものを・・・って時は適してるかもしれません♪

 

こんな人は急いで買わなくても・・・?

 

 出先で絵を描く習慣・趣味がない

☑ 小さい画面で描くのが苦手

☑ 別のタブレットをすでに持っている

 

ハシケン
・・・まさに自分がすべて当てはまるんですが、いつでも絵を描きたい気持ちがそれほどないならあえて買う必要はないでしょう;

 

既にipadなどあれば代用もできるので、状況に応じて考えればいいと思います。

 

でもWindows10も入って4万円台で絵も描けるタブレットというのは確かにお得だし、メリット自体は今回書いた以上のことが色々ありそうなんですよね。

 

とりあえず試しても損はしないレベルの商品だろうと感じました。

 

・・・その他、デジタルイラストに関する初心者向けのお悩みに関してはこちら↓ですべて解決してください!

 

『raytrektab(レイトレックタブ) DG-D08IWP』のレビューのまとめ

ドスパラ レイトレックタブ レビュー

 

ハシケン
こういう商品って子供のころ想い描いていた『絵を描く未来図』が現実になってるなあ・・・と、さわってるだけでもなんとも言えず感心させられちゃいますね

 

実際商品のコスパ自体は相当いいので、気楽に試す分にも面白い商品だと思います!

 

 

 

 

 

「たった1日でデジタル絵の基本がわかる!」

 

初心者向けデジタルイラストワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

あなたも絵を自由に描いて、好きに使ってみませんか?

 

次回12/15、年内最後の開催です

スポンサードリンク