イラストやマンガ制作にノートパソコンを使う際の選ぶポイントとは?

イラスト ノートパソコン 選び方 絵を描く!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

デジタルでイラストやマンガを描いてみたいと思ったら、まずはそのための道具を揃える必要があります。

 

今回はその中でも特に、絵を描くためにノートパソコンを使いたい場合のポイントについてまとめます。

 

ハシケン
最適な道具を選んで、楽しくお絵描きしていきましょう!

 

デジタルで絵を描くために必要な道具

イラスト 必要なもの

 

まずはあらためて、デジタルで絵を描くために何が必要かをおさえていきましょう。

 

パソコンを選ぶときのポイント

 

デジタルで描こうと思ったら、まずはパソコンタブレットかというチョイスが最初に来ます。その際の考え方としては

 

  1. 落ち着いて机で描きたい!
  2. 横に寝っ転がって好きな体勢で描きたい!
  3. 持ち歩いて外でも描きたい!

 

・・・などなど、趣向や目的に合わせて選べばいいでしょう。

 

一般的な費用としては『デスクトップPC>ノートPC>タブレット』となりますが、iPadなどを使うとそこまで差がなくなります。

 

created by Rinker
Apple(アップル)
¥15,286 (2021/04/14 02:52:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

描くためのペンタブレットを選ぶポイント

 

タブレットの場合は上のApple Pencilなど専用のペン型デバイスを使いますが、パソコンであればいわゆる『ペンタブレット(ペンタブ)』が別途必要となります。

 

ペンタブは板に描く板タブレット(板タブ)と、画面に直接描き込む液晶タブレット(液タブ)があります。

 

▼板タブの例

 

▼液タブの例

 

費用的にはモニターが付いているぶん液タブの方が高くなりますが、アナログと同じような感覚で描けるのでデジタルに慣れるのは早く済む事が多いでしょう。

 

 

★板タブの機種情報に関してはイラスト初心者向けペンタブレット最新おすすめ機種はこれだ!でも詳しくまとめているので、参考にしてみてください。

 

絵を描くために必要なソフト・アプリ

 

最後に必要となるのが、デジタルで絵を描くためのソフトかアプリです。かなり多くの種類があるので、あなたのやりたいことに合わせてしっかり選ぶ必要があります。

 

ハシケン
イラストなのか、マンガなのか? 高機能重視か、お手軽さが第一か??

 

もし選択で悩むときはイラストや絵を描くおすすめペイントソフト徹底比較21選も参照してください。

 

費用を安くおさえてデジタル機材を揃えるコツ

絵を描く パソコン 選ぶコツ

 

ハシケン
ペンタブやソフトに関しては、正直そこまで劇的に安くする方法というのはあまりありません・・・

 

予算的に高すぎないと感じるものを選んでAmazonなどで買えば大丈夫です。ただし中古は品質や感触が悪くなってる恐れもあるので、おすすめしません。

 

 

費用を安くできるとしたら、パソコンです。

 

まず重要なポイントとして、近所の電気店などで絵を描くためのパソコンを買うのはあまりおすすめはできません。

 

  • ムダなソフトがインストールされている
  • 有名メーカー製PCで高くなりがち
  • 理想のスペックが見つけにくい

 

 

絵を描くために必要なパソコンのスペックに関してはイラストや絵を描くパソコン機種&スペック!おすすめはこれでも詳しくまとめていますが、簡単にまとめると以下のようになります。

 

  1. モニター・・・フルHD(1980✕1080)以上
  2. CPU・・・intel core i5以上
  3. メモリ・・・8GB以上
  4. ストレージ・・・SSD200GB以上(HDDなら1TBが最近の標準)

 

 

ハシケン
予算の許す範囲でこれ以上のスペックのパソコンを選ぶようにすれば、デジタルで絵を描く上でストレスを感じることはほぼありません!

 

パソコンはスペックを高くすればするほどかかる費用も上がりますが、そのなかで最大限金額をおさえられるのはネットで買える『クリエイター向けに作られたパソコン』でしょう。

 

ネットで買えるクリエイター向けのパソコンとは?

© THIRDWAVE CORP. All Rights Reserved.

ドスパラ公式サイト:https://www.dospara.co.jp/

 

マウスコンピューター公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/

 

上の『ドスパラ』『マウスコンピューター』などは主にネット経由でパソコンを販売している代表的な企業で、『BTO』パソコンというものをメインに取り扱っています。

 

ハシケン
BTOというのは、お店側で組み立ててくれる自作パソコンだと考えればOKです

 

自分で好きなスペックでパソコンを組み立てれば理想の状態が作れますが、パソコンに詳しくない人にはハードルが高いものです。

 

でもBTOなら組み立ての部分はお店に任せて、購入側はメモリやCPUなどパーツごとに変更したいものだけを自由に変えられるスタイルで購入できます。

 

電気店で販売しているパソコンにインストールされているような余計なソフトをすべて排除できるので、予算をおさえつつも高いスペックにしていくことができます。

 

そんなBTOのなかでも特に絵や映像を作るクリエイター向けに提供されているものが、『クリエイターパソコン』といった名称のパソコンになります。

 

ドスパラ製の人気クリエイターパソコン『ratrek G5』

raytrek G5

© THIRDWAVE CORP. All Rights Reserved.

公式サイト:https://www.dospara.co.jp/

 

『RAYTREK(レイトレック)』というのはドスパラ内のブランドで、クリエイティブ向けに最適化されたパソコンのことを指して呼びます。

 

ハシケン
有名なAdobeのPhotoshopや、ペイントソフトのクリップスタジオなどの動作も事前に確認されているのでお絵描きやデザインにも不安なく使っていけます

 

中でも手頃で人気が高いのが、『ratrek G5』というノートパソコンです。

 

ドスパラ raytrek G5

© THIRDWAVE CORP. All Rights Reserved.

公式ページ:https://www.dospara.co.jp/5shopping/

 

絵を描くために必要なスペックも十分満たした上で、メモリはさらに32GBも搭載されているので快適にお絵描していけるでしょう。

 

消費税込みでも10万円台から購入できるので、余った予算を手厚い保証に回しても電気店で同スペックの機種を買うよりかなり安く済ませられます。

 

 

まとめ

イラスト マンガ 作成 デジタル

 

絵を描くための環境というのは、馬鹿にできません。

 

ストレスが溜まるレベルのスペックでやっていると、デジタルで描くこと自体うんざりしてやめてしまうことだって十分ありえます。

 

だからって別に、過剰な金額を掛ける必要はありません。

 

ハシケン
今回お伝えしたポイントも踏まえながら、理想の状態を構築してお絵描きを楽しんでいってくださいね♪

 

 

▼次はこちら!

イラスト通信講座おすすめ19選!デジタル初心者こそオンラインで上手くなろう

 

 

 

スポンサードリンク